大人の筆記用具といえば万年筆を思い浮かべる人も多いと思いますが、忘れてはならないのがガラスペンです。名前の通りガラスでできたペンで、使い込むほどに味が出てくる筆記用具です。また、書き味もさることながらガラスペンはその美しさも魅力の1つ。ガラスペンの構造上、万年筆のようにインクを内蔵するのではなくインク瓶にペン先をつけて書くため持ち運びには向いていませんが、自宅で思いを込めて文章を書くのであれば最高の選択肢だと思います。今回はガラスペンの基本とおすすめのガラスペン4選を紹介します。

ガラスペンの基本情報

そのおしゃれなデザインとガラス製ということから、ガラスペンの起源はヨーロッパなどの外国をイメージする方が多いかもしれませんが、実はガラスペンの発祥は日本です。1902年に風鈴職人の佐々木定次郎によって考案されました。確かに言われてみれば、ガラスペンの佇まいは風鈴に通ずるところがありますよね。

ガラスペンはペン先に細かい溝が入れてあり、インクを浸した際に毛細管現象によってインクが吸い上げられることで書くことができます。一回インクに浸せばはがき1枚分は筆記することができ十分な実用性を持ちます。また、使い込むことでペン先が滑らかになりエイジングを楽しむことができます。

ガラスペンのおすすめポイント

ポイント1:何と言っても見た目の美しさ

ガラスペンの最大の魅力は何と言ってもその見た目の美しさです。ガラス独特のぬめりのある透明感とひねり加工などによる装飾はさながら工芸品と言ってよいでしょう。ガラスペンはその美しさから贈り物としても重宝されています。

ポイント2:お気に入りのインクを楽しめる

ガラスペンはつけペンの1種なので、自分の好きなインクを楽しむことができます。専用のインクはないのでいろいろなメーカーのインクを比較して楽しんでみても面白いかもしれません。また、インク瓶とセットにしておしゃれなインテリアとして楽しむこともできます。

ポイント3:お手入れが簡単

ガラスペンは万年筆などと違って複雑な機構を持ちません。使用後は簡単にペン先を水洗いして水気を拭き取ればOKです。万が一洗い忘れてもぬるま湯につけることでインクを落とすことができます。

ポイント4:実用性が高い

工芸品としての側面が前面に出てしまい、誤解されがちですがガラスペンは非常に実用性の高い筆記用具です。1回のインク付けで十分な筆記量を確保できます。また、落として割れてしまわなければ基本的には半永久的に使用のできる耐久性の高い筆記用具でもあります。

おすすめ商品4選

エルバン(J.HERBIN) ガラスペン ねじり&ミニインクセット(パープル) HB21277set

414ZQWSqZfL

フランスの老舗インクメーカーのエルバンから、インクとセットになったガラスペンです。初めてガラスペンを買ってみるという方にはインクとセットになったものをおすすめします。使ってみてガラスペンの良さを体験してみましょう。エルバンは入門用のガラスペンとして特におすすめです。

シピン(Cipin) ガラスペン S006

317Oxl2srTL

こちらもエルバンと並んで人気のシピンのガラスペンです。持ち手のところがぷっくりと膨らんでいるドロップ型のグリップを採用し書きやすさを確保しています。ドイツのメーカーらしい温かみのある作りになっています。透き通る青色が綺麗ですよね。

トマージ(TOMMASI) ベネチアガラスペン 7175RO-RD

41O2hgJQFKL

イタリアのメーカー、トマージからベネチアングラスを使ったガラスペンです。金粉を散らしたベネチアングラスらしい華やかな軸が特長です。1つずつハンドメイドで作られた職人技によるこのガラスペンは他では真似のできない豪華な装飾を誇ります。観賞用や贈答用にもおすすめの逸品です。

佐瀬工業所 オリジナルひねり 10.5mm

A55_I1

By: glasspen.jp

最後に紹介するのは、ガラスペンの生みの親、佐々木定次郎のガラスペン作りの技法を唯一受け継ぐ佐瀬工業所のガラスペンです。オリジナルの名に恥じない完璧な描き心地と、工芸品としての完成度を兼ね備えた逸品。1つずつ丹念に手作りしていることに加え、非常に人気の商品のため注文をしても納期待ちの状態ですが、ガラスペンのオリジナルを堪能したい人は手にしてみてはいかがでしょうか。