手帳、メモ書き、ホテルのチェックイン…携帯電話などの電子機器が発達した昨今においても、意外と気づかないところで文字を書くシーンは多いものです。そんな時にすっとこだわりを感じる万年筆で手元に華を添えてみませんか。今回は、見る人にはわかる、機能も外観も素晴らしいこだわりの万年筆をご紹介したいと思います。

Pelikan(ペリカン)スーベレーンM400

4-1

ドイツのマイスターによる精密な仕上がりで世界中の文豪にも愛される老舗ブランド。そのPelikanの高い人気を誇る『スーベレーンM400』シリーズ。深い緑をたたえた縞模様は、長い時間見つめていても飽きません。

PILOT(パイロット)エラボー

4-2

1918年創業。日本が誇る、筆記具老舗ブランド、PILOT。書き味にこだわるカスタムシリーズをはじめ、蒔絵シリーズなど、数多くの傑作が存在します。傑作・エラボーシリーズはその中でも特に書き味を追求した一品。

PLATINUM(プラチナ)センチュリー

4-3

1919年『中谷製作所』として創業。1942年より『プラチナ萬年筆』として美しい文字を書くことを第一に考えた万年筆作りを開始。センチュリーは、そんなプラチナが『新たな理想の万年筆』を目指して誕生した伝統と技術の集大成とも言える一品。

PARKER(パーカー)ソネット

4-4

デュオフォールドなど歴史に残るロングセラーを持つ名門ブランド。矢羽クリップに象徴される革新的な精神で、時代を常にリードした万年筆作りを行っています。ソネットは書き味もさることながら、その美しいフォルムが特徴。特にこのレッドボディにあしらったゴールドのトリムが美しい。

LAMY(ラミー)Studio(スタジオ)

4-5

斬新な機能美を追求するドイツのブランド。世界中のデザイナーとのコラボレーションで生み出された傑作は数多くの国際的デザイン賞を受賞している。Studioシリーズは、その無機質な表面と有機的でなめらかな曲線美をたたえた一品。その、ペンの重さで書くような書き味は、やみつきになることでしょう。

4-5

SAILOR(セーラー)プロフェッショナルギア

4-6

1911年に広島の呉で創業。職人技が生み出すこだわりのペン先は日本語の書きやすさを追求したものとなっています。プロフェッショナルギアは『荘厳と品位』をテーマにした堂々たる風貌。文筆業をはじめとして、幅広い方に、満足した書き心地を提供します。

大西製作所 セルロイド・流星

4-7

世界的に有名な万年筆職人・加藤清氏のもとで研鑽を積んだ大西慶造氏により創業された万年筆メーカー。書き味のみならず、そのフォルムにもこだわった作品が多いのが特徴。セルロイドでできた流星シリーズは、繊細かつ優美な日本的な感覚のもとに作られた美しい一品。