タブレットと一口に言っても、ゲームやアプリを快適に楽しめるものから、ビジネスユースで使えるマルチタブレットまで、たくさんの種類があります。今回は、WindowsとAndroidの2つのタイプのタブレットを徹底比較してみました。タブレットを選ぶ上で、おさえて置きたいポイントや注意点も分かりやすく解説するので、参考にしてみて下さい!

タブレットの選び方

使う用途で選ぶ

person-801823_640

タブレットは、使う用途によってそれぞれ選ぶ製品が違ってきます。ゲームや映画などを楽しみたい方には、視野角に優れたIPSパネルや、きれいな映像を得意とする有機ELパネルを搭載したタブレットがおすすめ。動画やウェブサイト、SNSなどを軽くチェックする程度の方は、それほど高いスペックが必要ないため、1万円以下で購入できる低価格タブレットがおすすめ。

そして、ビジネスユースで使いたい方には、ノートパソコンのようにして使える、着脱式キーボードがセットになったものや、1回の充電で長時間使えるロングバッテリーを搭載したタブレットがおすすめ。

CPUで選ぶ

cpu-424812_640

タブレットで処理の重い作業をする際に、重要になってくるのがCPUと呼ばれる装置で、人間でいう頭の部分になります。パソコン同様、タブレットのほとんどにはIntelもしくはAMD社のCPUが搭載されています。タブレットのCPUはパソコンのものほど幅はありませんが、このCPUの性能が高ければ高いほど、高度な処理が可能になるのため、重い3Dゲームやマルチタスクなどを行う方は注意して選んでみて下さい。

CPUの性能は、クロック数やコアの数で手軽に確認することができます。基本的には、CPUの名前の後ろに表記されている、GHzの数値が大きければ大きいほど、コアの数が、デュアルコア、クアッドコアなど、多ければ多いほど高性能になります。

メモリーで選ぶ

computer-memory-857098_640

メモリーとは、簡単に説明すると、作業できるスペースのことで、一度にたくさんのアプリを起動する方や、タブレットをサクサク快適に使いたい方は、とても重要なパーツになってきます。一般的な使い方であれば、基本的には2GBのメモリーを搭載していれば、快適に使うことができ、マルチタスクや複数のアプリを同時に立ち上げるような使い方をする方には、4GB以上のメモリーを搭載したタブレットがおすすめ。

なお、1万円以下で購入できる格安タブレットになると、メモリー容量が1GBや512MBと非常に少なく、一般的な使い方でも、動作がもたつく可能性があるので、安いからと言う理由だけで選ばずに、しっかりとメモリー性能もチェックしましょう。

ストレージで選ぶ

hdd-1273984_640

ストレージとは、写真や動画、音楽などのデータを、保存しておくスペースのことで、たくさんのデータを取り扱いたい方は、非常に重要なパーツになってきます。パソコンと違って、タブレットは軽量コンパクトな作りになっているので、それほど容量の大きいストレージは搭載されていませんが、基本的には、64GB以上のストレージであれば、容量不足に悩む必要なく、快適に使うことができます。

なお、ストレージの種類には、HDD、SSHD、SSDなどの種類があり、コストパフォーマンスで選ぶならHDD、コスパと性能のバランスで選ぶならSSHD、性能重視の方には、SSDがおすすめ。ちなみに、最近のタブレットのほとんどは、SDカードやUSBメモリなどの外部メディアに対応しているので、万が一、ストレージ容量がいっぱいになっても、手軽に拡張することもできますよ。

画面サイズで選ぶ

ipad-820272_640
タブレットの画面サイズは、スマートフォンよりも少し大きい7・8インチ、適度な大きさで小さな文字もハッキリと読める9・10インチ、大画面で迫力のある映像が楽しめる10インチ超の、3つのタイプがあります。

7・8インチタイプは、軽量コンパクトで携帯性に優れているので、外出先や電車などの移動中での使用におすすめ。9・10インチタイプは、携帯性&機能性のバランスに優れているので、いろいろな用途や環境で使いたい方におすすめ。10インチ超は、大きさ・重さがある程度あるため、外出先での使用にはあまり向いていませんが、その分、大迫力の映像を楽しむことができるので、ゲームや映画などを楽しみたい方におすすめですよ。

解像度で選ぶ

e-book-1209040_640

タブレットの画面は、大きければ文字が見やすいということではなく、解像度の高さもポイントになってきます。基本的には、解像度が高くなるほど、高精細に表示することができるので、小さな文字をハッキリと読みたい方や、写真や動画をきれいな画質で楽しみたい方は、しっかりと確認してみて下さい。

目安として、SNSやウェブサイトを見たりする程度であれば、1280×800ドット、写真や動画などを高画質で楽しみたいなら、1920×1080ドットに対応したタブレットがおすすめ。

OSで選ぶ

tablet-600649_640

タブレットを選ぶ上で重要になってくるのがOS選びです。OSの種類によってタブレットの特徴が違ってくるので、選ぶ際には、使う用途やスタイルをしっかりと踏まえて、自分に合ったOSのタブレットを選ぶようにしましょう。

OSそれぞれの特徴として、Androidは、いろいろなメーカーのタブレットに搭載されている比較的メジャーなOSで、プライベートからビジネスユースまで、幅広く使えるのがポイント。価格も手頃なものが多く、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめ。

一方で、Windowsは、パソコンのソフトウェアをそのまま使うことができるので、タブレットとしてだけでなく、ノートパソコンとして使いたい方におすすめ。ワードやエクセルなどのビジネスソフトが充実しているのは魅力的ですね。ビジネスユースでの使用におすすめです。

耐久性・防水で選ぶ

Z3_Tablet_Compact_001

By: sony.jp

タブレットを水まわりや屋外で使う予定の方は、耐久性や防水性能もしっかりとチェックしてみて下さい。選ぶ目安として、キッチンやバスルームなどで使うならIPX5防水規格に対応したタブレット、屋外の過酷な環境で使うならIPX8防水規格に対応したタブレットがおすすめ。なお、画面のキズつきにくさや、割れにくさで選ぶなら、ディスプレイにゴリラガラスを搭載したタブレットがおすすめですよ。

メーカーで選ぶ

skyscraper-825546_640

タブレットは、メーカーによって、種類や特徴がさまざまなので、選ぶ際にはメーカー選びにも注意してみて下さい。それぞれのメーカーの特徴として、耐久性や防水性など、タフネス設計でタブレットを選ぶならパナソニック、性能の高いスペック重視のタブレットならマイクロソフト、コストパフォーマンスに優れたタブレットならエイスースやレノボのタブレットがおすすめ。

また、性能だけでなく、購入後のアフターケアやサービスでタブレットを選ぶなら、東芝やNECなどの国内ブランドがおすすめですよ。

便利な機能で選ぶ

ipad-632394_640
似たような性能やデザインでタブレット選びに迷ったら、便利な機能で選ぶのもいいでしょう。例えば、ソニーが販売するタブレットには、家庭用ゲーム機PS4をリモートプレイできる便利な機能や、フルセグチューナーを搭載した、どこでもテレビが楽しめるものまで、いろいろな機能がついたタブレットがあるので、タブレット選びの際には、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

おすすめのWindowsタブレット

レノボ(Lenovo) YOGA Tablet 2 AnyPen 59435795

41bS+MwLjyL

商品価格 ¥ 25,800

4つのスタイルに合わせてスタンドを使い分けることができるマルチタブレット。立てて使ったり、吊るして使ったり、いろいろな使い方ができます。なお、ディスプレイには、レノボ独自のAnyPenテクノロジーを採用。いつも使っているボールペンを使って、紙に書くような感覚で自由に書き込むこともできゃいます。

マイクロソフトオフィスが標準で付いてくるのも魅力的ですね。プライベートはもちろん、ビジネスユースでも使用にもおすすめですよ。

マウスコンピューター(MouseComputer) LuvPad WN1100

41E+gfVUwbL

商品価格 ¥ 17,500

ストレージに処理速度の早い128GB SSDを搭載したマウスコンピューターのタブレット。ゲームやアプリをサクサク快適に楽しむことができます。また、ディスプレイには、視野角に優れたIPSパネルを採用しているので、どの角度から見ても、きれいな映像が楽しめるのもポイント。

解像度は、1920×1080ドットのフルHD。ウェブサイトや電子書籍の小さな文字でも、ハッキリと読むことができますよ。さくさく高画質を楽しみたい方におすすめのタブレットです。

Ployer Windowsタブレット MOMO7W

41LBPglDJTL

商品価格 ¥ 8,536

コストパフォーマンスに優れたタブレット。わずか8000円弱で購入することができます。とにかく安いタブレットが欲しい方におすすめ。格安タブレットながら、miniHDMIポートを搭載しているので、自宅のテレビやモニターに繋いで、大画面で映画やゲームを楽しむこともできます。ただし、価格が安い分、メモリーや解像度のスペックが若干低めです。処理の重い作業をする方は、注意が必要。

マイクロソフト(Microsoft) Surface 3 MSSAA2

613--ZITf3L._SL1000_

商品価格 ¥ 99,700

とにかく高性能なWindowsタブレットが欲しい方におすすめのSurface 3。CPUにはAtom x7-Z8700 1.6GHzを採用、メモリは4GB、ストレージは128GBと、タブレットとしてはかなりのハイスペックな部類に属します。SIMフリー機種なので、最近流行りの格安SIMを使って外出先でも快適に作業が行えますよ。

CHUWI X Hi12 ROP1631468068269IK

41XyycwsWvL

商品価格 ¥ 32,900

性能・価格のバランスが取れたWindowsタブレット。Intel Cherry Trail T3 Z8300の高性能CPUに加えて、4GBの大容量RAMを搭載しているので、ゲームやアプリをストレスなくサクサク楽しめます。さらに、ディスプレイには、2160×1440ドットの高解像度パネルを採用。きれいな映像が楽しめます。これだけの高性能にも関わらず、わずか3万円弱で購入できるのもおすすめのポイント。

おすすめのAndroidタブレット

オンダ(ONDA) V919 Air CH V919AIRCH-DB

51dutalvHYL

商品価格 ¥ 27,600

ワンタッチでAndroid・Windowsの2つのOSを切り替えることができるタブレットです。プライベートではAndroid、ビジネスではWindowsのようにして、気軽に使い分けることができちゃいます。なお、2つのOSを搭載しているにも関わらず、わずか2万円台で購入することができるので、コストパフォーマンスにこだわりたい方にもおすすめ。

バッテリーには、7200mAhの大容量バッテリーを採用。充電不要で1日中使うことができますよ。

エイスース(ASUS) ZenPad 10 Z300C-BK16

51+ncz6e+ML

商品価格 ¥ 24,200

エイスース独自の映像技術ASUS VisualMasterを採用し、まるでテレビ画面を見ているかのような精細な表現実現したタブレット。さらに、映画館のような迫力のあるサウンドが楽しめるDTS-HD Premium Soundを搭載しているので、従来のタブレットよりも、映画やゲームを快適に楽しむことができます。カラーはシルバー、ブラック、ホワイトの3色展開。

Colorfly G708 3G Octa

41yx6RxeixL

商品価格 ¥ 11,500

タブレットを自分好みにカスタマイズした方におすすめのRoot権限取得済みタブレット。一般的なタブレットではアクセスすることのできない、コアシステムにも簡単にアクセスすることができ、自分好みにシステムを書き換えることができちゃいます。

なお、SIMフリーに対応しているので、Wi-Fi環境がない屋外でも高速データ通信を快適に楽しむこともできます。ちなみに、1万円弱で購入することができるのも魅力的。安いタブレットが欲しい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) Xperia Z3 Tablet Compact SGP611

41u-lU+OE1L

商品価格 ¥ 48,800

軽量コンパクトなソニーの防水タブレット。IPX5/8の防水性能や、CDより高音質な音が楽しめるハイレゾ音源に対応しているにも関わらず、重さ270グラム、薄さ6.4mmと軽量コンパクトなので、長時間使っていても、手が疲れることなく快適に使うことができます。

なお、約15時間動作するロングバッテリーを採用しているので、外出先での使用も快適。ソニーが販売する家庭用ゲーム機PS4のリモートプレイにも対応。場所を問わずにどこでもゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

マウスコンピューター(MouseComputer) LuvPad AD707TV

31gCn4wHLXL

商品価格 ¥ 10,110

フルセグチューナーを搭載したタブレット。ワンセグ放送よりもきれいな映像を実現したフルセグ放送に対応しているので、場所を問わずにどこでもきれいな映像でテレビが楽しめます。また、防水にも対応しているので、キッチンやバスルームなどの水まわりでも心配ありません。

なお、本体にはMCXコネクタが搭載されているのもうれしいポイント。テレビ電波が弱い室内でも有線接続で快適にネットサーフィンができます。