小さい片手鍋はちょっとした料理をつくるときにはもちろん重宝しますが、カレーやシチューなどのつくり置きしておきたい料理のときに活躍するのが大きな両手鍋です。デザインがおしゃれなものはそのまま食卓に出してもいいですし、保存だってできちゃいます。今回は両手鍋を購入するときに参考にしてほしい、おすすめのメーカーランキングをご紹介します。ステンレス製や日本製などご自身の好みにあったものを見つけてくださいね。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第1位 ジオ・プロダクト

8
ジオ・プロダクトシリーズは使いやすくムダのない、実用的な美しさを実現することに成功していて、お手入れもしやすいのが特徴の両手鍋です。蓋や鍋の構造すべてに意味があり、蓋は蒸気穴がないので水蒸気が蓋と鍋の間に膜を張り、密閉することで無水調理や余熱調理ができるようになっています。鍋本体は7層構造になっていて、熱効率をアップさせています。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第2位 Vita Craft (ビタクラフト)

9
この両手鍋はアップルシリーズというだけあって、他の両手鍋にはない、独特の丸いフォルムが特徴です。見た目がおしゃれなだけでなく、球体にすることにより鍋の中の具材にまんべんなく火が通り、短時間での調理を可能にしています。鍋の上部が狭くなっているのでてんぷらなどの油はねが気になる料理でも気にすることなくできます。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第3位 柳宗理

10
一見するとどこにでもある普通の両手鍋のようですが、日本発・柳宗理のデザインです。とにかく使いやすさを一貫して貫き通しており、使って初めてその魅力に気付きます。どことなく和の雰囲気が漂っていて、お味噌汁や煮物好きな人にはぜひとも使っていただきたいメーカーです。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第4位 DANSK (ダンスク)

11
北欧のデンマーク製で、あたたかみのあるデザインと鮮やかな色彩が特徴のホーロー鍋シリーズです。ダンスクのコベンスタイルは鍋の蓋に特徴があり、蓋の取っ手がクロス上になっていることで、テーブルの上に置けばそのまま鍋が置ける鍋敷きとして使えます。また、ホーロー製で蓋が重いので、蒸気やうまみを逃さず、おいしく調理できます。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第5位 Le Creuset (ルクルーゼ)

12
しっかりとしたホーロー製の鍋で有名なルクルーゼです。他の鍋と比べてお値段が高く感じるかもしれませんが、ルクルーゼの鍋は丁寧に使うと一生ものなので、長い目でみると決して高くありません。同じシチューでも、この鍋でつくると美味しさが違います。一人暮らしの人には小さな鍋もあるので、そちらもおすすめです。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第6位 objet (オブジェ)

13
安心な日本製のオブジェの両手鍋はスッキリとしたデザインと高い保温性をあわせ持っています。熱伝導率の高い鉄を保温性の高いステンレスでサンドすることにより、早く調理出来てじっくりと余熱で火を通すことができます。また、オブジェシリーズはオプションが豊富なので蒸し料理やてんぷらも可能です。

両手鍋のおすすめ人気メーカー
第7位 パール金属

14
パール金属の両手鍋の中でも、表面をマーブルコーティングしてある商品はお手入れしやすく、洗い物でのストレスを無くしてくれます。頑固なカレーの油や直火での煤汚れもきれいにするっと落ちます。蓋は中がみえるガラス蓋なので、せっかくの蒸気を無駄にすることなく状態をチェックすることができます。