最近はカフェなどでよくノートパソコンを使っている人を見かけますが、外よりも自宅でパソコンを使うことの方が多い場合は、やはりデスクトップパソコンが便利です。画面サイズが大きいものやメモリ、ストレージが大きいものなどさまざまなタイプのデスクトップパソコンが販売されています。

今回はデスクトップパソコンの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

2016年人気のデスクトップパソコン

デル(Dell) デスクトップパソコン Inspiron 3250

81HseNCvI9L._SL1500_

商品価格 ¥ 89,980

Office入りのデスクトップパソコンです。購入後すぐに、エクセルやワードなどを使用できます。CPUは、「Core i5」搭載しており、速度も3.3GHzとサクサク。快適な動作で作業ができます。ハードディスク容量も1TBあり、ある程度のデータは溜め込んで管理可能です。スペックは高いのに、値段が10万以内が人気の理由。

オールラウンダーに使えるデスクトップパソコンをお探しの方におすすめです。

アップル(Apple) iMac ME086J/A

61lSZ09f5ZL._SL1280_

商品価格 ¥ 137,240

ハイスペックなデスクトップパソコン。グラフィック性能が高く、サクサクと動作します。メモリは8GB、ストレージは1TBと大容量。iTunesなども入っているため、iPhoneを使っている人にとっては互換性が高く、便利に使えます。OSは「Mac OS X」ですが、Windowsに変えることもできるため、どうしてもMac OSに慣れられなかった人にとっても便利です。

富士通(FUJITSU) FMV ESPRIMO DHシリーズ FMVWWD2S7H_Z094

41mQBrKJdyL

商品価格 ¥ 121,980

Core i7のCPUを搭載しているため、少し重い処理でも快適に動作します。液晶からキーボード、マウスまで付属するため、コスパ最強のデスクトップパソコンです。届いたその日から作業を進めることが可能。また、保証期間も1年間あるため、安心ですね。デスクトップパソコンを初めて買う人でも、最初から色々付いてくるため、おすすめです。

デル(Dell) XPS デスクトップパソコン ミドルタワー XPS 8900 16Q31

71Kq0FGacfL._SL1500_

商品価格 ¥ 118,980

「Geforce GT730」と呼ばれるグラフィックボードを使用しています。「Geforce」シリーズのグラフィックボードはハイスペックなものが多く、今回使用されているグラフィックボードもハイスペックです。そのため、美しい映像美を堪能できます。映画などのエンタメコンテンツをパソコンで楽しみたい人におすすめです。

また、画像処理や動画処理などをする人にとってもおすすめ。最適な環境下で作業ができますよ。

エイサー(Acer) デスクトップパソコン Aspire AT3715-H58F/G

510ulVvMMTL._SL1000_

商品価格 ¥ 119,500

発売当時、最新のCPU「Core i5」を搭載しているため、サクサクと動作します。普段使いはもちろんのことゲーミング用としても使うことが可能です。ファイナルファンタジーXIV推奨のデスクトップパソコンのため、ファイナルファンタジーを楽しみたい方には特におすすめ。超ハイスペックグラフィックボード「GeForce GTX950」を使用しているため、美しいグラフィックを楽しめます。

良いパーツを搭載している分、少々値段が張りますが、期待に応えてくれるデスクトップパソコン。SDカードのスロットやDVDスロットなども付いているため、便利に使うことができますよ。

エイスース(ASUS) デスクトップパソコン K20CD-I76700

41EXfJruNoL

商品価格 ¥ 86,800

4Kコンテンツを楽しみたい方のために、4K出力に対応しています。さらに、「ASUS SonicMaster」技術を採用しているため、臨場感あるサウンドを堪能できます。普段使いだけではなく、動画鑑賞や映画鑑賞でも楽しめるデスクトップパソコンです。また、こちらは、4Kなどの重いデータを素早く転送できるよう、「USB3.0」に対応。スムーズにデータ転送ができます。

ハイスペックなのに、10万円以下という価格も魅力的。コスパ最強のデスクトップパソコンをお求めの方におすすめです。

2016年ゲームにおすすめのデスクトップパソコン

イイヤマ(iiyama) LEVEL∞ ゲーミングパソコン

81c6MWC68eL._SL1500_

商品価格 ¥ 260,580

ハイスペックなパーツをふんだんに使った超ハイスペックパソコン。480GBのSSDを搭載しているため、重いゲームのダウンロードでもスムーズに終わります。グラフィックボードは「GeForce GTX1080」を使用。発売当時、最強のグラフィックボードです。そのため、グラフィックにこだわっているゲームでも、美しくモニターに映し出してくれます。

こちらのモデルは3年保証と、Office Premiumが備え付け。高価なパソコンのため、保証があるのは安心です。また、Officeも付いてくるため、ゲームでの使用以外にも、エクセルやパワーポイントなどビジネスシーンでも使うことができます。

エイスース(ASUS) ゲーミングPC デスクトップパソコン R.O.G. GR8-R109Z

81SIsO947fL._SL1500_

商品価格 ¥ 145,742

こちらのデスクトップパソコンには、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスが付属。そのため、ディスプレイさえ用意していれば、その日からゲームを楽しむことができます。「Core i7-4510U」を搭載しているため、重いゲームでもサクサク動作。MMOやFPSでも、軽くプレイすることができますよ。

また、こちらはスペックが足りなくなった時のために、拡張スロット用意。自作PCなどをやったことある人にもおすすめです。「Steam Utility」という元からインストールされている機能を用いれば、ゲームをすぐにダウンロードすることもできます。ゲームをする人にとってはとても便利なデスクトップパソコンです。

エイサー(Acer) ゲーミングPC Predator G6 AG6710-H76K/G

610EEPdujqL._SL1000_

商品価格 ¥ 290,668

見るからに普通のデスクトップパソコンとは一線を画すデザイン。3TBの超大容量HDDと128GBのSSD搭載しており、あらゆるデータが保管可能です。グラフィックボードは「GeForce GTX980」、CPUは「Corei7-6700K」を搭載しており、ゲーミングに特化。こちらのデスクトップパソコンも、ファイナルファンタジーXIV推奨となっています。

PCスペックだけではなく、サウンドも強化。敵の足音からボイスコマンドをあげる機能も付いています。ゲームの世界に没頭したい人は満足できるおすすめのデスクトップパソコンです。

エムエスアイ(MSI) デスクトップパソコン Vortex G65 SLI G65-6QD-001JP

618k+mO6OUL._SL1431_

商品価格 ¥ 333,579

今までゲーミング用のデスクトップパソコンは大きいのがネックでした。しかし、こちらのデスクトップパソコンは小型化に成功。お部屋のスペースを気にせず置くことができます。エムエスアイ自体、ゲーミングに特化してパソコンを製作しているメーカーのため、プロでもたくさんの人が使用。ゲームを極めたい人におすすめです。

また、こちらは、今話題の「VR(仮想現実)」にも対応。高度なデータのやり取りを要求されるVRでも問題なく動作します。これからVRゲームを楽しみたい人にもおすすめです。

デル(Dell) ゲーミングPC ALIENWARE X51

71V2c4hnIpL._SL1500_

商品価格 ¥ 199,991

ALIENWAREシリーズのデスクトップパソコン。「ALIENWARE」自体は、ゲーミングに特化してパソコンを製作していたメーカーでしたが、現在はデルが買収しており、デルのブランドとして売り出しています。CPUには「Core I7 6700K」を搭載。最上級モデルのCPUです。メモリは16GB、256GBのSSDと2TBのHDDも付いており、スペック的には問題無し。

ゲーミング用のデスクトップパソコン自体、普通のパソコンとは比べものにならないくらい高価ですが、こちらのデスクトップパソコンは20万円以下。価格的にも、超優秀なデスクトップパソコンです。

2016年おすすめの一体型デスクトップパソコン

レノボ(Lenovo) C260 19.5型液晶一体型デスクトップパソコン

414RIPv77OL

商品価格 ¥ 73,600

省電力設計のデュアルコアプロセッサーにより省電力化を実現。エントリー向けの一体型デスクトップパソコンで、人間工学に基づいたキータッチを備えています。このデスクトップパソコンには、DVDドライブやwebカメラ、スピーカーなどを標準で搭載しているので、プライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

若干スペックは低めですが、その代わり値段が安く、初心者の方でも手が出しやすいです。サブ機としての購入でもおすすめ。コスパに優れているデスクトップパソコンです。

デル(Dell) Inspiron 20 3000シリーズ 16Q31

71ZmxCiBjbL._SL1500_

商品価格 ¥ 73,980

足のようなスタンドがないので、高さが十分でない置き場所に最適なモデルです。HDDの容量は1TBもあるので、写真や動画をたくさん保存したい方にはぴったりのモデルですね。液晶パネルはタッチパネルを採用しており、キータッチが苦手な人でも使いやすい設計。データ転送を高速にするために、「USB3.0」にも対応しており、便利なデスクトップパソコンです。

エイスース(ASUS) All-in-One PC デスクトップ ET2232IUK-18S

91ba6mrYDxL._SL1500_ (1)

商品価格 ¥ 84,959

一体型でスリムなデザインが特徴です。最薄部はたったの13mmしかありません。さらにワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを使用するので、煩わしいケーブルに悩まされる心配もないのがうれしいですね。画面には21.5型ワイド液晶ディスプレイが搭載されているので、写真やウェブコンテンツなどを楽しみたい方にはおすすめです。

日本電気(NEC) PC-DA770BAB LAVIE Desk All-in-one

51ZOBpXaVGL

商品価格 ¥ 199,300

Officeが搭載されているのがうれしいこのデスクトップ。ブラックカラーがシャープでクールな印象を与えてくれますね。CPUにはIntel Core i7が使われています。また、画面サイズが23.8インチと大きいので、迫力ある画面でコンテンツを楽しみたい方に最適です。一体型デスクトップとしては高めのスペックです。

一体型モデルでハイスペックなパソコンを探している方におすすめです。

富士通(FUJITSU) デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FH52/W FMVF52WW

612RBQqlSoL._SL1012_ (1)

商品価格 ¥ 111,790

フルHDの解像度を誇る一体型デスクトップパソコン。Windows 10の64bitバージョンを搭載しているため、サクサクとパソコンが動きます。Webカメラがこちらにはついており、Skypeなどをよく使用する方には便利。他にもBluetoothやSDカードスロットなども付属。マルチに使うことができるおすすめデスクトップパソコンです。

デスクトップパソコンの選び方

デスクトップパソコンのメリット

workstation-405768_640

デスクトップパソコンのメリットは何と言ってもそのスペック。ノートパソコンの場合だと、キーボードとディスプレイ、トラックパッドなども込みの価格設定のため、同じ値段でもスペックはデスクトップパソコンに劣ります。そのため、高いスペックのパソコンをお探しの人は、デスクトップパソコンがおすすめです。

また、これは上級者向けなのですが、デスクトップパソコンの場合、スペックが足りなくなったらパーツを付け足すことが容易にできます。ノートパソコンの場合は、それが難しく、買った当時のスペックに依存することが多いです。そのため、重い処理などを多くする人にはデスクトップパソコンの方をおすすめします。

パーツのスペックをチェック

Startup Stock Photos

デスクトップパソコンのスペックは、使用されているパーツにほとんど依存します。そのため、選ぶ際は、パーツのスペックをよく見ることがおすすめです。そして、自分の用途に合っているスペックのデスクトップパソコンを選びましょう。パーツが高性能なほど、良いパソコンに仕上がりますが、その分値段も当然上がります。

せっかく、良いデスクトップパソコンを買ったのに、スペックを使い切れず、宝の持ち腐れとならないようにしましょう。

ハードディスクドライブ(HDD)をチェック

memory-870720_640

これは、パソコンの容量を決定する部分です。ポイントとしては、容量と回転速度を見ましょう。容量は「ギガバイト(GB)」か「テラバイト(TB)」で表示されています。おすすめの容量は「1TB」です。回転速度は「rpm」で表され、大体は「7200rpm」のため、ここら辺を選ぶのがおすすめです。

また、ハードディスクドライブ(HDD)には、上のモデルがあり、それをソリッドステートドライブ(SSD)と呼びます。SSDは基本的にHDDよりも早く高性能です。その分値段が高くなりますが、速度が桁違いに速いので、お金に余裕がある人は、SSD搭載モデルを選んでみるのもありですね。

CPUをチェック

cpu-1137501_640

CPUは、パソコンの処理を担っているパーツです。このパーツのスペックが良ければ良いほど、パソコンはサクサクと動きます。重い処理を多くする人や、ゲーム用のパソコンをお探しの人は最低でも「Core i7」と付いているものを選びましょう。普段使いのパソコンをお探しの人は「Core i3~i5」で十分です。

また、「Core i7」や「Core i5」の中でもスペックが分かれます。その時の見分け方が「Ghz」。コアな話になりますが、この「GHz」が、CPUの速度表示です。速さだけではなく、「コア数」という一度に処理できる命令の数を表す指標もありますが、とりあえずは速度を見ておけば安心。現行のCPUで最速なのが「Core i7-6700K」で、「4Ghz」です。

グラフィックボードをチェック

612DBi-1ZwL._SL1000_

By: amazon.co.jp

こちらは、3Dグラフィックの編集や動画編集、高画質なゲームコンテンツを楽しむ人はぜひとも搭載しておきたいパーツ。文章作成や年賀状程度であれば、グラフィックボードがなくても大丈夫です。グラフィックボードの有名メーカーは2つあり、「Geforce」と「Radeon」。ゲーミング用であれば「Geforce」。動画編集などのグラフィック作業であれば「Radeon」を推奨します。

チェックポイントとしては、「グレード」。GS~GTX+までの階級が存在し、GTX+が現行で、最上級グレードです。ほかにも見る指標はありますが、とりあえずグレードを押さえておけば問題ありません。

メモリをチェック

pexels-photo-63690

これはパソコンの作業机みたなものです。机が広ければ広いほど、色々なものを置いて作業できますよね。その机の役割をしているのがメモリ。容量的には普段使いの人は、「4GB」~「8GB」。ゲーミング用の場合「8GB~16GB」くらいは欲しいです。また、世代によってもスペックが違います。現在多く存在しているメモリの世代は「DDR3」と「DD4」です。

パフォーマンスの差は倍くらい違い、消費電力も「DDR4」の方が、40%程度低くなっています。しかし、その分値段も高いため、自分が必要かどうかを見極めるようにしましょう。普段使いの人は「DDR3」のメモリをおすすめします。

Windows 32bitと64bitの違い

cars-yellow-vehicle-vintage

上述のメモリととても深い関係表記になります。Windows 32bitの場合は、メモリの性能が8GBだったとしても、最大4GBまでしか発揮できません。そのため、メモリを増設しようと8GBのメモリを買ったけど、4GBしか使えない。とならないようにしましょう。

Windows 64bitの方が、スペックが高くなります。64bitが今主流にもなっているため、普段使いの人も64bitのデスクトップパソコンを選びましょう。