そろそろ次世代型が望まれる理由。

アメリカ軍用ヘリの設計は1960年代から何十年も運用されています。なので、上の画像を見ると「エッ?ドローンじゃないの?」となってしまうくらい斬新なデザインに見えるわけです。それで、戦場に戦闘員を送り込むヘリコプターの新コンセプトが登場しています。今回、幾つかをご紹介しましょう。

シコルスキー/ボーイング社

アメリカ陸軍は多目的軍用ヘリのプロトタイプのために2社を選びました。そのうちのひとつがシコルスキー/ボーイング社。

上のコンセプト画像がSB-1 Defiantです。通常のヘリコプターの後ろのローターと違って、後ろ向きに付いてますね。プッシュプロペラと言うそうですが、このおかげでメインローターだけのヘリよりも速く飛ぶことができます。

ベル社

今度はベル社のコンセプトを見てみましょう。どこかで見たことないですか?そうです。日本配置で話題になったオスプレイそっくり。

ベル社のV-280 Valorはそのオスプレイをスリムにしたような感じです。最終目標として最高速度515km/hを想定しています。

V-280 Valorには3つのタイプがあります。人や物資の搬送用、救護用、そして攻撃用です。どちらのコンセプトにも実用化されている技術が搭載されるので、登場は本当に近い将来かもしれません。