最新のフライングバイク、「Hoverbike」

Hoverbikeはその名の通り、ヘリコプターのような動きのできる最新のバイクです。Hoverbikeの開発では、プレバージョンとして3分の1サイズのドローンも制作しています。

このドローン、プレバージョンにも関わらず、なかなか良い製品に仕上がっています。今回はそのドローンも併せてご紹介していきますね。

▼Hoverbikeの紹介動画はこちらから。

Hoverbikeの特徴

Hoverbikeは、上のような構造をしているバイクです。本体前後に4つの小さなヘリコプターが装着されていることからわかるように、ヘリコプターのように空中を飛行して移動します。

サイズも手ごろ、さらに低コストなので様々な用途がありそうですね。一般的な移動手段としてはもちろんのこと、農薬の散布など農業の場、さらには人命救助などのレスキューにも活用できるでしょう。

なお、紹介動画にもあるようにHoverbikeは折りたたみ可能なので、気軽に持ち運びできますね。

Hoverbikeのドローン

Hoverbikeには3分の1サイズのドローンがあるとご説明しましたが、そもそもドローンとは何なのでしょうか?最近はAmazonのドローンが注目を集めていますが、簡単に言うと、“無人で飛行することが可能な飛行体”のことです。

ドローンは、ラジコンのように操作することができるので、レギュラーサイズのHoverbike以上に様々なことが可能です。上の写真のように、ドリンクなどの飲食物を運んだり、荷物を運んだりできます。

最後に、ドローンのスペックを確認しておきましょう。

全長は1メートルほど。2.2キログラムのボディには、4.7キログラム(推奨)の荷物を載せることが可能です。LEDライトも搭載されているので、夜間の飛行時でも、問題なく操作できるでしょう。