よりリアルなレーシングゲームを!

「Feel VR」は、一人称のレーシングゲームに特化したVRゲーム用コントローラーセットです。まるで本物の自動車を運転しているかのようなリアリティを強調しています。

自宅でも臨場感たっぷりのレーシングゲームが楽しめるなんて!

実車感覚のハンドル


レーシングゲーム用のハンドルは、モーターとハンドル可動軸がベルトでつながれています。

しかしFeel VRの場合は、ダイレクトドライブシステムを採用。回転を伝達するベルトをなくし、実車に近いトルクを再現しています。

また、ベルトシステムのハンドルとは違い無制限に回転させ続けることもできます。

ペダルも用意


そして実車の運転を再現するということは、当然ながらペダルも付属します。

チープなセンサー式ではなく、こちらも可能な限り本物に近づけた設計です。これをデスクの下に置きます。

もはや、ゲームセンターのレーシングゲーム筐体すらも凌駕しているかもしれません。

ゲームが本物に近づく日


本物のレーシングカーにはなかなか乗れないものですが、ゲームの世界なら問題ありません。とくにVRゲームは、日進月歩の勢いで進化しています。本物と見間違えてしまうようなゲームが、これから出てくる可能性もあります。

Feel VRはクラウドファンディング「Kickstarter」でプレオーダーを受け付けています。価格は1セット549ドル(約5万9000円)から。