毎日のワードローブに、カジュアルシャツは入っているでしょうか? カジュアルシャツは一枚あると便利なアイテムで、コーディネートの助けになってくれますよね。今回は、カジュアルシャツのメンズコーディネートをご紹介します。サイズ、全体の色バランスを整えるだけで垢抜けた着こなしになると思いますよ。

カジュアルシャツのメンズコーデ

ベーシック

By: wear.jp

シンプルベーシック。着丈、パンツのサイズなど体型にとても合っていて、洋服を知っている人がするサイズバランスですね。流行り廃りのないスタイルですし、ワードローブにこういうのは持っておくといいでしょう。

デニムシャツ×デニム

By: wear.jp

素材違い、生地違いのデニムのコントラストがいいですね。かなり難しいコーディネートかと思います。写真のように、裾丈が短めでもいいですが、スリムタイプのジーンズとコーデしてもいいですね。

柄物シャツ×ショーツ

By: wear.jp

全体の色の統一が良いので、柄物シャツもスッキリと。メインのブルーとホワイトが他のアイテムに上手く溶け込んでいます。夏らしいカジュアルシャツの着こなしですね。

マンダムですねぇ

By: wear.jp

夏にこのストールを捲ける人はなかなかいません! ショーツ、シャツとカジュアルな印象を与えるアイテムですが、上品さは失われていませんね。小物使いのバランスが目立つのではなく、着こなしに溶け込んでいる使い方も参考に。

カジュアルシャツにおすすめショートパンツブランド

今年のトレンドの1つである、アウトドアブランドがリリースするショーツがおすすめです。サイズがジャストのモノを選べば、トレンド感がある着こなしになりますよ。

グラミチ(GRAMICCI)

スクリーンショット 2015-07-13 17.40.14

ストリートシーンでもアウトドアだけはなく、ファッションとして受けいられているグラミチ(GRAMICCI)。ガチ過ぎないアウトドア感がバランスがいいですよ。柄物よりも無地でベーシックなアイテムがおすすめ。

コロンビア(Columbia)

スクリーンショット 2015-07-13 17.46.43

アウトドアブランドがリリースする、履き心地バツグンのショーツ。コロンビア(Columbia)が出すショーツは、股に立体構造のパターンを採用。動きやすい設計と、街中でも使えるシンプルなショーツはコーディネートを助けてくれるでしょう。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

スクリーンショット 2015-07-13 17.49.44

先ほど紹介した、2つのブランドと並ぶ安定と信頼感がバツグンのブランド。アウトドア好きには当然のブランドですよね。カジュアルシャツとバランスを取るためにハイブランドもいいですが、ライフスタイルを提案しているアウトドアブランドが今はおすすめ。