キャンプやバーベキューなどのアウトドアに欠かせないテーブル。アウトドア用のテーブルは、持ち運びに便利な折りたたみ式のモノが主流です。最近では、デザインや素材にこだわったおしゃれなテーブルも増えています。

そこで今回は、アウトドアテーブルの選び方とおすすめ製品をご紹介。自分のスタイルに合ったアウトドアテーブルを見つけてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

アウトドアテーブルの選び方

アウトドアスタイルに合った高さを選ぶ

食事や作業がしやすい「ハイスタイル」

By: dod.camp

高さ70cm前後のモデルが一般的な「ハイスタイル」。適度な高さがあるので無理のない姿勢で食事を楽しめるほか、調理などの作業が立ったまま行えます。

テーブルに適した高さの椅子を一緒に使えば、立ったり座ったりしやすいのもポイント。また、小さな子供やペットがいる場合、ハイスタイルを調理台として使用することでナイフなどの危険なモノを置いていても手が届きにくく安心です。

さらに、ハイスタイルには機能が充実したモデルが多いのもポイント。ハイとローの2段階調節が可能な2WAYタイプや、使用場所の状況に合わせて無段階で高さ調節できるタイプが存在します。ハイスタイルは1台でさまざまな用途に対応できるためおすすめです。

テント内でも使える「ロースタイル」

By: dod.camp

「ロースタイル」は、地面との距離が近く自然をより身近に感じられるのが魅力。タープやテント内で使用しても空間が広く感じられ、圧迫感がなく快適に過ごせます。調理などの作業用には適していませんが、焚き火を囲むときや足を伸ばしてくつろぎたいときにおすすめです。

また、ロースタイルは軽量でコンパクトなモデルが多く、ソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめ。比較的シンプルな構造で、設営・撤収も簡単です。

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルは、使用する人数に合わせたサイズを選びましょう。食器の並べやすさや作業のしやすさを考慮して、少し大きめのサイズを選ぶと使いやすくて便利です。

ソロキャンプであれば幅30~60cm、2人なら幅70~90cm、4人なら幅120~140cm、6人なら幅140~170cmを目安に選んでみてください。人数に対して、アウトドアテーブルの広さが足りるか不安な場合は、コンパクトタイプのサブテーブルを用意しておくのもおすすめです。

折りたたんだときのサイズもチェックしよう

By: rakuten.co.jp

アウトドアテーブルの収納方法は主に「フォールディング」と「ロール」の2タイプです。

フォールディングタイプは、天板を折りたたんで収納するタイプで、脚が固定式でたためるモノと、着脱式で天板の中に収納できるモノが存在します。折りたたんだときのサイズは大きくなりがちですが、多くは持ち手付きでカバンのように持ち運べるほか、スリムで隙間に収納できる手軽さが魅力です。

ロールタイプは主に複数枚の細い板を繋ぎ合わせた天板で、棒状に丸めてコンパクトに折りたためるのが特徴。専用ケースが付属しているモノが多く携帯性に優れているのもポイントです。

素材で選ぶ

耐熱性が高い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のアウトドアテーブルは熱伝導率が低く耐熱性が高いため、調理直後の鍋やダッチオーブンなど熱を持ったモノを直接置けるのがポイント。熱で変形しにくいので、焚き火の近くで使うことも可能です。頑丈なモデルが多く、耐久性にも優れています。

また、ステンレスは表面が酸化皮膜で保護されており、サビに強いのも特徴です。加えて、傷付きにくく汚れを落としやすいため、お手入れも簡単。長く愛用できるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

丈夫で軽量な「アルミ製」

By: amazon.co.jp

アルミ製のアウトドアテーブルは軽量性に優れているのが特徴です。コンパクトで収納可能なロールタイプに多く採用されており、携帯性にも優れています。軽量ながら強度が高く、熱に強いためバーベキューコンロを置くことも可能です。

表面が酸化皮膜で覆われているので耐食性に優れており、汚れが落としやすく簡単に掃除できます。なるべく荷物の量を抑えたいツーリングキャンプやソロキャンプ、ハイキングなどにおすすめです。

自然に溶け込むおしゃれな「木製」

By: rakuten.co.jp

木製のアウトドアテーブルは、キャンプの雰囲気を損なわないナチュラルな質感が魅力。デザイン性が高く、さまざまなシーンに馴染みやすいため室内用としてもおすすめです。

使用している木材の種類にもよりますが、使うほど風合いが増すのも木製ならではの魅力。なお、ほかの素材に比べて重量のあるモデルが多いので、木製のアウトドアテーブルを選ぶ際は重さもチェックしておきましょう。

コンパクトで持ち運びやすい「布製」

By: dod.camp

布製のアウトドアテーブルは軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴。1kg以下のモデルが多く軽量なので、キャンプやハイキングなどで少しでも身軽にしたいシーンに適しています。

なお、ステンレス製やアルミ製のモノと比較すると、安定感に劣るため注意が必要。バーベキューなどでは、ちょっとした小物を置くサブテーブルとしてもおすすめです。

軽量なモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルの重量は大きさや素材によって大きく異なります。テントやイスなど荷物が多くなりがちなアウトドアでは、持ち運びのしやすさを重視しましょう。登山やキャンプなど、なるべく重量を抑えたい場合は軽量性に優れたアルミ製や布製がおすすめです。

オートキャンプの場合はあまり重視する必要はありませんが、少しでも軽いほうが設営や撤収が快適。重量は持ち運びやすさを左右するので、しっかりとチェックしてみてください。

アウトドアテーブルのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、1900年頃にW・C・コールマンにより、米国オクラホマ州で創業されたアウトドアメーカーです。ガソリン式ランプの取り扱いから始まり、屋外でも使用可能なガソリンランタンを開発しました。

日本向けの製品を作っているのも魅力。使い勝手もよく、キャンプ初心者の方でも使いやすい製品を豊富に揃えています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: captainstag.net

「キャプテンスタッグ」は、バーベキューコンロやアウトドア用食器に始まり、テント、シュラフ、クッキングテーブルなどを展開する、国産アウトドア用品の総合ブランドです。

現在では、サイクリング用品やガーデニング用品に分野を拡大し、オールラウンドなアウトドアブランドを確立しています。機能性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

2018年2月から、ブランド名をドッペルギャンガーアウトドアから「DOD」に改称したキャンプ用品メーカー。「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、初心者の方でも使いやすい製品を展開しています。

機能性とデザイン性が高いだけでなく、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

メイプルリーフのロゴが特徴的な「ロゴス」は、コストパフォーマンスの高い製品が人気のアウトドアブランド。「水辺5mから標高800mまでのエリアで使えるアイテム」をブランドポリシーに掲げています。

テントやタープなど、キャンプの定番アイテムからリュックやジャケットなどのアパレル関係のモノまで、幅広く展開しているのが特徴です。

アウトドアテーブルのおすすめ|ソロ~2人キャンプ向け

コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663

天板にステンレス、フレームにアルミを採用した丈夫でサビにくいアウトドアテーブルです。ステンレスは耐熱性に優れているため、焚き火の近くでの使用も可能。耐荷重30kgと、ダッチオーブンなど重いモノが載せられる頑丈さも魅力です。

使用サイズは約幅60×奥行40×高さ25cmとコンパクトで、ソロキャンプのメインテーブルとしてはもちろん、室内やキッチン、焚き火時などサイドテーブルとして幅広いシーンで活躍します。

折りたたむと厚さ約5cmとスリムになるので、ちょっとした隙間に収納できるのもポイントです。収納ケース付きで携行しやすく、本体の傷付き防止にも役立ちます。1台あると重宝するおすすめのアウトドアテーブルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ジュールアルミFDトレーテーブル type2 UC-559

置いたモノが落ちにくいトレー型のアウトドアテーブル。使用時幅45.5×奥行30.5×高さ20cmとコンパクトで1人用に適したサイズです。天板に深さがあるので食事を運ぶときに便利。人数分揃えて使うのもおすすめです。積み重ねれば棚としても活用できます。

天板に合成樹脂化粧繊維板、脚部分にアルミを採用しており、約1.2kgと軽いのが特徴。脚表面にはアルマイト加工を施しており、耐食性・耐摩耗性に優れているのもおすすめのポイントです。

未使用時は幅45.5×奥行30.5×高さ3.5cmとスリムでかさばりにくく、隙間に収納できます。脚は折りたたみ式なので組み立ても収納も簡単です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル UC-553

オリーブの天板にオールドイエローのフレームを組み合わせた、落ち着きのある色合いが魅力のアウトドアテーブル。幅90×奥行60cmと2人でゆったり使える広さがあり、カップルや夫婦、親子などデュオキャンプにおすすめです。

高さは37cm・47cm・60cm・70cmの4段階で調節可能。キャンプサイトのインテリアに合わせて、ロースタイル・ミドルスタイル・ハイスタイルと使い分けられます。子供の身長に合わせやすく、一緒に調理が楽しめるのもおすすめのポイントです。

フォールディングタイプで幅60×奥行45×高さ7cmとスリムに収納可能。折りたたみ式の脚はジョイントパイプを外して天板内側に格納でき、組み立ても簡単です。持ち運びに便利な持ち手も付属。耐荷重30kgと重いモノを載せても耐えられるタフなアウトドアテーブルです。

ディーオーディー(DOD) テキーラテーブル TB4-746-BK

使い方に応じて自由に組み替えられる、おしゃれなアウトドアテーブル。プレート3枚とフレーム2つのセットです。テーブルとして使う際のサイズは約幅91×奥行42cmで、少人数で使うのにぴったり。2段式のラックのほか、パーツを追加すれば囲炉裏テーブルとしても使用できます。

耐火塗装を施した0.3cm厚の鉄プレートを採用しているため、炎が当たっても剥げにくいのがポイント。40kg程度までの重さに耐えられるタフさも持ち合わせており、ダッチオーブンなどを置いて料理するのもおすすめです。

フレームにプレートを差し込むだけなので組み立ても簡単。初心者の方でも使いやすいおすすめのアウトドアテーブルです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461

キャンプツーリングにおすすめのアウトドアテーブルです。天板サイズ幅46×奥行36.5×高さ33cmとコンパクトで、1人で使うのにぴったり。アルミ板が内蔵されているため、キャンプ料理やドリンクなどが安定して置けます。耐荷重が20kgあるのもポイントです。

天板サイドにメッシュポケットとカラビナをかけられるフックが付いているほか、天板下にはストレージメッシュを搭載。小物の整理や洗い物の乾燥などに便利です。

持ち運びに便利なキャリーバッグが付属しており、約直径8×長さ50cmとコンパクトに収納できます。重量は約1kgと軽く、携帯性も良好。アルミ板を取り外せば丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル 73188031

軽量かつコンパクトで持ち運びに便利なアウトドアテーブルです。主な素材に6061アルミを採用しており、約0.715kgと軽いのが特徴。水に強く、汚れが落としやすいのでお手入れも簡単です。

使用サイズ幅33.5×奥行29×高さ25cmと小型で、1人で使うのに適しているほか、サイドテーブルや室内用のテーブルとしても活用できます。リーズナブルな価格で購入しやすいのもおすすめのポイントです。

未使用時は幅11×奥行6.5×高さ35cmとコンパクトで、付属の収納バッグにまとめて保管が可能。かさばりにくく携帯性に優れているので、少しでも荷物を減らしたい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR

画期的な開閉構造により設置・撤収が素早くできるアウトドアテーブルです。天板を開くとシンクロして脚が出てくるため、ワンアクションでセッティングが可能。最後まで開くと自動でロックがかかるので、安全性も良好です。

天板は幅84.6×奥行49.6cmで、2人で使うのに適しています。天板は多層構造で美しい竹集成材を採用しており、強度が高いのがポイント。長く使えるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

子供も大人もくつろぎやすい高さ40cmのロースタイル。収納時は84.6cmと長さがありますが、厚さ5cmとスリムなので、ちょっとした隙間に収納できます。ハンドル付きのキャリングケースが付属しており、携帯性も良好です。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

ハードな使用にも耐えられる丈夫なアウトドアテーブルです。天板と脚に、耐久性に優れたステンレスを採用。熱にも強いので焚き火時のサイドテーブルとして使えるほか、熱した鍋が直置きできます。エンボス加工を施しているため、傷付いても目立ちにくいのがポイントです。

約幅55×奥行35×高さ37cmのコンパクトサイズながら、耐荷重約50kgと頑丈で、ダッチオーブンなど重いモノを置くことも可能。折りたたむと厚さ2.5cmになり、スリムに収納できます。

重量約2.3kgと軽量で携行性も良好。別売りですが、持ち運びに便利なバッグも用意されています。丈夫で気軽に使えるおすすめのアウトドアテーブルです。

オンウエー(ONWAY) アジャストカフェテーブル OW-9059

高さ47~70cmの範囲で無段階に調節できるアウトドアテーブル。キャンプサイトのインテリアに合わせてロースタイルとハイスタイルのどちらにも対応できます。キッチンテーブルとして使うのもおすすめ。子供の身長に合わせやすいので一緒に調理が楽しめます。

天板サイズは幅90×奥行59cmで、2人で食事をしたり作業をしたりするのに十分なスペースが確保可能。素材にグラスファイバーとメラミン樹脂を採用しており、軽量なのが特徴です。木目調のおしゃれなアウトドアテーブルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヘリノックス(Helinox) タクティカルテーブルL

軽量かつコンパクトで携帯性に優れたアウトドアテーブルです。未使用時は付属の収納袋にまとめて収納可能。幅60×奥行17×高さ12cmと小さくまとまるので、荷物の隙間に入れて持ち運べます。重量は1.59kgで、長距離を歩くアウトドアにおすすめです。

フレームにはアルミを採用。アルマイト加工により耐食性・耐摩耗性が向上しているのもポイントです。使用サイズは幅74.5×奥行57×高さ50cmと、1~2人で使うのにおすすめ。耐荷重50kgと頑丈なので、重いモノも載せられます。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ヴィンテージライン ハーフメッシュ 焚き火テーブル QC-2MT60V

スチール素材のメッシュ部分と木目調の天板とに分かれたアウトドアテーブル。前者は耐熱温度250℃で熱せられた調理器具を置くことが可能、もう一方も耐熱温度150℃のMDFボードを採用しており、ワンテーブルで食事しやすいのが特徴です。

使用時の最大サイズは約60×40×34.5cm。収納時のサイズは約40×30×4.5cm、重さは約1.4kg、耐荷重は約5kgです。コンパクトかつ軽量で、サイズ感的にはソロキャンパーにおすすめ。使い勝手に優れているおすすめの製品です。

ヨカ(YOKA) トライポッドテーブル・ソロ

U字型の天板を採用した3本脚のアウトドアテーブル。組み立ては紐と留め具で固定する仕様で、使用時のサイズは38×24×15cmと、製品名の通りソロキャンプに向いているアイテムです。

収納時は38×24×1.8cmで、リュックやバックパックに収まるサイズ感にまとまるのもポイント。重さも500gと軽く、持ち運びが容易なのも魅力です。キャンプ用品を選ぶ上でフットワークを重視したい方はぜひチェックしておきましょう。

アウトドアテーブルのおすすめ|3人~ファミリーキャンプ向け

コールマン(Coleman) 3ウェイ バーベキューテーブルセット 2000037308

便利な3ウェイ仕様のアウトドアテーブルです。コの字型のテーブルにミニテーブルが付属しているのが特徴。コの字型のテーブルを、バーベキューグリルを囲むようにセットすれば、焼く係の方が孤立することなく、みんなで食事が楽しめます。

使用サイズは約幅121×奥行58cmで、コの字型なら3人、ミニテーブルセット時なら4人で使うのにぴったり。ミニテーブルは食材などを置くサイドテーブルとしても活用できます。高さは39cm・69cmの2段階で調節でき、ロースタイルにもハイスタイルにも対応可能です。

コの字型もミニテーブルもスチール製で強度が高く、約30kgまでの重さに耐えられるので大型のクッカーも載せられます。バーベキューからキャンプまで幅広いシーンで活躍するおすすめのアウトドアテーブルです。

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイク ファミリーリビングセット 2000026758

家族で使えるアウトドアテーブルを探している方におすすめの製品です。約幅80×奥行き70×高さ65cmのテーブルと、約幅78×奥行25×高さ35cmのベンチがセットになっており、4人で使うのにぴったり。ベンチは折りたたんだ天板の中に格納できるので、約幅80×奥行10.5×高さ35.5cmとコンパクトに収納できます。

ベンチを取り出して脚を広げ、ロックするだけと、初心者の方でも簡単に組み立て可能。天板には抗菌加工が施されています。テーブル中央にパラソル用の穴が付いており、支柱の最大径3.2cmまでのパラソルが設置できるので、夏のキャンプにもおすすめです。

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル TB4-685-KH

大容量の棚付きで収納性に優れた、おしゃれな人気アウトドアテーブル。食器やキャンプギアなど散らかりがちなアイテムが収納できるので、卓上をスッキリ片付けられます。間口はファスナー付きで前後から開閉でき、開口時は収納幕を面ファスナーで固定することが可能です。

天板サイズは約幅100×奥行60cmと、3~4人で使うのにぴったり。高さは44cm・55.5cm・69cm・80.5cmの4段階で調節できます。ロースタイルとハイスタイルに対応できるほか、キッチンテーブルとしても使用可能。折りたたむと約幅50×奥行60×高さ6.6cmとコンパクトになり、ハンドル付きで楽に持ち運べます。

収納せずにそのまま車に積めば収納棚として使用でき、一番下に積んだ荷物の取り出しも容易。便利な機能が充実したおすすめのアウトドアテーブルです。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック ハイ&ローテーブル 73173153

地面の状態やシーンに合わせて高さが調節できるアウトドアテーブルです。4本の脚にはそれぞれアジャスター機能が付いているため、凹凸や傾斜ある場所でもテーブルを水平に設置しやすいのが特徴。高さは53.5~80cmの間で調節できます。

天板は4人で使うのに適した幅122×奥行70cmで、下にはテスリンメッシュ製の網棚が付属。洗い物の乾燥や小物の保管に便利です。収納時は幅82×奥行28×高さ14cmとスリムになり、付属の収納バッグにまとめられます。

オンウエー(ONWAY) スリムテーブルセット OW-103

収納袋がベンチになる便利なアウトドアテーブルです。収納袋はクッション入りのため、ベンチとして使用できるのが特徴。テーブルは幅90×奥行57.5×高さ67cm、ベンチは幅93.5×奥行27×高さ40.5cmで、ゆったり使用できます。

ロールタイプの天板はベンチの中に格納でき、幅94×奥行27×高さ13cmとスリムに収納可能。持ち運びに便利なハンドルも付いています。キャンプやバーベキューはもちろん、花見や野外フェスなど幅広いシーンで活躍するおすすめのアウトドアテーブルです。

ペレグリン ファニチャー(Peregrine Furniture) キャメルテーブル

天然木ならではのナチュラルな風合いが魅力のアウトドアテーブルです。空間に調和しやすいシンプルなデザインで、インテリアを損なわずに使えるのがポイント。屋外だけでなく、室内での使用にもおすすめです。

天板サイズ幅90cm×奥行58cmで、3人程度で使うのにぴったり。収納時は丸めると周囲46×高さ91cmとコンパクトになるので、ちょっとしたスペースに収納できます。天然木を使用しているため、製品によって木目が異なりオンリーワンのアイテムとなるのも魅力です。

チャムス (CHUMS) バンブーテーブル CH62-1361

天然竹集成材のナチュラルな風合いに、赤い脚が際立つおしゃれなアウトドアテーブル。脚にはアルマイト加工を施したアルミを使用しているのがポイントです。

天板サイズは幅100×奥行70×高さ70cmで、高さは48cm・58cm・70cmの3段階で調節可能。ロースタイルとハイスタイルはもちろん、椅子に座ってゆっくりくつろげるミドルスタイルにもおすすめです。持ち運びに便利なキャリーバッグも付属しています。

天板にはブランドの定番であるブービーロゴが施されており、かわいいアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

テントファクトリー(TENT FACTORY) 2WAYロールトップテーブル TF-2RT1270

シンプルで使いやすいアウトドアテーブルです。天板にはアルミ、フレームにはスチールを採用しており、どちらも粉体塗装が施されています。サイズは幅124×奥行70cmで、大人数で使うのにぴったりです。高さはロースタイルに適した40.5cmと、ハイスタイルや調理台としても使える70cmの2段階で調節できます。

収納や持ち運びに便利なキャリーバックが付属しているのもポイント。コンパクトにまとめられ、省スペースで収納できます。シンプルなデザインと機能で使いやすいので、初めてのアウトドアテーブルとしてもおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) 三つ折りテーブル

ファミリーキャンプやグループキャンプなど、大人数での使用におすすめのアウトドアテーブル。約幅180×奥行60cmの大型サイズで、みんなで囲む食事用のテーブルとしてはもちろん、作業するのに十分なスペースがあるので調理台としても適しています。

3つ折り構造のため折りたたむと幅60×奥行60×高さ10.5cmとコンパクトになり、収納や持ち運びに便利。高さは40cm・70cmの2段階で調節でき、好みやシーンに応じて使い分けられます。

コールマン(Coleman) バタフライテーブル90

同ブランドのなかでもハイエンドクラスの製品が揃っている「マスターシリーズ」のアウトドアテーブル。木目調の天板による落ち着いた風合いに仕上がっており、アウトドアシーンにしっかりとマッチするのが特徴です。

使用時の最大サイズは約70×90×70cm。収納時のサイズは約36×90×9cmで、重さは約5.1kg、耐荷重は約30kgが目安となります。なお、ラインナップには幅120cmのタイプも用意されているので、購入を検討する際は併せてチェックしておきましょう。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック 丸洗い4FDスリムテーブル

古材風の天板を採用したアウトドアテーブル。ヴィンテージ感がありながらも水洗いが可能なフェノール樹脂仕様となっており、見た目と使い勝手の双方に配慮されているのが特徴です。

同シリーズのサイズラインナップは複数ありますが、本製品は大きめサイズで、約180×80×69/35cmとファミリー向け。重さは約11.6kg、耐荷重は約50kgが目安となります。大きめのチェアであっても8~10脚がセットできるワイドタイプなので、大人数で食事や団欒で使いたい方はぜひチェックしておきましょう。

ハングアウト(Hang Out) アペロウッドテーブル

ロールアップタイプのアウトドアテーブル。天然木(ホワイトアッシュ材)を採用しており、アウトドアシーンはもちろん、べランピングにも映えるようなおしゃれな仕上がりとなっているのが特徴です。

大きさはW1000×H600×D700mmで、家族4人掛けに適したサイズ感。収納時のサイズは約W1000×H150×D250mm、重さは10.5kg、カラーはナチュラルとブラウンの2タイプをラインナップしています。質感の高いキャンプ道具を揃えたい方はぜひおさえておきましょう。

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。