日常で使用する分には一眼レフにも劣らないレベルで撮影が可能になりつつある高級コンデジ。写真だけではなく4K動画にまでも対応するモデルが増えてきました。これらの高級モデルは安価なコンデジに比べ基本スペックが圧倒的に高いのはもちろん、痒いところに手が届く機能性も魅力です。どうせコンデジを買うなら、満足できる物を購入したい! という方にオススメな最新の高級コンデジをランキング形式でご紹介します!

第1位 ソニー(SONY) Cyber-shot RX1R

71N4B1b9QlL._SL1500_

コンデジの定番、ソニーのサイバーショットシリーズよりハイエンドモデル「Cyber-shot RX1R」です。有効画素は約2430万、35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサーを搭載、パノラマ機能、たくさんのエフェクトの数々、フルHDでの撮影など、非の打ち所のないハイスペックなモデルとなっています。

第2位 ソニー(SONY) Cyber-shot RX100 IV

81wLRQ+nBiL._SL1500_

この価格でこのスペック!コストパフォーマンスが非常に高いモデルです。上記には一歩及ばないながらも、もちろん十分な基本性能を保持しています。一眼レフでの写真が好み、けどあのサイズ感を扱うのはちょっと・・・という場合にはオススメできるモデルです。

第3位 富士フイルム(FUJIFILM) X100T

81xY5TDe+GL._SL1500_

直観的な使いやすさに好評のあるFUJIFILMのコンデジ。まず、そのレトロな質感が目を引きます。素直に手にとってみたくなりますね。目玉機能は新開発の電子式レンジファインダー。焦点部分を拡大表示してくれるので、絶対に抑えたいポイントを逃しません。またビューファインダーの最先端として、リアルタイム・パララックス補正を備えています。

第4位 パナソニック(Panasonic) LUMIX DMC-CM1-S

41uVUakuMPL

コンデジなのにAndroid4.4を搭載した数量限定の特別モデル! 撮ったらすぐにSNSへの投稿が可能です。基本性能も高く、28mm F値2.8というレンズを搭載しています。一眼カメラと同等の性能を持ちながらポケットサイズを実現した優秀なモデル。一定以上の画質、すぐにSNSへ投稿できるアンドロイドOSを搭載した欲張りな一台です。

第5位 カシオ(CASIO) EXILIM

41gJTRwdOOL

実はカシオも優秀なコンデジをリリースしています。旅行先や友人との撮影にもぴったりな「自撮り」に特化した高級コンデジです。フレームシャッター、スマホでのリモート撮影、撮った写真を確認する液晶は92万画素、そしてこういったモデルには必須なWi-Fi機能ももちろん搭載。なんと本体にスタンドまでついています。

第6位 シグマ(SIGMA) DP1Merrill FoveonX

613tJ1EVgYL._SL1500_

忘れちゃいけない、独特な質感を表現するメーカー、シグマのコンデジ。4600万画素と圧倒的な画素数を誇り、搭載のSIGMA LENS 19mmF2.8は、レンズメーカーでもあるシグマの技術の結集でもあります。撮れ高は画面の隅々までシャープネスが高く、期待を裏切らない。デザインもシックにまとめられています。

第7位 ライカ(Leica) D-LUX Typ 109

41orTWGeA-L

圧倒的なコアなファンも多い、ライカのコンデジがこの「D-LUX Typ 109」です。上品でクラシックなデザインも人気の要素ですね。明るいレンズにISO感度は25000まで設定でき、シーンを選ばずに撮影することができます。4Kでの動画撮影にも対応しているため、これ一台でたくさんのことをこなしてくれます。