自然界に学び続ける人類。

飛行機の燃費や性能を飛躍的に伸ばしたウィングレット(適切な角度に曲げた主翼先の小さな翼)に見られるような自然界から学ぶ知恵。本当に奥が深いですね。そしてまた新たなストーリーが生まれました。ご紹介しましょう、タコにインスパイアされたソックリすぎな人工アームです!

タコの腕にソックリ!

今回ご紹介するタコの腕(足とも呼ばれる)にインスパイアされて開発されたアームはOctopusGripper。グニャグニャな触手のような"腕"と吸盤はもうタコそのものです!

ソッとつかめます


シリコン製の"タコの腕の先"(画像の青く見える部分)は空気の圧力で内側に曲がり、対象物に沿う形で巻き付きます。そして、内側の2列の吸盤も空気の力でバキューム。クネクネ曲がる腕とバキュームする吸盤で、さまざまな形の物をソッとつかめるようになりました!

より安全なロボット開発のために

OctopusGripperは人間とロボットが一緒に働く環境で活躍するに違いありません。開発元のFestoは、象の鼻のような動きをするソフトなアーム型ロボットなど、合わせて2体とOctopusGripperを合体。

この合体により、イロイロなものを確実にしかもやさしくつかめるだけでなく、万が一、同じ現場で働く人間と衝突した場合も、まったくケガを負わせることがないとのこと。素晴らしい!

OctopusGripperに見られるような、生物にヒントを得たテクノロジーを発信しつづけるFesto。"新作"がとても気になります!