カメラを買ったら次に手に入れたいものに三脚があります。手ブレを抑えた夜景写真、風景写真や家族などの集合写真でなくてはならないアイテムですね。どれも同じように見える三脚ですが、カメラにあった三脚を選ばないと、カメラの重みで倒れたりすることも。

今回はそんな三脚の選び方とおすすめの三脚をご紹介します。

カメラで使う三脚の選び方

三脚の種類をチェック

camera-1125875_1280

三脚と一口でいっても、持ち運びに便利で卓上に置いて料理や集合写真などを撮影する「ミニ型」、重さが1Kg前後で持ち運びしやすい「軽量・コンパクト型」、安定性と剛性がある「中・大型」など、用途に応じて色々な種類があります。

「ミニ型」はコンパクトカメラ向けが多く、一眼レフなど重いものをのせるにはしっかりした三脚を選ぶ必要があります。

「軽量・コンパクト型」は安い物になれば安定性が悪く、三脚をセットする場所や風が強い日などは不安という一面がありますが、普段使いには支障ありません。

「中・大型」は不安定な環境でも使用できますが、持ち運びに不便で価格も高くなります。何のために三脚が必要なのかによって選ぶ必要があります。

雲台の形状をチェック

ph270b_0480

By: velbon.com

「雲台」とはカメラを乗せる部分のことで、大きく「3WAY雲台」と「自由雲台」の2種類があります。

「3WAY雲台」は文字どおり左右・上下・水平の3軸を個別に調整でき、ミリ単位で構図を決定できます。しかし、軸を設定するバーが邪魔になるため携帯性が悪いのと、3軸を固定する操作が複雑だというデメリットがあります。

「自由雲台」は可動部がボール状でネジを緩めることにより自由にカメラの位置を固定できます。デメリットは「3WAY雲台」のように3軸で固定できないため、全方向をネジ1つで固定する必要があり、ミリ単位で固定することが難しいということです。それぞれ長所短所を含めて選びましょう。

雲台のとりつけ方式のチェック

camera-1061350_1280

低価格な三脚は脚と雲台は一体化して外すことはできませんが、高級な三脚は脚と雲台が別々で購入し、いろいろあわせることが可能です。また、雲台とカメラをとりつける方式は「直付け式」と「クイックシュー式」があります。

「直付け式」は雲台から出てるネジにカメラの三脚穴にねじ込む単純な方式で、価格は安いのですが、着脱が面倒だというデメリットも。

「クイックシュー式」は、カメラにあらかじめクイックシューをつけておき、雲台にセットするだけの方式。クイックシューは軽いためカメラにつけたままにしている人もいます。カメラを何台も使い分ける人には台数分クイックシューを購入する必要がありますが、1台のみならクイックシューを選ぶ方が使い勝手がいいでしょう。

雲台の対応重量をチェック

lens-57415_1280

ここまで雲台の選び方を説明しましたが、一番重要なのは雲台の大きさです。どのくらいの重さの機材まで対応しているかチェックしましょう。

一眼レフならカメラ本体とレンズの重量になりますが、重いカメラに軽いレンズの3Kgと軽いカメラに重い望遠レンズの3Kgでは、同じ3Kgでもそもそも安定性が違います。単純に3Kgと計算せずにカメラボディとレンズ関係性を考えて選ぶことをおすすめします。望遠レンズを使うなら高価ですが、できるだけ頑丈なものを選びましょう。

脚の形状をチェック

tripod-390902_1280

脚も雲台と同じように重要な部分です。素材も安くて重いアルミや軽くて頑丈ですが高いカーボンなどがあります。また、縮めたときの長さと最大限に伸ばしたときの長さや、伸び縮みの段数の違いなどもチェックしましょう。

主流は「3段」と「4段」で、「3段」は小さくたたんだときのサイズが大きい分、剛性が高く、使うときに楽に伸縮できるメリットがあります。「4段」は3段に比べ1段分小さくできますが、その分剛性が弱くなるのと、使うときに1段分余分に伸ばす手間がかかるのがデメリットです。伸縮方法もネジのように回転させ固定する方式やレバーで固定する方式などがあります。

三脚のおすすめメーカー

スリック(SLIK)

71rswOAZ-0L._SL1500_

By: amazon.co.jp

日本を代表する三脚メーカー。その歴史は古く、1956年創業で長い間国内シェアNo.1を誇っています。価格は2千円台から10万円台で幅広く、超大型三脚から小型三脚までのフルラインアップを備えた「総合三脚メーカー」です。初めて三脚を購入する方からプロユースまで対応しています。

ベルボン(Velbon)

71wgFuijlvL._SL1500_

By: amazon.co.jp

スリックと同じ日本を代表する三脚メーカー。スリック続く2番手メーカーでしたが、脚を180度反転して折りたたむことで、最高伸縮比になる「ウルトレック」を販売し、大ヒット商品に。現在はスリックと国内シェアNo.1を争っています。価格は千円台から16万円台まで豊富です。

ジッツオ(Gitzo)

61fMKIQmCYL._SL1500_

By: amazon.co.jp

現在では当たり前のカーボン三脚、マグネシウム雲台、トラベラー三脚などはイタリア三脚メーカーのジッツオが発明しました。ジッツオの歴史 = 三脚の進化の歴史と言っても過言ではない、歴史のある重要な三脚メーカーです。価格は3万円台から15万円台と他メーカーに比べ高いですが、その品質から世界中のプロカメラマンなどから絶大な人気があるとともに、アマチュアカメラマンが最も憧れるブランドになっています。

マンフロット(Manfrotto)

61IIzGDETHL._SL1500_

By: amazon.co.jp

ジッツオと同じイタリアの三脚メーカーで、ジッツオと同じグループ会社に所属し日本ではマンフロット株式会社がジッツオ製品とマンフロット製品の流通を担当しています。写真用だけではなく、ビデオ用や照明用までラインアップする三脚業界の中心的メーカーです。

水平・垂直センターボールシステム、業界初の3ウェイギア付き雲台、油圧システムを搭載したボール雲台、パノラマ撮影用のパン雲台などを開発し、業界をリードしています。価格は千円台から13万円台まで幅広く揃っているので、自分のお財布と相談しながら選べますね。

コンパクトデジカメにおすすめの三脚

ベルボン(Velbon) CUBE

41wSBBadsLL

商品価格 ¥ 3,900

ベルボンの軽量薄型のミニ三脚CUBE。全高940mmですが、縮長240mmとコンパクトに収納できるうえ、雲台と脚の素材に軽量金属のマグネシウムを採用しているため、重量は390gという軽さを実現した三脚です。脚は8段で専用ケース付き。

対応重量は400gで一眼レフで使用するには難しいですが、軽量薄型で持ち運びやすく旅行のお供としておすすめのミニ三脚です。カラーはブラック・ゴールド・ピンク・ブルーの4色。

マンフロット(Manfrotto) POCKET三脚S

41gULPuOUCL

商品価格 ¥ 2,190

薄型コンパクトなPOCKET三脚は脚を畳んで、カメラに常時装着したまま使用できます。ラバー付きの脚は滑りにくいうえ、各脚はそれぞれで角度を調整することが可能で、フラットではない場所でも活躍します。本体は30g、6色のカラーはブラック・ホワイト・ブルー・ピンク・レッド・パープル。

600gの対応重量は薄型のミラーレス一眼レフも使用できます。普段から集合写真などよく撮られる方におすすめ。

ジョビー(JOBY) ゴリラポッド マグネティック

412DYrnh++L

商品価格 ¥ 1,727

場所を選ばずにカメラをセットできることで有名なゴリラポッド。その特徴はクネクネ曲がる脚で、ポールなどの棒状に巻き付いたり、足場の悪いデコボコした場所でも脚を曲げることで置くことができます。そのうえ、脚先には磁石を装備しているので磁石がくっつく金属につけることが可能です。

一般的な三脚スタイルで使いたい方にはおすすめしませんが、フェンスや柵など、棒状に巻き付ける必要がある方におすすめします。対応重量325g、本体は74g。

一眼レフにおすすめの三脚

マンフロット(Manfrotto) PIXI EVO ミニ三脚

41xGCZflyIL

商品価格 ¥ 3,848

2.5Kgまで対応しているマンフロットのミニ三脚。本格的なマンフロット三脚は高価ですが、ミニ三脚であれば人気メーカーの三脚を使用することも可能です。開脚角度は55度と80度の2段階、80度にすることにより最低10.5cmのローアングル撮影ができます。

脚を折りたたむことにより自撮り棒のような使い方も。全高20cm、重量250g、カラーはブラック、レッド、ホワイト。一流メーカーでおしれなデザインのミニ三脚をお探しの方におすすめ。

ベルボン(Velbon) ULTRA 353mini

41OGvvdlXcL

商品価格 ¥ 9,817

対応重量は1.5Kgですが、本格的ミニ三脚をお探しの方におすすめのベルボン ULTRA 353mini。脚先端のゴムを握ってひねるだけで、各段を固定・解除することができるウルトラロックを搭載、早く簡単にセッティングできます。広い可動範囲の自由雲台は取り外し可能で、自分の好きな雲台に変更することができます。500mlのペットボトルより少し小さいサイズで、全高47.7mmを実現しています。本体重量は597g。

スリック(SLIK) GX 6400

41Azyew3zVL

商品価格 ¥ 3,626

雲台と本体にプラチックを採用したことで軽量化したファミリー向け4段三脚。全高は154cm、縮長は47cm、重量は1240g、対応重量は1.5Kgで価格も安いので大人気の三脚です。雲台は3WAYでカメラとビデオ兼用、クイックシュー搭載と機能も豊富。初めて三脚を購入する方や、運動会などで三脚を使いたい方などにおすすめ。

マンフロット(Manfrotto) Befree MKBFRA4-BH

41lbivt91-L

商品価格 ¥ 18,581

コンパクトながら安定性があるマンフロットのトラベル三脚。全高144cm、最低高34cm、アルミニウム製の本体は4段式で本体重量は1.4Kg、対応重量4Kgでとても頑丈にできています。特殊な脚折りたたみ機構を採用しているので、格納時は40cmに。付属のバックを使用することで持ち運びも楽チンです。

カラーはイタリアデザインにあった、ブラック・グレー・レッドの3色展開。安定性がある三脚をどこにでも持って行きたい方におすすめ。

ベルボン(Velbon) UT-63Q

31cfCrHrZdL

商品価格 ¥ 29,121

全高は151cmですが、脚を180度反転して折りたたみ、専用の自由雲台を脚の間に収納することで、27.8cmになるトラベル三脚。この三脚のために新たに開発された自由雲台は、大型の丸ノブを採用し、しっかりとした構図調整が可能になっています。

雲台は取り外し可能なので、お気に入りの雲台を付けることが可能。最低高は33cm、対応重量は3Kg、本体重量は1.59Kg。トレッキングなど限界まで荷物をコンパクトにしたい方におすすめ。ミラーレス一眼レフなど重量が軽いなら、同シリーズUT-43Qもおすすめです。

スリック(SLIK) カーボンスプリント 634 DX

31uXF3gOSYL

商品価格 ¥ 39,023

世界最大の三脚の祭典「World Tripod Award 2015」の軽量クラス部門で3位になった「SLIK カーボンスプリント 634 FA」の後継モデル「SLIK カーボンスプリント 634 DX」。カーボンならではの軽さと振動吸収性を持つ小型の三脚。パイプ径22mmと細い脚ですが、対応重量は3Kgです。

全高170cm、最低高19.1cm、縮長54cm、本体重量1.46Kg、クイックシューを搭載した3WAY雲台を標準装備。安いアルミ三脚から買い換える方におすすめです。

ジッツオ(GITZO) GK2542-82QD

31Rp93sAX6L

商品価格 ¥ 142,110

同じく、世界最大の三脚の祭典「World Tripod Award 2015」の軽量クラス部門で1位になった「GITZO GK2542-80QD」の後継モデルの「GITZO GK2542-82QD」。ミドルクラス以上の一眼レフと価格が変わらない三脚は、カーボンファイバー製で全高180cm、最低高28cm。

格納高は68.5cm、本体重量2.45Kgと少し大きいですが、対応重量が18Kgまで可能で、スポーツなど大きなズームレンズを使う方におすすめです。

ビデオカメラにおすすめの三脚

マンフロット(Manfrotto) Compact アクション三脚 MKCOMPACTACN

31r64-m1QHL

商品価格 ¥ 5,380

ジョイステック型ハンドルの雲台を搭載しているコンパクトアクション三脚。直感的に操作できるジョイステック型ハンドルと簡単に写真撮影とビデオ撮影を切り替えられるフォト・ムービーセレクターで撮影用途に合わせて素早くセッティングできます。全高155cm、格納高45.3cm、本体重量1.16Kg、対応重量1.5kg、ブラック・ホワイト・レッドの3色。片手で簡単に操作したい方におすすめです。

ベルボン(Velbon) ULTRA 457 VIDEO

41vLeHICGJL

商品価格 ¥ 11,093

動画撮影に欠かせない、定速で滑らかな動きを可能にしたオイルフリュード雲台と、片手で水平・上下のロックが可能なパン・ティルト同時機構を搭載、ビデオ撮影に特化した三脚です。他のULTRAシリーズと同じようにローアングル撮影が可能で、今までに無い表現が可能。

全高164cm、最低高20cm、格納高43.6cm、本体重量1.54Kg、対応重量2kg。携帯が高いビデオ三脚をお探しの方におすすめします。

スリック(SLIK) アル・ティム 340 HD

415n5RPQlvL

商品価格 ¥ 20,067

脚パイプにAMT合金(アルミ・マグネシウム・チタン合金)を採用し、動画対応タイプの3WAY雲台を装備した小型三脚。2ハンドル式の3WAY雲台は、オイルフリュード式を採用しフリクションコントロールに雲台の動きの固さの調整が可能で、動画撮影や写真撮影ごとに動きの固さが調整できます。

全高161cm、最低高29cm、格納高55.5cm、本体重量1.89Kg、対応重量3kg。対応重量3Kgなので、大きなビデオカメラをお持ちの方におすすめです。