ジョギングやサイクリングなど、最近は屋外で体を動かす人たちにちょっとした変化が訪れています。外で爽やかに汗を流す人たちをよく見てみると、さまざまなタイプのウェアラブルな活動量計を身に着けていることが多くなってきました。

使い道はひとそれぞれありますが、時間を確認したりタイムを確認するような腕時計的な使い方をする方から運動量を計測する目的で使用している方、または電話やメールの着信を確認するために使っている方など、使い方も活動量計の機能としてもさまざまあります。今回は、生活を記録できる活動量計の選び方とおすすめ10機種を紹介します。

活動量計とは?

1katu

活動量計とは、近年の健康ブームによって話題になった身体活動に関するデータを計測したり記録したりしてくれるウェアラブルデバイス全般のことで、主に健康管理を目的として利用される場合が多いギアです。

もともとはアメリカで流行したものですが、最近では日本でも使用している人を頻繁に見かけるようになり、現在ではさまざまな機能や携行性を持ったタイプの活動量計が各メーカーより発売されています。身体活動に関するデータが簡単に記録できるのが人気の秘密です。

活動量計の選び方

ポイント1:備わっている機能で選ぼう。

2katu

Bluetoothを使ったスマホとの連携やデータ管理、専用アプリや専用サイトでのデータ分析など、選ぶ機種によりさまざまな機能が備わっています。特にデータの管理については、Bluetoothと繋がることでデータの転送がより簡単になり、日々計測したデータを蓄積し、グラフにすることで、さまざまな分析をおこなうことが可能になります。

分析が可能になると、日々行っているトレーニングや健康管理、ダイエットのメニューを考える上で参考になるとともに、データが蓄積されればされるほど自分の体のことがよくわかってきます。また、専用サイトにデータをアップロードすることで分析まで行ってくれる機種もあるので、そのような点から機種を選ぶのもいいでしょう。

ポイント2:自分の行う運動に合った携行性のものを選ぼう。

3katu

活動量計で主流なのはリストバンドタイプですが、例えば、腕を大きく動かすスポーツをする方には気になったりして不向きな場合もあります。そんな時は、クリップタイプのものやクリップ機能のついたものを選び、腕以外の場所につけて活動量を把握しましょう。

モデルによっては、腕以外の場所でも正確に脈拍数などを把握できたり、胸ベルトで心拍数を把握するものもあり、必ずしもつける場所が決まっているものではありません。リストバンドタイプのものが人気ですが、首から下げるだけでいいという簡単な装着感のものを選ぶ方もいますので、自分が使うシーンに合ったタイプの活動量計を選びましょう。

活動量計おすすめ10選

Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド FB405

01katu

非常に薄く軽い、リストバンドのような活動量計です。手首に巻くだけで自動的に心拍数等の身体活動を記録してくれ、スマートフォンとの連携で着信状況をディスプレイとバイブレーションでお知らせしてくれる機能もあります。カラーバリエーションもあり、ファッション性も十分で人気のモデルになっています。

タニタ(TANITA) カロリズム AM-140

02katu

健康と言えばタニタですね。こちらの活動量計は、1日の消費カロリーを計測したり行動を安静・生活・歩き・走りの4つに分類し、それぞれの行動別の消費カロリーや時間を表示してくれる機能がついています。健康管理やダイエットには最適な機能が備わっていますね。

オムロン(OMRON) カロリスキャン HJA-310

03katu

ダイエットに最適な機能を備えた活動量計。毎日の目標をお知らせしてくれたり、1ヶ月の目標達成に必要な消費カロリーがわかる機能もおすすめ。表示画面は見たい数値がわかりやすく配置されており、直感的な操作で扱いやすいボタン操作が人気です。健康器具メーカーのオムロン製なので表示されるデータにも信頼がおけますね。

ガーミン(GARMIN) ライフログリストバンド 19557C

04katu

つけ心地がよく、つけていても気にならないので、朝起きてから寝るまで24時間自分の活動状況を記録し続けることができる活動量計です。手首に装着するだけで常に心拍計測を行ってくれる光学式心拍計機能を搭載。操作は1ボタンと画面を軽く触れるだけの簡単操作で、日常的に自分のライフスタイルを記録したい方におすすめです。

ポラール(POLAR) 活動量計+リスト型心拍計 A360

05katu

独自のアルゴリズムを搭載し、手首から正確な心拍数を計測するリストバンド型心拍計と、日常生活での活動量やトレーニングのデータを計測してくれる活動量計です。各種データを計測して総合的な健康管理をしていきたい方におすすめ。Bluetoothでスマートフォンへのデータ転送や、スマートフォン側からの通知受信など通信機能も充実しています。

山佐(YAMASA) MY CALORY MC-500

06katu

容量たっぷり、14日分のデータをメモリーしてくれる活動量計。運動だけではなく、日常のデスクワークや家事などのカロリーから、安静時や睡眠時の基礎代謝量までを測定して、双方含めた1日の総消費カロリーを表示することが可能です。これならポケットに入れたり首から下げておくだけで1日にどれだけ活動したかがわかりますね。

エプソン(EPSON) 脈拍計測機能付活動量計バンド PS-100

07katu

鮮やかなブルーとブラックの2カラーのラインナップから選べる活動量計。高精度な脈拍センサーを搭載しているので、胸ベルトが必要なく、腕に装着するだけで脈拍をしっかり計測。表示はLEDライト仕様で簡単に運動中の身体状況が把握でき、トレーンビング中でも自分の体にかかる負荷が把握できます。

ミスフィット(MISFIT) 活動量+睡眠モニター SH2BZ

08katu

活動量計機能の他に、専用アプリとの連携でスマートフォンの音楽再生やカメラ機能の自撮りボタンとしての利用など、リモートコントローラーとしての機能も充実したモデルです。付属のクリップを使うことで腕以外にも体のどの部分でも正確に測定できるので、活動のスタイルを選ばないのがおすすめのポイントです。

ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SWR30

09katu

Bluetooth3.0との連携でハンズフリー通話などの機能にも対応した活動量計。バックの中に収納したスマートフォンに電話やメールの着信がきた時、いちいち出すのはめんどうですよね。それが運動中ならなおさらです。こちらの活動量計は、そんな煩わしさを解消してくれる優れもの。もちろん活動量計としての機能も充実しているので、ライフログの記録としてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) デイカロリ EW-NK63

10katu

クリップ形状でしっかりとグリップするので体のどこにでもつけられる活動量計です。活動量がスマートに見やすく直感的に表示される画面や、雨の日でも使える防水機能は毎日使うものとして必要不可欠な機能ですね。スマートフォンを本体にタッチするだけでデータを管理し、測定値をグラフ化してくれる機能なども魅力的です。