夏から秋にかけて、レジャーを楽しむ人も多いのではないでしょうか。その際に欠かせないのが防水カメラです。防水カメラは普通の一眼レフよりもスペックは劣るものの、アウトドアにおいては、一眼レフよりも使い勝手抜群。一眼レフでは撮影できなかった水中なども、防水カメラでは難なく撮影できちゃいます。

今回は、使いやすさ抜群の防水カメラを、選び方を交えながらご紹介。楽しい思い出をぜひ映像に残してみてください。

おすすめの防水カメラ

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルカメラ XP90 防水 ライム FX-XP90LM

91dmkTIIwmL._SL1500_

商品価格 ¥ 19,515

1640万画素を誇る、CMOSセンサーをイメージセンサーにしています。そのため、水中の中でも、綺麗な画質で写真を収めることが可能です。水深15mまでの防水性もおすすめのポイント。海中遊泳しながらの撮影もバッチリこなしてくれます。レンズは、広角レンズを採用。広角レンズは、景色などを広くとれる特徴があるため、防水カメラなどにはうってつけです。

広大な自然をパノラマ撮影できるように、360度パノラマに対応。大迫力の写真を撮影できます。シーンに適した撮影ができるよう、機能も満載。スポーツ撮影がしたければ、アクションカメラモードなどもあるため、自由に設定してみてください。初心者でもブレない写真や動画をとれるよう、手ぶれ補正機能には、光学式手ぶれ補正を用いています。

Wi-Fi機能も搭載されており、スマホやタブレットに簡単に写真をシェア可能。遠隔操作が可能な「リモート撮影」にも対応しています。価格も、2万円台を切ってくる安さ。コスパ最強クラスのおすすめ防水カメラです。

▼実写サンプル
pic_23
pic_19

By: fujifilm.jp

オリンパス(OLYMPUS) デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough 防水 TG-4 BLK

91JBlh6WJQL._SL1500_

商品価格 ¥ 38,460

F値2.0の明るいレンズが搭載されてる防水カメラ。暗い水中でも、シャッタースピードをあげての撮影や星空撮影などをこなしてくれる優れもの。暗所撮影をする人におすすめです。こちらも、水深15mまでいける防水性。水中はもちろんですが、アウトドアシーンでの土砂降りなどでも、気にせず使うことができます。

防塵・耐衝撃にも対応しているため、スノボーなどに装着しての撮影や自転車に装着しての撮影にも対応可能。撮影幅が広がるため、アウトドアのマルチシーンで仕様していきたい人にはもってこいですね。撮影モードも多彩で、水中撮影に特化した機能やマクロ撮影機能など多彩。

画質は「iHSテクノロジー」が採用されているため、高画質。「TruePic Ⅶ」の画像処理エンジンは、高感度撮影時に発生するノイズを除去してくれます。そのため、暗い場所でも安心してISO感度を上げて撮影可能。価格帯はミドルクラスのため、エントリー機に飽きたらこちらのモデルをおすすめします。

▼実写サンプル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

By: olympus-imaging.jp

オリンパス(OLYMPUS) コンパクトデジタルカメラ STYLUS TG-870 Tough 防水 TG-870 GRN

71jxsyhmmbL._SL1500_

商品価格 ¥ 38,263

180度可動式液晶により、自撮り撮影などが行えます。ダイビングしているときなど、イルカなどと一緒に撮影したりもでき、幅が広がりますよね。山の上などから撮影しても臨場感が伝わり、いい写真を撮ることが可能です。また、モニターを動かせるため、ハイアングル・ローアングル撮影も簡単にできます。液晶モニターは、屋外でもみやすいタイプのモニターを採用。操作もしやすく快適です。

アウトドアでのスポーツ撮影が楽しめるよう、スポーツカムモードを搭載。アクションカムとしての使用もできます。Wi-FiとGPS機能も付いているため、アウトドアシーンにおける撮影にも大活躍。思い出の映像として簡単に残すことができます。ハイスピードムービーやタイムラプスムービーなども撮影することができるため、撮影幅を広げたい人におすすめ。

アクセサリー類も売っているため、スポーツシーンを撮影したい人は、合わせての購入をおすすめします。ダブルロック機構により、防水性能も高めているため、水中でも安心。自撮りをする際は、広角レンズによる歪みを消してくれるため、普通のカメラ同様の撮影ができます。

▼実写サンプル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

By: olympus-imaging.jp

ニコン(Nikon) デジタルカメラ S33 防水 S33 ブルー S33BL

91hmLhzZrTL._SL1500_

商品価格 ¥ 12,800

動画撮影時・静止画撮影時に手ぶれを軽減する機能が付いています。そのため、初心者の人でも扱いやすく便利です。防水性能は「IPX8」相当の性能を誇ります。水深約10m程度まで潜っても、カメラが浸水してしまうことはありません。動画撮影においては、ハイビジョンの動画撮影が可能。海の中やアウトドアの景色を綺麗な画質で収めることができます。

子供でも使えるよう、カメラ本体は小型設計に。誤動作による、写真削除なども起こらないよう、ロック機能も搭載されています。お子様と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。エンジンには、一眼レフと同様の画質を生み出すエンジン、「EXPEED C2」が採用されています。大事なシーンを高画質で収めることが可能。コスパに優れたおすすめ防水カメラです。

また、こちらは多彩な写真表現をしたい人のために、トリッキーなフィルターなどが詰まっています。撮影するのが難しいビー玉撮影も機能として盛り込まれているため簡単です。魚眼風などにも撮影でき、トリッキーな写真がこの防水カメラ1台ですみます。小道具などを持ち運ばなくても撮影可能なため、便利です。

▼実写サンプル
pic_01_l
pic_06

By: nikon-image.com

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX AW130

81lPSOt+GPL._SL1500_

商品価格 ¥ 32,980

本格的にダイビングなどをして撮影をしたい人におすすめの防水カメラです。ハウジングなしで、水深30mまで潜れる高耐久設計。防水性だけではなく、防塵・耐衝撃にも優れています。アウトドアの悪条件の中でも、気軽に使うことができる防水カメラです。レンズには、F値2.8レンズが採用されています。光が入りづらい水中や森の中でも快適な撮影が実現可能です。

動画撮影機能も豊富に用意されており、「タイムラプス動画」や「ショートムービ」などがあります。1日のダイジェストムービーなどをハイクオリティに撮影可能です。アウトドアシーンだけではなく、旅行中などにも大活躍します。動的な被写体撮影の際に肝となってくるピント合わせも、こちらのカメラならば大丈夫。約0.14秒のオートフォーカス性能を誇っているため、決定的瞬間を取り逃がしません。

本格的な撮影をしたい人にもってこいの防水カメラ。高性能な防水カメラのため、ハイクオリティ映像を思い出として残すことができますよ。

▼実写サンプル
pic_01_l (1)
pic_02_l

キヤノン(Canon) デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30

818Yo12kDwL._SL1500_

商品価格 ¥ 22,611

水中ムービーを簡単に撮影・編集することができるのが、こちらのカメラ。約25mまで潜れる防水設計と「IPX6」の防塵設計になっているため、厳しいアウトドアシーンでも大丈夫。簡単に使いこなすことができます。また、ダイジェスト機能を使用すれば、水中の様子を簡単にまとめたムービーを作ることも簡単です。

処理エンジンには、「DIGIC 4」を採用。これにより、暗所による高感度撮影時のノイズを極力抑えることができます。「HS SYSTEM」により、ISO感度は最大3200まで引き上げることが可能。暗所撮影にはもってこいです。この技術を導入したことにより、白とびなどを抑えることにも成功。

多彩なシーンモード機能が搭載されていたり、GPS機能が付いていたりするなど、水中やアウトドアシーンでの撮影だけではなく、普段使いにも便利なこのカメラ。マルチシーンで防水カメラ1台を使いこなしていきたい人におすすめできる製品です。

▼実写サンプル
brilliant
hand-night

By: canon.jp

ケンコー(Kenko) 防水デュアルモニターデジタルカメラ DSC1480DW 防水 434758

81ubMlQTo-L._SL1500_

商品価格 ¥ 8,501

こちらの防水カメラは、初心者向けのエンドリーモデルです。初めて防水カメラを購入する人におすすめ。「IPX8」の防水設計になっており、水深は約3mまで潜ることができます。浅い水中やプールなどの撮影を手軽に撮影可能です。1万円台の価格を割っていますが、画素数は1400万画素で、F値は2.8のため、性能的にも抜群。初心者でも簡単に綺麗な映像を撮ることができますよ。

また、この防水カメラの特徴としては、バッテリーが電池になっているところ。普通のカメラは、電源に専用バッテリーを用いています。そのため、充電が切れてしまえば、なかなか充電することができません。アウトドアなど、何が起こるかわからないような場合では、バッテリー式は逆に不利な場合があります。その点、こちらの防水カメラは電池さえ持ち運んでいれば、バッテリーが切れて使えなくなる心配がありません。

▼実写サンプル

リコー(RICOH) 防水アクションカメラ WG-M1 オレンジ WG-M1 OR 08286

61DtVwd0SoL._SL1000_

商品価格 ¥ 17,608

画像というよりは、動画撮影を行いたい人におすすめ。ランク8の防水設計になっているため、水場やアウトドアシーンでの使用も安心。こちらはアクションカムとしての使用も簡単にできるため、サーフィンボードに装着したり、頭の上に置いたりしての使用におすすめです。アクセサリーも豊富に用意されており、組み合わせることで撮影に幅が広がります。

本体サイズは手のひらサイズの超小型設計になっているため、持ち運びに便利。使用の際も、モニターを一発で確認できるため、使いやすさ抜群です。Wi-Fi仕様にもなっているため、アプリを導入すれば、簡単にスマホに転送できます。アクションカムには必須のリモート撮影も簡単です。スケボーの先などに防水カメラを装着しているとスイッチが押しづらいですが、スマホをポッケにいれておけば大丈夫。

137度の超広角撮影が可能なこの防水カメラだからこそ撮れる映像があります。フルHD対応にもなっているため、動画専門で撮りたい人は、こちらを要チェックです。

▼実写サンプル

リコー(RICOH) 防水デジタルカメラ WG-40W ブルー 防水 WG-40W BL 04693

61dxdjE6qoL._SL1000_

商品価格 ¥ 29,470

水深14m防水設計で、約2時間ほど水中にいても大丈夫なタフネスさが売りのこちらのカメラ。耐衝撃は1.6m、100kgfまでの重さに耐えることができる耐荷重設計になっています。そのため、どんな条件でも撮影することが可能です。有効画素数は約1600万画素あり、高性能画像処理エンジンを搭載しているため、低ノイズの撮影ができます。

マクロ撮影を可能とする「デジタル顕微鏡モード」もこちらの防水カメラは採用しており、顕微鏡でしか見れなかった世界を写真にすることができます。海中の中など、なかなかお目に抱えれないものの撮影ができそうですね。こちらも上記のモデルと同じく、多様なアクセサリーが取り揃えられています。動画は「WG-M1」。写真は「WG-40W」で揃えてもいいですね。

また、さまざまなフィルターや撮影機能、検出機能などがこの防水カメラには採用されています。初心者からハイエンドユーザーまで楽しむことができるおすすめの防水カメラです。

▼実写サンプル
ex-pic03
ex-pic04

By: ricoh-imaging.co.jp

オリンパス(OLYMPUS) アクションカメラ STYLUS TG-Tracker 防水

91u-zmgni8L._SL1500_

商品価格 ¥ 40,830

フィールドセンサーシステムが搭載されている防水カメラです。アウトドアユーザーのありとあらゆる体験を記録に残すことができます。GPS機能はもちろんのこと、方位センサーや気圧センサーなども付いるため、アウトドアギアとしても大活躍。ダイナミックな撮影ができるよう、動きの速度が一定以上になった場所に対してチャプターを挿入してくれます。そのため、編集するときにも便利です。

防水性能にも優れており、約30mまで潜ってもカメラが壊れる心配はありません。水中利用の際は、ヘッドライトがあらがじめカメラに搭載されており、それが光るような設計になっています。そのため、暗い水中のなかでも、明るい動画を撮ることが可能です。

画像処理エンジンには一眼レフを元にしたエンジン「TruePic VII for 4K」が採用されており、美しい4K動画を撮影することができます。海中探検を4Kの美しい画質で残したい人におすすめの防水カメラです。

手ぶれ補正は電子式手ぶれ補正を採用していますが、5軸による補正をかけるため、初心者に起こりがちな手ぶれをカバー。ガクガクした映像にならないように、きっちり補正をかけてくれます。

▼実写サンプル

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼カメラ AW1 防水ズームレンズキット シルバー N1AW1LKSL

81MSacSwLLL._SL1500_

商品価格 ¥ 55,758

水中はもちろん、様々なシーンで活躍が期待できるこちらのカメラ。水中だけではなく、アウトドアでも使いやすいように、コンパスやログデータを取得できるようになっています。また、発売当時、世界最速のオートフォーカスを誇る性能のため、動的な被写体を撮る際も便利。決定的な瞬間をピントを合わせて撮影することができます。画像処理エンジン「EXPEED 3A」を積んでおり、高画質な写真を記録として残すことが可能です。

防水性能としても、防水規格「IPX8」をクリアしている最高品質。シーリングゴムを細部に施しているため、水深15mを実現しており、土砂降りの中での撮影も余裕でこなします。F2.8の明るいレンズのため、暗所撮影も安心。明るさが足りない場合は、内臓フラッシュを使用すると、明るく撮影可能です。水中撮影時のモードもあり、「スタンダード」、「ダイビング」、「クローズアップ」の3つが用意されています。

また、ミラーレスというだけあって、カメラのスペックも非常に高いです。一眼レフなどで簡単に撮影できる背景ぼかし撮影なども、こちらの防水カメラではおてのもの。プロ並みの写真を撮ることができます。写真を専門的にとっていきたい人におすすめの防水カメラです。

▼実写サンプル
img_05_l
img_02_l

By: nikon-image.com

コダック(Kodak) WP1 イエロー PIXPRO 防水スポーツカメラ

41fP68UqhbL

商品価格 ¥ 14,785

防水設計を施したスポーツカメラです。マリンスポーツの様子などを撮影したい人におすすめ。水深は約5mまで潜ることができます。海だけではなく、他のアウトドアシーンでの使用もできるよう、耐衝撃設計にもなっており、激しいアウトドアスポーツでも撮影可能です。重量も130g程度のため、頭に装着しても重さを感じません。使い勝手抜群の防水カメラです。

画素数は約1600万画素。ハイビジョンビデオも撮影できるほどのスペックになっています。ワイヤレス機能にも対応しているため、旅先でのデータ送信もラクラク。SNSなどに、その場から写真をアップロードできます。バッテリーも乾電池で動く仕組みになっているため、充電が切れても便利。コンビニなどでも電源を調達できるのは、乾電池式ならではのメリットです。

防水カメラのメリット

16695236612_ff0281ef84_z

防水カメラのメリットは、なんといっても、他の一眼レフやミラーレスなどでは撮影不可能であった、水中撮影ができるところです。スマホなどでも防水対策を施していれば撮影できなくはないですが、画質は防水カメラよりも劣ります。水中での撮影は、光源がなかったりして、撮影に不利な条件がつきまとうものです。そのため、少しでもカメラの性能はいいものを選んでおきましょう。

また、防水カメラは、耐衝撃対応や防塵対策をしているものも少なくありません。そのため、水中だけでの撮影だけではなく、アウトドアフィールドでの撮影にも向いています。ある程度、激しい撮影にも耐えられるのが魅力的です。アウトドア撮影を主にしたい人にとっては、大切なパートナーになること間違いなし。悪条件でも、なんなく力を発揮できることが、防水カメラ最大のメリットです。

防水性能の見方

IPXをチェック

snorkel-1200628_640

防水保護が施されている端末には、基本的に「IPX◯」という表記がされています。市場に出回っている保護製品の中で、最高クラスの値は「IPX8」です。「IPX8」の防水性能は、継続的に水没させても、端末内部までは浸水しないという性能になっています。そのため、「IPX8」の性能を持つ防水カメラであれば、水中での撮影もお手の物。水中撮影を行いたい人には、「IPX8」の防水カメラがおすすめです。

アウトドアフィールドに持っていく程度であれば、防滴使用でも構いません。しかし、潜っての撮影となると、防水設計のカメラでないとカメラを壊してしまいます。

水深をチェック

pexels-photo

「IPX8」の中でも、スペックが分かれる部分が水深です。防水は施しているものの、水中の中では水圧が発生しているため、どの程度の圧力に耐えることができるかを見る必要があります。そこで、1つの指標になるのが水深。どの程度の深さまで潜っても、浸水しないかを調べることができます。基本的には10m~15mほど。

カメラを防護するハウジングなどを搭載させれば、水深が伸びるものもあります。深くまで潜っての撮影をしたい人は、お探しの防水カメラにあったハウジングを選びましょう。

防水カメラの性能をチェック

防水カメラの画素数をチェック

97423269_f3a65a4d4e

1画素は、1つの点ということになります。そのため、100万画素であれば、点が100万個、1000万画素であれば、点が1000万個集まってできているということです。画素数は高ければ高いほど綺麗な写真になります。基本的には、1000万画素程度あれば、綺麗に写真を撮影することが可能です。

水中の美しい写真を撮りたいと思っている人は、画素数が高いものを選びましょう。しかし、画素数が上がれば上がるほど、基本的に値段も高くなるため、お財布との相談が必要です。

防水カメラのF値をチェック

pexels-photo

F値は、カメラ本体の性能ではなく、レンズの明るさを表しています。水中撮影をしたい人においては、重要な指標です。水中は、外の明るさと違い、基本的に暗いです。そのため、F値のスペックが低いレンズで撮影するとなると、「ISO感度」と呼ばれる感度を上げて撮影するしかありません。ISO感度を上げての高感度撮影の最大のデメリットは、画質が悪くなること。

ISO感度を上げないで、撮影する方法もありますが、シャッタースピードが極端に遅くなります。静止できない水中においての、シャッタースピード低下は致命的です。ぶれぶれの写真を量産することになります。そのため、高画質を維持しつつ、明るい写真を撮りたい人は、F値の低いレンズが搭載されている防水カメラを買うことをおすすめします。

普通のアウトドア撮影用の防水カメラでしたら、F値2.8くらいのスペックがおすすめです。三脚なども用意して入れば、山奥の星空なども綺麗に撮ることができますよ。

防水カメラのオートフォーカス性能をチェック

pexels-photo (1)

オートフォーカスは、カメラのピントに深く関わってきます。オートフォーカスがいいほど、ピントが綺麗にあった写真を撮ることが可能です。また、動いている被写体の場合だと、ピントを合わせる速度にも影響します。特に、ピントを合わせることに慣れていない初心者の人は、オートフォーカスの性能がいい防水カメラを選びましょう。

見るべきポイントとしては、即距点の数です。これは、どれだけピントを合わせる点があるかを表しています。点が多ければ多いほど、いいということになります。アウトドアの風景などを撮るだけならば、そこまでの性能は入りません。野鳥や水中生物などを撮影したい場合は、即距点が多い防水カメラがおすすめです。

防水カメラのイメージセンサーをチェック

14852213120_69611fb278_z

デジタルカメラは、基本的にこのイメージセンサーに光を通して、写真をデータにします。そのため、このイメージセンサーのサイズが大きければ大きいほど、綺麗な画質で写真を残すことが可能です。最上級クラスのイメージセンサーサイズは、「フルサイズ」。その下が「APC-S」と呼ばれるサイズ表記になっています。

基本的には、「APS-C」くらいのサイズがあれば、大丈夫です。「フルサイズ」は基本的に、プロ仕様になるため、プロの人でない限りはそこまでのサイズはいりません。

防水カメラの機能をチェック

防水カメラの手ぶれ補正をチェック

000072601

By: olympus-imaging.jp

水中の撮影やハードなアウトドア撮影には欠かせない機能です。この機能が搭載されているかいないかでは、天と地ほどの差がでます。せっかく、遠出したのに、ブレブレの映像ばっかりだとちょっとショックを受けますよね。そのためにも、手ぶれ補正機能が搭載されている防水カメラを選びましょう。

手ぶれ補正機能には、「電子式」と「光学式」と2種類が存在します。「電子式手ぶれ補正」の特徴は、撮影された後の画像に対して、手ぶれ補正を加えるというところです。そのため、この後紹介する「光学式手ぶれ補正」に比べれば画質が落ちてしまいます。逆に「光学式手ぶれ補正」は、レンズまたは、センサーが反応して、画像がデータとして残る前に手ぶれを防ぐことが可能です。

電子式よりは、高画質で画像を残すことができます。しかし、スペックが高い分、「光学式手ぶれ補正」が搭載されている防水カメラは高くなります。流動的な被写体をあまりとらない人は、「電子式手ぶれ補正」が搭載されている防水カメラを選んだほうが、値段を安く抑えることが可能です。

防水カメラのWi-Fi機能をチェック

wifi-1371030_640

最近では、Wi-Fiが搭載されている防水カメラが出てきました。Wi-Fiが使えれば、その場で撮った写真などを瞬時にスマホに送ることができます。SDカードなどがいっぱいになっても、スマホに転送できるため、1枚のSDカードだけで賄うことも可能です。スマホから防水カメラに対して操作を加えることができる機能などもなるため、Wi-Fi機能が搭載されていると何かと便利になります。

スポーツ撮影がしたい人にとっては、特にWi-Fi機能は必須項目。スノボーの先などにカメラをつけた場合、シャッターボタンが押しづらいため、スマホからの操作は必須となります。防水カメラをスポーツカムとして使用する人は、Wi-Fi機能付の防水カメラであるかどうかをチェックしましょう。

また、SNSにその場からアップしたい人もこちらの機能は要チェック。メーカー独自のアプリを導入すれば、簡単に携帯にデータを取り込むことができ、おすすめですよ。

防水カメラのGPSをチェック

gps-473888_640

GPS機能があれば、自分がどこで写真を撮ったのかを記録することができます。旅のロードマップを作ることもできるため、アウトドア好きにはおすすめの機能です。位置情報を共有しながら、友人と旅を楽しむのも一興ですね。今までのアウトドアライフをもっと面白くしたい人は、要チェックの機能です。