スマホで音楽を聴く方が増えていますが、音楽専用プレーヤーとしてのMP3プレイヤーもまだまだ健在。音楽再生に特化した設計による高音質、機能性が魅力だからです。話題のハイレゾ音源にも対応する高性能機も増えています。最新のMP3プレイヤーの動向から、選び方とおすすめ機種をご紹介。これが2016年最新のMP3プレイヤーです。

2016年おすすめのMP3プレイヤー8選

ソニー(SONY) ウォークマン 16GB ハイレゾ音源対応 NW-A25

41EEm8ml0sL

商品価格 ¥ 21,390

幅広いライナップを誇るソニーのウォークマンのなかでも特に人気の機種。ハイレゾ再生(24bit/192kHzまで)に対応したウォークマンとして最もリーズナブルなことがポイントです。ハイレゾ音源に最適化した独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載することで、高音質と省電力を両立しています。重量約66gの軽量もさすがです。

MP3再生時に50時間ものロングバッテリーは大いに魅力。MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケールする「DSEE HX」機能も特筆ものです。Bluetoothにも対応しています。MP3を高音質かつスマートに楽しみたいなら真っ先におすすめ。本体16GBに加え、外付けmicroSDカード対応。

トランセンド(Transcend) MP3プレーヤー 耐衝撃 MP350

419bVn8LFFL

商品価格 ¥ 3,236

人気の定番MP3プレイヤー。トランセンドはリーズナブルなMP3プレイヤーを得意としています。ハイレゾファイルに対応はしませんが、ツボを押さえた堅実な設計と機能性が魅力です。本機は8GBの内蔵メモリ容量を搭載。わずか23gの軽量も魅力です。電池持続時間は12時間。IPX5という高い防水性能も特徴です。

耐衝撃性も優れています。外で雨に降られても心配ありません。FMラジオも搭載しているので、自前の音楽ファイルがなくても楽しめます。外で気軽に使えるタフなMP3プレイヤーとしてもおすすめ。

AGPtEK ロスレスサウンドMP3プレーヤー A02

41xSw7CCv6L

商品価格 ¥ 3,199

低価格帯で人気のMP3プレイヤー。本体に8GBのメモリ容量を搭載するのに加え、外部ストレージとして64GBまでのmicroSDカードに対応します。さらにWAV、FLAC再生に対応。ハイレゾには対応しませんが、この価格では立派と言えます。

わずか32gの軽量と70時間ものロングバッテリーも魅力です。語学学習に便利なAB間リピート機能も見逃せません。録音もできちゃうんです。これで3000円ちょっととは本当に驚き。ハイコスパでおすすめです。

グリーンハウス(green-house) デジタルオーディオプレーヤー kana DB GH-KANADB8

31CBV75QxAL

商品価格 ¥ 2,120

リーズナブルな小型MP3プレイヤーです。8GBメモリ容量を内蔵。再生対応ファイルはMP3とWMAとシンプルです。91(幅)×23(高さ)×29(奥行)mmで24gのコンパクトボディは持ち歩いても全く気にならないのがいいですね。単4形電池一本駆動も大きな特徴です。最近のMP3プレイヤーはほとんど内蔵充電池方式。出先で電池が切れたら充電は困難です。

乾電池式なら電源を確保しやすいですね。アルカリ電池で20時間の再生時間も十分なもの。2000円ちょっとの価格も手ごろです。お子さんへのプレゼントにもおすすめ。

AGPtEK 16GB MP3プレーヤー IMP

41sBv1eTjYL

商品価格 ¥ 7,950

16GBとやや多めの内蔵メモリ容量のMP3プレイヤー。アルミニウム合金を使用した外観はスタイリッシュで高級感があります。MP3に加え、WMA/WAV/APE/FLACなど多彩な音楽ファイルに対応します。さらに、24bit/48kHzまでのハイレゾファイルにも対応。この価格帯では異例です。

ウォルフソン社のDACチップ、高品位なオペアンプ、コンデンサーを使用するなど、高音質設計も大きな魅力です。電池持続時間は20時間。外部ストレージとして64GBまでのmicroSDカードにも対応します。ハイレゾデビューにもおすすめ。

フィーオ(FiiO) ハイレゾ対応ミュージックプレーヤー X1

41ihs6p4PfL

商品価格 ¥ 12,500

ハイレゾ対応のMP3プレイヤー。本体に8GBのmicroSDカードを内蔵し、最大128GBの交換に対応します。MP3に加え、APE/WAV/FLAC/ALAC/WMA/AAC/OGGなど多彩なファイルに対応。さらに、最大24bit/192kHzのハイレゾにも対応します。1万円程度のMP3プレイヤーとしては破格のスペックです。「PCM5142」DACチップほか、高品位部品の投入による高音質も大きな魅力。

ライン出力にも対応するので、据え置き機としても使えます。音質重視設計のため、電池持続時間は12時間です。ハイスペックなハイレゾファイルも楽しめるハイコスパMP3プレイヤーとしておすすめします。

アップル(Apple) iPod touch 32GB 第6世代

41-SwNzs4uL

商品価格 ¥ 30,564

MP3プレイヤーとして忘れてはいけないのはiPod touch。最新の第6世代の32GB機なら大容量で困りません。第5世代と比較してGPU能力が最大10倍、CPU能力が最大6倍に向上したという高性能も魅力。IPSパネルを採用した大型で高画質のディスプレイもポイント。音楽だけでなく、高品位な動画プレーヤーとしての比重も高まっています。

無線LANとBluetooth 4.1を内蔵する高機能で、バッテリー持続時間も音楽再生で最大40時間の長さもうれしいところ。幅広く楽しめるMP3プレイヤーとしておすすめ。

ソニー(SONY) ウォークマン 128GB ハイレゾ音源対応 NW-ZX100

41TCdINPXkL

商品価格 ¥ 63,276

ウォークマンの高級機。なんと128GBもの本体の大容量です。MP3なら容量不足で困ることはまずありません。アルミ素材の削り出しによるコンパクトボディも品位感に溢れます。多くのファイルに対応し、ハイレゾにももちろん対応。さらに、ハイレゾ対応機でも再生可能機種が少ないDSDにも対応します。最新、最高の音を楽しめますよ。

独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master HX」とMP3もハイレゾ並みの高音質で聴ける「DSEE HX」機能も装備します。MP3再生時で70時間のロングバッテリーも魅力。Bluetoothにも対応しています。高音質なウォークマンとしておすすめ。

MP3プレイヤーの選び方

予算を決める

517F+RO05HL

2016年現在、MP3プレイヤーは価格面では二極化しています。数千円程度のリーズナブルな製品か、数万円以上の高級機に分かれているんです。高ければ何でもいいというものではなく、使用目的と利便性、もちろん予算も考えたうえで適切な機種を選ぶことが大事です。今や空白価格帯とも言える1万円程度からのクラスでは、ソニーが目立つことも明記しておきます。

音質を取るか

51dyDxM9fWL

音楽プレーヤーに求められる重要な要素は音質です。一方、携帯型プレーヤーでは持ち運びしやすい軽量、コンパクトさと、電池持続時間の長さも重要です。かつてのウォークマン全盛時代では、高価な機種ほど高音質で、しかもコンパクト、電池持続時間も長いと、「高ければよい」というわかりやすいものでした。

ところが、現在のMP3プレイヤーでは、高価な機種であってもむしろ、サイズ、重量は大きく、電池持続時間も短いものが多いのが実情です。それは音質最重視のため。高音質のためには大掛かりな回路と大きな消費電力を必要とするという考えが主流だからです。

音質重視タイプは「DAC」、「オペアンプ」、「コンデンサー」、「アンプ方式」などへのこだわりを打ち出すものが多いのも特徴。これらに注目して選ぶのもいいですよ。

利便性を取るか

4113O3PXzpL

利便性に関して考えると、数千円クラスのMP3プレイヤーのほうが軽量・コンパクトで、電池持続時間も長い傾向です。利便性を追求するならこうした機種をおすすめします。

例外がソニーのウォークマン。さすがに軽量でも高音質を追求してきた歴史があるだけに、1-2万円クラスの主力機種では音質と利便性を両立しています。

なお、対応イヤホンでワイヤレス再生できるBluetooth機能は2万円以上クラスのMP3プレイヤーがおもに装備しているので、こだわる方はチェックしましょう。

内蔵容量重視か外部メモリでもOKか

51uu+AZtMcL

By: amazon.co.jp

MP3プレイヤーと言えば、内蔵容量を重視する方もいます。数GB程度ですと、すぐに満杯になってしますからです。余裕を持って本体に曲を収録するには8GB以上は欲しいところ。8GBあればMP3でCD50-100枚分の音楽が楽々入ります。

一方、最近のMP3プレイヤーは、microSDカードによる外部メモリでの容量追加に対応するものが増えています。それならば本体容量に縛られずいくらでも曲を増やせます。本体容量がゼロで、全て外付け対応という割り切ったMP3プレイヤーもあるので、外部メモリは使いたくない方は注意してください。

MP3以外の対応ファイルで選ぶ

41YBzPyFADL

By: amazon.co.jp

MP3プレイヤーといっても、実際には多くの音楽ファイル形式に対応するものがほとんどです。特に、一層の高音質で音楽を聴きたい場合には、CD同等の音質であるWAV、FLACファイルに対応して欲しいところ。さらに、CD規格を超えるハイレゾ規格に対応するMP3プレイヤーも増えています。

ハイレゾ規格とは、おおむね24bit/48kHz以上の音源を指します。再生対応するMP3プレイヤーはいまのところ1万円以上はします。ハイレゾへの対応の有無がMP3プレイヤーの一つの分かれ目です。