日本には歳を重ねるごとにその節目節目で長寿を祝う風習があります。最もポピュラーなものには還暦がありますが、実は他にも古希や傘寿・米寿・卒寿など、さまざまな名称が存在します。

今回は、77歳の節目で祝う喜寿について詳しく解説し、喜寿祝いのプレゼントにおすすめアイテムをご紹介していきます。

喜寿祝いとは?

喜寿祝いとは長寿祝いのひとつです。還暦は60歳・古希は70歳・傘寿は80歳・米寿は88歳・卒寿は90歳で長寿を祝いますが、喜寿は77歳のタイミングで祝います。「喜」という漢字の行書体が「七十七」に見えることが喜寿の由来です。

年齢を数える方法として、生まれた日を1歳としてカウントする数え年があり、かつて日本においては数え年が広く用いられた時代がありました。しかし最近では、生まれた日を0歳とする満年齢が一般的です。喜寿祝いにおいても本来は数え年で77歳を祝いますが、近年では満77歳で祝うことが一般化しています。

喜寿祝いの相場って?

喜寿祝いとしてプレゼントを贈りたい場合、本人との関係性にもよって金額は大きく変わってきます。両親もしくは兄妹の場合は数万円程度、祖父母の場合は1~2万円程度、親戚の場合は1万円程度が主流です。

その他、友人などの血縁関係者以外の場合は数千円程度がよいとされていますが、本人との交友関係の深さにもよって変わってきます。

幼少期からの幼馴染や仕事上の付き合いで長年お世話になった人、趣味を通じて家族以上の深い付き合いをしてきた方などは、数万円程度のプレゼントを検討してもよいでしょう。

当然ながら大切なのは本人を祝う気持ちであり、それを形で表現する方法としてプレゼントがあるということに留意しておくのが大切です。

喜寿祝いのプレゼントの選び方

本人の体調を考慮する

一生の思い出に残るモノとして代表的なのが「旅行」です。新婚旅行や卒業旅行など、人生の節目において国内外に旅行に出かける方も多いため、喜寿祝いに旅行に行ってもらおうと考える方も多くいます。

しかし、77歳という年齢も考慮したとき、中には体調が芳しくなく遠くに外出すること自体が身体的に大きな負担になってしまうケースも。中には毎日アクティブにスポーツを楽しんだり旅行へ出かける方もいますが、持病を抱えていたり体力が衰えている方に対しては十分な配慮が必要です。

形に残るものを贈る

本人の好きな食べ物も定番のプレゼントです。贈って喜ばれるモノとしてはよい選択肢ですが、人生の節目でもある喜寿祝いには、できれば形に残るモノの方がより好まれます。

結婚祝いや就職祝い、入学祝いなどにおいても一生に残るモノを贈ることが多いはず。それと同様に、喜寿祝いも食べ物のように無くなるモノではなく、本人に長く使ってもらえるようなモノをプレゼントするのが最適です。

また、本人にとって好物の食べ物であったとしても、食事は大勢で集まって食べるのが理想的です。普段は夫婦で2人暮らしの場合、食べ物よりも大勢での食事の方が喜ばれます。食べ物を贈る場合は、プレゼントそのものよりも家族や親戚を集めて食事会をセッティングしてみるのがおすすめです。

本人が普段購入しないようなものを贈る

プレゼントで喜ばれるモノには「普段自分では購入することは少ないが、もらったら嬉しいモノ」という鉄則があります。

日常生活の中では無くても困らないモノ。ちょっとした贅沢品など、欲しいという欲求はありながらも購入に躊躇してしまうものは多いはず。そのようなものをプレゼントとしてチョイスすると喜ばれます。

本当に喜ばれるプレゼントというものは、プレゼントを贈る相手のことを知っていなければ選ぶことはできません。「世間一般的にこの世代の人にはこの商品が喜ばれる」という考え方ではなく、相手のことを考え、思いやることによって本当に最適なプレゼントが自然と見えてくるはずです。

喜寿祝いにNGなプレゼント

高齢者向けのアイテム

喜寿は長寿を祝うためのものですが、プレゼントとして老齢を感じさせるものは贈ってはいけません。

一例を挙げると、杖や車椅子、介護用品などがあります。これらはいずれも「高齢者」「介護」といった事柄を連想させるものなので、健康で元気にいて欲しいと願う喜寿祝いにおいては避けましょう。

本人の体調や健康状態を察してプレゼントを選ぶことはもちろん大切ですが、相手のことを気遣って贈ったつもりが逆に本人を傷付けてしまうことにもなりかねないため注意が必要です。

死を連想させるもの

お茶や海苔などは葬儀、通夜において香典返しによく使用されるものです。これらを喜寿祝いとしてプレゼントすることは適切ではありません。例えば本人が大のお茶好きで、お茶にちなんだものをプレゼントしたい場合は「急須」や「湯呑み」などのプレゼントがおすすめです。

他にも「4(死)」や「9(苦)」といった縁起の悪い数字にちなんだものは避けた方が無難です。

喜寿祝いのプレゼントおすすめ

藤井錦彩窯 窯変金彩梅絵

プレゼントの定番である湯呑みは特に年配の方に喜ばれる一品です。こちらの湯呑みは、有田焼の独特の風合いと鮮やかな色彩が特徴。ひとつひとつ職人による手作業で作られています。手に持ったときの持ちやすさ、口に運んだときの口当たりのよさも、高い品質を誇る有田焼ならではの特徴です。

熨斗(のし)はもちろん、桐の箱に大切に梱包された状態なのでプレゼントとしても最適です。桐の箱の蓋部分にはお祝いのメッセージや名前を手書きで入れられ、一生の思い出に残る一品となります。

起き上がり個箸 不死鳥

起物としても知られる「起き上がり小法師」。福島県の会津地方発祥の民芸品で、愛嬌があって何度でも起き上がる姿に思わず笑顔になります。

起き上がり小法師はあくまでも玩具としての位置付けのものですが、これを応用して実用性を重視して作られたのが本製品。箸の中心部よりもずれた位置におもりの芯を入れておくことによって、一定方向に図柄が向くように作られています。箸が転がってテーブルから落ちたりする心配もなく、実用性にも優れたアイテムです。

不死鳥の絵柄が施され、高級感溢れる専用の桐箱に入っています。食洗器にも対応しており耐久性が高いのも魅力です。

鈴屋 喜寿祝いだるま 24cm

縁起物の代名詞的存在である「だるま」。世の中のだるまのほとんどは赤色の姿をしていますが、こちらは喜寿の象徴である紫色に塗られています。完全受注生産で、顔の下部分には本人の名前を手書きで入れられます。

インパクトが強いので、喜寿祝いのパーティーに合わせて注文しておくのがおすすめです。何を贈ったら喜ばれるのかわからない、他の人と被らないものを選びたいという方におすすめの選択肢といえます。

名入れグラス 祝 喜寿 文字入ジョッキ

お酒好きの方にぜひおすすめしたいのが本製品。本格的なビールジョッキですが、側面の部分にメッセージを刻印でき、プレゼントとしては最適です。大切な人だからこそお酒の飲みすぎに注意してほしい。そんな願いを込めて贈る方も多いアイテムです。

特に父親や親しい友人に「おめでとう」と言葉にするのは照れくさいという方やユーモアを込めて祝ってあげたいという方におすすめです。

祝寿座布団

畳のある和室が落ち着くという方は多く、特に年齢が上がれば上がるほどその傾向は強くなります。和室に欠かせないものといえば座布団。座布団は長年使用しているうちにボリューム感が無くなり、いわゆる「へたった」状態になります。

しかし、本製品にはボリュームのある中綿が詰め込まれており、その厚さは約18cm。布団専門店が販売する座布団だからこそ実現できた高い品質は、喜寿祝いのプレゼントに適しています。

プリザーブドアレンジ

プリザーブドフラワーとは花の水分を抜いて長期間保存可能な状態にした花のこと。水やりの必要がないにも関わらず、まるで生きているかのような生花に近い瑞々しさがあります。

結婚式などの場面においても広く利用されており、縁起のよいものとして知られているプリザーブドフラワー。「いつまでも元気で若々しくいて欲しい」という願いも込めたプレゼントとしては最適。喜寿祝いには紫色のプリザーブドフラワーがおすすめです。

男性用ジュエリーボックス お父さんの宝箱

ジュエリーボックスといえば女性用というイメージが定着していますが、実は男性向けのモノも存在します。時計や眼鏡、指輪などの収納に便利。特に時計や眼鏡を複数持っているお洒落な方にはおすすめです。小物入れとしても利用できるため、コレクションボックスのような使い方にも適しています。

名入れやラッピングにも対応し、メッセージカードも付属しているため、喜寿祝いのプレゼントとして最適です。

喜寿テディベアセット サボンドゥフルール

喜寿祝いにちょっと変わったプレゼントをしたい方におすすめなのが本製品。テディベアのぬいぐるみとサボンドゥフルールのセットです。サボンドゥフルールとは石鹸の花のこと。バラに見立てて作られた花びらからはアロマの香りが広がり、まるで本物の花のような癒しを与えてくれます。

石鹸が素材なので、最後に花をお風呂に入れて楽しめます。いつもとは違ったリッチなバスタイムにさせてくれるのでプレゼントに最適。女性だけではなく男性にも十分おすすめできるアイテムです。メッセージカードに日頃の感謝の気持ちを書いて渡すと喜ばれます。

プリザーブドフラワー時計 花時

家族の時間を何よりも大切にしてきた方におすすめしたいのが本製品。見開きのフォトフレームを開けると、プリザーブドフラワーと時計が姿を現します。大切な家族の写真を飾りながら、卓上時計としての役割も果たすアイテムです。

どんな人にとっても家族との思い出は何よりも大切にしたい時間です。普段は離れて暮らしている人にこそ、一番のお気に入りの写真とともにプレゼントとして贈ってみましょう。

胡蝶蘭鉢植え

お祝いの花として定番の胡蝶蘭。鉢植えで手頃なサイズ感は、自宅で楽しむには最適です。胡蝶蘭といえば白色の花というイメージが強いですが、こちらは喜寿祝いにふさわしい紫色。珍しい色合いでプレゼントとしても最適です。

趣味で庭の手入れや花を育てている方おすすめのプレゼントのひとつ。メッセージカードも付属しているため、注文の際に指定のメッセージを添えられます。

東京西川 枕

健康な体のためには何よりも質の高い睡眠が大切です。布団の高級ブランドとして有名な東京西川が製造しているのが本製品。枕に大切な高さについても自身で調整が可能なため、プレゼントとしても適しています。特に不眠に悩んでいる方や肩こりがひどい方におすすめです。

喜寿祝いにふさわしく、高級感溢れる箱の中に紫のカラー、そして「寿」のワンポイント。いつまでも健康でいて欲しいと願う気持ちを表すにはおすすめのプレゼントです。

信楽焼 焼酎サーバー ふくろう

焼酎好きの方におすすめのプレゼントが本製品。ふくろうの姿をした信楽焼は味わい深く、ホッコリした気持ちになります。縁起のよいふくろうは長寿のお祝いとして定番です。中の容量も2.2Lと大容量で、使い勝手も良好。価格は少し高額ですが、友人や家族同士でお金を出し合って購入するのがおすすめです。

ATEX ルルド マッサージクッション AX-HL148M

いつでも手軽に本格的なマッサージ気分が味わえるマッサージクッション。価格帯も手頃でプレゼントに最適です。最近ではアクティブなお年寄りも増えていますが、マッサージグッズは年齢に関係なく貰って嬉しいアイテム。本製品は、普通のクッションと見比べても遜色のないデザインも魅力です。

カバーは取り外し洗濯が可能。コンパクトなサイズ感なので腰や肩、ふくらはぎなど、体中のコリをほぐしてくれます。コストパフォーマンスが高く、男女を問わず喜ばれる実用性の高いアイテムです。

シャディカタログギフト EXCELLENT CHOICE

喜寿祝いのプレゼントに何を贈ったらよいか迷ってしまう場合は、カタログギフトをプレゼントするのも有効な方法です。シャディのカタログギフトは約3,000を超える商品の中から自由に選べ、その人が本当に欲しいものを自分でチョイスできます。

プレゼントの醍醐味は開封する時のワクワク感ですが、カタログギフトの場合は自分で選ぶという楽しさもプレゼントできます。価格帯も手頃で親戚や友人など、幅広く対応できるのもポイントです。

シャディカタログギフト 至高


同じくシャディのカタログギフトですが、こちらは価格帯が少し高め。父親や母親・兄弟・親友など、より感謝の気持ちを伝えたい方におすすめです。グルメや旅行、実用的な商品まで、約1,400点の中から自由に選べます。

シャディのカタログギフトはこれ以外にもさまざまな価格帯のモノがあり、用途に応じて選択が可能。友人同士でお金を出し合ってプレゼントするのもおすすめです。