一人暮らしでも、家族と一緒に暮らしていても、あると便利な電子レンジ。炊飯器で保温よりも電子レンジで冷凍ごはんを「チン」するほうが経済的でなおかつ美味しいと評判! 自然解凍の冷凍食品も増えていますが、あたたかい食べ物を食べたい時には必要不可欠!

現在の電子レンジはあたためるだけの単機能電子レンジから、さまざまな用途に利用できる多機能なオーブンレンジや過熱水蒸気オーブンを搭載したレンジなどバリエーションも豊かです。今回は、単機能電子レンジ・オーブンレンジ・スチームオーブンレンジと各電子レンジのおすすめ人気ランキングをご紹介します。

2016年単機能レンジの人気機種ランキングTOP10

第1位 パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-EH228

31VMuWwRz-L

商品価格 ¥ 13,287

短時間ながらも高周波出力850Wは余計な機能を省き、加熱に特化したパナソニックの売りです。普段よく使う「温め」や「飲み物」といった操作ボタンも独立しており、非常に使いやすいレイアウトとなっています。また、レンジ出力3段階切り換えと蒸気センサーで、温めも解凍もおまかせの多機能レンジが不要な家庭におすすめの1台です。

第2位 ハイアール(Haier) 電子レンジ JM-17F

41lipN1xH8L

商品価格 ¥ 5,850

700Wパワーの高周波出力で、ご飯やお弁当を一気に加熱することができます。庫内も広々、コンパクトで使いやすいも抜群! 出力3段切替で冷凍の肉や、魚も上手に生解凍。操作盤もきわめてシンプルで、加熱時間の目安も記載されていますから、普段あまり使わない人にも親切です。価格もリーズナブルで、とりあえず電子レンジがあったら便利という方におすすめの1台です。

東日本専用

西日本専用

第3位 ツインバード工業(TWINBIRD) ミラーガラスフラット電子レンジ DR-D269B

41AFuPRf+nL

商品価格 ¥ 14,000

操作部も含め本体表面がミラーデザインにこだわっている電子レンジ。使わないときはミラーガラスに反射して内部が見えないようになっています。まさに「見せる家電」を意識したつくりとなっています。どんな空間においてもマッチするデザイン。広々とした庫内は、コンビニ弁当などお手入れが楽なフラット構造になっているのもうれしいポイント。

操作パネルもシンプルで直感的に操作できるのもこだわりのひとつ。庫内はターンテーブルのないフラット構造なので、コンビニ弁当など大きめの食材を温めるのに便利です。お手入れも簡単、ブザー音が鳴るかわりにバックライトが点滅する消音機能も家族やご近所の方に配慮したつくりになっています。多機能なレンジはいらないけど、おしゃれで使い勝手のいいレンジがほしいという方におすすめです。

第4位 シャープ(SHARP) 電子レンジ RE-T2-W

41C6fmpC51L

商品価格 ¥ 8,980

冷凍食品の加熱に便利な、ワット数は3段階(700W・600W・500W)を装備。なおかつグラムセットで上手に解凍できる「解凍機能」も搭載しています。ゆったりとした庫内で食品の出し入れもスムーズ、ターンテーブル方式を採用していますが27cmのターンテーブルはコンビニ弁当もラクラク入ります。

大きめのタイマーがさらに使いやすさも演出しており、調理終了後は、電源が自動的に切れるので省エネ設計が嬉しい1台です。

東日本専用

西日本専用

第5位 シャープ(SHARP) 電子レンジ RE-TS3-W

41YOdo+wZiL

商品価格 ¥ 11,572

ランキング4位と同じシャープの製品ですが、こちらはダイヤル式ではなくボタン式のパネルで直接的な操作が可能なモデル。大型数字で見やすい液晶画面、解凍や牛乳キーでワンタッチ操作が便利です。最高ワット数・庫内の広さ・27cmターンテーブルは上記モデルと変りませんが、操作方式の違いで少し価格が高めに設定されているようです。

東日本専用

西日本専用

第6位 エレクトロラックス(Electrolux) EMM2300JW

41gnnbIdzTL

商品価格 ¥ 8,856

エレクトロラックスはスウェーデン生まれのブランドで、150を超える国や地域で年間5千万台以上の製品を販売している世界を代表する家電メーカーの1つです。考え抜かれたデザインはおしゃれなキッチンを演出すること間違いなし! いたってシンプルなダイヤル方式で使いやすいデザインともいえます。

90~700Wまで5段階の出力切り替えが可能で、庫内サイズもゆとりの23L。様々な用途に対応できます。また節電のことも忘れない省エネ設計も魅力の1つです。

東日本専用

西日本専用

第7位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電子レンジ IMB-T171

41OI745NPGL

商品価格 ¥ 5,980

ホームセンターや通信販売でもよく目にする、アイリスオーヤマ。アイデア商品も多数取り揃えており、誰もが1度は何らかの形でお世話になったことのあるメーカーではないでしょうか。こちらの電子レンジは用途に合わせた3段階の出力切替(700W・500W・200W)搭載で、まさにシンプル・イズ・ベストといったつくりとなっています。コストパフォーマンスに優れているので、入門機としてはおすすめの1台です。

東日本専用

西日本専用

第8位 ゼピール(ZEPEAL) DR-M2014

415kUCONmlL

商品価格 ¥ 5,980

ゼピールとは株式会社電響社が手がけるオリジナルブランドです。こちらの電子レンジも用途に合わせた3段階の出力切替(700W・500W・250W)搭載でシンプルなつくりとなっています。ダイヤル式のタイマーの文字が大きくて見やすいのも1つの特徴です。コンパクトサイズで置き場に困ることはありません。また、価格も大変コンパクトなので入門機として使えるおすすめの1台です。

東日本専用

西日本専用

第9位 ツインバード工業(TWINBIRD) 電子レンジ DR-D219W

410j1517psL__SX425_

商品価格 ¥ 6,180

大型ダイヤルが特徴の、回すだけ簡単操作が可能な電子レンジ。700Wまで出力できるハイパワーはもはやおすすめの電子レンジには標準装備。レンジで5分以上温めることはあまりないというコンセプトから、よく使う5分以下のタイマー設定は幅広くなっており、ダイヤル式でも細かな時間調整が可能となっています。生産終了モデルですが、未だに根強い人気があります。

東日本専用

西日本専用

第10位 パナソニック(Panasonic) 単機能レンジ NE-EH227

313rrWOKVZL

商品価格 ¥ 18,500

ランキング1位の電子レンジの型落ちモデルです。こちらも850Wの高出力が売りで、温めも素早くできます。現行モデルと比べてもほとんど違いは感じられません。出力3段階切り換えに連動調理、独立した操作ボタン。多機能レンジが不要な家庭におすすめの1台です。こちらも生産終了モデルですが、未だに根強い人気があり、旧型なのに値段が高めに設定されています。

2016年オーブンレンジの人気機種ランキングTOP10

第1位 シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-S5D

41juC0DGqhL

商品価格 ¥ 15,800

大きくて使いやすい操作ボタンが特徴のシャープのオーブンレンジです。外はこんがり、中はしっとりの自動トースト機能にくわえ、冷凍ごはんや揚げ物など用途に合わせた機能も充実しています。

また、解凍機能には使う分だけサックリ切れる「サックリ解凍」も搭載。重量センサーで食品の重さを検知して、包丁で切れる状態まで解凍できます。お手入れカンタンで、調理後の気になる臭いを抑える機能もうれしい装備です。

第2位 シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-S208

41zFYmDoD1L

商品価格 ¥ 16,888

シャープのRE-S5Dにさらなる機能を追加したオーブンレンジです。油を使わないヘルシーな揚げ物や蒸し調理など自動調理が豊富なのも魅力の1つ。料理の幅が広がります。このモデルには「サックリ解凍」にくわえ 「はがせ技・全解凍」という機能も搭載されています。これにより重なり合ったお肉も簡単にはがせたり、解凍ムラを防いだりすることができます。自動的に電源が切れる省エネ設計は家計に優しい機能ですね。

第3位 パナソニック(Panasonic) エレック オーブンレンジ NE-T158

41W58yYNKnL

商品価格 ¥ 18,437

950Wの高出力と重量センサーの機能により肉・魚・野菜など主菜と副菜を同時に焼き上げることができ調理時間を大幅に短縮することができます。忙しい朝でも主婦には嬉しい機能となっています。操作パネルも使いやすいデザインとなっており、ドアの開閉も非常にスムーズ、自動メニュー数も19と料理の幅が広がること間違いなしの1台です。

第4位 東芝(TOSHIBA) オーブンレンジ ER-K3

41pCDJ3LAqL

商品価格 ¥ 18,792

フラットテーブルで大きなお弁当もラクラク温め、お手入れも非常に簡単です。250度のオーブン機能は、うまみや水分を逃さず、石窯のようにこんがり焼き上げます。850Wの高出力なので、温めも非常にスムーズ、便利なワンタッチメニュー機能も搭載されているので料理の幅も広がります。食材や用途にあわせた解凍機能も搭載、ちょっとした心配りが嬉しい機能満載のおすすめの1台です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブンレンジ VAL-16T-B

41kiiFDJA7L

商品価格 ¥ 9,980

本体カラーはブラック。12種類のオートメニューと重量センサーを搭載し、時間合わせや温度設定不要、自動調理が嬉しい1台です。2万円を大幅に切る価格で、レンジ・オーブン・グリルと1台3役をこなす欲張りなオーブンレンジ。しかも、お菓子作りに欠かせない40℃の発酵機能まで付いて、コストパフォーマンスに優れたおすすめのオーブンレンジです。

第6位 シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-S7B

41YKmxWAYrL

商品価格 ¥ 16,498

このモデルもシャープの標準的な機能をしっかりと搭載した1台です。油を使わないヘルシーな揚げ物や、蒸し調理を自動で簡単に仕上げます。用途に合わせた「サックリ解凍」と「はがせ技・全解凍」で解凍もラクラク。メニューに合わせた火加減自動調節など主婦にも嬉しい機能が充実しています。オーブンレンジにしては珍しいダイヤル式の操作パネルもアナログ感がでて好感が持てます。

第7位 山善(YAMAZEN) オーブンレンジ YRC-160V

41NyaVSfdFL

商品価格 ¥ 12,235

多彩なメニューが嬉しい、コストパフォーマンスに優れた1台です。重量センサー、温度センサーで加熱ムラを防ぎ、調理はすべてワンタッチ。上下のヒーターが両面をこんがり美味しいトーストに焼き上げるグリル機能や、40℃のパン生地発酵機能を搭載。

パン作りが趣味の方はぜひご検討ください。オーブン機能はたまにしか使わないという方に適したオーブンレンジとなっています。

第8位 ハイアール(Haier) JM-FVH25A

41uHvt6U5hL

商品価格 ¥ 14,900

約250℃の本格オーブンで料理の幅も楽しみも広がります。庫内も広々なフラットタイプ。同時に4枚まで焼けるトースター機能は忙しい朝の主婦の味方間違いなし。家族全員同時に朝食をいただけます。見やすい大型液晶パネル搭載、シンプルで飽きの来ないデザインも魅力の1台です。

第9位 ハイアール(Haier) JM-V16C

411DxTtgsRL

商品価格 ¥ 10,500

温めや解凍、トースト機能を主に使用するという方におすすめの1台です。お弁当やお惣菜、コーヒーはワンタッチで自動加熱、簡単操作も売りの1つです。上記の機種に比べると、トーストは2枚までしか焼けませんが一人暮らしには手ごろなサイズといえます。オーブンも1分から可能でケーキやクッキーも美味しく焼き上がります。

第10位 シャープ(SHARP) オーブンレンジ RE-S7C

51B0yitQiWL

商品価格 ¥ 17,000

RE-S7Bの後継機となります。このモデルも油を使わないヘルシーな揚げ物や蒸し調理を自動で簡単に仕上げます。用途に合わせた「サックリ解凍」と「はがせ技・全解凍」で解凍もラクラク。メニューに合わせた火加減自動調節など、主婦にも嬉しい機能が充実しています。オーブンレンジにしては珍しいダイヤル式の操作パネルもアナログ感がでて好感が持てます。RE-S7Bとの違いはデザインのみです。

2016年スチームオーブンレンジの人気機種ランキングTOP10

第1位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-ND7

41sxqfadeAL

商品価格 ¥ 26,360

自動でトーストをひっくり返すことができるオートトースト機能が付いているのが特。機能数は東芝の上位機種に比べれば少なめですが、普段使いに関しては何も劣ることはありません。東芝の看板機能である石窯スチーム機能がこの価格で搭載されているのはおすすめのポイントです。

最高250℃のオーブンは、ノンフライ・グリル調理に実力を発揮してくれます。また電子レンジとしても基本的な機能を備えているので、とりあえずスチームオーブンレンジが欲しいという方にはおすすめの1台です。

第2位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-ND300

51f-1OIXnKL

商品価格 ¥ 45,800

ER-ND300は東芝のER-NDシリーズの中では下位モデルに分類されますが、十分な機能を備えていて、コストパフォーマンスも優れているので人気の高い商品といえます。庫内は30Lの大容量なのに本体サイズはコンパクト、オーブン最高温度は300℃、大家族にも向いているおすすめの1台です。

ハイブリッド調理・ノンフライ調理・グリル調理・加熱水蒸気調理など幅広い用途に対応。ダイヤル式の操作パネルも味わいのある存在感を演出しています。

第3位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-ND500

411v6+fiPOL__SX425_

商品価格 ¥ 76,770

外観はハーフミラー採用でオシャレなデザインとなっています。ER-ND500は、東芝の電子レンジの中で最上位モデルです。庫内は31Lと非常に大きく、出し入れもスムーズ。オーブン最高温度は350度で、ハイブリッド調理・ノンフライ調理・グリル調理・加熱水蒸気調理など機能満載。作れない料理はほぼありません。

レンジ出力は1000Wとも素早くできます。手入れのしやすい庫内、省エネ機能も搭載されているなど、まさに東芝の最高峰モデルです。

第4位 シャープ(SHARP) 加熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS8C

41uRzHsG4aL

商品価格 ¥ 22,800

過熱水蒸気とオーブンレンジ加熱で、ヘルシーな料理もおいしく自動調理。4人分のおかずをパパッと作れる「5分おかず」や、1人分のごはんと具材の加熱が同時にできる「3分どんぶり」など、魅力的な機能が満載の1台となっています。

もちろん、シャープの解凍機能として定評のある用途に合わせた「サックリ解凍」と「はがせ技・全解凍」も搭載。薄型&コンパクト設計。自動的に電源が切れる省エネ設計は家計に優しい機能となっています。

第5位 パナソニック(Panasonic) エレック オーブンレンジ NE-MS262

41W61ECn6rL

商品価格 ¥ 23,252

パナソニックのスチームオーブンレンジの中では、お求めやすい価格のこの機種。自動メニュー数38は料理の幅を広げてくれること間違いなし。油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」メニューや、肉・魚を野菜と一緒に焼けて時間短縮できる「お弁当セット」などの機能も搭載。家族やシーンに合わせた、ダイヤル式の簡単操作で「自動メニュー人数設定」もでき、家族向けの1台です。

第6位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-ND400

517p3+vWruL__SX425_

商品価格 ¥ 65,500

ER-ND400は、東芝の電子レンジの中で2番手に位置する上位モデルです。ハイグレードタイプとなる商品です。ER-ND500と同じく庫内は31Lと非常に大きく、出し入れもスムーズ。オーブン最高温度は350度で、ハイブリッド調理・ノンフライ調理・グリル調理・加熱水蒸気調理など機能満載。

高速加熱可能な、1000W。手入れのしやすい庫内、省エネ機能も搭載されているなど、まさに東芝の上位モデル。違いは「くるりん熱風」機能の有無ぐらいです。

第7位 パナソニック(Panasonic) ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1300

41y4XsPsv+L

商品価格 ¥ 133,000

6月1日に発売されたばかりの最新モデル。パナソニックの電子レンジの中では最上位モデルです。焼く、煮る、蒸す、揚げるが、これ一台で調理可能。作れない料理はほぼありません。2015年の最高峰NE-BS1200に搭載されていた機能はもちろんのこと、新開発のヒーター「大火力極め焼きヒーター」搭載で肉も魚もこんがり焼きあがります。

また、身近な食材を使って、下ごしらえを短時間で調理できるのも嬉しいですね。カラータッチ液晶はデザインやボタンの配置を、お好みで変えることができます。まさにパナソニックの最高峰モデルです。

第8位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-ND8-W

41MNsnzpKQL

商品価格 ¥ 31,330

ER-ND8は、ER-ND7の上位機種です。といってもほとんど性能は変わりません。自動でトーストをひっくり返すことができるオートトースト機能や石窯スチーム機能など、お買い得にもかかわらず充実機能が満載です。唯一の違いは、スチーム方式です。このモデルは、本格的な水タンク式の過熱水蒸気を採用しています。

「カロリーオフ調理」や「減塩調理」ができるというのは家族の健康を考える主婦にとっては嬉しい機能です。電子レンジとしても基本的な機能を備えているので安心して使えます。

第9位 日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-RS8

51F9BiG7tSL

商品価格 ¥ 28,227

日立から唯一ランキングしたこちらのモデルは中位的な存在のモデルです。かといって、他のメーカーと比べて見劣りするわけではありません。機能も充実、コンパクトでリーズナブルな電子レンジをお探しの方に最適な1台です。「トリプル重量スキャナー」で重さを計れるので、かしこく調理できます。

過熱水蒸気・ノンフライ調理でヘルシーな料理もお手のもの。清掃・脱臭機能も付いています。

第10位 東芝(TOSHIBA) スチームオーブンレンジ ER-MD500

41S0-TBKgdL

商品価格 ¥ 62,700

東芝の2014年に発売された電子レンジの中で最高峰のモデルです。幾ら2年前のモデルといっても、当時の最高峰モデルですから現行のエントリーモデルと比べると性能の差は歴然です。オーブン機能は焼き上がりが、とても綺麗で満足できる製品に仕上がります。過熱水蒸気・ノンフライ調理でヘルシーな料理を提供します。型落ちということで、価格も下がっていればお買い得であること間違いなしの1台です。

電子レンジの選び方

European Microwaves

電子レンジというと、ひと昔前ではただ温めるだけといった印象が強いかもしれません。また、どれだけ短時間で温められるか調理できるかという考え方が主流でした。しかし、今ではさまざまな機能が電子レンジに加えられ、一人暮らし向けから大家族向けと庫内容量も豊富に選べるようになっています。

電子レンジを選ぶ際には、まずどんな用途で使用することが多いかを考えることが大切です。自分では料理をしない、ただ温めるだけという方には単機能の電子レンジでだけで十分。次に考える点は使用人数です。1人暮らしなら庫内のサイズは16L前後、2人暮らしなら21L前後、3~4人家族なら25L前後がおすすめです。

料理好きな方なら30L前後の電子レンジを選ぶのもおすすめです。次に選ぶポイントとなるのは置き場所です。せっかく電子レンジを購入したのに、置きスペースに収まらなかった…とても残念な結果ですよね。自分の思い描いたレイアウトができるのとできないのでは料理の楽しみも半減してしまいます。

電子レンジをどこに置いたら良いか・どれくらいのものなら置けるのか、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

電子レンジの種類

4103597873_88f1fc19c6_b

現在の電子レンジは大きく分けて3つの加熱方式に分類されます。それでは、その3つの加熱方式をご説明します。

単機能レンジ

マイクロ波で対象を温められるだけの電子レンジです。言い換えるなら、加熱以外の機能は省略し、コストを抑えた電子レンジだといえます。基本性能は低く、あまり料理しない人向けの電子レンジといえます。

オーブンレンジ

簡単に言うとオーブンと電子レンジの二つのものを合体したものです。マイクロ波とヒーターを搭載しており、食材をこんがりと焼きたいという方におすすめです。パンやグラタンなど作れるメニューも豊富です。

スチームオーブンレンジ

こちらは最近ほぼ主流となっているスチーム(加熱水蒸気)を使って加熱できる電子レンジです。蒸し料理などに適しており、ラップなしでも温めることができる優れたレンジです。また、料理もヘルシーに仕上がります。

電子レンジの電気代は?

8836E979FD

当然のことながら、電子レンジの電気代はメーカーや電力会社によって異なります。しかし、だいたいの料金を算出するのであれば1分あたり0.5円ぐらいということを念頭に置いておきましょう。また、使う機能によっても電気代は変わってきます。

レンジ機能、オーブン機能のワット数はさほど変わりませんが、スチーム機能ですと約1/3の電気代しかかかりません。長い目で見ると、スチームオーブンレンジが経済的であることがよくわかりますね。

おすすめのメーカー

シャープ(SHARP)

目の付け所がシャープでしょという挑戦的なキャッチフレーズでいつも個性的な製品を世の中に送り出すシャープ。それは、電子レンジの世界でも同様のことが言えます。恐らく誰もが1度は「ヘルシオ」という名前のレンジを聞いたことがあるのではないでしょうか? 今や、スチーム搭載レンジの代表的な存在といっても過言ではありません。

スチームオーブンレンジの先駆け的な存在となりました。単機能レンジ・オーブンレンジ共にラインナップも充実しているので電子レンジの購入を考えている人にはおすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

あまり電子レンジに強いというイメージのない東芝ですが、ドーム型の天井が特徴の石窯ドームシリーズが人気のメーカーです。業界最高温度の350℃オーブンがパンやお菓子作りに実力を発揮します。またスチームは最高400℃など、オーブン機能が大変充実しています。

昔から白物家電には定評のあるメーカーなので、電子レンジの基本性能も全ての機能も非常にバランスがとれており安心して選ぶことができるメーカーです。お手頃な価格の電子レンジも充実しているので選ぶ候補の一つとしておすすめです。

パナソニック(Panasonic)

ビストロシリーズとエレックシリーズがパナソニックの主力電子レンジ。とにかく早く加熱することにこだわった技術開発が目を引きます。また、オーブンレンジにスチーム機能を搭載した先駆け的なメーカーなのでスチーム機能の性能は折り紙付き。自動メニューや付属のレシピも充実し、料理のレパートリーも増えること間違いなし。

スマート家電としてこれからの進化にも注目のメーカーです。