ちょっとした隙間時間に、本を読んだり、映画を見たり、ゲームをしたり。スマホの画面じゃ小さすぎて十分に楽しめないアプリケーションも、タブレットなら満足いくサイズだし、PCのように重たい物を持ち運ぶ必要もなくなります。PCとスマホの中間であり、それぞれの良いところを兼ね備えたタブレット。これから初めてタブレットを買ってみようと思われている方もいるでしょうし、より早く快適な新型タブレットに買い換えたいと考えていらっしゃる方も多いでしょう。
 
しかし、値段が高いと、どうしても悩んでしまうところではあります。「iPad が良いのは分かるけど、高い!」と思っていらっしゃる方には、やはりお手頃価格の Android タブレットがオススメです。タブレットにおける価格と機能のバランスをどのように考えたら良いかお悩みの方に向けて、1〜2万円台のリーズナブルなオススメ Android タブレットを一挙ご紹介しちゃいます!
 

ASUS MeMO Pad 7

 
81qivsxwecL._SL1500_
 
タブレットを新しく購入する時に、まず大事なポイントとしては、どのサイズを選ぶかということ。7インチのタブレットは、カバンの中に忍ばせて、いつでも気軽に使いたいという方にぴったりの大きさです。コンパクトで軽いものが良いという方は、まずお店に行って、7インチタブレットを手に取ってみられると良いでしょう。きっと、その使いやすさに惚れ込むはずです。
 
ASUS の7インチタブレットは、25000円程度と比較的リーズナブルな価格と、MicroSDカードを使えるなどの機能で、非常に人気がある機種です。性能についても、優秀そのもの。インテル社の4コアCPUを採用して、とても快適な処理速度を実現。また、ディスプレイにはIPS液晶を採用し、フルハイビジョン表示可能です。画像密度も321ppiという高品質を提供しています。更に、279g、8.3mm のサイズ感は、ポータビリティー性抜群。スタイリッシュなデザインも人気の要素。また、消費電力に関しても、11時間連続使用できるという優れものです。
 
優れた機能と価格のバランスを取りたいという方には、きっと最良の選択肢の1つとなるでしょう。
 

 

Nexus7

 
71KXozAo8oL._SL1500_
 
価格の安さと高性能を両立した、人気商品。Nexus というキーワードは、iPad に次ぐ1つのブランドとして定着していると言っても、過言ではないでしょう。
 
メーカー直販であるため、Android OS のアップデートが早いことが特徴。Google Play で提供されるアプリを最大限活用していきたい方には、ぴったりです。2万円の価格で、290gの軽量性、1,920×1,200 で323ppiの高精細解像度を持つディスプレイも十分魅力的ですし、赤外線通信や、ワイヤレス充電などの幅広い機能もサポートしています。
 
2013年モデル以降は販売されていない商品であるため、CPUの速度が若干劣っていたり、MicroSDカードが使えなかったりなど、少し弱点はありますが、それを差し引いても十分に満足できる内容と言えるでしょう。
 

 

Mediapad T1 7.0

 
t1_s01
 
1万円という価格の安さに加えて、様々なハードウェア機能を備えた、リーズナブルタブレットの決定版と言える商品。重さ約278g、薄さ約8.5mmという、MeMO Pad に引けを取らないポータビリティー性を持ち、4,100mAhの大容量バッテリー搭載で、動画再生時間は12時間までOK。長時間利用にも最適なタブレットだと言えるでしょう。
 
アルミマグネシウム合金を使った筐体も、スタイリッシュなデザインで、なかなかのセンスの良さが伺えます。クアッドコアCPU、IPSディスプレイ、高性能GPSなどのハードウェアスペックも、他の2万円台タブレットと比較して、まったく遜色ありません。また、動画・音楽の再生フォーマットも非常に幅広くサポートしていますので、クリエイティブな活動をタブレットで行う人にとっても、十分に使いやすいと言えるでしょう。
 
スペックの良さとリーズナブルさを両立できるタブレットを探している人にとって、とても満足のいく商品です。

 

NEC LaVie Tab S

 
81Yr7KuKqXL._SL1500_
 
日本のメーカーも負けてはいません。NECが提供する8インチタブレットは、
28000円という価格に比べて、ハードウェアスペックが高いのが特徴です。ディスプレイは、高級で視認性が高いIPSパネルを採用し、1920×1200の高解像度。インテル社の高性能なクアッドコアCPUを備え、動きは快適そのものです。MicroSDカードを搭載できるのも、嬉しいポイント。
 
重量が644gと少し重たいのが弱点ですが、7インチではサイズが足りない人や、国内メーカーならではの手厚いサポートを期待する人には、ぴったりの商品だと言えるでしょう。
 

 

HP Slate7 Extreme

 
31uCEPHmpSL
 
HPが提供するのは、スタイラスペンが付いた2万円台のリーズナブルタブレット。鉛筆のような繊細な描画を実現し、写真に手書きのメモを添えてメールで送ったり、画像のうえにイラストを描いてSNSやブログにアップしたりなど、幅広い使い方が可能です。
 
NVIDIA Tegra 4クアッドコアCPUを搭載しているので、ヘビーな3Dゲームや高解像度の動画もサクサク動き、アプリケーションの世界にどっぷり浸かることができます。更に、HDMI接続端子が付いているので、大型のテレビやディスプレイに接続して、大画面でゲームや動画を楽しむことも可能です。
 
幅広い楽しみ方を提供してくれながら、値段も抑えているのは、非常に魅力的だと言えるでしょう。
 

 

Lenovo Yoga Tablet 8

 
81+fRHc7aCL._SL1500_
 
「誰もがストレスなく使えるようにすること」をコンセプトに掲げたこの商品は、
とてもユニークなハードウェア構造を持っています。なんと、形を変形して3種類のモードを体験できるのです。
  
「ホールドモード」では、手になじむ独自のバッテリーシリンダーにより、
重量を感じないグリップが可能に。片手で持っても手首に負担がかかりにくく、立ちながら使うような時にも、ストレスフリーです。 
 
「チルトモード」では、バッテリーシリンダー部のスタンドを出すことで、
見やすくタッチ操作しやすい角度での固定が可能に。タイピングも快適で、ネットサーフィンや、テキストの記入、オンラインショッピングなども楽々行うことができます。
  
「スタンドモード」では、独自設計のスタンドにより、タブレットを自立させることが可能に。動画の視聴、ビデオチャットなどをハンズフリーで行えるので、リビングルームでソファに座りながらなど、リラックスモードでタブレットを楽しむことができます。
 
低音もしっかりと表現するスピーカー、高性能Webカメラ、長時間バッテリー、IPSディスプレイなど、その他のハードウェアスペックも充実しています。こだわりの機能をストレスなく使いたい方には、とてもオススメできる商品です。