「ペット用自動給餌器」は、飼い主の不在時でも犬や猫に餌を与えられる便利なアイテムです。最近では、スマホから遠隔操作ができる高性能なモデルも多くラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのペット用自動給餌器をご紹介。選び方のポイントについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ペット用自動給餌器とは?

By: amazon.co.jp

「ペット用自動給餌器」は、仕事や用事で外出しているときでもペットに餌を与えられる便利なアイテム。出かける前に自動給餌器をセットしておけば、飼い主の不在時もペットが餌を食べられます。

ペットによってはホテルに預けるとストレスを感じ、体調を崩してしまうこともあります。自動給餌器があれば1泊程度の外泊に対応できるので、デリケートなペットにも配慮することが可能です。

ペット用自動給餌器に搭載されている機能は、製品によってさまざま。タイマー機能や食べる量を調節できる機能など、便利な機能が搭載されているモデルもあるため、ライフスタイルに合わせて検討してみてください。

ペット用自動給餌器の選び方

種類をチェック

一度にたくさんの餌を入れられる「フードストッカータイプ」

By: amazon.co.jp

フードストッカータイプの自動給餌器は、外出する機会の多い方におすすめ。本体のストッカー部分へ事前に餌を入れておくと、自動で餌が供給される仕組みです。設定した時間に自動で餌が出てくる、タイマー機能が付いたモデルも多く存在します。

フードストッカータイプの自動給餌器のメリットは、長期間の給餌が可能な点。大きめのモデルなら、一度に大量の餌をセットしておけます。

ただし、給餌するグラム数を大まかにしか量れないモデルが多い点には要注意。また、ほとんどの製品がドライフードのみに対応しています。

ウェットフードにも対応できる「トレイタイプ」

By: amazon.co.jp

トレイタイプの自動給餌器は、皿や箱のような形状の製品。タイマー機能を搭載したモノが主流で、設定された時間にフタを開くことで給餌します。フードストッカータイプと比較すると、本体サイズが小さめで価格もリーズナブルなのが特徴です。

トレイタイプのメリットは、ほとんどの製品がドライフードだけでなく、ウェットフードも給餌できる点。また、与える量を1回ずつグラム単位で量ってからセットできるので、ペットの健康管理を目的とする方にもぴったりです。

ただし、給餌できる回数が少ないのは難点。多くの製品で1~2食分、最大でも8食分程度の給餌が目安です。そのため、不在期間が1〜2日以内の場合に使用するのがおすすめ。また、お手入れにやや手間がかかるのも懸念点です。

そのほか、猫を飼っている方がトレイタイプを購入する際は注意が必要。賢い猫の場合だと、手でトレイのフタをズラして勝手に餌を食べてしまうことがあります。気になる方は、しっかりフタができて簡単には開けられないモノを検討してみてください。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ペット用自動給餌器を選ぶ際は、セットできる容量もチェックしたいポイントです。長期間家を留守にすることが多い方は、容量が大きいフードストッカータイプのモデルを選んでおくと安心。ただし、夏場は湿気を吸って餌が劣化してしまう場合もあるため、ペット用の乾燥剤などをストッカー内にセットするのもひとつの手です。

数時間~2日以内の留守なら、容量が小さめのトレイタイプが便利。また、多頭飼いの場合は、大容量のフードストッカータイプ1つよりも、トレイタイプをペットの数に合わせて準備するのがおすすめです。留守にする時間や日数はもちろん、ペットの体形や健康管理に合わせて容量を選びましょう。

電源方式をチェック

電動のペット用自動給餌器は、AC電源式と乾電池式に分けられます。AC電源式はコードの長さやコンセントの場所によって置き場所が限られますが、電池切れを心配せず使えるのがメリット。ただし、停電時には作動しなくなるため注意が必要です。

乾電池式は随時電池の入れ替えが必要ですが、コードレスでさまざまな場所に設置できるのが魅力。なお、AC電源式と乾電池式の両方に対応したモデルなら、通常時はAC電源で作動し、停電時は電源が自動で乾電池に切り替わります。

また、食べた分だけタンクから補充されるタイプのモノなら、電源は不要。与える餌の量に制限がない場合は、検討してみてください。

便利機能をチェック

決まった時間に餌を与えられる「タイマー機能」

By: amazon.co.jp

タイマー機能付きのモノを選べば、毎日セットした時間に餌を与えることが可能。ペットの健康管理に役立ちます。朝早くに餌の催促で起こされるのを防ぎたい方にもおすすめです。また、帰りが遅くなっても自動で給餌できれば、餌を与えすぎてしまう心配も軽減できます。

餌の量や回数を変えられる「給餌調節機能」

By: amazon.co.jp

給餌調節機能は、一度に与える餌の量を変えたいときに便利です。体調が悪いペットや肥満気味のペットの体重管理などにおすすめ。時間帯によって餌の量を変えられる高性能なモデルもあるので、「朝は餌をよく食べるけれど、夜は残し気味」というペットにも柔軟に対応可能です。

一般的に、犬は一度に食べる量が多く、猫は何度かに分けて食べる習性があります。給餌調節機能が付いたモデルなら、飼っているペットの種類に合わせて回数を調節可能。前の時間の餌が残らないよう、量を調節できるのがポイントです。

スマートフォンで遠隔操作できる「スマホ機能」

外出先から自動給餌器を操作したい方におすすめなのが、スマホ機能。専用のアプリをスマホにダウンロードして自動給餌器を家のWi-Fiにつなげば、簡単にスマホと連動できます。専用アプリをインストールできる端末なら、タブレットでも操作可能です。

毎日の餌の分量や餌を与えた時間も、スマホで簡単にチェックできるのがポイント。体重も一緒に記録しておけば、健康管理もスムーズにできます。

ペットの状態を観察できる「カメラ機能」

ペットへの心配は餌だけではありません。外出先でもペットの状態を確認したい方には、カメラ機能を搭載したモデルがおすすめです。スマホやタブレットと連動しておけば、外出先からリアルタイムで確認できます。

飼い主の顔を見せることはできませんが、タイミングが合えば食事中のペットを正面からじっくり観察可能。ペットの体調が気になる方にも適しています。

飼い主の声を聞かせられる「マイク・スピーカー機能」

マイク・スピーカー機能が搭載されたモデルなら、給餌のタイミングに合わせて聞き慣れた飼い主の声を届けられます。自動給餌器自体を怖がってしまう警戒心の強いペットに、安心感を与えたい方におすすめです。

マイク・スピーカー機能が付いた製品のなかには、録音した声を決まった時間に流すタイプ、スマホを通してリアルタイムで話しかけるタイプ、両方を搭載したタイプがあります。カメラ機能と連動すれば、さらにリアルに近いコミュニケーションを実現可能。離れていても、ペットを身近に感じたい方に適しています。

犬猫用の自動給餌器のおすすめモデル|フードストッカータイプ

うちのこエレクトリック スマホで遠隔操作する自動給餌器 カリカリマシーンSP

外出先からでもスマホで簡単に操作できるペット用自動給餌器。スマホは8台まで共有できるため、家族がそれぞれペットの様子をチェックできて便利です。リアルタイムでペットの様子を画像で見られるうえ、録画や写真もワンタッチで操作可能。SNSにもスピーディーに投稿できます。

タイマー式で1日4回自動給餌ができるほか、スマホ操作で給餌が可能。タイマーをセットし忘れた場合や、急に仕事が入ったり電車が遅れたりといったトラブルがあっても慌てずに対応できます。

生ボイス録音機能付きで、給餌の際は飼い主の声で知らせることが可能です。飼い主の声が毎回聞こえるので、ペットをお留守番させる際も安心。また、フタを開けたり出口に手を突っ込んだりといったイタズラにも対策できます。

本体の素材は、ヨーロッパの基準をクリアしたABS樹脂。また、ペットの口が直接触れるトレイは人間が使う食器と同じ安全基準をクリアした素材が使われています。大事なペットだからこそ、安全面に配慮したモノを使いたい方におすすめの自動給餌器です。

PETLIBRO 自動給餌器

4Lの大容量のフードタンクを備えたペット用自動給餌機です。タイマーは1日4回まで設定でき、1回5~200gの範囲で餌の量を調節可能。タンク内には乾燥材をセットできるケースが設けられているため、ドライフードを乾燥から守ります。

10秒間の録音機能も搭載。飼い主の声で餌の時間を知らせることが可能で、犬猫に安心感を与えられます。さらに、2WAY給電により停電のときなどは電源が自動で乾電池に切り替わるので、留守中に万が一のことがあっても安心です。

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインのペット用自動給餌機を探している方は、チェックしてみてください。

PETKIT 自動給餌器

スマホから遠隔操作ができるペット用自動給餌機です。急な用事が入った場合はもちろん、1週間分の給餌プランを設定できるので、ペットの健康管理にもぴったり。外出が多い方や毎日の生活が不規則な方におすすめのモデルです。

天面のフタと給餌口にはシリコンパッキンを採用。乾燥材を入れるためのボックスも備えており、ドライフードを湿気から守ります。そのほか、フードのつまりを防ぐシリコンヘラとスプリング当て板により、いつでも適切な量の給餌が可能です。

部屋の雰囲気にマッチしやすい、スタイリッシュなデザインも魅力。カラーはホワイト・ブルーの2色から選べます。

Iseebiz 自動給餌器

5Lの大容量で、猫や中型犬の場合は最大連続20日間の給餌ができると謳われるペット用自動給餌器です。見やすい操作パネルを採用しているため、簡単にタイマーが設定可能。さらに、10秒間の音声録音機能付きなので、聞き慣れた飼い主の声で餌のタイミングをペットに知らせられます。

給餌口には赤外線センサーが付いており、トレイからフードがあふれ出る心配もありません。トレイはもちろん、フードタンクも分解して水洗い可能。自動給餌器の衛生面が気になる方におすすめです。

ペットのいたずらを防ぐ3mの専用カバーが付属。給電方式はコンセントと乾電池の両方に対応するため、置き場所を選びません。

ルスモ ペットフード・オートフィーダ アドバンス L-AF130

10年以上のロングセラーを誇るペット用自動給餌器。本製品は日本国内で製造されたモデルです。1回5gの量から設定可能で、1日最大6回まで給餌可能。

給餌口には「盗み食いプロテクター」を搭載しています。ほかにも、自動でフードのつまりを解消する「アンロック機構」や、噛みつきによる損傷を防ぐ硬質カバー付き電源コードなど、細かい機能が充実。

フードの残量が液晶画面に表示されますが、300gを下回るとアラームが作動し、補充忘れを防ぎます。かわいらしいピンクとブルーのカラーバリエーションが用意されているので、好みに合わせて選んでみてください。

WOPET カメラ付き自動給餌器

カメラ付きで留守中のペットの様子をリアルタイムで確認できるペット用自動給餌器です。マイクとスピーカーを搭載しているため、音声でコミュニケーションをとりやすいのがポイント。高画質な映像とともに、離れていてもペットを身近に感じられます。

1日4回までのタイマー設定で、日常生活はもちろん、留守中や旅行中などの食事管理にも柔軟に対応。録音機能付きで、飼い主の声とともに給餌可能です。トレイは汚れが落ちやすくサビに強いステンレス製で、耐久性に優れています。不在時のペットの様子をカメラで見守りたい方に人気のアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ペット用自動給餌器 JQ-350

給水器がセットになったペット用自動給餌器です。フードや水が少なくなると、一定量まで自動的に給餌・給水できるのが特徴。本体にセットしたフードがなくなるまで常にトレイに給餌された状態になるため、食事量を制限する必要がないペットに向いています。

たまの旅行や帰省などで家を留守にするときだけ使いたい方にもおすすめ。すべて丸洗いでき、パーツが少ないためお手入れの手間もかかりません。コンセントや乾電池不要で、好きな場所に設置できます。

Roffie 自動給餌儀

タンク内に7kgものフードをストックできる大容量タイプの自動給餌器です。1回あたりの給餌量は約5gで、39段階で量を設定可能。ペットの健康管理も細かく行えます。一度設定すれば、1日4回の給餌を繰り返し行う仕様。本体前面にロックボタンがあるので、ペットが勝手に上蓋を開けてしまう心配がありません。

USBコードと電池の両方の給電に対応した2WAYタイプで、万が一の停電やコードが抜けた際にも安心。コードに噛み癖があるペットを飼っている場合は、電池のみでの使用も可能です。本体は二重構造になっており、フードタンクとフードトレイはそれぞれ取り外して丸ごと洗えるため、衛生面でも安心して使えます。

Dopet 自動給餌器

連続15日の自動給餌が可能な、3000ccの大容量フードタンクを備えた自動給餌器です。設定しておけば、毎日決まった時間に決まった量のフードを与えられるのがポイント。一度設定するだけで毎日の食事量をコントロールできるため、ペットの健康維持にも役立ちます。

また、10秒程度の音声録音ができるので、飼い主の声を録音しておけば食事の時間に呼びかけることも可能。さらに、電池とコンセントの両方が使える2WAY給電方式を採用しているため、電池切れの心配がないのも魅力です。電池のみで使用した場合は、D型電池3本で約1~2ヵ月使用できます。

犬猫用の自動給餌器のおすすめモデル|トレイタイプ

ペットセーフ(PetSafe) おるすばんフィーダー

2食分のフードをセットできるトレイタイプのペット用自動給餌器です。ダイヤル式のタイマーで操作が簡単なのもポイント。目盛りは2時間単位で細かい時間設定はできませんが、48時間後までの好きな時間に設定でき、自動でフタが開いて給餌できます。

各トレイには約150gのドライフードを入れることが可能。トレイは取り外して洗えるため、清潔に使用できます。アナログ式の製品なので、多少の給餌時刻のズレが気にならない方や、短期間の外出時に使用したい方におすすめです。

ドギーマン おるすばん食器

1回分の給餌に対応したトレイタイプの自動給餌器です。アナログ式のタイマーでシンプルに使え、最大48時間後まで設定できます。約16cmのワイドな給餌口で食べやすいのが特徴。

コンパクトなうえに乾電池式でコードレスなので、置き場所を選びません。ドライフードとジャーキーなどのセミドライフードに対応し、鮮度保持のための保冷剤も入れられます。容器の底部には滑り止めが備わっており、ズレたり倒れたりしにくいのもポイントです。

ベストアンサー 自動給餌器

タイマー設定により最大6食分の給餌ができる、トレイタイプのペット用自動給餌器です。設定した時間になるとなかのトレイが回転してフタが開き、給餌口からフードが食べられる仕組みを採用しています。録音機能を利用して、飼い主の声とともに給餌をすることも可能。

留守番中の犬や猫に安心感を与えられるので、寂しがり屋のペットを飼っている方におすすめです。外出時だけでなく、日常的な健康管理にも重宝します。フタやトレイは簡単に取り外して、すみずみまで洗えるため手入れも簡単。

オレンジやイエロー、ライトブルーなどおしゃれなカラーがラインナップされています。

WAGWAG オートフィーダー

5食分の回転式トレイを備えたペット用自動給餌器です。ドライフードだけでなくウェットフードもセットできるのが特徴。コンセントと乾電池の2種類の電源に対応しているので、状況に応じて使い分けられるのもポイントです。

本体に重量があるためひっくり返りにくく、フードカバーにロックボタンが付いているので、ペットのイタズラを防ぎます。さらに、回転トレイには障害物を感知すると停止する保護機能が付いており、安全性にも配慮されています。

静電容量式のタッチキーは応答性に優れ、バックライト付きの液晶画面は暗い場所でも操作しやすいのが魅力です。

山佐時計計器 わんにゃんぐるめ CD-400

歩数計を主力製品とするメーカー「山佐時計計器」が製造している、トレイタイプのペット用自動給餌器です。2食分をセットでき、それぞれ48時間後までタイマーを設定可能。ウェットフードとドライフードに対応しており、1食につきドライフードが約160gセットできます。

専用のフードクーラーが付いているため、フードの鮮度を保ちたい方にもおすすめ。また、タイマー部分が簡単に外れるので、電池交換や丸洗いもスムーズです。多頭飼いの方が複数購入して使うのにも向いているため、気になる方はチェックしてみてください。

JUNSPOW 自動給餌器

飼い主の声を約10秒録音しておけるトレイタイプの自動給餌器です。タイマー機能で食事の時間を管理できるので、急な残業や短期出張、旅行中などでも決まった時間に一定量の餌を与えることが可能。給餌部分は320mlごとに区切られており、最大6食分が用意できます。

コードは不要で乾電池を使用するタイプ。アルカリ電池4本で約300日間使用できます。フードカバーはロックボタンが付属しているため、ペットが勝手に開けてしまうのを対策可能です。

そのほか、LEDディスプレイが各食事時間を表示するので、飼い主も食事のペースを把握しやすいのが特徴。ドライフードとウェットフードの両方に対応しているのも魅力です。

ケッセルジャパン PET DISH

1回で6食分の食事を用意できる自動給餌器です。トレイは180mlごとに6分割されているので、それぞれに餌を入れておくことが可能。ドライフードとウェットフードの両方に対応しており、急な残業や短期の出張などの際もペットの食事を管理できます。

ワンタッチ脱着カバーのため、お手入れが簡単なのもポイント。本体から外して丸ごと水洗いできるので、清潔に保てます。タイマーは6時間・12時間・24時間の3段階から選択可能。場所を選ばない乾電池式のため、好きな場所で使用できます。