「プログラミングを必須科目にしたほうがいい」

これは某大企業の社長の発言ですが、この発言からもわかる様にプログラミングはますます重要視されてくるといって間違いないでしょう。わが子をグローバルな子に育てるために、英語に通わせる親が多いと聞きますがそれだけで十分? いえいえ、英語だけでなくプログラミングができればわが子の将来はもっと明るいものになるかもしれませんよ。そこで今回は子どもにプログラミングを楽しく学ばせるロボット「Codie」をご紹介。

木製の愛らしいデザインのロボットがCodie。Bluetoothに対応していて、スマホの専用アプリを用いてプログラミングを学習・実践していきます。大人でも学習に苦戦するプログラミングですが、Codieは基本的な部分を子供向けにわかりやすく教えてくれるようです。例えば難解なプログラミング言語も、独自のプログラミング言語を使用。カラフルなブロックを組み合わせてプログラミングを行うので、子どもにもぴったり。といっても変数や条件分岐、繰り返し等も使えるなど内容は本格的。順を追って複雑なプログラムをレクチャーしてくれるので、途中で挫折する事も無さそう。

そして、Codieにはマイクロフォンや温度センサー、光センサーなど8つのセンサーが搭載されているので、それらを上手く用いれば、こんなプログラミングも可能になるのだとか…例えばライトセンサーを用いて、光がある一定レベルを超えたらブザーを鳴らすプログラムを施せば、目覚ましに。

移動の経路や回転をプログラムすれば、Codieと一緒にダンスをすることも出来ちゃいます。

いくつかのセンサーを上手く組み合わせれば、遊び方はぐっと広がります。難解なプログラミングもこれなら楽しく学べそう。少なくとも本格的なプログラミングを学ぶきっかけには十分でしょう。

現在このアイテムは、クラウドファンディングサイト、Indiegogoにて出資を募集中。これだけの機能を持っていて、なんと169ドルは破格かもしれませんね。