これが急に転がってきたら逃げ出す自信がある。

果てしなく続く海岸線や海、川を警備するのは大変です。人や車は陸上しか動けないし、ボートや飛行機を出すのは手間がかかります。そこで海岸を警備すべく開発されているのがこのGuardbotです。

元々Guardbotは火星探査のために開発されたロボットでした。しかし火星行きの計画はうまく行かず、代わりに検討されているのが沿岸警備隊への転用です。球形のタイヤのようなロボットで、両端にドームカメラがついていて、ビデオ撮影とレーザー分光器による爆発物検査ができます。

Guardbotは陸と海のどちらにも使えます。陸なら6mph(時速約9.6km)、海なら3mph(時速約4.8km)とけして速くはないですが、その分バッテリーは8時間と長時間もちます。