最近ではタブレットやスマホなどのタッチパネル製品が増えたことにより、以前よりも直感的な操作ができる媒体が増えました。一方で、一度にたくさんのWebページを閲覧したり、写真を加工したり、文章を作成したり……PC処理をこなすとき、タッチパネルではまだまだ「思いどおり」にはいかないことが多いのも事実。今回はそのようなシーンで「思いどおり」の操作にこだわるPCユーザーに向けて、個性的なおすすめメーカーのワイヤレスマウスをご紹介します。

ロジクール(Logicool) MX Anywhere 2 ワイヤレス モバイルマウス

51FxoguIL9L._SL1285_

Darkfield(TM)レーザーセンサーにより、使う場所を選ばない優れもの。ガラステーブルでも操作に困らない性能には驚きです。手にほどよく馴染むすこし重めのマウスは、モバイルだけでなく普段使いとしてもオススメですよ。無線はLogicool社のunifying方式とBluetoothが使えます。

マイクロソフト(Microsoft) Arc touch Bluetooth Mouse

51Pk3Q85m+L._SL1500_
持ち運びやすさを追求した"タブレットマウス"です。普段は平らにしておき、本体を曲げてスイッチオン! というおしゃれで機能性に富んだギミックが魅力。Bluetrackテクノロジー搭載で、キメの粗い木材表面やカーペットなどでも快適に使うことができます。

ロジクール(Logicool) Ultrathin Touch Mouse T630

71ykKXw1RWL._SL1500_
Ultrabookとの併用をイメージして作られたマウスです。”Arc touch Bluetooth Mouse”と同様、持ち運びを意識していますが、これは初めから薄く曲がらないタイプ。またマウスポインタの移動、クリックや画面スクロールなどの操作はすべてマウスの上で行います。マウスとトラックパッドの中間のようなデザインですね。美しいフォルムにも注目。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Mouse

51dcOs4+gUL._SL1207_
”かわいい”デザインが目を引くマイクロソフト(Microsoft)社のマウス。ユーザーにとって最適な位置と角度にボタンが配置されています。使いにくそう? とお思いの方もご心配なく。人間工学に基づいて設計された左右非対象の形状はどんな人の手にもしっくりと、操作感はバッチリ。普段使いでも十分使いやすいコンパクトマウスです。

レーザー(Razer) Ouroboros

81m1iPt88xL._SL1500_
Razerはゲーマーからの評価が高いブランド。8200dpi 4Gレーザーセンサーを搭載します。ゲーマー仕様のマウスをここで紹介するのは何故? と意外に思うかも知れませんが、ゲーマーがマウスに求める精密さは一般ユーザーのそれ以上。普通のマウスで思いどおりにPCを操作できない! ともどかしい思いをされた方に是非オススメしたい製品なんです。

エレコム(Elecom) ワイヤレストラックボール M-T1DRBK

61l0xUZlO6L._SL1250_
PCで処理を行うとき、マウスを動かす手はかなり疲れますよね。これに対してトラックボールは手首をあまり使わず疲れにくいのが魅力。これはそうしたトラックボールの利点を活かしつつ、コンパクトな形状と高い機能性を兼ね備えています。操作や使用感にクセがある製品なので万人受けしませんが、一部のコアなファンも多い製品です。

ナカバヤシ ハイブリッド5ボタンBLUE LEDマウス MUS-SKF104

61gT-lRjTIL._SL1000_
このマウスの特徴はワイヤレスマウスとしてのシンプルな機能性を追求している点です。最大のポイントは機能が多いマウスにありがちな「ドライバー」のインストールを必要としないこと。これによって複数のPCでの利用、すなわち「PCの行き来」が気軽にできるようになります。無線仕様もBluetoothと自社規格の2つが使えるので安心です。