グラフィックボードは、高画質な動画やPCゲームなどの魅力を余すことなく堪能するための重要アイテム。VRヘッドマウントディスプレイが注目される今、グラフックボードにも大きな関心が集まっています。

今回は、VRとともに注目のPCパーツであるグラフィックボードの性能を徹底比較! そして、その選び方と使うシーンに合った、2016年おすすめのグラフィックボードをご紹介します。 

グラフィックボードとは

81gttp5jo9l-_sl1500_

By: amazon.co.jp

グラフィックボードとは、一言で言えば「画像をディスプレイに映すためのパーツ」のこと。ディスプレイが画用紙だとすれば、絵を描く人がグラフィックボードです。画面にどれだけ高精細で綺麗な絵を表示できるか。そして、立体的でリアルな映像をより滑らかに再現できるか。これらは、グラフィックボードの性能に大きく左右されます。 

それだけに、グラフィックボードは欠かせない重要なパーツ。3D描画を多用したオンラインゲームや動画編集など、PCで高度なグラフィック処理を快適に行います。

オンボードグラフィックスがあるのに何故グラフィックボードが必要なのか?

technology-computer-chips-gigabyte

普通のPCでは、マザーボードやCPUなどにグラフィックボードにあたる機能「オンボードグラフィックス」が搭載されています。グラフィックボードがなくても、PCとディスプレイを接続するだけで画像が表示される仕組み。

最近は、CPUにGPU機能を統合したものが主流。インテルのIntel HD GraphicsやAMDのAPUがあり、ライトなPCゲームやYouTubeなどの動画再生、そしてWeb閲覧程度なら、充分な処理能力があります。

しかし、3DCGを多用したPCゲームや、4Kなどの高精細画像の再生のような、高度なグラフィック機能を要求される場合はそうもいきません。「オンボードグラフィックス」では処理速度不足。そのため、画像が荒くなったり、動画再生しても滑らかに動かず、カクカクしてしまいます。

PCゲームや動画編集など、高い負荷が掛かる高度なグラフィック処理。それを快適にするには、画像データーを専門に処理する、高性能なグラフィックボードが必要です。グラフィックボードが、ゲーミングPCやクリエーター向けPCの、必須アイテムと言われる理由がそこにあります。

グラフィックボードを搭載することで得られる恩恵

carbide_400c_07

By: corsair.com

グラフィックボードから得られる恩恵は、大きく4つ。まずは、CPU本来の処理能力をフル活用できる点。画像の処理が、CPUから切り離されグラフィックボード側で行うからです。次に、本来のメモリ性能をシステム側で使えるので、処理スピードが早くなる点。これは、オンボードグラフィックスのように、ビデオメモリとしてメインメモリの帯域が使われないためです。

さらに、PCゲームや3DCGなどの高負荷な画像データでも、高精細なグラフィック描写が可能に。リアルタイム処理が可能なため応答が速いからです。最後は、動画再生支援機能。非力なCPUでも、コマ落ちのない滑らかな動画再生できます。

PCも人と同じです。作業を全て1人でするより、2人で役割分担すると、効率的に作業ができます。それにより、質の高いものが提供可能となります。

CADやCG制作におすすめのグラフィックボード

エルザ(ELSA) NVIDIA Quadro K620 EQK620-2GER

quadro_k620_011

商品価格 ¥ 21,458

NVIDIA Quadro K620搭載のプロフェッショナル向けグラフィックボード。エントリーモデルですが、GPUの作業負荷に応じて最適なパフォーマンスを引き出すNVIDIA GPU Boost機能を搭載。また、30bitカラー出力及びQFHDの超高解像度出力を可能にするDisplayPort1.2をサポートする実力派です。

CADやCG創作を本格的にやってみたいとお考えの方に、おすすめのグラフィックボードです。

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) FirePro W4100 FPW41LP-2GER

41rkwvvadpl

商品価格 ¥ 36,959

こちらは、AMD FirePro 3D GraphicsシリーズのCADや映像、アニメーション作成などに最適化されたグラフィックボード。ロープロファイルタイプでありながら、最大4画面出力可能です。鮮やかで忠実な画像表現能力と、滑らかで高品位なHD動画再生を可能にする、Avivoテクノロジーを搭載。クリエイターの厳しい要求にも対応できるのでおすすめです。

エルザ(ELSA) NVIDIA Quadro K1200 EQK1200-4GER

41edjfuzjjl

商品価格 ¥ 41,469

NVIDIA Quadroシリーズの、クリエータ向けロープロファイル専用グラフィックボード。3D CADやCG、映像編集に優れたパフォーマンスを発揮するQuadro K1200 GPU。そして、高速4GB GDDR5メモリを組合せています。高負荷の作業も余裕ですよ。

コンパクトながら4系統のMini DisplayPort 1.2を搭載し、マルチモニターに対応。また、複数画面を1つの大きな画面として扱える、VIDIA Mosaicテクノロジーも大きな魅力です。より快適な3D CADやCG、映像編集の作業環境を求めている方におすすめのグラフィックボードです。

ゲームにおすすめのグラフィックボードNVIDIA GeForceシリーズ

ゾタック(ZOTAC) Geforce GTX 1060 ZTGTX1060-GD5STD/ZT-P10600A-10L

41aywd6abzl

商品価格 ¥ 28,672

最新のGTX 1060を搭載したグラフィックボード。約174mmのショートボディで小型PCに最適です。4画面出力やリアルな映像を提供するGameWorksにより、ゲーミング環境に必要な機能も充実。VR Readyで最新のVRデバイスも、プラグアンドプレイで対応するのも魅力です。

手軽にVR体験をはじめるなら、おすすめのグラフィックボードですよ!

エイスース(ASUS) R.O.G. STRIXシリーズ STRIX-GTX1070-O8G-GAMING

41bo-jxlryl

商品価格 ¥ 53,367

マザーボードで有名なエイスース。R.O.GシリーズのGTX1070搭載、ゲーマー向けグラフィックボードです。特徴は、R.O.G.ロゴが光りPCケース内を演出するイルミネーション機能。

機能面では、30%強力な冷却性能と3倍静寂性を実現した、エイスース独自のDirectCU IIIクーラーを備えています。また、GPUに独自のOCを施した徹底的なチューニングで、最高のパフォーマンスを発揮。VRにも対応しているので、とことん楽しみたいゲーマーにおすすめです。 

エムエスアイ(MSI) GeForce GTX 1080 SEA HAWK X

41k8kfmre6l

商品価格 ¥ 99,777

リファレンスGTX1080基板にCorsairの開発した、簡易水冷ハイブリッドクーラーを搭載。ハイスペックグラフィックボードのスペシャルモデルです。GPU用の水冷機構とメモリ・VRAM用の空冷機構の組合せによって、究極の冷却性能とGPUの能力を引き出します。

また、多彩なゲーミングに対応するMSI GAMING APPにより、PCの主要コンポーネントが高性能を発揮できるようにコントロール。4Kの高解像度でも快適にゲームが楽しめます。最高の4K画像とVRに対応したゲーミング体験ができるグラフィックボードです!

ゲームにおすすめのグラフィックボードAMD Radeonシリーズ

エムエスアイ(MSI) Radeon RX 480 GAMING X 8G

51myxroj86l

商品価格 ¥ 31,466

最新のRX 480を搭載したゲーミンググラフィックボード。定評の高いMSI独自の「Twin Frozr VI」を採用しており、冷却性能と高い静音性を実現。専用のGAMING APPでGPUの性能を引き出す設定を、細かくコントロールします。高品位なゲーム体験ができるCrossFireを用いたマルチGPUにも完全に対応しています。

ゲームも楽しみたいけど、やはり4K画像を美しく楽しみたい方に、おすすめしたいグラフィックボードです。

サファイア(Sapphire) NITRO+ RADEON RX 480 SA-RX480-8GD5NOC001

51bpct0dfjl

商品価格 ¥ 35,548

Radeon搭載グラフィックボードでは定番のサファイア。人気のNITRO+のRX 480搭載ゲーミングモデル。大型の静音ファンと、独自のラジエーター設計を採用したDual-X冷却、NITRO Boost機能によって、ポテンシャルを引き出します。メモリは最新のGDDR5 8GBで、重たいPCゲームも快適に楽しめます。

Radeon搭載グラフィックボード選びで迷ったときは、定番のサファイアNITRO+がおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) AMD RADEON RX480 GV-RX480G1 GAMING-8GD

614v883vjl-_sl1192_

商品価格 ¥ 37,680

セミファンレス仕様のGIGABYTEオリジナルクーラー、WINDFORCE 2X Cooling systemを搭載したオーバークロックモデル。カスタマイズ可能なLEDイルミネーション機能やメモリ8GB搭載など、ゲーミンググラフィックボードのツボをおさえた作りは優秀です。

他社のOCモデルに比べるとブースト幅は大きくありません。ただ、ゲーミンググラフィックボードにありがちな不安定さがなく、おすすめです。 

安いけど高性能なおすすめグラフィックボード

玄人志向 RH5450-LE1GB/D3/HS

41kuennhpzl

商品価格 ¥ 3,280

YouTubeやニコニコ動画のようなコンテンツを見ている時に、動作が不安定でお悩みの方におすすめ。手頃な価格でPCのグラフィック性能をアップできる、こちらのグラフィックボードです。Radeon HD5450と古い世代のGPUですが、最新のWindows10にも対応しているので、安心できます。古いPCの有効活用をお考えの方にもおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GT710 1GD3H LP

51myjy21nrl

商品価格 ¥ 3,709

PCでゲームをしないけど、やはり、今話題の4K画像を堪能したい方におすすめのグラフィックボードです。4,000円以下の手頃感でありながら、最新のGEFORCE GT710を搭載。DirectX 12やOpenGL 4.5もサポートしているので、基本性能は文句なし。内臓グラフィックからのアップグレードにもおすすめのグラフィックボードです。

グラフィックボードは外付けもできる

誰もが一度は「ノートPCでもグラフィックボードを増設できたらいいのに…」考えるはず。日本ではあまり知られてはいませんが、アメリカでは、eGPUと言われるグラフィックボードを、ノートPCで使えるようにするのが、自作マニアの中でトレンドです。そこで今回、日本でもeGPUできるアイテムが販売されているので、少しご紹介いたします。 

AKiTiO Thunder2 PCIe Box by Akitio

41r5pqkuxzl

商品価格 ¥ 57,206

Thunderbolt 2経由でPCIe スロット1基を増設する拡張ボックス。対応OSがMac OS 10.9以降です。PCにThunderboltコネクタ搭載が必要。Windowsはサポート外です。PCIe(x16)スロットは最高25Wまでの給電能力しかないため、グラフィックボードは一切サポートされません。

日本での販売はありませんが、WindowsPCに対応したAKiTiO Thunder3 PCIe Boxがリリースされています。Thunderbolt 3経由でPCIe スロット1基を増設する拡張ボックス。しかし、こちらもPCIe(x16)スロットは最高25Wまでの給電能力しかないため、グラフィックボードは一切サポートされません。

PE4C-EC060A v3.0

41vjoub8g2l

商品価格 ¥ 14,980

こちらは、ExpressCard対応PCIe X1 Gen3接続X16スロット用外部アダプタとして、グラフィックボードにも対応しています。実際に運用するには別途300W位のATX電源ユニットが必要。付属のPCIe8ピン電源Yケーブルを利用し、グラフィックボードの補助電源への電源供給にも対応が可能。なので、消費電力が高い高性能グラフィックボードでも大丈夫です。

グラフィックボードの2大メーカー

NVIDIA

feature3-interactive-titan-black-demo

By: nvidia.co.jp

エヌビディア(NVIDIA)は、PCのグラフィックス処理や演算処理を行うGPUの開発メーカー。ゲーミングPC向けのグラフィックボードの定番、GeForceシリーズが有名。他にも、クリエーター向けPCや、ワークステーションに搭載される、Quadroシリーズも販売しています。最近では、タブレット端末向けのSoCであるTegraシリーズの開発も。

AMD

radeon-300-r7-banner

By: amd.com

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は、もともとインテルx86互換CPUや、自社64ビット技術のAMD64対応CPUの開発メーカー。後にATI Technologiesを吸収合併。そして、その技術を元にAPU(CPUにオンボードグラフィックを統合したチップ)やグラフィックボードを開発しています。

NVIDIAのGeForceシリーズと人気を二分する、ゲーミングPC向けグラフィックボードのRadeonシリーズ。そして、クリエーター向けグラフィックボードのFireProシリーズが有名です。

人気を二分するグラフィックボードNVIDIA GeForceとAMD Radeon

NVIDIA GeForceとAMD Radeonの特徴とその魅力

NVIDIA GeForceは、数多くのゲーム制作現場で使用されています。そのため、ゲームの動作推奨グラフィックボードとして指定されることが多いです。ほとんどのゲームタイトルは問題なくプレイできる安心感と、ドライバの更新頻度も高く、安定して動作する点が大きな特徴。

GeForceはRadeonと比べ、高精細な3D描写が特に優れています。人物や背景などの細やかな表現が得意。その他、DirectXと相性がよく、性能を最大限に発揮できる点も、PCゲーマーに支持されている理由です。

AMD Radeonは、動画再生技術に特化したグラフィックボードです。特に表現が難しいとされる、物体の光が当たってる場所や、陰影の処理が得意。高い画像表現力に定評があります。3D描写性能も高く、XboxやWiiなどのゲーム専用機にも採用されている実績があります。

その他、独自機能としてAMD APUとRadeonを同時使用。グラフィック性能を向上させるDualgraphic機能があるのも大きな特徴です。また、同スペックであれば、Radeonの方がコストパフォーマンスが高いところも魅力です。

グラフィックボードの性能比較ポイント

製品型番の読み方から性能を見分けるNVIDIA GeForceシリーズ

71dryx5buul-_sl1500_

By: amazon.co.jp

NVIDIA GeForceシリーズの場合、GeForce GTX 1080であれば、GTX (シリーズ内のグレード) 10 (シリーズ) 80 (シリーズ内の相対性能)というように意味づけされています。

まず、シリーズ内のグレードとは、GTX (ハイエンド)、GTS/GT (ミドルレンジ)、そして無印 (ローエンド)と能力のランクを意味します。シリーズは、この数字の大きいほど新しいです。そして、シリーズ内の相対性能は、数字が大きいほど高性能を意味します。

製品型番の読み方から性能を見分けるAMD Radeonシリーズ

product_2_20160629150947_5773743bbd201

By: jp.msi.com

AMD Radeonシリーズの場合、RADEON R9 390Xであれば、R (シリーズの世代) 9 (シリーズ内のグレード) 3 (シリーズ) 90 (シリーズ内の相対性能) X (同系型番中の相対性能)、というような表示ルールがあります。

シリーズ内の世代は、RX・R・HD・X・無印と記号で表し、最新はRXです。シリーズ内のグレードは、この数字が大きいほど高速ということ。シリーズは、数字が大きいほど新しいということ。そして、シリーズ内の相対性能は、数字が大きいほど高性能。最後に、同系型番中の相対性能は、Xのような記号が付くと、高性能を意味します。

グラフィックボード製造メーカーの特徴で比較する

 

pexels-photo-57007

先ほど、NVIDIA GeForceとAMD Radeonについて触れました。GPUエンジンを提供しているのは、この2社だけ。そのため、グラフィックボードの製造メーカーが異なっても、性能的には変わりません。実際は、グラフィックボードの製造メーカーによって、カスタマイズされている部分で異なります。

カスタマイズされている部分では、OC(オーバークロック)定格の周波数よりも高い周波数で動かし、処理スピードを上げます。また、画像データを多く取り込めるように、ビデオメモリーも強化。さらに、静音ファンや簡易水冷機能を搭載するなど、メーカー独自の個性を出しています。

同じGPUエンジンを搭載しているモデルであれば、カスタマイズされている部分を比較しましょう。用途に最適なグラフィックボードを見つけやすくなりますよ。

eGPUの環境構築には、PCに対する知識と技術が必要

eGPUは、もともと拡張性能に乏しいノートPCでグラフィック性能をアップさせる強引な発想です。なので、パーツをただ組み立てるだけでは機能しないことが大半。BIOS上で認識されないケース、PCの動作が不安定となることや、マザーボードとの相性問題も多いです。

また、グラフィックボードの外付け化に成功しても、現時点では、グラフィックボードの性能をフルに使えるわけではありません。ただ、相応のPC知識と技術が必要ですが、DIY感覚でeGPUの環境構築にチャレンジするのも楽しいかもしれませんよ。