キャンプやバーベキューなどのアウトドアに欠かせないテーブル。アウトドア用テーブルは、持ち運びに便利な折りたたみ式のモノが主流です。最近では、デザインや素材にこだわったおしゃれなテーブルも増えています。

そこで今回は、アウトドアテーブルの選び方とおすすめ製品をご紹介。自分のスタイルに合ったアウトドアテーブルを見つけてください。

アウトドアテーブルの選び方

テーブルの種類で選ぶ

天板を2つに折って脚をその中に収納する「フォールディングタイプ」

By: amazon.co.jp

天板を半分に折りたたみ、中に脚などのテーブルパーツを収納できるのが「フォールディングタイプ」。脚は内側にたたむタイプと着脱式タイプが存在し、いずれも組み立てが簡単なので初めてのアウトドアテーブルにおすすめです。

主に大型のテーブルが多く、天板に厚みがあり比較的頑丈で安定感も抜群。天板のサイドに持ち手が付いる製品もあり、折りたたむと鞄のように持ち運べます。スリムで収納しやすいのもポイントです。

天板を丸めて筒状に収納する「ロールタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールタイプ」のテーブルは、細長い板を繋ぎ合わせたスノコ状の天板で作られているモデルが多くラインナップされています。使用時は組み立てた脚に天板を乗せるため固定する必要があり、フォールディングタイプに比べ少々組み立てが複雑なうえ、安定性に欠けるのが難点。

また、繋ぎ合わせた板と板の間に汚れが溜まりやすいといった難点もありますが、収納性に優れており大きなサイズでもスリムにまとめられます。専用ケース付きのモデルが多く持ち運びしやすいため、登山やキャンプなどにおすすめです。

アウトドアスタイルに合った高さを選ぶ

食事や作業がしやすい「ハイスタイル」

By: dod.camp

一般的なダイニングテーブル同様、高さ70cm前後のテーブルが「ハイスタイル」。適度な高さがあり、無理のない姿勢で食事を楽しめるほか、調理などの作業を立ったまま行えます。

テーブルに適した高さの椅子を使用すると、立ったり座ったりする際も快適なので、年配の方が参加する場合におすすめ。小さいお子さんやペットがいる場合はハイスタイルを調理台として使用すれば、ナイフなどの危険なモノを置いていても手が届きにくく安心です。

また、ハイスタイルには機能が充実したモデルが多く、ハイとローの2段階調節が可能な2WAYタイプや、使用場所の地形に合わせて無段階で高さ調節できるタイプが存在します。ハイスタイルは1台でさまざまな用途に対応できるのでおすすめです。

テント内でも使える「ロースタイル」

By: dod.camp

「ロースタイル」は地面との距離が近く自然をより身近に感じられるのが魅力。タープやテント内で使用しても空間が広く感じられ、圧迫感がなく快適に過ごせます。調理などの作業用としては向いていませんが、焚き火を囲むときや足を伸ばしてくつろぎたいときにおすすめです。

小さいお子さんでも使いやすく、高い椅子から落下する心配もありません。また、ロースタイルは軽量でコンパクトなモデルが多く、ソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめ。比較的シンプルな構造で設営・撤収も簡単です。

素材で選ぶ

耐熱性が高い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のアウトドアテーブルは熱伝導率が低く耐熱性が高いため、調理直後の鍋やダッチオーブンなど熱を持ったモノを直接置けるのがポイント。熱で変形しにくいため、焚き火の近くで使うことも可能です。頑丈なモデルが多く耐久性にも優れています。

また、ステンレスは表面が酸化皮膜で保護されており、サビに強いのが特徴です。傷付きにくく汚れを落としやすいため、お手入れも簡単。長く愛用できるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

丈夫で軽量な「アルミ製」

By: amazon.co.jp

アルミ製のアウトドアテーブルは軽量性に優れているのが特徴です。コンパクトで収納可能なロールタイプに多く採用されており携帯性も抜群。軽量ながら強度が高く、熱に強いためバーベキューコンロを置くことも可能です。

ステンレス同様、表面が酸化皮膜で覆われているため耐食性に優れ、汚れが落としやすく簡単に掃除できます。なるべく荷物の量を抑えたいツーリングキャンプやソロキャンプ、ハイキングなどにおすすめです。

自然に溶け込むおしゃれな「木製」

By: amazon.co.jp

木製のアウトドアテーブルはキャンプの雰囲気を損なわないナチュラルな質感が魅力。デザイン性が高く、さまざまなシーンに馴染みやすいため自宅用としてもおすすめです。自然素材のアイテムを取り入れるだけでリラックス感が得られます。

使用している木材の種類にもよりますが、使うほど風合いが増すのも木製ならではの楽しみです。ただし、他素材に比べて重量のあるモデルが多いので、木製のアウトドアテーブルを選ぶ際は重さもチェックしておきましょう。

コンパクトで持ち運びやすい「布製」

布製のアウトドアテーブルは軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴。1kg以下のモデルが多く軽量なので、キャンプやハイキングなど少しでも身軽にしたいシーンにおすすめです。ある程度の安定感はありますが、気になる方はドリンクホルダーを搭載したモデルを選ぶとよいでしょう。

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルは、使用する人数に合わせたサイズ選びが大切。食器の並べやすさや作業のしやすさを考慮して、少し大きめのサイズを選ぶと使いやすくて便利です。

ソロキャンプであれば幅30~60cm、2人なら幅70~90cm、4人なら幅120~140cm、6人なら幅140~170cmを目安に選んでみてください。足りるか不安な場合は、コンパクトタイプのサブテーブルを用意しておくのもおすすめです。

なるべく軽量なモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルの重量は大きさや素材によって大きく異なります。テントやイスなど荷物が多くなりがちなアウトドアでは携帯性が重要です。登山やキャンプなど、なるべく重量を抑えたい場合は軽量性に優れたアルミ製や布製がおすすめです。

オートキャンプの場合はあまり重視する必要はありませんが、少しでも軽いほうが設営・撤収が快適。重量は持ち運びやすさを左右するので、しっかりチェックしておきましょう。

アウトドアテーブルのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

「コールマン」は、1900年頃にW・C・コールマンにより、米国オクラホマ州で創業されたアウトドアメーカーです。ガソリン式ランプの販売から始まり、屋外でも使用可能なガソリンランタンを開発しました。

オートキャンプがブームになると、ガソリン式燃焼器具を2つ並べたキャンプストーブを販売開始。完成度の高さから、今でもコールマンの「ツーバーナー」として知られています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、バーベキューコンロやアウトドア用食器に始まり、テント・シュラフ・クッキングテーブルなどを展開する国産アウトドア用品の総合ブランド。

現在では、サイクリング用品やガーデニング用品に分野を拡大し、オールラウンドなアウトドアブランドを確立しています。機能性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴のブランドです。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

2018年2月から、ブランド名をドッペルギャンガーから「DOD」に改称したキャンプ用品メーカー。「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、初心者の方でも使いやすい製品をラインナップしています。

機能性とデザイン性の高さだけでなく、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

メイプルリーフのロゴが特徴の「ロゴス」は、コストパフォーマンスの高い製品が人気のアウトドアブランド。「水辺5mから標高800mまでのエリアで使えるアイテム」をブランドポリシーに掲げています。

テントやタープなどキャンプの定番アイテムからリュックやジャケットなどのアパレル関係のモノまで幅広くラインナップしているのが特徴です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」をコンセプトに、1985年に創立されたアウトドア用品メーカー「ユニフレーム」。国産メーカーだけに、日本の風土や文化を背景としたアウトドアスタイルを発信し続けています。

日本の職人が作っており、サビに強く頑丈なステンレス鋼を使った製品が多いのも特徴のひとつ。耐久性の高い製品を探している方におすすめのメーカーです。

アウトドアテーブルのおすすめ|フォールディングタイプ

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクリビングテーブル/120プラス

カラフルな木目調のデザインが魅力のアウトドアテーブル。設置するだけで楽しい雰囲気を演出してくれます。天板はメラミン加工が施されており、傷付きにくく汚れを落としやすいのが特徴。さらに、抗菌加工により菌が繁殖しにくく清潔に使用できます。

ロースタイルとベーシックスタイルに対応した2WAY仕様で、高さ約40cmと70cmに切り替えが可能。4方向から足を入れやすい構造のため、窮屈感がなくリラックスして着席できます。幅120cmと大きく4~6人のファミリーキャンプなどにおすすめです。

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクBBQテーブル/110プラス

テーブルの中央に幅60×奥行き35cmまでのバーベキューグリルをセットできるアウトドアテーブルです。手軽にバーベキューが楽しめ、みんなでテーブルを囲めるのもポイント。グリルラック未使用時はテーブルとしても使用でき、サイズが幅110×奥行き80cmと広く3~4人で使うのにおすすめです。

高さは約30cmと70cmの2段階調節が可能で、スタイルに合わせて使えます。2つに折りたたむフォールディングタイプで、折りたたむと幅7cmとスリムなので収納に便利です。専用ケースが付いているのも嬉しいポイント。重量7kgと少々重いのでオートキャンプなど車を利用したアウトドアにおすすめです。

コールマン(Coleman) ILミニテーブルプラス モザイクウッド

モザイクウッド柄が印象的なアウトドアテーブル。従来のコールマンとは一線を画するデザインが魅力です。天板はメラミン加工により、汚れが拭き取りやすくお手入れが簡単。抗菌加工も施されているため衛生面も安心です。

テーブルの脚は広げるだけでロックがかかり、逆さまにするとロックが解除されるので、設置も収納も簡単に行えます。天板のサイズは幅53×奥行き40cm、高さ23cmとコンパクトでサブテーブルに最適。1.4kgと軽く持ち運びに優れているのも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーロード アルミフォーウェイテーブル M

遊び心溢れるポップなデザインでキャンプの雰囲気を盛り上げてくれるアウトドアテーブル。所有しているギアに追加すれば、いつもと違ったイメージでアウトドアを楽しめます。

4WAY仕様で高さ37・47・60・70cmの4段階から調節が可能。ジョイントパイプは簡単に着脱できるワンタッチ式で、組み立ても収納も素早く行えます。ハイ・ロースタイルはもちろん、座卓やラウンジチェアなど1脚でさまざまなシーンに対応できる、おすすめのアウトドアテーブルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルバーロ竹製フォールディングテーブル

天板に竹の集成材を採用した上質な風合いが魅力のアウトドアテーブル。竹集成材は弾力性があり、衝撃を吸収する能力や曲げ・圧縮強度に優れているため、長く使用できます。また、抗菌・殺菌・脱臭性に優れているのもポイントです。

幅121.5cmのワイドな天板は4~6人で囲むのに最適。高級感があるのでアウトドアだけでなく、自宅の庭や室内での使用にもおすすめです。約11kgと重量があり持ち運びには少々不便ですが、ドッシリとしているため安定感があります。

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル

天板下に約138Lの収納スペースを備えたアウトドアテーブルです。ギアや食器などで散乱しがちな卓上をスッキリ片付けられます。車の荷台に設置して2段または3段の収納ラックとして使用することが可能。ファスナーとサイドポケット付きで使い勝手は良好です。

高さはポールのジョイントを変えるだけで、43.5・55・60.5・73cmの4段階に調節できます。テーブル側面のロック機構により安定性と強度が高く、30kgまでの重い荷物を乗せても安心。機能が充実したおすすめのアウトドアテーブルです。

ディーオーディー(DOD) ハッピーテーブルセット

ファミリーキャンプやピクニックにおすすめのアウトドアテーブルです。ポップでカラフルなチェアが4脚セットになっており、設置するだけで華やかな楽しい空間を演出してくれます。4人でゆったり使える約120cmのワイドな天板の下にはストレージネットとサイドポケットを搭載。テーブルの上をスッキリ片付けられます。

高さは55・67・78cmの3段階で調節が可能。小さいお子さんがいるときはロースタイル、大人だけのときはハイスタイルとシーンに合わせて使用できます。チェアも一緒にまとめて収納できるのが魅力です。

ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル

ツーリングキャンプでの使用を前提に作られたアウトドアテーブルです。積載しやすいサイズで、920gと軽量で持ち運びに優れているのもポイント。アルミ板内蔵の天板と8本のアルミフレーム構造に加え、脚の底面にスリップ防止グリップを備えているため安定感に優れています。

テーブルの両サイドにはカラビナなどが掛けられるリボン、センターには大型メッシュポケットを搭載。テーブル周りをスッキリ片付けて広く快適に使用できます。

天板を汚してしまってもアルミ板を引き抜けば丸洗いが可能。軽量かつシンプルながら機能が充実しているので、ライダーに限らずキャンパーにもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック 丸洗い3FDスリムテーブル

ハイスペックなアイテムを展開する「LOGOS PREMIUM LINE」のアウトドアテーブル。耐水性に優れた「フェノール樹脂天板」により丸洗いが可能です。家庭用洗剤が使えるので清潔に保てます。パーツ素材はアルミとステンレスを使用しているのでサビにくく安心です。

収納時は3つ折り式ですが、天板1枚分の厚さ5cmに格納できるため、収納場所を取らず持ち運びにも便利。高さは4段階で調節でき、ハイスタイルから座卓までシーンに応じて使用できます。ヴィンテージ風のおしゃれなデザインも魅力。機能性とデザイン性を備えたおすすめのアウトドアテーブルです。

ロゴス(LOGOS) LOGOS Life テーブル 12060

アウトドアにも自宅のインテリアにも馴染みやすいシンプルなアウトドアテーブルです。木目調の天板に、さりげなくロゴを散りばめたナチュラルなデザインが魅力。ウレタン樹脂塗装により汚れが拭き取りやすくお手入れが簡単です。

高さは約68cmと35cmの2段階で切り替えられるのでスタイルに合わせて使用できます。2つに折りたためるフォールディングタイプでコンパクトに収納が可能。持ち手付きで鞄のように持ち運べます。幅広いシーンに対応するおすすめのアウトドアテーブルです。

ロゴス(LOGOS) 膳・2FDテーブル 4840

ロゴス独自の「アルクリーン特殊加工」を施したアウトドアテーブル。天板は厚さ約4mmと薄手ながら丈夫で熱に強いのが特徴です。150℃までの高温に耐えられる仕様で卓上グリルにも対応可能。食べこぼしなどの汚れが付着しにくく拭き取るだけで掃除できます。

天板のサイズは幅48×奥行き40cm、高さ18cmの適度なサイズ感で、サブとしてだけでなく、ソロキャンプのメインテーブルとしてもおすすめ。ロゴスを象徴するメイプル柄も魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFローテーブル 900

ソフトな印象の木目が美しい「シナベニア」を採用したアウトドアテーブル。薄く切った板を貼り合わせて強度を確保した合板で、反りにくく変形しにくいのが特徴です。サイズは幅90×奥行き55cmで2~4人での使用におすすめ。高さ37cmと絶妙な高さでロースタイルに最適です。

脚部分は独自設計により壊れにくく、直径25mmと厚みがあり安定性に優れているほか、収納ケース付きで持ち運びも快適。ナチュラルでインテリアにも合わせやすいため、アウトドアだけでなく室内での使用にもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹

設営・撤収がワンアクションで行える画期的なアウトドアテーブル。独自のシステムにより、天板を広げるだけで脚もシンクロして開くので素早くセットできます。テーブルを開ききると自動でロックがかかり固定されるため安定性も良好です。

天板には強度が高い竹の集成材を採用。多層構造でサイドからの眺めも美しく、竹ならではの気品があり高級感が漂います。サイズは幅84.6×奥行き49.6cmで2~4人の使用に最適。同テーブルを連結して、長テーブルのように大人数で使うのもおすすめです。

オンウェー(ONWAY) ステンローテーブル

創業当初から自社設計にこだわり、個性的なアイテムを展開し続けている「オンウェー」のアウトドアテーブル。天板にアルミ複合板、脚と金具にステンレスを採用し、サビにくく熱に強いのが特徴です。耐衝撃性にも優れているため頑丈で長く使用できます。

脚は着脱式で天板の中に収納でき、持ち運びに便利な専用ケースが付属。折りたたむと3.8cmまで薄くなるので収納スペースを取りません。メタリックでクールなテーブルは金属製や木製のアイテムとの相性も良好。リーズナブルな価格ながら丈夫で長く使用できるため、コスパの高い製品を探している方におすすめです。

アウトドアテーブルのおすすめ|ロールタイプ

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル/120

「天然スギ」を採用したナチュラルな風合いが魅力のアウトドアテーブルです。スギは湿気の多い夏場のキャンプでもベタ付きにくく、さらっとした手触りで快適に使用できます。カビや腐朽に強いのもポイントです。アウトドア用としてはもちろん、インテリアにも馴染みやすく室内での利用にもおすすめ。

スタイルに合わせて約40cmと70cmの2段階で切り替えが可能。ロールタイプの天板と収束型のフレームでコンパクトに収納できます。専用の収納ケース付きで持ち運びにも便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル アルミツーウェイロールテーブル70

黒を基調としたギアシリーズ「ブラックラベル」のアウトドアテーブル。都会的で洗練されたデザインが魅力です。天板と脚には耐熱性・耐食性に優れたアルミを採用。鍋やダッチオーブンなど熱いモノを直接置くことができ、焚き火の近くでも使えます。

サイズは幅70×奥行き69cmと2~4人で使うのに適度な大きさで、高さはシーンに応じて約70cmと38.5cmの2段階で調節が可能です。約3kgと軽量性に優れ、登山やピクニックなど重量を抑えたいアウトドアにおすすめ。持ち運びに便利なキャリーバッグも付属しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー アルミロールテーブル ミニ

トレッキングやツーリングキャンプにおすすめのアウトドアテーブルです。軽量性に優れたアルミ製で約550gと軽く、コンパクトに収納できるので持ち運びに便利。ロールタイプの天板と一体型のフレームで設営も撤収も便利です。

サイズは幅29×奥行き23×高さ22.5cmでソロキャンプ用に最適なミニサイズ。飲み物やランタンなどを置くサイドテーブルとしても使用できます。持ち運びに優れたソロキャンプで使えるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) ステルスエックス

ゴミを隠してキャンプサイトをおしゃれに見せるアウトドアテーブルです。ゴミ箱としても使用でき、6種類まで分別が可能。天板は蛇腹式で簡単に開き、作業中はサイドからもゴミを捨てられます。

アルミ合金フレームにより30kgの耐荷重を確保しながら、本体総重量約2.2kgと軽いのもポイントです。天板・生地用とフレーム用のキャリーバッグが付属。帆布生地は洗濯機で水洗いできるため清潔に保てます。生活感をなくしてサイトの雰囲気を損なわずに使えるのでおすすめです。

ロゴス(LOGOS) LOGOS Life オートレッグテーブル 12070

シンプルなデザインでサイトの雰囲気に合わせやすいアウトドアテーブルです。天板とフレームはサビや熱に強いアルミを採用しており、120cmのワイドサイズながら5.3kgと軽いのが魅力。ロールタイプのため収納時のサイズは幅18×奥行き12×高さ122cmなので、保管スペースを取りません。

フレームは開くだけでセットできる「オートレッグ機能」により組み立てが簡単。高さは立ったまま作業がしやすい67cmのハイスタイルと、小さいお子さんでも使いやすい42cmのロースタイルにワンタッチで切り替えられます。シンプルで使いやすいおすすめのアウトドアテーブルです。

ロゴス(LOGOS) トレックテーブルチェアコンボ

サイクリングやツーリングにおすすめのアウトドアテーブルです。チェアが2脚セットになっており、テーブルは2人で使用するのに程よいサイズ。天板とフレームには軽量性・耐食性に優れたアルミを採用し、チェアを含めても総重量約1.9kgと軽く携行に最適です。

付属の収納バッグは自転車やバイクでも持ち運びしやすいショルダータイプ。テーブルとチェアをひとまとめにして収納できます。天板とフレームは、はめ込み式で設営・撤収が簡単。なるべく身軽にしたいソロキャンプやハイキングなどでも活躍します。

ペレグリン ファニチャー(Peregrine Furniture) ドンキーテーブル

こだわりの素材で上質な製品を展開している「ペレグリン ファニチャー」のアウトドアテーブルです。天板は丸めてコンパクトに収納できるロールタイプ。接続部は2本の木材を十字に組み合わせる「相欠き接ぎ(あいかきつぎ)」を採用し、耐久性に優れているのが特徴です。

家庭で使用するコーヒーテーブルと同等の42cmの高さで作られているため、ローチェアでくつろぐのにおすすめ。幅78cmで2~3人での使用に適しています。天然木のやさしい風合いが自然に馴染みやすく、インテリア性が高いのも魅力です。

ヘリノックス(Helinox) タクティカルテーブル L

快適性・携帯性を追求した製品開発を行っている「ヘリノックス」のアウトドアテーブルです。布製の天板には耐久性の高いポリエステルを採用。吸湿性が低いため水に濡れても乾きやすいのが特徴です。

幅74.5cmのワイドサイズで、2人でもゆったり使用できます。収納袋付きでコンパクトにまとめられ、総重量約1.5kgと軽く持ち運びしやすいのが魅力。ハイキングやソロキャンプなど少しでも重量を抑えたいアウトドアはもちろん、大人数で行うキャンプのサブテーブルとしてもおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) ロールテーブル

リーズナブルな価格ながら丈夫で長く使えるコスパに優れたアウトドアテーブルです。天板とフレームはサビや熱に強いアルミニウムを採用。サイズは幅120×奥行き70cmと大きく、重さ4.8kgと軽量性に優れています。

高さは約70cmと40cmの2段階で切り替えが可能。脚ポールの着脱で簡単に調節でき、スタイルや好みに合わせて使用できます。シンプルなデザインで使いやすいおすすめのアウトドアテーブルです。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ウッドローテーブル

天然木の天板にマットブラックのアルミフレームを組み合わせたスタイリッシュなアウトドアテーブルです。靭性・弾力性が高い「タモ」を採用しており、丈夫で腐朽しにくいのが特徴。アルミフレームはサビや熱に強いため、全体的に頑丈な作りがポイントです。

収納に優れたロールタイプで、キャリーバックも付いているため持ち運びも便利。高さはローチェアと合わせて使うのに最適な約40cmで、ロースタイルのキャンプにおすすめです。

ハイランダー(Hilander) ロールトップテーブル2 ウッド

By: naturum.co.jp

リーズナブルな価格と品質の高さで人気のある「ハイランダー」のアウトドアテーブル。木の温もりが感じられるナチュラルな雰囲気が魅力です。素材に「ブナ」を採用しており、手触りがよく弾力性の高さが特徴。室内での使用も考慮して、脚部分にはキャップが付いています。

天板のサイズは幅90×奥行き60cmで3~4人の使用に最適。高さは43cmで小さいお子さんでも使いやすく、ファミリーキャンプにおすすめです。重さ約7kgと少し重めですが、しっかりとした作りで安定感があり、30kgまでの荷重に耐えられます。

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。