キャンプやバーベキューなどのアウトドアに欠かせないテーブル。アウトドア用テーブルは、持ち運びに便利な折りたたみ式のモノが主流です。最近では、デザインや素材にこだわったおしゃれなテーブルも増えています。

そこで今回は、アウトドアテーブルの選び方とおすすめ製品をご紹介。自分のスタイルに合ったアウトドアテーブルを見つけてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

アウトドアテーブルの選び方

テーブルの種類で選ぶ

天板を2つに折って脚を中に収納する「フォールディングタイプ」

By: amazon.co.jp

天板を半分に折りたたみ、中に脚などのテーブルパーツを収納できるのが「フォールディングタイプ」。脚は内側にたたむタイプと着脱式のタイプが存在し、いずれも組み立てが簡単なので初めてのアウトドアテーブルにおすすめです。

おもに大型のテーブルが多く、天板に厚みがあるため比較的頑丈で安定感も良好。天板のサイドに持ち手が付いている製品もあり、折りたたむと鞄のように持ち運べます。スリムで収納しやすいのもポイントです。

天板を丸めて筒状に収納する「ロールタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールタイプ」のテーブルは、細長い板を繋ぎ合わせたスノコ状の天板で作られているモデルが多くラインナップされています。収納性に優れており、大きなサイズでもコンパクトにまとめることが可能。専用ケース付きのモデルが多く持ち運びしやすいので、登山やキャンプなどにおすすめです。

なお、使用する際は組み立てた脚に天板を乗せるため、固定する必要があります。そのため、フォールディングタイプに比べて少々組み立てが複雑なうえ、安定性に欠けるのが難点です。

アウトドアスタイルに合った高さを選ぶ

食事や作業がしやすい「ハイスタイル」

By: dod.camp

高さ70cm前後のモデルが一般的な「ハイスタイル」。適度な高さがあるので無理のない姿勢で食事を楽しめるほか、調理などの作業が立ったまま行えます。

テーブルに適した高さの椅子を一緒に使えば、立ったり座ったりしやすいのもポイント。また、小さな子供やペットがいる場合、ハイスタイルを調理台として使用することでナイフなどの危険なモノを置いていても手が届きにくく安心です。

さらに、ハイスタイルには機能が充実したモデルが多いのもポイント。ハイとローの2段階調節が可能な2WAYタイプや、使用場所の状況に合わせて無段階で高さ調節できるタイプが存在します。ハイスタイルは1台でさまざまな用途に対応できるためおすすめです。

テント内でも使える「ロースタイル」

By: dod.camp

「ロースタイル」は、地面との距離が近く自然をより身近に感じられるのが魅力。タープやテント内で使用しても空間が広く感じられ、圧迫感がなく快適に過ごせます。調理などの作業用としては向いていませんが、焚き火を囲むときや足を伸ばしてくつろぎたいときにおすすめです。

また、ロースタイルは軽量でコンパクトなモデルが多く、ソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめ。比較的シンプルな構造で、設営・撤収も簡単です。

素材で選ぶ

耐熱性が高い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のアウトドアテーブルは熱伝導率が低く耐熱性が高いため、調理直後の鍋やダッチオーブンなど熱を持ったモノを直接置けるのがポイント。熱で変形しにくいので、焚き火の近くで使うことも可能です。頑丈なモデルが多く、耐久性にも優れています。

また、ステンレスは表面が酸化皮膜で保護されており、サビに強いのも特徴です。加えて、傷付きにくく汚れを落としやすいため、お手入れも簡単。長く愛用できるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

丈夫で軽量な「アルミ製」

By: amazon.co.jp

アルミ製のアウトドアテーブルは軽量性に優れているのが特徴です。コンパクトで収納可能なロールタイプに多く採用されており、携帯性にも優れています。軽量ながら強度が高く、熱に強いためバーベキューコンロを置くことも可能です。

表面が酸化皮膜で覆われているので耐食性に優れており、汚れが落としやすく簡単に掃除できます。なるべく荷物の量を抑えたいツーリングキャンプやソロキャンプ、ハイキングなどにおすすめです。

自然に溶け込むおしゃれな「木製」

By: amazon.co.jp

木製のアウトドアテーブルは、キャンプの雰囲気を損なわないナチュラルな質感が魅力。デザイン性が高く、さまざまなシーンに馴染みやすいため室内用としてもおすすめです。

使用している木材の種類にもよりますが、使うほど風合いが増すのも木製ならではの魅力。なお、ほかの素材に比べて重量のあるモデルが多いので、木製のアウトドアテーブルを選ぶ際は重さもチェックしておきましょう。

コンパクトで持ち運びやすい「布製」

By: amazon.co.jp

布製のアウトドアテーブルは軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴。1kg以下のモデルが多く軽量なので、キャンプやハイキングなどで少しでも身軽にしたいシーンに最適です。

なお、ステンレス製やアルミ製のモノと比較すると、安定感に劣るため注意が必要。バーベキューなどでは、ちょっとした小物を置くサブテーブルとしてもおすすめです。

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルは、使用する人数に合わせたサイズを選びましょう。食器の並べやすさや作業のしやすさを考慮して、少し大きめのサイズを選ぶと使いやすくて便利です。

ソロキャンプであれば幅30~60cm、2人なら幅70~90cm、4人なら幅120~140cm、6人なら幅140~170cmを目安に選んでみてください。人数に対して、アウトドアテーブルの広さが足りるか不安な場合は、コンパクトタイプのサブテーブルを用意しておくのもおすすめです。

なるべく軽量なモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルの重量は大きさや素材によって大きく異なります。テントやイスなど荷物が多くなりがちなアウトドアでは持ち運びのしやすさを重視しましょう。登山やキャンプなど、なるべく重量を抑えたい場合は軽量性に優れたアルミ製や布製がおすすめです。

オートキャンプの場合はあまり重視する必要はありませんが、少しでも軽いほうが設営や撤収が快適。重量は持ち運びやすさを左右するので、しっかりとチェックしてみてください。

椅子とセットになっているモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルのなかには、椅子とテーブルがセットになったモデルも存在します。テーブルと椅子を個別で購入する必要がないので便利。テーブル・椅子のデザインを統一したい方にもおすすめです。

なお、椅子とテーブルがセットになっているタイプのモノには、テーブルと椅子が一体になっているモノと椅子とテーブルが別個で使えるモノがあります。購入の際は、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

アウトドアテーブルのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

「コールマン」は、1900年頃にW・C・コールマンにより、米国オクラホマ州で創業されたアウトドアメーカーです。ガソリン式ランプの取り扱いから始まり、屋外でも使用可能なガソリンランタンを開発しました。

日本向けの製品を作っているのも魅力。使い勝手もよく、キャンプ初心者でも使いやすい製品を豊富に揃えています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、バーベキューコンロやアウトドア用食器に始まり、テント・シュラフ・クッキングテーブルなどを展開する国産アウトドア用品の総合ブランドです。

現在では、サイクリング用品やガーデニング用品に分野を拡大し、オールラウンドなアウトドアブランドを確立しています。機能性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

ディーオーディー(DOD)

By: amazon.co.jp

2018年2月から、ブランド名をドッペルギャンガーアウトドアから「DOD」に改称したキャンプ用品メーカー。「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、初心者の方でも使いやすい製品を展開しています。

機能性とデザイン性の高さだけでなく、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

メイプルリーフのロゴが特徴的な「ロゴス」は、コストパフォーマンスの高い製品が人気のアウトドアブランド。「水辺5mから標高800mまでのエリアで使えるアイテム」をブランドポリシーに掲げています。

テントやタープなど、キャンプの定番アイテムからリュックやジャケットなどのアパレル関係のモノまで幅広く展開しているのが特徴です。

アウトドアテーブルのおすすめ|フォールディングタイプ

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクリビングテーブル

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクリビングテーブル

天板に抗菌加工が施されたアウトドアテーブルです。テーブルサイズは約140×70×40cmでローテーブル用としても使えます。適用人数は4~6人に対応。4方向から脚を入れて着席できるほどの広さで、ゆったりと使いたい方におすすめです。

天板以外の材質はアルミニウムを採用しています。大人数用の製品ですが、本体重量は約5.6kgと軽量なのもポイント。フォールディングタイプのテーブルなので、持ち運びにも困りません。

コールマン(Coleman) テーブル ステンレスファイアーサイドテーブル

コールマン(Coleman) テーブル ステンレスファイアーサイドテーブル

天板がステンレス製で、サビや汚れに強いフォールディングタイプテーブル。ステンレスは耐熱性にも優れているため、ダッチオーブンを直接テーブルに置くことも可能です。使用時のサイズは約60×40×25cmでロースタイルに対応。収納時は折りたたむことで、約40×5×30cmまでコンパクトになります。

収納後は付属の専用ケースに入れられるのもポイント。本体重量は約2.6kgで、女性でもラクに持ち運びできます。耐荷重は約30kg。重量のある調理器具を置いても充分に耐える強度を有しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラフォーレ DXアルミピクニックテーブル UC-9

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラフォーレ DXアルミピクニックテーブル UC-9

アルミニウム合金製のチェアとテーブルが一体化されたアウトドアテーブル。チェアはベンチ式になっており、4人まで座ることが可能です。また、テーブルの中にチェアを収納すれば、ローテーブルとしても使えます。

収納時のサイズは約88×10×34.5cmとコンパクト。さらに、耐荷重は約40kgに対応しているので、重いモノを乗せても安心です。

さらに、本製品にはポールの外径が32mmまでのパラソルをセットできるアダプターが付属。パラソルと合わせて使うことで、日差しが強い屋外での使用にも役立ちます。

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル

天板下の収納スペースが大容量に使えるアウトドアテーブル。フォールディングタイプのテーブルのため、折りたためば持ち運びも簡単です。

テーブルの高さは43.5〜73cmの間で4段階の調節が可能。ハイスタイルとロースタイルどちらの使い方にも対応できます。展開時は100×60cmの面積で、2人なら広々とスペースを活用できるサイズです。

フレームの材質には、アルミニウム合金を採用。軽量かつ丈夫で、耐荷重は約30kgまで対応しています。さらに、本体の重さは約6.9kgと軽量なのも魅力です。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントテーブル

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントテーブル

パラソルを立てられる穴が付いた多人数向けテーブル。テーブルの幅は90cmと広く、高さも29.5・35・41.5cmの3段階で調節可能です。設置は簡単で、2つに分かれたテーブルの足を広げ、磁石が付いたアダプターにセットするだけで完了します。

本製品はキャリーバッグが付属。重量も約4.7kgと軽量なので、ラクに持ち運びできます。また、テーブルは個別で使えるため、枕元のサイドテーブルとして活用可能です。

耐荷重は30kgで、強度もしっかりと備えています。設置と片付けの手間を最小限にしたい方や、家族や仲間と囲みながら使いたいという方におすすめのテーブルです。

ロゴス(LOGOS) LOGOS Life ベンチテーブルセット6

ロゴス(LOGOS) LOGOS Life ベンチテーブルセット6

フォールディングタイプテーブルとベンチ1脚、スツール4脚がセットになった製品。ベンチとスツールはテーブル内に収納できるので、保管や持ち運びに便利です。

本体の材質は、フレームが汚れとキズに強いアルミニウム製。天板はウッド調のプリント紙化粧板を採用しており、屋外の自然と調和しやすいデザインになっています。また、天板の側面には取手が付いており、収納時にはそのまま取手を利用して持ち運びが可能です。

テーブルサイズは約93×82×69cmで、高さ37.5cmのロースタイルへの調節もできます。ベンチやスツールといった付属品も多数付属している便利なアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFローテーブル

ユニフレーム(UNIFLAME) UFローテーブル

天板にシナベニヤ合板を採用した、自然と調和する風合いが特徴のアウトドアテーブル。天板の厚みは12mm、耐荷重は30kgとしっかりとした作りになっています。使用時のサイズは約90×55×37cmで、1~2人での使用に最適です。

収納時のサイズは約90×27.5×18cmで、付属の収納ケースにしまって持ち運びできます。設置・片付けについては、脚と天板の開閉だけなので初心者にも扱いやすいモデル。脚はアルミニウム製で、キズや汚れに強いのも魅力です。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) アルミ アウトドア テーブル

クイックキャンプ アルミ(QUICKCAMP) アウトドア テーブル

ヴィンテージウッド風の天板と、ブロンズ調のフレームでシックなデザインが印象的なアウトドアテーブルです。ベンチが2つ付属しており、耐荷重はそれぞれ160kg。1台に大人2人座っても安心です。

使用時のサイズは90×66×70cmで、高さ40cmへの調節もできます。さまざまなスタイルで楽しみたい方におすすめ。また、脚の継ぎ目にはガタつき防止ロックを搭載しており、安定して使用できるのもメリットです。

天板はメラミン加工を施したMDF(中質繊維板)を採用。150℃の熱に耐えることができ、汚れに強いのが特徴です。組み立ても脚のパーツをはめ込むだけなので、簡単に設置可能。専用の収納バッグを付属しているため、持ち運びもラクに行えます。

DesertFox アウトドア 折りたたみ テーブル

DesertFox アウトドア 折りたたみ テーブル

折りたたみ式のテーブルと椅子4つがセットになったモデルです。フォールディングタイプで2つに折りたためるだけでなく、椅子はテーブルの内部に収納できるので持ち運びに便利。収納時のサイズは約60×6.5×60cmとコンパクトになるので、車のトランクルームにも容易にしまえます。

使用時の本体サイズは約120×60×55cmで、高さは62・70cmに調節することも可能。天板は防水加工が施されており、水がこぼれても拭き取りやすいのもポイントです。コスパに優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630

ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630

ソロでの使用に最適な、A4サイズのコンパクトテーブルです。折りたたみ時のサイズはA4ハーフサイズにまで小さくなり、ソロキャンプやソロツーリングの持ち運びに便利。必要以上に場所を取らないので、テント内でも使えます。

天板にはアルミニウムを採用しており、重量は395gと軽量。スタンドはステンレス製のため、サビや汚れに強いのもポイントです。耐荷重は約3kg。小型のガスバーナーや調理器具などを乗せられます。

また、本製品には収納用のケースが付いており、持ち運びに便利。2つに折れたテーブルを開くだけでセットできるので、面倒な組み立ても必要ありません。手軽さを求める方におすすめの製品です。

アウトドアテーブルのおすすめ|ロールタイプ

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクロールテーブル

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクロールテーブル

個性的なデザインが特徴的なアウトドアテーブル。グラスファイバーを使った天板とアルミニウムのフレームで、本体重量が約3.9kgと軽量なのが魅力です。

収納時のサイズは約18×21×70cm。専用の収納ケースを使えば、持ち運びもラクに行うことが可能です。耐荷重は約30kgで、大人数で使用しても充分な強度を備えています。

展開時のサイズは約120×40×70cm。また、高さは40cmに調節することも可能。ハイスタイルとロースタイルのどちらも楽しみたい方におすすめです。

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル

天板にスギの天然木を採用した、ナチュラルな質感が魅力のロールテーブルです。使用時サイズは約125×70×70cm。高さは40cmに調節することも可能で、ロースタイル用とハイスタイル用の2段階で使えます。

収納時のサイズは約18×20×70cmとコンパクトで、専用の収納ケースがあるので管理しやすいのもポイント。重量も約5.1kgと軽量で、持ち運びも容易です。

コールマン(Coleman) ピクニックテーブルセット

コールマン(Coleman) ピクニックテーブルセット

ベンチの中にテーブルを収納できるモデルです。ベンチは2つセットになっており、ベンチそのものが収納ケースとなります。テーブルサイズは約95×70×70cm。また、高さ48cmのローテーブルに調節することも可能です。

骨組みがすべて一体化されており、組み立てる際は脚の上に天板を乗せるだけ。ベンチも脚を広げて安全ロックをかけるだけで設営できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713

アルミニウム製で軽量かつコンパクト設計のロールテーブルです。使用時のサイズは40×29×12cmで、ソロキャンプでの使用に最適。収納時は6×40×7cmまでコンパクトになり、本体重量も0.7kgと軽量なのでラクに持ち運びできます。

天板はアルマイト処理されたアルミニウムを採用しており、耐食性と耐摩耗性に優れているのもポイント。耐荷重は約30kgで、ガスボンベや食器などさまざまなモノを置けます。

カラーバリエーションはシルバー・ブラック・レッドの3種から選べます。値段も安く、コスパに優れたおすすめアイテムです。

KingCamp アウトドア テーブル

KingCamp アウトドア テーブル

脚と天板が一体化になったアウトドアテーブル。重量は約4.2kg。フレームには軽量なアルミニウムを採用しているため、女性でも持ち運びが簡単です。

天板には水と汚れに強い防水加工がされており、飲み物をこぼしたり急な雨が降ったりしても安心。天板は天然素材の竹製なので、あたたかみのある雰囲気が楽しめます。

テーブルの広さは65×50cmで、1人もしくは2人での使用に最適なサイズ。脚の高さは42~65cmまでを自由に調節でき、幅広いスタイルで楽しめます。

Moon Lence アルミ ロールテーブル

Moon Lence アルミ ロールテーブル

多機能に使えるアルミニウム製のロールテーブルです。使用時のサイズは40×56×36cmで、ソロキャンプでの使用に最適な大きさ。天板はブラックのツヤ消し塗装が施されており、置いたモノが滑りにくい仕様です。

フレームは伸縮性に優れるショックコードで連結されており、パーツが紛失する心配もありません。また、設置時の安定性も、天板と脚を三角状にサポートすることで向上させています。専用バッグも付属しており、持ち運びのしやすさにも配慮されたおすすめアイテムです。

クムロンモ アウトドア テーブル

クムロンモ アウトドア テーブル

コスパのいいアウトドアテーブル。展開時のサイズは35×41×29cmとコンパクトで、1人での使用に最適。収納ケースに収めたときのサイズは45×15cmと小さく、重量も約1kgと軽量のため持ち運びに便利です。

天板とスタンドはアルミニウム合金を採用。耐水性に優れており、耐荷重も30kgと強度にも優れています。雨に塗れてもサビにくく、さまざまなアウトドアシーンで役立つおすすめアイテムです。

Taimonik キャンプ テーブル

Taimonik キャンプ テーブル

アルミニウム製のアウトドアテーブル。天板はヤスリがけがされており、汚れ・キズに強いのが特徴です。また、耐熱性にも優れているので、加熱した調理器具も置けます。

さらに、天板の下にはメッシュ生地のネットを装着可能。小物入れとして使えます。機能性に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ヘリノックス(HELINOX) テーブルワン ハードトップ

ヘリノックス(HELINOX) テーブルワン ハードトップ

本体重量が約835gと軽量かつ、耐荷重は50kgと強度も備わったアウトドアテーブル。天面の生地はテンションがしっかりとかかっており、1~2人での使用には耐えられる性能を有しています。本体の使用時サイズは60×40×39cm、収納時のサイズは40×12×13cm。

フレームは一体型で、組み立ても簡単。また、本体の使用時サイズは60×40×39cm、収納時のサイズは40×12×13cmとコンパクトなのもポイントです。

モザンビーク(Mozambique) キャンプ テーブル

モザンビーク(Mozambique) キャンプ テーブル

天板にオックスフォード生地を採用した、高級感のあるアウトドアテーブルです。生地の中にはアルミブレードが仕込まれており、天板には安定してモノを置けます。

本体のサイズは57×42×40cmのサイズで、ソロでの使用に最適です。また、折りたたみ時のサイズは58×8.5cmとコンパクト。収納する際は専用のケースが付属しているのでラクに持ち運べます。アウトドアだけでなく、室内のソファーやベッドのサイドテーブルとしても使えるおすすめアイテムです。

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。