もっと気軽にドローン!

さまざまな"事件"によりすっかり規制が厳しくなってしまったドローン。しかしあの楽しさを一度でも味わうと、そうそう簡単には終われませんよね。では、屋内やちょっとしたプライベートな場所でチョコッと飛ばせる楽しいドローンはないでしょうか? 世界最小クラスのドローン「SMAO Drone」なら、その願いがかなうかもしれません!

SMAO Droneとはどんなドローン?

SMAO Droneとは、付属のVRゴーグルやコントローラー、スマートフォンで操縦することのできる、わずか6.5cm、40gの極小カメラ付きドローン。しかし小さいからと言って、その中身を侮ることはできません!

スマホでコントロール




ではまずスマートフォンでのコントロールをご説明。Wi-Fi接続したら、専用アプリの画面のボタンを押すだけで安全に離陸。スマートフォン自体を傾けて操縦しながら、ワンボタンで緊急帰還や宙返り飛行も可能です。画面に手で描いた軌道を飛ばすことだってできるのです!

専用コントローラーで

次は同梱の専用コントローラーを使った操縦。装着されたスマートフォンの画面を見ながら操縦することもOKです。やっぱりドローンの操縦はコントローラーのスティックでのダイレクトな感じがイイ! という人にとってもGOOD!

VRゴーグルでも

そして付属のVRゴーグルでのコントロールです。詳細は記述されていませんが、4-5.8インチのサイズのスマートフォンをはめ込むことで、専用コントローラーを操縦桿にあっという間にパイロット視点でのドローン操縦が実現します。

優秀なカメラ性能

忘れてならないのがSMAO Droneの高画質なカメラ性能。2Kでの静止画像、720pで動画を撮影することができ、すぐにソーシャルメディアでシェアすることも可能。今までとはひと味違った写真にみんなきっと沸き立ちます!

存分に楽しめる!

ドローンに必ずつきものの忌まわしいクラッシュ。SMAO Droneは何千回ものクラッシュテストをクリアし、プロペラが完全にガードされた機体により、頑丈でありながら、他の人や物を傷つけにくい配慮が払われています。

さまざまな方法での操縦を楽しめる、30分の充電で8分間の飛行が可能なSMAO Droneは、Indiegogoで69ドルです! 今度の休みは親子でドローン操縦の腕を競ってみるのはいかがでしょうか?