暑い季節に食べると、とくにおいしいアイスクリーム。お店で買うのが普通ですよね。自宅で作れたらいつでも楽しめるのに、と思いませんか。そんな方にはアイスクリームメーカーがおすすめです。自宅で簡単にアイスクリームが作れちゃいます。買うよりも安くつき、たくさん食べることも可能です。多彩なアイスクリームに加えて、シャーベットやジェラートも作れます。そんな魅惑のアイスクリームメーカーについてご紹介します。これで年中アイスクリーム三昧!

アイスクリームメーカーとは

51HAyLFSU0L

By: Amazon.co.jp

アイスクリームメーカーとは、家庭でアイスクリームを作ることができる家電製品のことです。簡単な使い方により、誰でも作ることが可能のことが特徴の1つ。アイスクリームだけでなく、シャーベット、ジェラートも作れます。工夫次第で、無添加アイスや、フルーツをたくさん使ったアイスなど、市販品には難しい、凝ったアイスも自在に作れるのも魅力です。

アイスクリームメーカーの基本的な仕組み

41EbFz4++3L

By: Amazon.co.jp

アイスクリームは、牛乳あるいは生クリームと、卵黄、糖類など材料になる食品を前もって混ぜ合わせたうえで、今度は急激に冷やしつつ、空気と混ぜ合わせながらかきまぜる(かくはん)ことで作られます。手作業でも可能ですが、空気の混ぜ合わせ具合が素人には難しいものです。しかも、空気の混ぜ合わせ具合は、アイスクリーム独特の食感につながっているだけに軽視できません。

かきまぜの手間と労力も大変です。手作業であれば、冷凍庫に入れてから1時間おきくらいにかき混ぜ、空気を含ませる作業をしなくてはなりません。しかも、固まってできあがるまで何時間も必要です。

アイスクリームメーカーは、このうち、材料をかき混ぜながら固める作業の部分を自動で機械的に行ってくれる優れもの。アイスクリーム作成の原理がわかると、いかに便利で重要かわかりますね。

アイスクリームメーカーのメリット

51k0-7MxxvL

By: Amazon.co.jp

手作業では難しいおいしさを実現できるのが大きな魅力。おいしいかきまぜ具合を研究した設計がなされているためです。また、手作業での時間と手間も省けます。コスト面でも材料費と電気代を見ると、一般的な内容の場合、市販のアイスクリームを買うよりも安価に作ることができますよ。一度に好きな量を作れるのもメリットの1つ。

作成時間の調整をすることで好みの固さにするなど、味の追究ができるのもアイスクリームメーカーならではの利点です。市販のアイスクリームに含まれることがある、添加物や保存料、アレルギーの原因となる素材なども入れずに作れます。カロリー制限のある方には、カロリーカット甘味料を使うことで解決できるのも魅力です。

アイスクリームメーカーの種類と特徴

家庭用アイスクリームメーカーには大きく2種類があります。冷凍容器を利用するタイプとコンプレッサータイプです。これは予備冷却の必要の有無による違いで分かれます。

冷凍容器を利用するタイプ

41aRs2T8yvL

By: Amazon.co.jp

冷凍容器を利用するタイプは、材料を入れる容器を事前に冷凍庫で冷やす方式です。容器を半日から1日程度凍らせてから取り出し、その中に冷蔵庫で冷やしたアイスクリームの材料を流し込み、自動でかき混ぜます。

このタイプは、作り始めてからは30分ほど待てば、すぐにアイスクリームが完成。一方、長時間の予備冷凍が必要なので1日に何度もは作れません。容器が冷凍庫に入るスペースを確保する必要もあります。とくに高さ方向の確保は重要です。

シンプルな構造のため、価格も安く、故障しにくいのがメリット。普段から容器を冷凍しておけば、思い立ったら短時間でアイスクリームを作れるのも特徴の1つです。

コンプレッサー内蔵タイプ

51874-wnAsL

By: Amazon.co.jp

コンプレッサー内蔵タイプは、材料を入れたら、本体容器内で冷やしながらかき混ぜてアイスクリームを作ってくれます。事前に容器を冷やす必要がないのが大きなメリットです。それでいて、早くて30分程度で完成します。予備冷凍は不要なので、1日に何度も作れます。冷凍庫に容器を入るスペースも不要。業務用機器をベースにしたモデルが多く、プロ同様の味を家庭用で容易に実現できるのが大きな特徴です。

やや大掛かりで複雑な機器のため、冷凍容器を利用するタイプより高価で、大型な傾向。少量を作るのには向いていません。台所内での置き場所の確保も必要ですね。

アイスクリームメーカーの選び方

方式で選ぶ

41WOnSHmjVL

By: Amazon.co.jp

冷凍容器を利用するタイプかコンプレッサー内蔵タイプを選ぶかは、上記特徴を参照し、より自分に向いた使い勝手のほうを選ぶとよいですね。国内で販売されている家庭用アイスクリームメーカーは、冷凍容器を利用するタイプのほうが一般的で、初心者向けです。迷ったら冷凍容器を利用するタイプをおすすめします。馴れたらコンプレッサー内蔵タイプにするのもよいですね。
 

メーカーで選ぶ

41rYlFohaLL

By: Amazon.co.jp

国内家電メーカーの家庭用アイスクリームメーカーは冷凍容器を利用するタイプが大半です。国内メーカーの安心感が欲しい方には冷凍容器を利用するタイプがおすすめ。国内では貝印というメーカーに定評があります。

アイスクリームメーカーを得意にしていて、市場での人気、評価も高いです。大手ではパナソニックがアイスクリームメーカーに力を入れており、おすすめですよ。

家庭用のコンプレッサー内蔵タイプは海外のメーカーがほとんどです。海外メーカーのコンプレッサー内蔵タイプのなかには、平行輸入品もあり、その場合は、説明書が英文のみ、保証もないことがあります。

また、アメリカのメーカー製平行輸入品は、AC120Vで動作する前提です。変換プラグを使用すればAC100Vの日本でも使用できますが、アイスクリームにとって重要なかき混ぜ具合が変わることがあります。初心者には敷居が高いかもしれません。うまく使いこなせればおいしいアイスクリームを作成できるため、上級者を中心に人気がある海外メーカーは見逃せない存在ではあります。

羽根とモーターが重要です

41UUDMusNFL

By: Amazon.co.jp

いずれのタイプの家庭用アイスクリームメーカーでも、重要な機械的要素があります。ひとつは羽根の形です。アイスクリームのおいしさを左右する、むらのない空気の入り方には、かき混ぜ用の羽根が命。素人が羽根の形だけで空気の入り方を判断するのは難しいですが、インターネット上での評判などを頼りにしてみましょう。

ジェラートを重視する場合は、ジェラート向けの設計の羽根の機種か、ジェラート向けの羽根に交換できる機種もいいですよ。

また、モーターの性能と耐久性も重要ですね。常にモーターを回転させてアイスクリームを作る機器ですから、酷使されるからです。人気機種は、この2つの要素がしっかりしていることでも評価が高いことがうかがわれます。

より一層の楽しみ方

51Z2PYfPzuL

By: Amazon.co.jp

王道のおいしいバニラアイスクリームを追求するもよし、フルーツ入りのアイスをいろいろ試すのもよしと、アイスクリームメーカーの楽しみ方は広がります。豆乳アイス、ヨーグルト入り、リキュール入りなどなども可能です。これら凝った内容のアイスクリーム、ジェラートなどをアイスクリームメーカーで作る際には、インターネット上に多くのレシピが公開されているので、参考にするといいですよ。試行錯誤の必要もなく、さまざまなアイスクリームを楽しめます。

また、アイスクリームメーカーに流し込む「材料」は、手作業で混ぜる必要があります。ただ、混ぜるだけでもアイスクリームはできますが、一層のおいしさを求めるなら、生クリームの泡立てをハンドミキサーを使うなどのひと手間が有効です。こうした奥の深い楽しみ方ができるほど家庭用アイスクリームメーカーの能力も高いと言えます。

家庭用アイスクリームメーカーおすすめ9選

貝印 アイスクリームメーカー DL0272

414sCabQPbL

商品価格 ¥ 9,800

国内メーカーによる、冷凍容器を利用するタイプの定番機種。しっかりとした作りと、よく冷える構造により、おいしいアイスクリームが手軽にできると評判です。直径20.7cm、高さ23cm、重量約2.3kgの本体で、最大1リットルまでのアイスクリームが作れます。保冷ポットのみの高さは約14.5cm程度なのが重要な利点。幅広い冷凍庫に対応しています。

使用後の分解も簡単で、洗浄などのメンテナンスも楽なのもポイント。詳しいレシピも付属し、初心者でも安心ですね。耐久性の高さにも定評があり、他の家庭用アイスクリームメーカーと比較して、アイスクリーム愛好家の信頼も厚い機種です。

おいしいアイスクリームを作るには、一度に500ml程度の作成にすることがおすすめです。予備冷凍をしっかり行うこともポイントですよ。

パナソニック(Panasonic) コードレスアイスクリーマー 電池式 BH-941P

41mNPK2QtWL

商品価格 ¥ 4,880

予め作っておいたミックスした材料を容器に入れ、予備冷凍なしで作る方式であることが最大の特徴。本体にバッテリーを内蔵することで実現しています。他のアイスクリームメーカーと比較して、予備冷凍の手間のなさは大きな魅力です。電源には低温に強いリチウム電池CR123Aを2個使用します。気になる電池寿命は約25回分なので、毎日作り続けても1か月弱程度持ちますよ。

ステンレス製のボウル内の羽根を回転させ、材料をかき混ぜる仕組みを採用しています。直径167mm×高さ135mmのコンパクトな本体は、幅広い冷凍庫で使用可能です。付属のレシピにはバニラアイスクリームのほか、抹茶入り・フルーツ入りなどのアレンジ系、豆乳やヨーグルトを使ったヘルシータイプ、そしてシャーベットと、計11種類掲載。購入後すぐにいろいろなアイスを楽しむことができます。

予備冷凍は不要ですが、アイスクリームができあがるまでは数時間ほど必要です。

貝印 chuboos! CBぐるぐる アイスクリームメーカー FP-5227

41bu3088fxL

商品価格 ¥ 9,800

一度に3種類のアイスクリームを作れるのが他の家庭用アイスクリームメーカーと比較しての最大の特徴です。予備冷凍が必要な冷凍容器を利用するタイプで、同時に違う味を楽しむことが難しい問題を解決しました。小型容器を3つ装備することで、少量ずつ3種類のアイスクリームの作成を実現しています。

アイスクリームメーカーに定評のある貝印ならではのしっかりとした作りと、メンテナンスのしやすい設計で、使いやすいです。カラフルな本体デザインは台所のインテリアにも映えます。お子さんにも喜んでもらえそうなアイスクリームメーカーです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 電動アイスデザートメーカー DID-1420

41AtWe8bqzL

商品価格 ¥ 3,100

総量で250mlのアイスクリームが作れる冷凍容器を利用するタイプのコンパクト機。簡単3ステップ、予備冷凍後に材料を入れてから15分で作れることが売りです。30分程度かかるタイプが普通ですので、他の家庭用アイスクリームメーカーと比較して、この早さは魅力。食事の前に作り始めると、食後にはできあがっちゃいます。

一度に少なめに作りたい方にもおすすめ。牛乳とゼラチンを入れて作る新感覚スイーツ「アイスぷりーむパフェ」レシピが付属するのもおすすめポイントです。

アイスクリーム三昧 FP-167

41jXOhgQoSL

商品価格 ¥ 580

パナソニック同様、本体に電池を内蔵し、予備冷凍なしで冷凍庫内で作成するアイスクリームメーカー。混ぜ合わせたアイスクリームの材料を本体に入れ、2~3時間、冷凍庫に入れておくと完成です。センサーを内蔵し、適切なかくはんを行います。2つ同時に別々の種類のアイスクリームを作れるのもポイント。

これだけの便利機能を持ちながら、他の家庭用アイスクリームメーカーと比較してリーズナブルな価格を実現しているのもうれしいですね。パティシエ・わたなべうつみ氏監修の、簡単・おいしいアイススイーツレシピブックが付属。本格レシピで楽しめます。とりあえず買ってみようという人におすすめです。

ツインバード(TWINBIRD) 電動アイスクリームメーカー KI-4665W

319XWR7HDHL

商品価格 ¥ 12,800

冷凍容器を利用するタイプで、容器の大きさが業界最小クラスなことが特徴。直径14.5×高さ13cmの冷凍容器は、小さな冷凍庫でも置き場所を確保可能です。他機種の容器が冷凍庫に入らないことで家庭用アイスクリームメーカーをあきらめていた方におすすめですよ。本体も幅18×奥行18.5×高さ29.5cm、重量3.2kgとコンパクト。

クリーミーな口当たりのアイスクリームを志向した設計のかくはん用羽根デザインも特徴です。付属のクッキングガイドには、10種類のオリジナルレシピを掲載。初心者にもおすすめです。

クイジナート(Cuisinart) アイスクリームメーカー ICE-30BC

41ozfNtAdUL

商品価格 ¥ 16,300

クイジナートはフードプロセッサーなどの一流ブランドとして世界的に評価の高いアメリカのキッチン家電メーカーです。伝統的で代表的な西洋菓子でもあるアイスクリームは欧米が文化的に浸透。アイスクリームメーカーも、より高度な内容や機能で市場を形作っています。家庭用アイスクリームメーカーも日本とは異なり、より本格的とされるコンプレッサー内蔵タイプが主流です。

ICE-30BCは海外メーカー製としては珍しい、冷凍容器を利用するタイプ。他の家庭用アイスクリームメーカーと比較して、海外メーカーならではの品質を手軽に楽しむことができます。容量が大きめで一度にたくさん作りたい方にもおすすめです。冷凍庫内に置き場所の確保は忘れずにチェックをしてください。

クイジナート(Cuisinart) アイスクリーム・ジェラートメーカー 並行輸入品

41Glfe-SCcL

商品価格 ¥ 51,460

日本で販売されているコンプレッサー内蔵タイプアイスクリームメーカーの代表機です。材料を入れたら、本体容器内で冷やしながらかき混ぜてアイスクリームを作ってくれるので初心者でも簡単。予備冷凍も不要です。世界的に定評のある家庭用モデルで、行き届いた設計により、おいしいアイスクリームを短時間で作ることができます。

ジェラート用とアイスクリーム用の2種類のかき混ぜ用羽根が付属。取り替えることでジェラートも高品質に作れます。ジェラート派も必見の機種です。サイズは約47×35×29cm、重さ約14Kg、ボウル容量約1.4リットルと、大きめのサイズのため、一度に多めに作る人におすすめ。存在感のあるデザインもまるでプロ用のような雰囲気です。

家庭用ではありますが業務用と同じ原理の製品でもあり、実際に飲食店で使用している方も多数います。他のアイスクリームメーカーと比較して、味のよさが何よりも魅力の1つ。趣味の領域を超えた本物のアイスクリームを目指したい方にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) コンプレッサー付アイスクリームメーカー GM6000

41Ih97xThjL

商品価格 ¥ 64,199

本格ジェラートを楽しみたいのならこれがおすすめです。デロンギはコーヒーメーカーを得意とする、イタリアの世界的キッチン家電メーカー。GM6000はコンプレッサー内蔵タイプの家庭用アイスクリームメーカーです。シルバーの輝かしい塗装に、スタイリッシュなデザインが魅力的。コンプレッサー内蔵タイプの使い勝手を備えており、アイスクリームを簡単に作成できます。

サイズは32cm×40cm×25cm、容量1リットル、15kgの大きさで、大容量向けです。

材料を上から下までムラなく上手に混ぜられるかき混ぜ用羽根の装備が特徴。これによりアイスクリームはもちろん、ジェラートもおいしく作れます。イタリアのメーカーだけに当然、力が入っている部分です。もうこれで本格的なイタリアンジェラートを、イタリアに行かなくても楽しめますね!