昨今のペットブームよって増えてきたのが、ハイテク機能を搭載したペット用品。スマホから遠隔操作ができるIoT家電のひとつで、なかでも犬や猫を飼っている方の間で評判なのが「自動給餌器」です。

そこで今回はおすすめのペット用自動給餌器をご紹介。選び方のポイントについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ペット用自動給餌器とは?

By: amazon.co.jp

「ペット用自動給餌器」とは、仕事や用事で外出しているときでもペットに餌をあげられる便利なアイテムです。

出かける前に自動給餌器をセットしておけば、飼い主がいなくてもペットが餌を食べられるので安心。ペットがお腹を空かせてしまう心配がありません。

また、ペットによっては、専用のホテルに預けるとストレスを感じ、体調を崩してしまうこともあります。そのようなときにも、自動給餌器があれば1泊旅行程度なら対応可能。ペットに配慮できます。

なお、ペット用自動給餌器のなかには、タイマーや食べる量を調節できる機能など、便利な機能が搭載されているモデルもあるので、ライフスタイルに合った自動給餌器を選ぶのがコツ。購入する際は製品の特徴を入念にチェックしておきましょう。

ペット用自動給餌器の選び方

種類をチェック

1度にたくさんの餌を入れられる「フードストッカータイプ」

By: amazon.co.jp

フードストッカータイプの自動給餌器は、筒状のマシンの中に事前に餌を入れておくと、設定した時間になったら下にある口が開き、トレイの部分に餌が出てくるのが特徴です。

フードストッカータイプの自動給餌器のメリットは、長期間の給餌が可能な点。大きめのフードストッカータイプを選んだ場合は、1度に大量の餌を入れることができます。

ただし、フードストッカータイプの自動給餌器は、給餌するグラム数を大まかにしか量れないのがほとんど。また、多くのモデルがドライフードのみの対応で、痛みやすいウェットタイプのフードは入れることができません。その点は注意しておきましょう。

ウェットフードにも対応できる「トレイタイプ」

By: amazon.co.jp

トレイタイプの自動給餌器は、皿や箱のような形をしたアイテムです。フードストッカータイプと同様、事前に餌を入れておくことで決まった時間にフタが開いたりスライドしたりすることで給餌します。フードストッカータイプと比較すると、マシン自体のサイズも小さめで価格もリーズナブルなのが特徴です。

トレイタイプのメリットは、ほとんどの製品がドライフードだけでなく、ウェットフードを給餌できる点。また、細かいグラム単位で餌を入れられるのも魅力。食べる量を1回ずつ正確に量ることができるため、ペットの健康管理を目的とする方にもぴったりです。

一方、トレイタイプの自動給餌器のデメリットは給餌回数が少ない点。1~2食、多くても8食程度が目安となります。そのため、不在期間が1日や2日の場合に使用するのがおすすめ。また、お手入れをする際に少し手間がかかるのも懸念点です。

ほかにも、猫を飼っている方がトレイタイプの自動給餌器を購入する際は注意が必要。賢いペットの場合だと、自分でトレイのフタをズラして餌を食べてしまう可能性も考えられます。気になる方はしっかりフタができて、簡単には開けられないものか便利。ぜひ確認しておきましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ペット用自動給餌器は容量も忘れずにチェック。長期間家を留守にすることが多い方は、フードストッカータイプで大きめの容量を選んでおくと安心です。ただし夏場は湿気を吸って劣化してしまう恐れがあるため、ペット用の乾燥剤なども自動給餌器にセットしておくとよいでしょう。

数時間~2日以内の留守なら容量が小さめのトレイタイプが便利。多頭飼いの場合は大容量のフードストッカータイプ1つではなくコンパクトなトレイタイプをペットの数分準備するのがおすすめです。

留守にする時間や日数はもちろん、ペットの体形や健康管理に合わせてペット用自動給餌器の容量を選びましょう。

電源方式をチェック

ペット用自動給餌器にはおもにAC電源式と乾電池式の2種類があります。AC電源式は、電池切れの心配がないので安心感がある一方、コードの長さやコンセントの場所によって置き場所が限られてしまうのがデメリット。また、万が一停電してしまうと自動給餌器が作動しなくなってしまうのも気になるところです。

乾電池式は、コードレスなのでどこにでも置けるのが魅力ですが、もし外出中に電池が切れてしまったら自動給餌器が作動しなくなってしまいます。そのため、電池残量をこまめにチェックしておかなければならないのがデメリットです。

製品によっては、AC電源と乾電池の両方に対応しているタイプもあります。通常時はAC電源ですが、もし停電したときは自動で電源が乾電池に切り替わるため、停電の際も安心です。

また、食べた分だけタンクから補充されるタイプの自動給餌器だと電源がいらないので便利。ペットに餌の量の制限がなければ、こちらも検討してみてください。

便利機能をチェック

決まった時間に餌を与えられる「タイマー機能」

By: amazon.co.jp

タイマー機能付きを選択すれば、任意の時間をセットしておくことで毎日決まった時間に餌を与えられます。ペットの健康をしっかりと管理できる上、朝早くに餌の催促で起こされる心配もありません。

うっかり帰りが遅くなっても、ペット用自動給餌器がしっかりサポートしてくれるので安心。ついつい餌を与えすぎてしまうこともありません。

餌の量や回数を変えられる「給餌調節機能」

By: amazon.co.jp

体調が悪い時や肥満気味のペットの体重管理など、1度に出てくる餌の量を変えたいときに便利なのが給餌調節機能。ペット用自動給餌器のなかでも、主にフードストッカータイプに付いています。

高性能な製品では時間帯によって餌の量を変えられるモデルもあるので「朝は餌をよく食べるけれど、夜は残し気味」というペットでも柔軟に対応できます。

なお、一般的に犬は1度に食べられる分が多く、猫は何度も分けて食べる習性があります。給餌調節機能があれば飼っているペットの種類によって回数を調整可能。前の時間の餌が残らないよう、グラム単位で調整できるのも便利です。

スマートフォンで遠隔操作「スマホ機能」

外出先でも自動給餌器を操作したい方におすすめなのがスマホ機能。専用のアプリをスマホにダウンロードし、自動給餌器をご家庭のWi-Fiにつなぐだけで簡単にスマホと連動できます。アプリをインストールできる端末ならタブレットでも可能です。

毎日の餌の分量や餌を与えた時間も、スマホで簡単にチェック。体重を記録しておけば健康管理もスムーズにできます。

ペットの状態を観察できる「カメラ機能」

ペットへの心配は餌だけではありません。寂しくしていないか、イタズラをしていないか、外出先でもペットの状態を確認したい方はカメラ機能搭載があると便利です。

スマホ連動機能付きの自動給餌器なら、スマホやタブレットからリアルタイムで確認が可能。留守中のペットの様子を撮影することもできます。

飼い主の顔を見せることはできませんが、タイミングが合えば食事中のペットを前からじっくりと眺めることもできるので、特にペットの体調不良が気になる方はチェックしておきましょう。

飼い主の声でペットも安心「マイク&スピーカー機能」

給餌のタイミングにあわせて、飼い主の声をかけられるのがマイク&スピーカー機能。警戒心の強いペットは自動給餌器自体を怖がってしまうこともありますが、聞き慣れた飼い主の声が届けられるのがメリットです。

なお、製品は前もって録音しておいた声を決まった時間に流すタイプ、スマホを通してリアルタイムで話しかけられるタイプ、その両方を搭載しているタイプがあります。カメラ機能と連動することでさらにリアルに接することができ、離れていてもペットをより身近に感じられるので、おすすめです。

犬猫用の自動給餌器のおすすめモデル|フードストッカータイプ

Iseebiz 自動給餌器

Iseebiz 自動給餌器

3Lの餌をストックしておける便利なペット用自動給餌器。タイマーがついていて、決まった時間に餌が自動で出てくる仕組みです。餌の出口には赤外線センサーがついていて、餌が出すぎて詰まってしまうトラブルを防ぎます。

10秒の音声録音機能つき。飼い主の声を録音しておけば、給餌のたびに流れるのでペットも安心して食事ができます。寂しがり屋のペットや、長時間留守にすることが多い方におすすめです。

電源は、AC電源と乾電池のダブル方式。停電などの非常時にも対応できる頼もしい自動給餌器です。また、電源コードは留守中にペットが噛んで電気事故を起こす心配のないチューブ付きでさらに安心。

食料タンクやヘッド部分は外して丸洗いできるので、いつも清潔に保てます。餌が湿気にくい防湿カバー付きで、餌の鮮度に配慮できるのもポイント。安心して留守を任せられる自動給餌器です。

うちのこエレクトリック スマホで遠隔操作する自動給餌器 カリカリマシーンSP

うちのこエレクトリック スマホで遠隔操作する自動給餌器 カリカリマシーンSP

外出先からでもスマホで簡単に操作できるペット用自動給餌器。スマホは8台まで共有できるため、家族がそれぞれペットの様子をチェックできて便利です。リアルタイムでペットの様子を画像で見られる上、録画や写真もワンタッチでOK。SNSにもスピーディに投稿できます。

タイマー式で、1日4回給餌ができるほか、スマホ操作で給餌が可能。タイマーを普段使っていない方で、急に仕事が入ったり電車が遅れたりといったトラブルがあっても慌てずに対応できます。

生ボイス録音&お知らせ機能付きで、給餌の際は飼い主の声でお知らせします。飼い主の声が毎回聞こえるので、ペットをお留守番させる際も安心。また、フタを開けたり出口に手を突っ込んだりといったイタズラ対策も万全です。

本体は、ヨーロッパの基準をクリアした安全なABS樹脂を採用。また、ペットの口が直接触れるトレイは人間が使う食器と同じ安全基準をクリアしたモノを使っています。大事なペットだからこそ、安全なものを選びたいと思っている方におすすめの自動給餌器です。

HaveGet 犬猫用 自動給餌器

HaveGet 犬猫用 自動給餌器

サイドに給水器もセットになっている便利なペット用自動給餌器。およそ4Lの餌をストックでき、タイマーで決まった時間に給餌できます。餌の量はおよそ10~100gの間で調節できるので、ペットに応じた量を出せるのもポイント。肥満気味のペットにも安心です。

本製品はスマホと連動させられるのが特徴。外出先からでも給餌器を操作できるので、急に帰宅時間が遅くなったときなどにも対応できます。

カメラがついているので、ペットの様子をいつでもチェックできるのもポイントです。画像は録画・保存が可能。いつでも自宅の様子をチェックできるので、防犯カメラとしての役割も果たします。

AC電源と乾電池のダブル方式で、どんなときにも給餌が止まる心配がないのも魅力。録音機能もついているので、給餌のたびに飼い主の声を聞かせてあげられるのもメリットです。また、マイクを通して留守番中のペットに話しかけることも可能。寂しがり屋のペットも安心です。

YINGYU ペット用自動給餌器

YINGYU ペット用自動給餌器

餌と水が同時にあげられるタイプのペット用自動給餌器です。ドライフードが1.5㎏ほど入る大容量サイズ。透明で餌の残量がひと目で確認できるため、うっかり餌を切らしてしまう心配がありません。

餌や水が少なくなると、自重で自動的に補充されます。電気や電池が必要ないので、使い勝手は良好。内側に調節のノブがあるので、ペットに合わせて給餌スピードや食事量を自由に調節できます。

トレイやフードタンクなど、部品はすべて独立しておりそれぞれ水洗いが可能。取り出しやすい上、いつでも清潔に保てます。本体には抗菌加工を施しているので衛生的にも安心です。

給水器のボトルは市販のペットボトルに替えられるので、大きいサイズにも簡単に取り換え可能。定期的に交換すれば、いつもきれいな水を飲ませてあげられます。カラーは3色をラインナップ。インテリア性も良好の自動給餌器です。

Iseebiz 自動給餌器

Iseebiz 自動給餌器

6Lの大容量で、最大20日分までの給餌に対応できるペット用自動給餌器。仕事や出張、旅行などで不在が長引くときにも安心です。約10秒の録音機能がついており、給餌のたびにペットに声を聞かせてあげられるので、ペットに寂しい思いをせずに対応できます。

タイマーがついていて、時間がくると自動的に給餌される仕様。餌の量は10~390gの間で自由に調節でき、ペットに最適な量をあげられるので肥満気味なペットにも安心です。

出口には赤外線センサーがついていて、トレイがいっぱいになると自動的に給餌が止まり、詰まりを防止します。AC電源と乾電池の双方に対応しているのもポイント。通常時はAC電源を用い、停電などの非常時には自動的に乾電池式に切り替わります。万が一の際にもペットが餌を食べ損ねることがないので安心です。

コードには噛みつき防止用の線もついていて、不在時のイタズラによる事故を防ぎます。フードタンクやフタ、トレイは外して水洗いができるのでいつも清潔。衛生的で、大事なペットのために安心して設置できる自動給餌器です。

SHINMEI 自動給餌器

SHINMEI 自動給餌器

アプリと連動しており、どこからでもスマホで操作できる便利なペット用自動給餌器。カメラがついているので、スマホでいつでもペットの様子をチェックできます。双方向音声のため、外出先からペットに声をかけることも可能です。

タイマー付きで、ペットに合わせて1日に1~12回の給餌に対応。餌の量は5g刻みで設定できるので、猫や小型犬など小さなペットにもちょうどいい量の餌を出してあげられます。出口には赤外線センサーがついているため、出口が詰まったり餌が溢れたりする心配もありません。

また、スマホの画面から手動で給餌も可能。いつでも好きなときに餌をあげられるので、離れていてもペットとコミュニケーションがとれます。3.3Lの大容量でたっぷり保管できるのもポイントです。60秒の録音機能もあり、給餌のたびに飼い主の声を聞かせてあげられます。

AC電源と乾電池のダブル方式で、停電など緊急時にも対応可能。どんな事態にもペットが餌を食べられるので、安心して外出できます。イタズラを防止するロックも付いているので、安心して設置できる自動給餌器を探している方はぜひチェックしておきましょう。

犬猫用の自動給餌器のおすすめモデル|トレイタイプ

ペットセーフ おるすばんフィーダー2食分

ペットセーフ おるすばんフィーダー2食分

2食分の餌をあげられるペット用自動給餌器。あらかじめトレイに2食分の餌を入れておき、時間がくると自動的にフタが開いてペットが餌を食べられる仕組みになっています。タイマーはダイヤルを回すだけの簡単設定で、48時間後までのお好きな時間に設定が可能です。

トレイの容量は150g。取り外して丸洗いできる上、トレイの下には保冷剤も入れられるので、暑い時期でも餌が傷みにくく安心です。

シックなグレーカラーを採用しているのもポイント。コンパクトで場所をとらず、電気も電池も必要ないので好きな場所に気軽に設置できるのも魅力です。

ottostyle.jp 音声録音機能・タイマー付き自動給餌器

ottostyle.jp 音声録音機能・タイマー付き自動給餌器

6回分の餌をあげられるペット用自動給餌器。それぞれタイマー設定ができるので、ペットの生活リズムに合わせて対応できます。

7秒の音声録音機能付き。給餌のたびに飼い主の声がするので、寂しがり屋のペットも安心です。フタにはロックがついているので、不在時にペットがイタズラしてしまう心配もありません。

フタやトレイは簡単に取り外せるのでお手入れも簡単。丸洗いができるのでいつも清潔に保てます。乾電池式でコードがないため、好きな場所に設置できるのもポイント。電池残量が少なくなるとお知らせランプが点灯するので、急な電池切れトラブルを防ぎます。