秋物に向けてメンズブーツが欲しくなってくる方も増えてきています。気軽に履けて、なおかつ存在感のあるブーツをお探しの方にはデザートブーツがおすすめです。どんなメンズコーデにもマッチしてくれる万能シューズ。

今回はこれからの時期に活躍する、メンズにおすすめのデザートブーツブランドをご紹介します。人気のメンズコーデも合わせて載せますので、参考にしてみてくださいね。

デザートブーツとは

6242988_B_07_500

By: zozo.jp

デザートブーツとは広いくくりで言えば、チャッカブーツの一種。一般的な特徴としては柔らかい材質のゴム(クレープソール)がソールとして接合されており、ライニングがつかないアッパーがあります。他にはスニーカーに用いられるラバーソール、フットソールのタイプも。

アッパーにはスエードが用いられたタイプが主流。メンズのデザートブーツと言えば、クラークスが有名ですよね。他社からも似たような形がたくさんあります。

デザートブーツは言葉通りに砂漠地帯で着用するブーツ。つまりは靴の中に砂が入らないように設計になっています。機能的な面に加え、コーディネートでもカジュアル、スーツスタイルにと多様なスタイリングが可能なシューズです。

クラークスのおすすめデザートブーツ

1825年から続く老舗のシューズブランド。サイラスとジェームスのクラークス兄弟が生みの親となってブランドを発足。普遍的なデザイン性に加え、ブリティッシュスタイルを毎年提案し続けています。

ビジネスシーンからカジュアルスタイルまで全てのジャンルを凌駕する展開の広さが人気。有名なものとしてはクレープソールを施したデザートブーツがあります。今回は一押しのデザートブーツをご紹介。

クラークス(Clarks) Desert Boot デザートブーツ 26107881

91d6iy57fjL._UL1500_

商品価格 ¥ 17,388

こちらのデザートブーツは発売以来普遍的なデザインを残したままこうやって今の時代に受け継がれています。アッパーには柔らかい天然皮革を使用。

なんといっても特徴は独自の製法で製造されているクレープソールですね。ラバーソールとはまた違ったマッドな質感があり、着用する方にしか知り得ない履き心地がきっと癖になります。

色はやはり定番のサンドスエードですね。あらゆるコーデに対応できるこのカラーがおすすめ。

クラークス(Clarks)

001914216005

商品価格 ¥ 21,384

上記の商品と同型ですが、ブラックカラーもおすすめですので、ご紹介させていただきます。機能面や履き心地は変わらずですが、カラーをブラックにするとまたイメージが変わります。

おすすめのコーデとしてはブラックスキニーパンツと合わせてスタイリッシュかつモードチックに決めてほしいところです。ブラックは経年変化が楽しめるカラーですよ。

クラークス(Clarks) デザートエアリアル

61q8-nELgRL._UL1500_

商品価格 ¥ 18,000

定番のクラークスのアッパー部分の型をそのままにソールに軽量EVAを採用。スエード部分には高級感のある厚めの生地を使用。アッパーとソールの接地部分にあたるステッチは太めに縫われていておしゃれな雰囲気に仕上がっています。

クラークス(Clarks) Desert Boot / メンズ デザートブーツ

7931003_19_D_500

こちらは経年変化を楽しんでいただけるカウレザータイプのクラークスをご紹介します。アッパーに使用されているカウレザーは初めは少し硬めに感じますが、履いていくうちに自分の足に馴染むように柔らかくなっていきます。

ソールにはお馴染みのクレープソールを採用。弾力性に優れたソールが癖になること請け合いです。

クラークス(Clarks) デザートエアリアル メンズ

71+9y5nINXL._UL1500_

商品価格 ¥ 12,000

本革のアッパーだとなかに湿気が溜まってしまうのですが、このデザートブーツは1mm角の四角い穴が空いているタイプのパンチングスエードを採用。ですので、通気性は抜群です。デザインは定番のクラークスよりも少し厚みのあるフォルムでモード・ストリート系のメンズコーデに最適。

エアーウォークのおすすめデザートブーツ

AIRWALKは1986年にカリフォルニアでビル・マンとジョージ・ヨーンによって作られたスケートボードとMBXの要望に応えるフットウェアとして開始されたブランド。革新的なデザインと優れた耐久性、機能性の高さが全米にブームを巻き起こした。

AIR 空を飛ぶエアー、メイキングこそが現在のスケーター、サーファー、スノーボーダーのすべての原点となっています。「AIR」をブランドネームとしてスケーター出身のリースミスさんがAIRWALKを発売して以来は、スケーターシューズの代名詞となっています。

エアーウォーク(AIRWALK) DESERT BOOT 1991 AWK-DB-001/002

9455144_18_D_500

商品価格 ¥ 12,960

こちらは日本限定で復刻されたエアーウォークのデザートブーツです。ソールにはシャークソールを採用しており、重厚感あるフォルムがおすすめ。オールシーズンにメンズの足元をおしゃれに着飾ってくれますよ。

歩きやすさデザイン性ともに最高ですので、アウトドアメンズコーデなどに合わせていただくのもいいですね。

エアーウォーク(AIRWALK) DESERT BOOT 1991

9780401_b_13_500

商品価格 ¥ 16,200

こちらは90年代初頭の復刻版デザートブーツになります。波型のリップルソールが目を引くデザインがエアウォークを代表する一足となっています。

デザインはいい意味で当初のものと変わらず、通気性や防臭性など着用する上での機能性が現代的にバージョンアップされています。メンズコーデにも合わせやすいブラックがおすすめ。

デデスケンのおすすめデザートブーツ

デデスケンは2010年FWから立ち上がったシューズブランド。名前はリズムがよく覚えやすい造語から名付けられたみたいです。このブランドはシューズをファッションアイテムの一つとして考え、洋服ありきで考えたデザイン性が人気を呼んでいるブランドです。

メンズビジネスシューズやカジュアルシューズなど幅広いシーンで活躍しますので、ぜひチェックしておいてくださいね。

デデスケン(DEDEsKEN) デザートブーツ

2828652_8_D_500

商品価格 ¥ 5,400

デデスケンの最大の特徴は見た目に寄らない軽さにあります。丸みのあるフォルムに厚みのあるシャークソールでありながら、スニーカーのような軽量感があり、おすすめ。インパクトもともにありますね。

アッパーに採用されたスエードレザーは着用していくうちに馴染んでくるタイプ。アメカジメンズコーデに最適なブーツです。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージのおすすめデザートブーツ

1984年に誕生したブランド、ザ・ダファー・オブ・セントジョージ。こちらのブランドは上品さの中にもひねりや遊びを加えたファッションを楽しめるのが特徴です。

"似つかわしくないものを並置するという"ブランドコンセプトにを元に、今後も飛躍を続けていくブランドから一押しのデザートブーツをご紹介します。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージ(The DUFFER of St.GEORGE)

10221608N134_91

商品価格 ¥ 19,980

しっかりとした素材が特徴的なメキシコメイドのデザートブーツ。アッパーには牛革スエードを採用し、ソールにはクッション性の高いクレープソールを採用。あらゆるメンズコーデに合うようなカラー展開とカジュアルな表情が人気のデザートブーツです。

クラークスよりも革が少し硬めなので、着脱が容易に感じるかもしれません。

エイチツーヴォルトのおすすめデザートブーツ

2015年よりブランド名をVOLTからH2VOLTへ改名。高い水準(High standard)を目指しより上質なものを求めて(High quality)の頭文字「H」を重ねたことが由来になっています。

このブランドは一つ一つ高い技術を持った職人の手によって作られています。製造は有名ブランドや有名セレクトショップのシューズを手掛けている信頼と実績のある工場。エイチツーヴォルトはクラークスにも負けないほどの高いプロダクトを生み出してるので、今後さらに飛躍することが期待されています。

エイチツーヴォルト(H2VOLT) デザートブーツ

61uSgZPbDJL._UL1001_

商品価格 ¥ 8,618

エイチツーヴォルトは職人が一つ一つ丁寧に作ってるので、高い技術力が垣間見えるアイテムです。アッパー部分には足に馴染みやすい柔らかな牛革のスエード素材を採用。

アウトソールには天然ゴムを贅沢に使用した上質なソールに仕上がっています。ステッチダウン製法を採用しているので、軽さに加え、歩きやすさを体全身で感じ取ることができるデザートブーツになっています。

サタデイズサーフニューヨークのおすすめデザートブーツ

10811981B_1_D_500

商品価格 ¥ 15,228

アーバンで勝つファッショナブルな展開を行っているSATURDAYS SURF NYCからハイカットスニーカーのようなデザートブーツをご紹介します。少しアウトサイダー的な要素もあるデザートブーツですが、デザイン性におけるおしゃれさは群抜きです。

アッパーにはレザーを使用し、スエード素材とは異なった上品な印象を演出。細身のスラックスとコーデしてみるとよりホワイトの味が引き立ちますね。

トルネードマートのおすすめデザートブーツ

トルネードマート(TORNADO MART)

移り変わっていく時代のトレンドを常に意識しながらも、素材とシルエットには揺るぎないこだわりを求め自分の個性を存分に楽しみたい、表現したい人のためのショップブランド。発信源は中目黒で、ヨーロピアン漂う雰囲気が人気です。

トルネードマート(TORNADO MART) デザートブーツ

3801792_16_D_500

商品価格 ¥ 4,752

程よくウォッシュ加工がなされたスエードのアッパーに硬派なゴムを採用したカジュアルなデザートブーツをご紹介します。ラストがクライマー風のボリューム感やトゥーシープの長さなど独特なバランス加減があらゆるメンズコーデで活躍します。

お値段もお買い求めやすいので、手軽にデザートブーツを取り入れられますよ。

スペクタスシューのおすすめデザートブーツ

「革靴でもスニーカーでもないデザインと履き心地」をコンセプト「にしている近年注目されているブランド。人間工学を用いた木型をベースに製造されていて、履く人のシューズの概念にイノベーションを起こし続けていくスペクタスに目が離せないですね。アメリカ社のLacing systemを採用した着脱の簡易化がなされた機能が代名詞でもあります。

スペクタスシュー(SPECTUSSHOE) デザートブーツ

8574079_8_D_500

商品価格 ¥ 34,020

デザートブーツのカジュアルさとスペクタスのミニマムなモデルを融合させたようなデザイン。ヒモ部分に搭載された黒い丸いものがLacing systemとなっていて、回すことで着脱が可能になったハイテクシューズになっています。

ソール部分には長距離歩行に適しているVibram社製のソールを採用。スタイリッシュながら履きやすさにもとことんこだわったこちらのデザートブーツはぜひ試していただきたいです。

デザートブーツのおすすめお手入れアイテム

コロンブス(COLUMBUS) スエードブラシC 70270000

61k6wo5DxvL._UL1500_

商品価格 ¥ 424

こちらのスエードブラシCは毛並みを揃える用途に向いています。しかしながら、ほこりや汚れを取ることもできる万能タイプですので、このブラシ1本で全てまかなえますよ!

結構スエード専用のブラシは店舗では売っていないので、スエードシューズを持っている方、これから買おうと思っていらっしゃる方にはおすすめ。とにかくコスパが高いです。

エムモゥブレィ(M.MOWBRAY) スエード&ヌバックシャンプー 2038

71qPkgR0CsL._UL1500_

商品価格 ¥ 1,620

スエード、ヌバック専用のシミや汚れを落としてくれるシャンプータイプのクリーナーです。まとめてがっつり洗いたい方におすすめのクリーナーです。

特に起毛の奥に入り込んだ汚れをしっかりと書き出し、靴自体の履きじわも伸ばしてくれる製品。きちんとした本格的靴クリームブランドですので、安心してお使いしていただけます。

スコッチガード 防水・防汚スプレースエード靴専用 SG-P170

71vgVH6ZZcL._UL1500_

商品価格 ¥ 956

水分に弱いスエード生地を防水・防汚加工できる優れものをご紹介します。こちらはスプレータイプになっているので、乾いた状態のスエードに吹きかけるだけ。

もちろん靴以外のスエード素材のアイテムにも対応。汚れを未然に防ぎたい方におすすめ。コツとして、ムラなくスプレーを吹きかけることで効果が得られますよ!

デザートブーツの選び方

ソールの素材で選ぶ

8647888B_16_D_500

By: zozo.jp

デザートブーツはクレープソールが有名ですが、他にも数多くのソールがあります。クレープソールは天然ゴムを主成分に使用。クッション性に優れており、スエードシューズであることを忘れてしまうほど履き心地のいいソールとなっています。

このクレープソールはステッチダウン製法でしっかりと接着されています。しかしながらソールが減りやすい素材ではありますので、そこらへんは注意すべき点ですね。

フットソールやシャークソールはスニーカーなどによく使われていることもあり、スニーカーのような歩きやすさに加え、軽さもあるので、長時間の歩行などに向いているソールです。また厚みがあるので、シークレットブーツとしても着用していただけます。

ブランドで選ぶ

12894120B_16_D_500

By: zozo.jp

デザートブーツの王道なブランドでいえばクラークスですね。独自の製法を採用した、歩行する際に足への負担を最大限に抑制してくれるクレープソールが特徴的。カジュアルなコーディネートからジャケットコーデまで幅広く使っていただけます。

他のブランドですとAIRWALKやDEDESKENが有名。AIRWALKはスタイリッシュなデザインで、フットソールが都会的なスタイリングを実現してくれます。DEDESKENは登山靴のような丸みのあるアッパーに加え、厚みのあるシャークソールがアウトドアスタイルを演出してくれます。

他にも多くのブランドがありますが、使い道、コーデによってブランドの味を出していくことが最適ですね。

デザートブーツの手入れ方法

10485618_14_D_500

By: zozo.jp

デザートブーツには主にスエード素材が使用されていますが、スエード素材は起毛があるので、その隙間に汚れが入り込むことがあります。(中にはレザーや別生地のものもあります)

そのように白くなったり、黒くなったりした場合、歯ブラシなどでゴシゴシやってしまいがちですが、そうすると起毛が痛んでしまいます。なので、専用のブラシと専用のクリームを使い、優しく手入れすることをおすすめします。

そのように起毛を痛ませないことで、綺麗に長く着用していただけますよ!

メンズにおすすめのデザートブーツコーデ

ブラックで大人っぽく統一

20150825150233546_500

By: wear.jp

デーザートブーツの特徴を生かしたモードコーデ。ブラックのDEDESKENのデザートブーツの中にDIET BUTCHER SLIM SKINのリブパンツをブーツインし、大人っぽさを演出。ブーツのソールがホワイトのシャークソールがコーデの外し役となっています。

定番のライダースジャケットと厚底のデザートブーツは相性がいいので、参考になりますね。

スキニー以外を淡い色で統一

20160130215740765_500

By: wear.jp

ブルーのカットソーがこのコーデに色合いをもたせており、スキニーデニムパンツとあっています。腰に巻かれたバンダナがおしゃれさをプラス。さりげない小物使いがおしゃれへの近道かもしれませんね。

クラークスはデザートブーツの中でもスエードが柔らかいので、スキニーパンツで隠して、まるでローカットシューズかのようにコーデしてもかっこいいです。

ボタンは全止めでスタイリッシュなメンズコーデ

20160524205536647_500

By: zozo.jp

フラッドペリーの半袖チェックシャツに同ブランドのスキニーデニムを合わせたメンズコーデ。シャツのチェックをいかすようにスキニーパンツ、デザートブーツはシンプルにまとめてありますね。

パンツを折り曲げず、履くと野暮ったい雰囲気になってしまいますので、今回のようにデザートブーツにかからないくらいに曲げるのが粋。

クレープソールで魅せるスーツコーデ

20151120153724953_500

By: zozo.jp

スーツスタイルに厚底のデザートブーツをチョイス。シャツにジレとジャケットをバッチリ決め、白いスキニーパンツで少しカジュアルさをプラスしています。さりげなく折り曲げているところがポイント。

プレーンシューズなどの定番のシューズではなく、デザートブーツで足元を着飾ってみてください。

トレンドを押さえた爽やかなメンズカジュアルコーデ

20160301183259630_500

By: zozo.jp

アースカラーをイメージしたメンズコーデになっています。SHIPの薄手の生地を使用したオーバーコートにチノショートパンツが新しさを演出。パンツと同系色に合わせたクラークスのデザートブーツが全身の雰囲気に溶け込んでいます。

左手にもたれたハンドバックがナチュラルなカラーをコーデに追加していて相性抜群!

ヴィンテージアイテムに合わせるデザートブーツ

20160423185311561_500

By: wear.jp

デニムジャケット、チノパンツともにヴィンテージアイテムを組み合わせることでアメカジコーデになっています。クラシックなスタイルながらオーバーサイズのアイテムが秀逸。

シューズはクラークスのデザートブーツを着用。アメカジコーデにはスニーカーだと単一な雰囲気になってしまうのでスタイリッシュなブラウン系のデザートブーツが最適ですね。

ダークベースで揃えるおしゃれメンズコーデ

20151231233225190_500

By: wear.jp

ジャケット、タートルネックはナノユニバースのものを着用。パンツにはストライプが珍しいガウチョパンツを緩めに着こなしています。

ガウチョパンツは女性のイメージがありますが、男性でも靴下とシューズをうまく組み合わせるとメンズらしさを演出できます。シューズにはAIRWALKを着用。ソールがシャークソールですので、モードッチックなスタイルをつくれます。

足元で外すジャケットセットアップコーデ

20151005173436776_500

By: wear.jp

見えづらいですが、ペイズリー柄のネイビーセットアップを着用。インナーには同系色のスウェットを落とし込んでいます。単一色のコーデかと思いきや明るめのベージュのデザートブーツできちんとアクセントがつけられています。

デザートブーツに合わせるパンツは裾を曲げると全て見えてかっこいいですが、デッキシューズのような見せ方をしたい方は今回のコーデご参考にするといいですよ。

クラッシュデニムに同系色と異色を合わせる

20150917220950423_500

By: wear.jp

こちらはテイストミックスしたメンズコーデになっています。トップスにきれいめなブロックチェックシャツをあしらい、一方アンダーにはクラッシュデニムとウォッシュのかかったグレーのクラークスでヴィンテージ感を演出。

この二極化した雰囲気が型にはまっていなくて絶妙な味わいを生み出しています。

色の映えるメンズシャツを着こなそう

20140219203207098_500

By: wear.jp

単色になりがちなメンズコーデですが、たまには明るいアイテムを着用したいものですよね。今回のコーデはシャツ以外はシンプルな単色で統一。

ライトアウターにジップアップブルゾンを着用。シューズには同系色のベージュのデザートブーツでさりげない統一感を演出しています。ベージュは色を調和する役割があるので、明るい色を取り入れた方にはおすすめ。

デニムアイテムにはデザートブーツ!?

20151120210641325_500

By: wear.jp

多くのコーデでデニムパンツにデザートブーツを合わせている方が多いようです。今回もリーバイスのヴィンテージジーンズにクラークスオリジナルを着用。アンダーはアメカジ風に着こなし、トップは西洋カーボーイ風になっています。

UNUSEDやBEDJ.W.FORD などのドメスティックブランドを古着っぽく着用しているのがイマドキですね。

ハットとシューズに統一感を出すことでおしゃれさ倍増

20151023170238662_500

By: wear.jp

トップスやパンツはいたってシンプルなアイテムで構成されていますが、ロングブリムハットとベージュのデザートブーツでナチュラルな雰囲気を演出。

トップスもスキニーパンツもタイトなアイテムを着用しているので、ハットはつば広タイプのほうが全身のシルエットがよくなります。

20160217153558006_500

By: wear.jp

きどらない自然体なコーデが魅力的なメンズコーデ。トップスにはハイネックにニットを着用。インナーにはGDCの英字Tシャツ。シンプルながらきちんとおしゃれなポイントを押さえていますね。

なんといってもデザートブーツのAIRWALKがおしゃれ。ソールがシャークソールなので、デザイン性をプラスしたい時には最適なメンズアイテムですよね。

ベージュのダッフルコートがナチュラルな雰囲気を演出

20151111100843175_500

By: wear.jp

ユナイテッドアローズのオーバーダッフルコートを着用した冬コーデ。インナーのニットとも相性抜群。オフィスカジュアルを彷彿させるメンズコーデがツボ。

シューズには重くなりすぎないようにベージュカラーのデザートブーツを落とし込んでいます。

インディゴブルー色のデニム生地で秋をさきどろう

20160107112026324_500

By: zozo.jp

秋の定番になるメンズコーデをご紹介します。短めの丈感のダッフルコートにインディゴブルーのシャツとデニムパンツが落ち着いたスタイリングです。

足元にはソールがウッドのデザートブーツを着用。ソールのブラウンが目立っていておしゃれです。

ボーダーカットソーにシャツをレイヤード!

20140509123944787_500

By: wear.jp