近未来SFみたい!

セグウェイのようなパーソナルトランスポーターのジャンルが登場したのは10年以上前。それから今日まで盛り上がっていたのか分からないという人も多いかも。でもこのジャンルはオモシロいことになっているのです。今回ご紹介するのは、セグウェイよりも格段に気軽に乗れるスマート電動一輪車 NINEBOT ONE です。

新感覚な乗り物

電動一輪車 NINEBOT ONE とはどんな乗り物?通常の一輪車と全然違います!ペダルやサドルのない一輪車は本当に新感覚!

60分充電で10-15キロ走るNINEBOT ONEの最高時速は15km/hで爽快そのもの。止まる時は後ろに重心を移します。足の重心を移したり上半身のひねったり…直感的なコントロールなので慣れるのが一番。

デモ走行映像では解き放たれたかのような自由な走りをしていて見ている者まで楽しくなります。でもNINEBOT ONEは公道での走行は禁止されています。公園での場合でも許可を取りましょう。

スマホでもコントロール

スマートフォンの専用アプリで NINEBOT ONE の側面のLEDライトの光るパターンの設定や走行情報の確認をしたり、他のユーザーの情報も分かるランキングが楽しめます。

自分だけの NINEBOT ONE にカスタマイズ

乗り物はその人の個性がかなり発揮される代表格。オリジナリティーを出したいですよね。カバーを交換することにより自分だけのNINEBOT ONEを作り上げることも。

国土交通省はセグウェイのような搭乗型移動支援ロボットの公道実証実験を全国で実施する方向で調整しているようです。やっぱりこのジャンルが活気づいてます!乗ってみる!?