涼やかな見た目と着心地のよさで、今や夏のメンズファッションとして定着した甚平。部屋着としてではなく、夏のイベントを盛り上げるおしゃれなファッションアイテムとして注目を集めています。

今回は、そんな甚平の人気ブランドとおすすめアイテムをピックアップ。購入する際に気をつけたい選び方のポイントや、周りと差を付けるコーディネートの仕方もご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

甚平とは?

By: amazon.co.jp

甚平は、もともと部屋着として日本で長年親しまれてきた衣服。コットンやリネンの生地が使われていることが多く、涼やかな素材感が魅力です。

また、風通しをよくするため、袖の二の腕部分にスリットが入っているのも甚平の特徴。スリット部分はタコ糸で編まれていたり、梯子レースが使われていたりとアイテムによって異なります。

甚平は作りが似ている「作務衣」と混同されることも多いですが、由来が全く異なる衣服です。甚平のルーツが江戸末期に庶民が着ていた羽織なのに対し、作務衣は禅宗の僧侶の作業着が元になっていると言われています。

甚平の選び方

着心地と扱いやすさを左右する素材に注目

By: amazon.co.jp

甚平によく使われる素材は、綿と麻。綿100%のモノは柔らかな肌触りと、高い吸水性がメリットです。ただし、汗をよく吸ってくれる反面、びっしょりと汗をかいた時には乾きにくいというデメリットがあります。

麻素材は、抜群の通気性と見た目にも涼しいシャリ感が魅力。夏に着る甚平にはぴったりの素材です。欠点としては、洗濯で縮みやすく、シワになりやすいという点が挙げられます。素材の特徴を把握して、自分に合ったモノを選びましょう。

また、甚平の中には綿と麻の混紡生地で作られたモノもあります。綿・麻の割合によって機能や表情が異なり、単一素材で作られた生地とはまた違ったよさがあるため、ぜひチェックしてみてください。

使いやすさ重視ならベーシックな色・柄をチョイス

By: amazon.co.jp

甚平の人気が高まるにつれて、デザインのバリエーションはどんどん広がりを見せています。中には、従来の甚平と一線を画す個性的なアイテムもありますが、着こなしやすいのはやはりベーシックなデザインのモノです。

メンズ甚平のカラーは、ネイビーやブラック、濃いグレーがおすすめ。これらのカラーは選べるアイテムの幅が広く、好みのデザインを見つけやすいのもメリットです。柄は無地か、オーソドックスなストライプ柄であれば甚平が初めての方でも着やすく重宝します。

また、生地の織り方も注目したいポイントです。メンズ甚平に多いのは「しじら織り」と呼ばれる織り方で、清涼感のある独特の凹凸が特徴。特に、無地のモノでは織り方による表情の違いが出やすいため要チェックです。

ジャストサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

夏祭りなどのイベントでスタイリッシュに甚平を着こなしたいなら、ジャストサイズのモノを選ぶのがベター。メンズ甚平はもともとラフな作りの衣服なので、サイズが大きすぎるとだらしない印象を与えてしまうことがあります。

ネットで購入する場合は、ハーフパンツのウエストが紐で調整できるタイプを選ぶと、ある程度サイズの調整ができるため安心です。

甚平のおすすめメンズ人気ブランド

江戸てん

甚平をはじめ、作務衣や雪駄、和小物などのオリジナルアイテムを製作しているブランド。シンプルなデザインの製品から、ユニークな柄のモノまで幅広く揃っているのが特徴で、甚平のバリエーションも豊富です。

江戸てん しじら織り甚平

生地を織る・染色・裁縫といった一連の製作過程を全て日本で行っている甚平。日本製ならではの高級感溢れる生地が魅力です。脇下開きなど、汗を外に逃しやすいようにする工夫が随所に施されているため、快適な着心地が持続します。

ポケットは上着に1つ、ハーフパンツに1つ設けられており、ちょっとした小物の収納にぴったり。ハーフパンツはファスナーとボタンで留める作りで、ウエストゴムが入っているためお腹周りに余裕があります。

江戸てん しじら織り甚平 抜染オリジナル柄

江戸てんのオリジナル柄をあしらったユニークなデザインのメンズ甚平。お酒をモチーフにしており、夏祭りに着ていけばその場の雰囲気をグッと盛り上げてくれます。

柄はプリントではなく、生地の色を抜いて柄を出す「抜染(ばっせん)」と呼ばれる手法で仕上げられています。貼り付けプリントとは異なる柔らかな風合いが魅力で、デザインで周りに差を付けたい方には特におすすめのアイテムです。

キョウエツ(KYOETSU)

「伝統と先端の融合を考える」「継承と創造の価値を高める」を企業理念とする、京越株式会社が展開するブランド。高品質な和服や和小物を、手に取りやすいリーズナブルな価格で提供しています。

キョウエツ(KYOETSU) メンズ甚平2点セット

甚平と履物がセットになっている便利な2点セット。履物は雪駄か下駄から選ぶことができます。甚平には綿と麻の混紡生地が使用されており、吸水性と通気性に優れているのが特徴。また、表面に凹凸のあるしじら織りの生地で、独特の表情を楽しめます。

柄は無地、細縞、変わり縞などから選択可能。どれも落ち着いた定番の柄で着こなしやすく、初めて甚平を購入する方にもおすすめです。

キョウエツ(KYOETSU) 甚平

手で描かれたようなラフなラインが目を惹く個性派のメンズ甚平です。リーズナブルな価格設定なので、攻めた柄にチャレンジしたい方におすすめ。素材は綿100%で、パリッとした生地感が特徴です。

ハーフパンツのウエストは総ゴム仕様で、楽な履き心地が魅力。腰紐が付いているため、サイズ調整がしやすいのも嬉しいポイントです。ポケットも上下にそれぞれ1つ設けられており、デザイン性と機能性を兼ね備えた甚平に仕上がっています。

京都きもの町

京都で年間18,000人の着付けを行う呉服屋が手がけるブランド。ネット通販を通じて、商品とともに最高のハッピーを届けることを理念としており、プレゼントにも最適なクオリティの高い甚平を扱っています。

京都きもの町 男の夏甚平

高レベルな裁縫や、きめ細かい検品など呉服屋ならではのこだわりが詰まった高品質なメンズ甚平。綿85%、麻15%の混紡素材でサラリとした着心地を実現しています。織り方には透け感の出る「変わり織り」を採用しており、清涼感のある仕上がりです。

ハーフパンツのウエストにはゴムが入っているだけでなく、紐・ボタン・ジッパー付きでサイズ調整も簡単。サイズはS~4Lまで展開し、幅広い体型に対応しています。自分用はもちろん、プレゼントとしても人気の甚平です。

ロッキーモンロー(Rocky Monroe)

ベーシックなアイテムから、最新のトレンドを取り入れたアイテムまで幅広く揃うメンズファッションブランド。シンプルかつ洗練されたデザインが特徴で、高品質なリアルクローズを追求しています。

ロッキーモンロー(Rocky Monroe) 甚平

シンプルな大人っぽいデザインと、機能性の高さで人気を集めるメンズ甚平。シャリ感のある生地がとても涼しげで、サマーシーズンにぴったりです。全体的にすっきりとしたシルエットなので、クールに着こなせます。

上着は内側と外側それぞれに紐が付いており、着崩れしにくいのが特徴。また、ボトムはウエスト部分にゴムを使用したイージーパンツ仕様で、ファスナーも付いている実用的な作りが魅力です。

豊天商店(BUDEN SHOTEN)

和柄をあしらった衣服や小物を中心に手がけるブランド。派手なデザインではなく、高級感があり、心がなごむ和柄を目標に商品開発を行っています。ユニークなキャラクターデザインのアイテムが多いのも特徴です。

豊天商店(BUDEN SHOTEN) わっしょいウチワ甚平

夏祭りのワクワクする雰囲気をより盛り上げてくれそうな、遊び心満載の甚平です。胸元と背中には大きく「祭」と書かれたうちわのプリントが施されており、圧倒的な存在感を放ちます。ユニークなデザインで注目を集めたい方におすすめです。

また、清涼感のある夏らしい柄も注目ポイント。足元に下駄や雪駄を合わせれば、より粋な雰囲気を演出できます。サイズは6Lまで展開しているため、大きいサイズのメンズ甚平を探している方も要チェックです。

豊天商店(BUDEN SHOTEN) 花火美豚甚平

豊天商店の人気キャラクター「美豚(びぶた)」と、夏の風物詩である花火をデザインに取り入れたユーモア溢れるメンズ甚平。可愛らしい美豚のプリントが特徴的です。

首周りが大きくあいたラフな作りで、ゆとりを持って着こなせます。7Lまでの幅広いサイズ展開も嬉しいポイント。また、生地に凹凸があることで肌との接地面積が小さくなり、快適な着心地が長時間持続します。

綿の郷

日本製にこだわった高品質な和服を展開するブランド。製品はひとつずつ熟練の職人によって丁寧に仕上げられており、その確かな品質で多くの支持を集めています。中でも、ブランド独自の「久留米ちぢみ織」を採用したアイテムが人気です。

綿の郷 久留米ちぢみ織文人柄甚平

「久留米ちぢみ織」の生地で作られた大人気のメンズ甚平です。夏向けに作られた久留米ちぢみ織の生地は、しっかりとした素材感ながら軽くて涼しいのが特徴。紡績や織布、加工など全ての工程が日本で行われています。

また、綿ならではの優しい肌触りも魅力。着る回数が増えるほど、肌に馴染んでいく感覚を味わえます。ウエストのゴムには締めつけ感の少ない「ソフトゴム」が採用されており、着用感も抜群のメンズ甚平です。

ロエン(Roen)

2001年に、デザイナーの高原啓が設立したアパレルブランド。流行にとらわれる事なく自分達の感じる「今」にこだわるというコンセプトのもと、前衛的なファッションを提案し人気を集めています。

ロエン(Roen) ブラスト加工デニム甚平

デニム生地で作られた、個性的なメンズ甚平。「ストーンバイオウォッシュ加工」と「ブラスト加工」により、ほどよい色落ち感が楽しめる甚平に仕上がっています。インディゴで染められた独特の色合いもおしゃれです。

上着の背中とハーフパンツの前面には、ブランドアイコンであるスカルが描かれており個性が際立ちます。既存の概念にとらわれない新しいデザインの甚平で、ストローハットやスポーツサンダルを合わせればタウンユースにもぴったりです。

禅(ZEN)

京都発信の世界ブランドを作ることをコンセプトとした「京でん」が2005年に立ち上げたオリジナルブランド。「MADE IN JAPAN」にこだわり、消費者の心に響く本物のファッションアイテムを作り続けています。大量生産の製品とは違い、作り手の温もりを感じられる点が魅力です。

禅(ZEN) 手描き甚平「月見櫻」

禅ならではの技が光る、手描き柄が美しいメンズ甚平です。モチーフとなっているのは、日本の風情が感じられる「月見櫻」。胸元には華麗に咲く桜の花、そして背中には満月に照らされる幻想的な桜が描かれています。

また、ボトムにさりげなく花びらが描かれているのもポイント。甚平の生地にはザラ感のある綿100%のモノを採用し、涼しげな表情を実現しています。和の雰囲気を楽しみたい方におすすめの甚平です。

禅(ZEN) 白虎 手描き甚平

背中に炎をまとう虎が描かれた、インパクトのある手描き甚平。前面の肩部分にも炎が描かれており、個性の光る着こなしを楽しめます。イラストは日本製ならではのクオリティで、プリントとは異なる繊細さが魅力です。

デザインの華やかさだけでなく、高い機能性も注目ポイント。ハーフパンツにはフロントに2つ、バックに1つのポケットが設けられ、バッグを持ち歩かない男性に嬉しい構造に仕上がっています。また、ウエスト部分も紐付きでサイズ調節がしやすく便利です。

和粋庵

織物の街、群馬県桐生市に本社を置く「伊田繊維株式会社」が展開する和風ファッションブランド。厳しい品質基準を設け、高品質にこだわった商品を取り揃えています。日本の伝統を守りつつも、現代の生活にフィットする商品開発に取り組んでいる点が特徴です。

和粋庵 近江ちぢみ本麻楊柳甚平

400年の伝統を誇る「近江ちぢみ」の生地を使用した最高級メンズ甚平です。「ラミー」と呼ばれる種類の麻糸で織られており、絹のような上品な光沢と見た目にも涼しいシャリ感が魅力。耐久性にも優れているため、洗濯をして着続けても安心です。

袖や脇部分は伝統的なタコ糸手編みで仕上げるなど、細部に宿るこだわりは日本製ならでは。こういったこだわりが随所に散りばめられているため、製作には6ヶ月以上の期間を要します。本物志向の大人の男性にぴったりの逸品です。

和粋庵 綿麻楊柳甚平

ギフトとしても人気の日本製甚平です。シワが特徴の「楊柳(ようりゅう)」と呼ばれる生地で作られており、さらっとした肌触りと通気性のよさが魅力。速乾性にも優れ、湿気の多い日本の夏でも快適に過ごせます。

独特の素材感がより伝わる、シンプルな無地デザインも人気の理由。職人が作る甚平ならではの品のよさも感じられ、ワンランク上の夏の装いを可能にします。着用の際は、高級感を活かすシンプルなコーディネートがおすすめです。

ジェラートピケ オム(GELATO PIQUE HOMME)

女性から圧倒的な支持を得るルームウェアブランド「ジェラートピケ」のメンズライン。肌触りのよいモコモコ素材を使ったルームウェアに定評のあるブランドです。メンズアイテムも、どこか可愛らしさの感じられるデザインのアイテムが豊富に揃っています。

ジェラートピケ オム(GELATO PIQUE HOMME) ギンガムチェック甚平

ジェラートピケとフランスの三ツ星レストラン「ジョエル・ロブション」のコラボから生まれたメンズ甚平です。テーマは「夏のリゾート」。日本の伝統的な衣服である甚平にギンガムチェック柄を取り入れる斬新な発想で、都会的な雰囲気を醸し出しています。

素材は綿100%で、快適な着心地を追求。ルームウェアブランドならではのこだわりが感じられます。ひと味違う粋なメンズファッションを楽しむアイテムとしておすすめの甚平です。

サロン アダム エ ロペ(SALON adam et rope’)

こだわりのファッションとともに、充実したフードライフスタイルを提案するブランド。オリジナルウェアの他、インテリア用品やキッチン雑貨など幅広く展開しています。ウェアはリラックス感のあるゆったりとしたアイテムが多いのが特徴です。

サロン アダム エ ロペ(SALON adam et rope’) 市松柄甚平

和柄の中でも人気の高い市松模様を取り入れたメンズ甚平。「梨園染」と呼ばれる伝統工芸に指定された染色方法を用いて、職人が丁寧に染め上げた生地が使用されています。爽やかな配色で、夏にぴったりの逸品です。

総柄の甚平ながら、奇抜さがなく取り入れやすいのが魅力。甚平がファッションアイテムとして注目されていることを意識したおしゃれなデザインで、小物を合わせればより洗練されたコーディネートが楽しめます。

甚平を着こなす際の注意点

インナーは見えないモノをセレクト

甚平の襟元からインナーが覗くと、粋な雰囲気が台無しになってしまいます。インナーを着用する場合は、深いVネックのモノなど、首元が大きく開いたインナーを選ぶのがベターです。

部屋着に見えない小物合わせがキモ

甚平はもともと部屋着なので、着方によっては野暮ったい雰囲気になってしまう恐れがあります。おしゃれ着に昇華させるために、上手に小物を使ってコーディネートを工夫しましょう。

手軽にファッション性を加えられる扇子、ストローハット、クラッチバッグなどを組み合わせるのがおすすめです。

甚平のおしゃれは足元から

甚平をよりスタイリッシュに着こなすなら、ビーチサンダルやクロックスなどラフすぎる印象の履物は避けるのが無難。下駄や雪駄など、和の雰囲気を持ったアイテムを合わせれば手軽におしゃれさを演出できます。また、よりファッション性の高いアイテムとして、スポーツサンダルや白スニーカーも甚平と相性がよいためおすすめです。

参考にしたい甚平のメンズコーデ

甚平×雪駄

By: wear.jp

甚平に雪駄を合わせ、和の雰囲気を前面に押し出したコーデ。「しじら織り」など、生地の表情に特徴のある甚平を着用する場合は、ごくシンプルにまとめることで素材感を活かせます。

甚平のシンプルコーデは、ラフに見えすぎないことがポイント。ジャストサイズのモノをチョイスし、襟元が開きすぎないように着用しましょう。きちんと感のあるヘアスタイルだと、よりきれいめに着こなせます。

甚平×スポーツサンダル

By: wear.jp

甚平の足元にスポーツサンダルをチョイスした軽快なコーデ。ブラックのスポーツサンダルを選ぶことで、コーディネート全体が引き締められています。さりげないブレスレットもおしゃれポイントです。

ネイビーの生地に細めストライプの甚平は、シンプルな着こなしでも様になるのでおすすめ。透け感のある生地のモノを選べば、より夏らしい涼しげなメンズコーデが完成します。チャレンジしやすいコーディネートなので、ぜひ試してみてください。

甚平×和テイスト小物

By: zozo.jp

足元と小物を和テイストでまとめた粋なスタイリング。履物や小物のカラーを甚平と揃えることで、統一感のあるコーディネートに仕上がっています。メガネやかっちりとしたヘアスタイルで知的な雰囲気を醸し出している点にも注目です。

モノトーンカラーでストライプの甚平は、モダンな印象で大人っぽいコーディネートにぴったり。太さの異なるラインが入ったメリハリのあるデザインも魅力で、スタイリッシュな着こなしを目指す方には特におすすめのメンズコーデです。

甚平×ストローハット

By: wear.jp

ストローハットを取り入れた爽やかさ満点のコーディネート。ストローハットの効果で部屋着感は全くなく、おしゃれな雰囲気にまとまっています。下駄の鼻緒は、柄入りのモノを選ぶとコーデに遊び心をプラスできるためおすすめです。

淡いカラーの甚平を着用する際は、コーデ全体の印象が寂しくならないように小物で色を入れて着こなすのがベター。また、生地の表情も分かりやすいため、特徴のある織り方のモノをチョイスすればより洗練されたコーディネートが実現します。