いまや各メーカーがしのぎを削って開発を進めるウェアラブルデバイスである、スマートウォッチ。歩数をはじめとして、活動量、発汗、脈拍など…日常の我々の活動データを連続的に計測してくれます。数あるスマートウォッチの中から、今回はオススメをご紹介します。

ASUSTek(エイスーステック)ZenWatch(ゼンウォッチ)

11-1

ZenWatch は、すでに数機種発売されてい Android Wear を搭載した腕時計型デバイス、いわゆるスマートウォッチです。腕時計として機能することはもちろん、Android Wear のパワーと ASUS 独自の機能によって、スマートフォンの情報の閲覧・操作や、スマートウォッチ上でアプリを利用できます。

Pebble(ペブル) Time(タイム)

11-2

PebbleがKickstarterでクラウドファンディングをはじめたのは2012年。およそ8億円を調達して世に出たPebble Watch。スマートウォッチらしからぬ洗練されたシンプルなデザインが話題に。肝心の使用感も、余計な機能なども削ぎ落とされ、必要な機能のみを必要な分だけ使用できる形になっています。

SONY(ソニー) Smart Watch 3(スマートウォッチ3)

11-3

SONYが満を持して発表したSmart Watchの最新版。『話す、見る、キロクする。』このキャッチフレーズで表現されるように、Xperiaと連携して、活動量を中心としたさまざまなライフログを取得・解析・可視化できます。またXperiaで着信した電話へのハンズフリーでの着信、メールの確認などが可能です。

Microsoft(マイクロソフト)Microdoft Band(マイクロソフトバンド)

3-1

Microsoft Band は、歩数計、消費カロリー計、睡眠トラッカー、24時間の心拍数モニタ、GPS などを搭載する腕時計型の端末。Microsoft Health に加えて、iOS/Android 用ランニングアプリRunKeeper とダイエットアプリMyFitnessPal にも対応。もちろん、メール・カレンダーの通知にも対応しており、収集したバイオデータは、Microsoft Healthで分析・管理できます。

Samsung(サムスン) GALAXY Gear(ギャラクシーギア)

10-2

サムスン電子のスマートウオッチGALAXY Gear は、GALAXYと連携、よりスマートで自由なスタイルを実現しています。BluetoothでGALAXY Note3などのタブレット・スマートフォン端末と連携し、ハンズフリーでの通話も可能。リダイヤルや電話帳からの発信も可能です。GALAXY Note3への着信、メッセージ、SNSなどの通知を、GALAXY Gearで確認できるスマートトスも搭載でさらに使いやすく。極め付けは 、小さな本体に搭載された約190万画素のカメラ。被写体に意識させることなく、自然な表情を撮影できます。GALAXY Gear本体には最大50枚まで保存可能。

4. Nike+(ナイキプラス) fuelband(ナイキフューエルバンド)

3-4

『日々さまざまな動きを測定し、記録することで人々がさらに活動的になることを促す---』スポーツ用品で有名なNikeが開発したフィットネスバンド。独自のアルゴリズムでNikefuel(ナイキフューエル)という活動量の単位に換算。ゲーム感覚で日常の活動から激しい運動までを可視化できます。活動記録を友達とSNSライクで共有できるのも面白い。

Kairos(カイロス) Watches(ウォッチズ)

11-7

「KAIROS」はスマートウォッチでありながら、自動手巻きの腕時計型をベースとした、これまでのスマートウォッチとは一線を画す高級感。透明度40%の1.4インチPMOLEDフルカラーディスプレイに革のバンド、ジャイロ、加速度、ジェスチャーの3センサーを搭載。iOSやAndroidの各種スマートフォンアプリの通知や音楽プレーヤーやカメラの操作に対応しています。