日常を輝かせる、新たな光。

たとえば客先でのプレゼン。ホワイトボードのみの無機質な会議室で、バッグからプロジェクターをさっと取り出し、ビジュアルで強いインパクトを残す。はたまた、仲間と出かけた旅行。夜は日中に撮った画像や動画を宿で映し出し、上映会で盛り上がる――。

気軽に持ち運べるモバイルプロジェクターは、ビジネス、プライベートを問わず、いろいろな場面で活用できるお役立ちアイテム。一台カバンに忍ばせておけば、周りの人を「おっ!」と驚かせることができるでしょう。

一方で、プロジェクターの小型化が進んだ今、モバイルプロジェクターは珍しい存在ではありません。今回はそんなモバイルプロジェクター市場に新たに登場した新製品を紹介します。

コンパクトで持ち運び自在!

02_PR記事

「KG-PL032W」の一番の特徴は、その優れたモバイル性。114.5(幅)x30(高さ)x101.5(奥行)mmと、手の平に悠々と載せることができるサイズです。本体重量は240gで、iPhone 6sおよそ2台分。手にしっくりと馴染む形状とコンパクトさで、持ち運びは至極簡単。シンプルかつフラットなデザインもなかなか魅力的です。

プロジェクターとしての機能も申し分なし!

06_PR記事

プロジェクターを選ぶにあたって、まず気になるのは、投影した映像が鮮明に見えるかどうかです。「KG-PL032W」の輝度は、300ルーメン。暗所で美しい映像を100インチクラスの大画面で映すだけでなく、日中の明るい会議室でも、大画面テレビほどの大きさで映像を映し出すことができます。巨大なテレビはそう簡単には持ち運べませんが、「KG-PL032W」ならカバンの片隅に収めることができますね。

PR記事

また、HDMI端子を搭載しているので、高画質、高音質のブルーレイ再生はお手のもの。パソコンやゲーム機、レコーダーなどに簡単に取り付けられます。変換ケーブル一本で、iPhoneなどのスマートフォンのほか、タブレットにも接続OK。モバイル端末に保存したプレゼン資料や写真、動画を手軽に投影できます。電源オンから4秒で投影できる素早さもいいですね。

そして、「KG-PL032W」のもっとも注目すべき点が、300g以下のLEDプロジェクターとして国内で初めて、HD720Pでの投影が可能なこと。これまでの同等の重さのモデルは、HD480P以下の解像度がほとんどでしたが、「KG-PL032W」ではHD720Pの高精細な映像を楽しめます。動画をより鮮明な画質で満喫できるほか、プレゼンのスライドに記載された文字もくっきりと描写し、プライベートでも、ビジネスでも活用の幅がぐんと広がるでしょう。

外出先でも自宅でも活用。使い道は無限!

05_PR記事
さらに便利に使いたいなら、PL032W用のモバイルアダプター「KG-BT001」の利用がおすすめ。電源なしで約1.5時間連続駆動できるため、屋外でもしっかり楽しめます。取引先で「電源お借りできますか?」のひと言なしに、スマートに投影が始められるのもいいですね。

自宅でも、リビングでスマホのゲームをつなげて大画面で遊ぶのもよし、寝室の天井を映画スクリーンに変えるのもよし。「KG-PL032W」が一台あれば、あれこれ使い道が模索でき、夢が膨らみます。