ビデオカメラは春と秋に2回のモデルチェンジがあります。それぞれ入学・卒業式シーズンと運動会シーズンで新しいモデルを投入しているわけですが、今回は2015年秋モデルのパナソニックのビデオカメラについて紹介したいと思います。

パナソニック(Panasonic) HDビデオカメラ HC-V360M

617BRGg1fkL._SL1419_
パナソニックのビデオカメラのエントリーモデル。光学ズーム40倍とデジタルズームを併用して最大90倍ズームしてもきれいに撮ることができるビデオカメラです。

傾き補正や光学式の5軸手振れ補正と電子式の手振れ補正を併せたハイブリッド手振れ補正を搭載し、傾きや振れの少ないきれいな動画を撮影することができます。また、本体重量もおよそ213gと非常に軽く、持ち運びやすく、長時間の撮影でも疲れにくいビデオカメラになっています。

パナソニック(Panasonic) HDビデオカメラ HC-W570M

61Qe-LpP-ML._SL1479_
パナソニックのビデオカメラのセミエントリーモデル。光学ズーム50倍とデジタルズームを併用して最大90倍ズームしてもきれいに撮ることができるビデオカメラです。

360M同様に傾き補正やハイブリッド手振れ補正を搭載し、傾きや振れの少ないきれいな動画を撮影することができます。液晶モニターの横にあるサブカメラでワイプ撮りが可能となっていて、被写体だけではなく、撮影者も同時に撮影することができます。風音キャンセラーも搭載しているので、風音もなく撮影することができます。内蔵メモリが32GBとなっていて360Mの倍の時間を録画することができます。

パナソニック(Panasonic) HDビデオカメラ HC-W870M

716CIevIGgL._SL1500_
パナソニックのビデオカメラのミドルモデル。光学ズーム20倍とデジタルズームを併用して最大50倍ズームしてもきれいに撮ることができるカメラです。

360Mや570M同様に傾き補正やハイブリッド手振れ補正、サブカメラでのワイプ撮りにも対応しており、さらにスパースロー動画が撮影でき、決定的瞬間をスパースローで録画・再生することができます。真っ暗な室内で赤外線を使って撮影できるナイトモードも搭載しているので、ビデオ撮影の幅が広がります。

パナソニック(Panasonic) 4Kビデオカメラ HC-WX970M

81BqRDn74LL._SL1500_
パナソニックのビデオカメラのハイエンドモデル。光学ズームが20倍とデジタルズームを併用して、フルハイビジョン動画撮影時には最大50倍ズームしてもきれいに撮ることができます。

360M、570M、870M同様に傾き補正、ハイブリッド手振れ補正、サブカメラでのワイプ撮り、スパースローにも対応しているだけではなく、4K動画撮影にも対応しています。思い出や日常を高画質で保存することができるビデオカメラとなっています。