おしゃれのアクセントとして使えるアイテム「サスペンダー」。最近は、さまざまなデザイン・カラーのものが販売されており、正装が必要なフォーマルシーンはもちろん、カジュアルシーンなど幅広いシーンで利用されています。

そこで今回は、おしゃれなサスペンダーのおすすめをご紹介。選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

サスペンダーの選び方

バンドの形状で選ぶ

H型

By: rakuten.co.jp

18世紀に生まれたH型は、サスペンダーのなかでもっとも古い歴史を持ちます。前に2点、後ろに2点の合計4点で留める形状です。背中部分は2本のベルトをレザーパーツなどで寄せて固定。固定した際、背中部分はHの形で留められている状態になります。

前後4つの留め具で均等にパンツを吊り下げられるため、パンツラインを美しく見せられることが可能。また、可動域が広く動きやすいという特徴があります。もっとも歴史のあるサスペンダーであることから、クラシックな雰囲気も感じられる形状です。

X型

By: amazon.co.jp

H型が生まれた少し後、18世紀の終わり頃に生まれたのがX型のサスペンダー。前に2点、後ろに2点の合計4点で留める形状で、基本的にはH型と同じ構造です。

H型との大きな違いは、2本のバンドが背中部分で交差するところ。背中で交差する部分の留め具の位置を上下に動かすことで、全体の締まり具合の調整が可能です。

体型に応じて調整できることができ、肩からズレにくく安定性が高まっています。フォーマル・ビジネス・カジュアル・アウトドアなど、どんなシーンでも利用されている形状のサスペンダーです。

Y型

By: rakuten.co.jp

Y型のサスペンダーは19世紀中頃に生まれ、現在では主流のサスペンダーとしてもっとも利用されています。H型、X型を経て作られており、性能だけならもっとも優れたサスペンダーの最終的ともいえる形状。

前に2点、後ろに1点の合計3点で留めるタイプで、背中部分が1本になるためすっきりとした見た目が特徴のひとつです。X型と比べると肩からズレ落ちやすいというデメリットがありますが、背中の留め具が1本なので着脱を簡単に行えるというメリットがあります。

ショルダーホルスター型

By: amazon.co.jp

見た目・特徴が大きく異なる形状がショルダーホルスター型。体のサイド(両腰あたり)2点のみで留めるタイプで、バンドが体全体を包み込むような構造になっています。

リュックを背負うような感覚に近く、肩だけでなく上半身全体で支えられ肩への負荷を軽くできることが大きな特徴です。また、拳銃を収納するホルスターと似ていることから「ホルスター型」と呼ばれており、武装したような独特なデザインが男らしさを感じます。

あまり一般的ではないため、もっとも珍しい形状のサスペンダーです。

留め具の形式で選ぶ

クリップタイプ

By: amazon.co.jp

現在主流として使われているのが、クリップタイプの留め具。使われる素材には金属やプラスチックなどがあります。

取り外しが非常に簡単で、使い勝手に優れているのが特徴です。また、パンツの形状・特徴を一切選ばず、手持ちのパンツですぐに利用することができます。

ただ、スチール製のクリップの場合、パンツの生地を傷める恐れがあることから、高価なスーツでは避けるなど配慮しておきましょう。逆に、デニムなど生地が丈夫なパンツを履くカジュアルシーンでの利用がおすすめです。

ボタンタイプ

By: amazon.co.jp

気軽なクリップタイプに対して、クラシックなスタイルが特徴的なボタンタイプ。クリップタイプにはない大人っぽさ、エレガントな雰囲気を備えていることが大きな魅力です。

ボタンタイプは、1箇所の留め具に対して革や布素材のループが2つあり、そのループをパンツ側にあるボタン引っ掛けることでサスペンダーを留めます。そのため、クリップタイプとは違いパンツの生地を傷めません。

ただし、一般的なパンツにはループを引っかけるためのボタンが備えられていないことがほとんど。そのため、ボタンタイプはサスペンダー用のボタンを後からパンツに取り付ける必要があります。このひと手間をひとつのこだわりとして楽しめる方には、ボタンタイプはおすすめですが、面倒と捉える方にはクリップタイプがおすすめです。

利用シーンで選ぶ

サスペンダーは、あらゆるシーンで利用することが可能なファッションアイテムです。しかし、利用シーンで必ず守らなければならない規則・ルールがあるわけではありません。基本的には自分好みのデザインやカラー、使いやすさで選ぶことがおすすめです。

ただし、結婚式の時は白か黒、特にタキシードなどを着用する場合は黒を合わせるのが基本とされています。そのため、本格的なフォーマルシーンでは白か黒のカラーを選びましょう。

サスペンダーのおすすめブランド

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON)

1820年にロンドンにて創業されたイギリスが誇る老舗サスペンダーブランド。世界で最も古いサスペンダーブランドとして知られています。

英国紳士をはじめ世界中の紳士が愛用しており、サスペンダーといえばアルバートサーストンといわれるほどの人気があります。また、セレブや「007」のジェームズ・ボンドをはじめとするハリウッドスター、チャールズ皇太子など世界的なVIPも愛用していることで有。

生産は、創業当時から自社工場で一貫。熟練の職人たちの細かい手作業によって作られており、常に高い品質を維持しています。イギリスの伝統をしっかり守りながらも、時代に合わせた新しい商品を生産し続けるブランドです。

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー ワイン ブラックライン

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー ワイン ブラックライン

ワインレッドのストラップ柄で、どんなシーンにも使いやすいデザインのサスペンダー。深めの赤色はどんなスタイルにも合わせやすく、大人の渋さと余裕を演出することができます。

バンドはY型、留め具はクリップとボタンどちらでも兼用が可能な2ウェイタイプ。ボタンタイプで使用するための専用ボタンも付属されており、手持ちのパンツにボタンを取り付けることが可能です。

ボタンタイプの留め具部分は黒のレザーを使用。レザー素材の質感がシックで、品のある雰囲気は感じます。ほかにもクリップ・バンドを調整するシルバーのバックルなど、細かいところにまでしっかりと高級感が溢れるサスペンダーです。

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー スクエアドット 25mm X型

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー スクエアドット 25mm X型

スクエア型のドットと細めのバンドがシャープな印象です。よい意味でポップさを抑えたドット柄は、大人のカジュアルな雰囲気を楽しめます。

X型のバンドで締め付けの調整も簡単に行うことが可能。留め具はクリップタイプを採用しているので、パンツを選ばずいつでも気軽に使用できます。

カラーはブラック・エンジ・ネイビーから選択ができ、どのカラーもシックで落ち着いた印象です。ゴールドとシルバーのクリップは、シックさの中に高級感とエレガントな雰囲気をプラスしています。

どんなシーンでの使用にもおすすめですが、特にキレイめスタイルにアクセントを加えてくれるアイテムとしておすすめのサスペンダーです。

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー

アルバートサーストン(ALBERT THURSTON) サスペンダー

フォーマルシーンにぴったりな真っ白のバンドが美しいサスペンダー。バンドにはY型、留め具にはクリップとボタンを兼用できる2ウェイタイプを採用しています。

シンプルな白のバンドと留め具や背中部分の黒色のコントラストが相性抜群。ボタンタイプの留め具には牛革を使用しており、清潔感ある白色のバンドに男っぽさを加えています。

クリップとバンドを調整するバックルも派手すぎず、程よく品のある雰囲気。フォーマルさが魅力のサスペンダーですが、カジュアルシーンに清潔感を加えてくれる外しアイテムとして使用することもおすすめです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

デザイナーである菊池武夫氏が1984年に設立したファッションブランド。「London POP」というコンセプトの通り、イギリス風の紳士的なスタイルに程よいカジュアルさがプラスされたデザインで知られています。

特にスーツやシャツ、ジャケットなどの取り扱いが豊富で、スーツスタイルや、ビジネスカジュアルスタイル、キレイ目スタイルを好むメンズに人気です。また、ネクタイをはじめ、タイピン、サスペンダーなど小物類の取り扱いが多いことも特徴のひとつ。

デザイン性の高さとリーズナブルな価格帯で、初めてサスペンダーを購入する方におすすめです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) サスペンダー 308017

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) サスペンダー 308017

コーディネートの邪魔をしないシンプルなデザインと、カジュアルな雰囲気が特徴的なサスペンダー。

伸縮性のあるゴム生地を使用したバンドは、使い心地のよさが魅力。Y型とクリップタイプを採用しているので、カジュアルシーンにおすすめです。

背中のアジャスターや、クリップとバンドの繋ぎ部分、バンドの縁取りのカラーなど、細部に遊び心を感じます。カラー展開も豊富で、自分のスタイルに合わせてカラーを選べるのも魅力です。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) サスペンダー 208071

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) サスペンダー 208071

紳士的な雰囲気を感じる上品なストライプが特徴のサスペンダー。スーツとの相性抜群のストライプ柄なので、ビジネスシーンでの使用がおすすめです。

Y型で伸縮性のあるバンドは、どんな体型の方にもしっかりとフィットします。留め具はクリップとボタンをシーンごとに選べる2ウェイタイプ。自分の好みのスタイルに合わせて留め具を選べます。

4つのカラーを展開しているので手持ちのスーツやネクタイ、シャツに合わせて自由にチョイスすることが可能。1つ持っていると、毎日のスーツスタイルに変化を与えてくれるアイテムです。

ブレテッレ&ブレイシーズ(BRETELLE & BRACES)

2004年にイタリア東北部のトレヴィゾの町で創業されたサスペンダーブランド。ブレイシーズとはイギリスでサスペンダーの意味です。

すべてイタリアで生産する「Made in Italy」にこだわる伝統あるブランドとして愛されています。日本でもスーツスタイルをおしゃれに着こなす紳士な大人たちから人気です。

高品質なシルク生地・金属素材・レザー素材を使用しており、見た目からも品質のよさを感じられます。生地と革の色使いが美しく、イタリアブランドらしいセンスのよさと気品溢れるデザインが特徴的です。

ブレテッレ&ブレイシーズ(BRETELLE & BRACES) カラー サスペンダー

ブレテッレ&ブレイシーズ(BRETELLE & BRACES) カラー サスペンダー

X型のクラシックなスタイルと高級感を感じる美しいグレーのバンドがおしゃれなサスペンダー。留め具はクリップタイプとボタンタイプの兼用が可能です。

レザー部分は明るめでカジュアルな色味のブルーですが、質のよさをしっかり感じられるレザーの質感によって、上品な印象に仕上がっています。グレーのバンドとレザー部分のブルーは、互いのよさを引き立て合うカラーリングでセンス抜群です。40代以上の大人の男性なら若々しい雰囲気を演出することできます。

ブレテッレ&ブレイシーズ(BRETELLE & BRACES) サスペンダー ペイズリー

ブレテッレ&ブレイシーズ(BRETELLE & BRACES) サスペンダー ペイズリー

カラフルなペイズリー柄がハイセンスで印象的なデザイン。一見派手に見えるデザインですが、センスのよい色使いによって色気と落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

バンドのネイビーカラーと、レザーを使用したアジャスター・留め具のネイビーが見せる濃淡のセンスは、イタリアブランドであるブレテッレ&ブレイシーズ特有の魅力です。

また、固めな雰囲気のスーツスタイルのアクセントとしておすすめ。特に、同色系のネイビーのスーツと合わせれば、おしゃれなコーディネートにまとめられます。

トラファルガー(Trafalgar)

アメリカで設立された小物を中心に扱うレザーブランド。職人たちの手作業による生産にこだわり、一切妥協のない製品作りを行なっています。

男心をくすぐる高品質なレザー商品は、デザインのよさだけでなく耐久性も抜群。アメリカのオールドファンたちから根強い支持を集め続けています。

トラファルガーのアイテムを1つ持っているだけで、大人の色気ある男を演出することが可能。分かる人には分かるツウな選択肢としておすすめのブランドです。

トラファルガー(Trafalgar) Modena Convertible ブレース

トラファルガー(Trafalgar) Modena Convertible ブレース

素材の品質にとことんこだわるトラファルガーらしい、すべてにおいて高品質なサスペンダー。質のよいレザーなど、細部にまでこだわりが詰め込まれています。

鮮やかな水色のカラーのバンドは、爽やかさとエレガントな雰囲気を兼ね備えたデザイン。100%シルク素材を使用しており、光沢のある美しい見た目と手触りのよさが最高な逸品です。

Y型のバンドで、クリップとボタンを兼用できる2ウェイタイプの留め具を採用しています。ビジネスシーンだけでなく、フォーマルシーンでもおすすめのサスペンダーです。

モンベル(mont‐bell)

フランス語で「美しい山」という意味であるモンベルは、1975年に日本で設立されたアウトドアブランド。ほかのアウトドアブランドと比べ低価格でありながら同等の機能性の高さを持つ、コストパフォーマンスの高さが人気の理由です。

また、日本のブランドであるため、海外ブランドにはない日本人の体型に合わせたサイズ設計も大きな魅力。派手すぎないデザイン・カラーが多いことも特徴で、シンプルなスタイルを好む方におすすめのブランドです。

モンベル(mont‐bell) クィックサスペンダー

モンベル(mont‐bell) クィックサスペンダー

アウトドアブランドであるモンベルの魅力と特徴がしっかりと詰まったサスペンダー。バンドの素材にはスポーツ時のテーピングなどに使われるエラスティックテープを使用しており、程よい伸縮性で体の動きをサポートしてくれます。

X型のバンドとクリップタイプの留め具で、いつでも手軽に使用可能。シンプルで無駄のないデザインは、カジュアルシーンにおすすめです。また、カーキのカラーによってアウトドアギアのような雰囲気も感じられます。

カーハート(Carhartt)

アメリカのミシガン州にて創業された、アメリカを代表するワークウェアブランド。もともとはデトロイトの労働者向けのワークウェアの製造から始まり、それ以来120年以上もアメリカの労働者に愛用されています。

シンプルでありながら都会的なデザインの製品は、ファッションブランドとしても支持を得ており、日本ではストリートを中心に人気。ワークウェアブランドでありながら、ストリートウェアとしての地位と人気も確立しているブランドです。

流行に左右されないベーシックなデザインの製品が多く、ダック地を使用したオーバーオールはブランドの象徴として世界中で愛され続けています。また、長く着用できる丈夫な作りであることも大きな魅力です。

カーハート(Carhartt) Dungaree Suspender

カーハート(Carhartt) Dungaree Suspender

カーハートのストリートテイストなセンスが光るデザイン。カジュアルスタイルのアクセントとして、またストリートコーデの外しアイテムとして使用できます。

エンジカラーが印象的なバンドはカジュアルなテイストを、アジャスター・留め具部分のレザーは男っぽさを演出。ワークウェアであるカーハートならではのラフな雰囲気も感じるサスペンダーです。

留め具はボタンタイプのため、お気に入りのデニム、もしくは毎日のワークウェアにボタンを付けて使用することがおすすめです。