キャンプやバーベキューなどのアウトドアに欠かせないテーブル。アウトドア用テーブルは、持ち運びに便利な折りたたみ式のモノが主流です。最近では、デザインや素材にこだわったおしゃれなテーブルも増えています。

そこで今回は、アウトドアテーブルの選び方とおすすめ製品をご紹介。自分のスタイルに合ったアウトドアテーブルを見つけてください。

さっそくおすすめ商品を見る

アウトドアテーブルの選び方

テーブルの種類で選ぶ

天板を2つに折って脚を中に収納する「フォールディングタイプ」

By: amazon.co.jp

天板を半分に折りたたみ、中に脚などのテーブルパーツを収納できるのが「フォールディングタイプ」。脚は内側にたたむタイプと着脱式のタイプが存在し、いずれも組み立てが簡単なので初めてのアウトドアテーブルにおすすめです。

主に大型のテーブルが多く、天板に厚みがあるため比較的頑丈で安定感も抜群。天板のサイドに持ち手が付いている製品もあり、折りたたむと鞄のように持ち運べます。スリムで収納しやすいのもポイントです。

天板を丸めて筒状に収納する「ロールタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールタイプ」のテーブルは、細長い板を繋ぎ合わせたスノコ状の天板で作られているモデルが多くラインナップされています。使用する際は、組み立てた脚に天板を乗せるため、固定する必要があります。そのため、フォールディングタイプに比べて少々組み立てが複雑なうえ、安定性に欠けるのが難点。

また、繋ぎ合わせた板と板の間に汚れが溜まりやすいといった難点もありますが、収納性に優れており、大きなサイズでもコンパクトにまとめられます。専用ケース付きのモデルが多く持ち運びしやすいので、登山やキャンプなどにおすすめです。

アウトドアスタイルに合った高さを選ぶ

食事や作業がしやすい「ハイスタイル」

By: dod.camp

一般的なダイニングテーブル同様、高さ70cm前後のモデルが一般的な「ハイスタイル」。適度な高さがあり、無理のない姿勢で食事を楽しめるほか、調理などの作業が立ったまま行えます。

テーブルに適した高さの椅子を併せて利用することで、立ったり座ったりする際も快適なのもポイント。小さな子供やペットがいる場合はハイスタイルを調理台として使用すれば、ナイフなどの危険なモノを置いていても手が届きにくく安心です。

また、ハイスタイルには機能が充実したモデルが多く、ハイとローの2段階調節が可能な2WAYタイプや、使用場所の状況に合わせて無段階で高さ調節できるタイプが存在します。ハイスタイルは1台でさまざまな用途に対応できるのでおすすめです。

テント内でも使える「ロースタイル」

By: dod.camp

「ロースタイル」は地面との距離が近く自然をより身近に感じられるのが魅力。タープやテント内で使用しても空間が広く感じられ、圧迫感がなく快適に過ごせます。調理などの作業用としては向いていませんが、焚き火を囲むときや足を伸ばしてくつろぎたいときにおすすめです。

また、ロースタイルは軽量でコンパクトなモデルが多く、ソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめ。比較的シンプルな構造で設営・撤収も簡単です。

素材で選ぶ

耐熱性が高い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のアウトドアテーブルは熱伝導率が低く耐熱性が高いため、調理直後の鍋やダッチオーブンなど熱を持ったモノを直接置けるのがポイント。熱で変形しにくいので、焚き火の近くで使うことも可能です。頑丈なモデルが多く耐久性にも優れています。

また、ステンレスは表面が酸化皮膜で保護されており、サビに強いのも特徴です。加えて、傷付きにくく汚れを落としやすいため、お手入れも簡単。長く愛用できるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

丈夫で軽量な「アルミ製」

By: amazon.co.jp

アルミ製のアウトドアテーブルは軽量性に優れているのが特徴です。コンパクトで収納可能なロールタイプに多く採用されており、携帯性にも優れています。軽量ながら強度が高く、熱に強いためバーベキューコンロを置くことも可能です。

ステンレス同様、表面が酸化皮膜で覆われているので耐食性に優れ、汚れが落としやすく簡単に掃除できます。なるべく荷物の量を抑えたいツーリングキャンプ・ソロキャンプ・ハイキングなどにおすすめです。

自然に溶け込むおしゃれな「木製」

By: amazon.co.jp

木製のアウトドアテーブルはキャンプの雰囲気を損なわないナチュラルな質感が魅力です。デザイン性が高く、さまざまなシーンに馴染みやすいため室内用としてもおすすめ。

使用している木材の種類にもよりますが、使うほど風合いが増すのも木製ならではの楽しみです。ただし、他素材に比べて重量のあるモデルが多いので、木製のアウトドアテーブルを選ぶ際は重さもチェックしておきましょう。

コンパクトで持ち運びやすい「布製」

By: amazon.co.jp

布製のアウトドアテーブルは軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴。1kg以下のモデルが多く軽量なので、キャンプやハイキングなど少しでも身軽にしたいシーンにおすすめです。ある程度の安定感はありますが、振動で飲み物がこぼれるのが気になる方はドリンクホルダーを搭載したモデルを選びましょう。

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルは、使用する人数に合わせたサイズを選びましょう。食器の並べやすさや作業のしやすさを考慮して、少し大きめのサイズを選ぶと使いやすくて便利です。

ソロキャンプであれば幅30~60cm、2人なら幅70~90cm、4人なら幅120~140cm、6人なら幅140~170cmを目安に選んでみてください。人数に対して、アウトドアテーブルの広さが足りるか不安な場合は、コンパクトタイプのサブテーブルを用意しておくのもおすすめです。

なるべく軽量なモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアテーブルの重量は大きさや素材によって大きく異なります。テントやイスなど荷物が多くなりがちなアウトドアでは持ち運びやすさを重視しましょう。登山やキャンプなど、なるべく重量を抑えたい場合は軽量性に優れたアルミ製や布製がおすすめです。

オートキャンプの場合はあまり重視する必要はありませんが、少しでも軽いほうが設営や撤収が快適。重量は持ち運びやすさを左右するので、しっかりチェックしておきましょう。

アウトドアテーブルのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

「コールマン」は、1900年頃にW・C・コールマンにより、米国オクラホマ州で創業されたアウトドアメーカーです。ガソリン式ランプの取り扱いから始まり、屋外でも使用可能なガソリンランタンを開発しました。

オートキャンプがブームになると、ガソリン式燃焼器具を2つ並べたキャンプストーブを販売開始。完成度の高さから、今でもコールマンの「ツーバーナー」として知られています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、バーベキューコンロやアウトドア用食器に始まり、テント・シュラフ・クッキングテーブルなどを展開する国産アウトドア用品の総合ブランド。

現在では、サイクリング用品やガーデニング用品に分野を拡大し、オールラウンドなアウトドアブランドを確立しています。機能性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴のブランドです。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

2018年2月から、ブランド名をドッペルギャンガーアウトドアから「DOD」に改称したキャンプ用品メーカー。「アウトドアをワクワクするソト遊びに」をコンセプトに、初心者の方でも使いやすい製品をラインナップしています。

機能性とデザイン性の高さだけでなく、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

メイプルリーフのロゴが特徴的な「ロゴス」は、コストパフォーマンスの高い製品が人気のアウトドアブランド。「水辺5mから標高800mまでのエリアで使えるアイテム」をブランドポリシーに掲げています。

テントやタープなどキャンプの定番アイテムからリュックやジャケットなどのアパレル関係のモノまで幅広くラインナップしているのが特徴です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」をコンセプトに、1985年に創立されたアウトドア用品メーカー「ユニフレーム」。国産メーカーだけに、日本の風土や文化を背景としたアウトドアスタイルを発信し続けています。

サビに強く頑丈なステンレス鋼を使った製品が多いのも特徴のひとつ。耐久性の高い製品を探している方におすすめのメーカーです。

アウトドアテーブルのおすすめ|フォールディングタイプ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル M-3713

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル M-3713

幅40×奥行き29×高さ12cm、重さ700gの軽量コンパクトな折り畳みテーブル。本体と脚の一体型で、設置や片付けが簡単なのが特徴です。収納時サイズは7×6×40cmと、さらにコンパクトにまとまるほか、付属の収納バッグでどこにでも気軽に持ち歩けます。

天板は耐食性と耐摩擦性に優れた「アルマイト加工」が施されているので、長く愛用できるアイテム。ブラックの天板に赤い脚もスタイリッシュで、キャンプシーンを盛り上げてくれます。

ソロキャンプやツーリングによく行く方やサブテーブルをお探しの方におすすめ。価格帯もリーズナブルなのでぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

おしゃれなデザインで人気の高いアウトドアテーブル。折り畳むと40×6×26.5cmのコンパクトサイズになるうえ、重さも1.4kgと軽く、気軽に携帯できます。

使用時のサイズは53×40×23cmで、1~2人に最適なサイズ。キャンプシーンはもちろん、お花見やピクニックでも活躍するアイテムです。

また、天板には抗菌加工が施されているほか、脚部にはロック機能が装備されているため安定性も良好。高機能かつリーズナブルな価格のアイテムを探している方におすすめのアウトドアテーブルです。

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクリビングテーブル140プラス 2000026750

コールマン(Coleman) ナチュラルモザイクリビングテーブル140プラス 2000026750

4~6人用に最適な140cmの三つ折りテーブル。使用時のサイズは約140×70cmで、高さは40cmと70cmの2段階に切り替えられます。

収納時サイズは約70×10×47cmとスリムなので車のちょっとした隙間にも積載可能です。また、天板には抗菌加工済み。汚れもさっと拭き取れ、いつでも衛生的に使用できます。

大人数用で、コンパクトに収納できるアウトドアテーブルを探している方はぜひ検討してみてください。

ノースイーグル(North Eagle) バタフライレジャーテーブル NE1383

ノースイーグル(North Eagle) バタフライレジャーテーブル NE1383

ドリンクホルダーが4個ついた便利なアウトドアテーブル。ドリンクホルダーは、折り畳む際にテーブルの中に収納できるので、持ち運びもスムーズです。

使用時サイズは60.7×55.1×23cmで、1~2人分にぴったりなサイズ。収納サイズは55.1×31×6cm、重さは約1.13kgと軽量なため、気軽に持ち運びができます。

ゴミ袋をひっかけられるフックがついているのも便利なポイント。キャンプのサブテーブルや、お花見や運動会などに重宝するおすすめのアウトドアテーブルです。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) 折りたたみ テーブル AL2FT-120

クイックキャンプ(QUICKCAMP) 折りたたみ テーブル AL2FT-120

高さが40cmと70cmの2段階に調節できるアウトドアテーブル。120×60cmの汎用性の高いサイズ感で、1台あると便利なアイテムです。

2つ折りタイプで安定性に優れているほか、フレームには「がたつき防止ロック」を装備。ロックパーツが脚の中心を補強し、がたつきを軽減しています。

また、天板には熱と汚れに強く、お手入れも簡単な「MDF天板」を採用。150℃までの耐熱性で、熱い鍋などをテーブルに直接置いて使用できるのもポイントです。ローとハイテーブルの2way仕様で、リーズナブルな価格のアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

天板トップに特殊エンボス加工が施されているため、汚れやキズに強いおすすめのアウトドアテーブル。使用時のサイズは55×35×37cmとコンパクトですが、耐荷重50kgとタフな仕様のアイテムです。

天板には耐熱性に優れたステンレスを採用し、ダッチオーブンをそのまま乗せられるのも嬉しいポイント。脚部は天板の裏に収まり、二つ折りにすれば薄さ2.5cmのコンパクトサイズにまとまります。

天板のサイドには天然木を採用し、洗練されたデザインも魅力。アウトドアテーブルに品質とデザインを求めている方におすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル

ディーオーディー(DOD) グッドラックテーブル

キャンプシーンでのアウトドアテーブルとしてはもちろん、車内で棚としても機能する便利なアイテム。車内でラック収納することにより、荷崩れを防ぐと同時に、デッドスペースの有効活用ができます。

サイズは60×100cmで、高さを43.5・60.5・55・73cmの4段階に調節可能。ローからハイスタイルまで対応しているので、焚き火を囲んでゆっくりしたい時はロースタイルで、料理を作りたい時はハイスタイルでといったさまざまな使い方ができます。

天板の下の収納は合計138Lの大容量サイズで、手前や奥からファスナーで開閉が可能。収納時にはわずか8cmの薄さのコンパクト収納で、持ち運びも楽なアウトドアテーブルです。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントテーブル

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントテーブル

ワンポールテントの中心に設置できるアウトドアテーブル。直径90cmの大型サイズで、家族や仲間で囲んで団らんをするのに最適です。高さは29.5・35・41.5cmの3段階に調節可能。29.5cmにすると床に座るときに丁度よい高さです。

天板には磁石が搭載してあり、設置と片付けが簡単なのも魅力。また、分離したテーブルはそれぞれ自立するので、枕元においてサイドテーブルとしても利用可能です。

収納時は10cmの薄さに収納でき、付属のキャリーバッグで携帯性も良好。ワンポールテントを使っている方はぜひチェックしてみてください。

キャンパーズコレクション(Campers Collection) タフライトテーブル TLT-1260

キャンパーズコレクション(Campers Collection) タフライトテーブル TLT-1260

テーブルの高さが37.5cmと69cmに調節できる2way仕様のアウトドアテーブルです。天板は、耐熱性に優れた金属製メッシュを採用しているため、ダッチオーブンやバーベキューコンロをそのまま乗せられるのがポイント。また、メッシュなので洗ったお皿などをテーブルに置いて水切りもでき、使い勝手に優れたおすすめのアイテムです。

サイズは汎用性の高い120×60cm。重さは4.7kgと金属製の割には比較的軽く、二つ折りにしてコンパクトに収納できるので持ち運びも簡単です。脚部にはがたつき防止のアジャスタを装備しているほか、耐荷重は40kgと頑丈なつくりもポイント。

サイズは120cmのほか、60cm・90cmの3サイズをラインナップしているので、用途に合ったサイズをチョイスしてみてください。

キングキャンプ(KingCamp) アウトドアテーブル

キングキャンプ(KingCamp) アウトドアテーブル

テーブル天板に竹を採用した四つ折りタイプのテーブルです。天然素材の雰囲気を楽しめるほか、天板トップには防水加工が施されているので、小雨程度なら気にせず使用できます。

サイズは100×65cm、高さは42cmから65cmの間で自由に調節できるのも便利なポイントです。収納時サイズは100×11×18cmで、四つ折りタイプのためコンパクトに収納できるのが特徴。また、天板を広げた際にはパーツに隙間できない仕様で、安定性も良好なおすすめのアウトドアテーブルです。

フライフライゴー(FLYFLYGO) 超軽量テーブル

フライフライゴー(FLYFLYGO) 超軽量テーブル

リーズナブルな価格が嬉しい軽量でコンパクトなアウトドアテーブルです。展開時のサイズは35×25×10cn、収納時は39×15cmのコンパクトサイズのうえ、重さはわずか590g。バイクツーリングや登山など、少しでも荷物の軽量化を図りたい方におすすめのアイテムです。

負荷重量は約10kgと、アウトドアシーンで十分に耐えられる頑丈さもポイント。また、設置や撤収も簡単で、使いたい時にさっと広げられます。気軽に使えるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

4つのテーブルがそれぞれ独立して使えるアウトドアテーブル。中央にスペースを作って焚き火を囲んだり、4枚すべて横に並べて100×100×27cmと大きめのテーブルとして利用したり、シーンに合わせてさまざまな使い方ができます。

連結部分は、アジャスタを穴に差し込んでスライドロックするため安定感も良好。また、別売りのオプションパーツも充実しており、「ハンディトライポット」を使用すれば、上から鍋を吊るしてキャンプならではのダイナミックな料理も楽しめます。

通常のテーブルとしてや囲炉裏型、1つ分離してテント内用テーブルとしてなど、レイアウト次第で自由自在な使い方ができます。購入しやすい価格帯なのもポイントです。

アウトドアテーブルのおすすめ|ロールタイプ

Moon Lence アルミ ロールテーブル

Moon Lence アルミ ロールテーブル

伸縮性に優れたショックコードで連結された脚を開いて、簡単に設置・撤収ができるアウトドアテーブル。気になる安定性ですが、四隅を斜めの方向にパイプをかける「筋交い方式」のため、ぐらつきが少なく、安心して使用できます。

天板には厚いアルミ合金天板を採用し、汚れや傷がつきにくいのもポイント。また、テーブル下に装着できる「ナイロンメッシュ」は、ちょっとした荷物を置けて使い勝手がよいと評判です。

サイズは56×40×36cm、重さ1.6kg。収納時は45×12cmで、コンパクトかつ軽量性に優れたアイテム。オプションのランタンケーブルや連結天板を購入すれば、さまざまなスタイルを楽しめるおすすめのアウトドアテーブルです。

Linkax アルミ製アウトドアテーブル

Linkax アルミ製アウトドアテーブル

リーズナブルな価格のアウトドアテーブル。頑丈なつくりのアルミ製フレームには、天板を載せる部分に防滑設計がされており、安定性良好のアイテムです。

サイズは35×39.5×32cmで、収納時は6×13×44cmとコンパクトにまとまります。重量も900gと軽く、付属の収納ケースに入れれば持ち運びも便利です。

また、天板には防水加工が施されているほか、耐荷重が最大30kgで、コンパクトにもかかわらずタフな仕様も嬉しいポイント。カラーはホワイト・ブラウン・ブラックの3色を展開しているので、好みのカラーをチョイスしてみてください。

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル

高さが2段階に調節できる便利なアウトドアテーブル。ローテーブル使用時は112×70×40cm、ハイテーブルで使用する時は、高さ70cmに調節可能なので、利用シーンに合わせた使い方ができます。

コンパクトに収納できるほか、重量は5.3kgと、木製のとしては比較的軽く、付属の収納バッグで持ち歩きの際も便利です。

天板には天然木のスギが採用されており、ナチュラルな質感が魅力。経年変化が楽しめるので、長く愛用できるテーブルを探している方におすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) Life ロール膳テーブル 73180046

ロゴス(LOGOS) Life ロール膳テーブル 73180046

3色カラーがヴィンテージ風のおしゃれなアウトドアテーブルです。使用時サイズは40×24×11cm、重さは600gの軽量コンパクトさがポイント。収納時は6×8×40cmと小さくまとまり、キャンプやピクニックに気軽に持っていけます。

耐荷重は30kgと、コンパクトながらタフさも魅力。脚部を広げて天板をセットするだけで簡単に設置できます。気軽に持ち運びができるアウトドアテーブルを探している方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) アウトドア エアライト トレックテーブル

ロゴス(LOGOS) アウトドア エアライト トレックテーブル

重量約800gと軽量コンパクトなアウトドアテーブルです。天板にはおしゃれなカモフラ柄のポリエステル生地を採用。生地はピンと張っているので、安定性にも優れています。

収納時は丸めるとわずか7cmで、リュックにすっきり入るコンパクトサイズ。また、フレームには軽量かつ丈夫なアルミフレームを採用しているため、耐荷重約30kgと強度面でも心配ありません。

持ち運びに便利な収納バッグがついているのも嬉しいポイント。トレッキングなど少しでも荷物を軽くしたい方におすすめのアウトドアテーブルです。

Eletorot ロールテーブル

Eletorot ロールテーブル

リーズナブルな価格のロールテーブル。軽さとコンパクトなサイズ感が特徴で、ソロキャンプやツーリングキャンプにおすすめのアイテムです。サイズは40×35×32cmで、収納時サイズは44×13×6cm。重さは920gで、片手で持ち歩ける軽さです。

コンパクトながらも、耐荷重は30kgとしっかりした造りも安心して使えるポイント。脚を広げて天板を乗せるだけの簡単設置で初心者でも難なく扱えます。とにかくコンパクトなローテーブルが欲しいという方におすすめです。

ラビットフット(rabbit-foot) アウトドア折りたたみ テーブル

ラビットフット(rabbit-foot) アウトドア折りたたみ テーブル

重さわずか700g、折り畳むと長さが40cmになるので、リュックにすっきり収納できるロールテーブル。キャンプシーンはもちろん、登山やハイキングにもおすすめのアイテムです。

使用時サイズは60×40×39cm。伸縮性のあるゴムでつながっているパイプを開き、直観的な操作で組み立てができます。シンプルな構造ですが耐重量は30kgと、アウトドア用としては申し分のない強度です。

ドリンクホルダーつきのメッシュ素材の天板は、丸洗いができるのでお手入れも簡単。いつでも衛生的に使えるおすすめのアウトドアテーブルです。

ハイランダー(Hilander) ウッドロールトップテーブル290

ハイランダー(Hilander) ウッドロールトップテーブル290

素材に天然ブナを使ったおしゃれなアウトドアテーブルです。使用時のサイズは2~3人分に最適な90×60×43cm。収納時は11×15×91cmとコンパクトにまとまり、持ち運びも簡単です。

使う場所を選ばない洗練されたデザインは、脚にキャップがついており室内でも使える仕様。室内・室外問わず使えるおしゃれなアウトドアテーブルを探している方はチェックしてみてください。

MOVTOTOP アウトドアテーブル

MOVTOTOP アウトドアテーブル

軽量コンパクトで、4つのドリンクホルダーとサイドポケットがついた使い勝手のよいアウトドアテーブルです。天板は強度のあるオックスフォードポリエステルを採用。防水加工が施されているほか、耐熱性にも優れているので熱いモノを置いても問題なく使えます。

シンプルな構造で組み立ても簡単。850gの軽量ボディにも関わらず、耐荷重は15kgで、アウトドアシーンに十分使えるタフさもポイントです。

使用時サイズは56×41×37cm、折り畳んで収納すればコンパクトにまとまります。キャリーバッグもついているので携帯性にも優れたアイテムです。

バンドック(BUNDOK) アルミ ロールテーブル BD-222

バンドック(BUNDOK) アルミ ロールテーブル BD-222

使用時サイズは約70×69.5cmで2~3人分にちょうどよいアウトドアテーブル。高さが34.5cmと70.5cmの2段階に調節でき、利用シーンに応じて幅広い使い方ができます。おしゃれな木目調のアルミ製天板で、サビに強いほか、水や食べこぼしもさっと拭き取るだけで手入れが簡単なのもポイント。

収納時サイズは約71x15x12cm。ロールタイプなので天板を丸めてコンパクトに収納できます。また、ケースも付属なため移動の際も便利なおすすめのアイテムです。

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アウトドアテーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。