よく使う調味料といえばお醤油。まさか買ったままのボトルから使っていませんよね? 醤油差しを選ぶ時は、テーブルに出しっぱなしにしていてもよいデザインなのはもちろん、重要なのは液だれしないこと。液だれって、本当にストレスが溜まります。そこで今回は、いろいろな醤油差しの中から、デザインのよいことはもちろん、ストレスフリーなおすすめのたれない醤油差しを集めてみました。

iwaki フタ付きしょうゆ差し

1

良質なガラスのキッチンウェアで有名なiwakiの醤油差し。無駄のないシンプルなデザインで、食卓を美しく清潔で機能的にしてくれます。きれがよく細く注げる口なので、液だれの心配がありません。また、密栓度を高めた三層のパッキンを使用してあり、外して洗うこともできるので清潔に保つことが出来ます。また、フタが付いているので、醤油の風味を保ちつつ、虫やホコリが入るのを防いでくれます。

岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ

2

江戸硝子の伝統的な製法で作られている岩澤硝子の江戸前すり口醤油注ぎ。職人がひとつひとつの栓と本体をすり合わせて液だれしないように作ってあります。職人手造りならではの味わい深さや独特のデザイン性が魅力です。大量生産と違い、ひとつひとつがオリジナルというのもうれしいところですね。

THE 醤油差し

3

何をおいても液だれしないことを第一に考えられ作られたTHE 醤油差し。「世界一美しい、液だれしない醤油差し」を目指し、何度も試作をしきもちいほどの醤油きれのよさを実現したそうです。透明度の高いクリスタルガラスを使用し、底を厚めにし倒れにくい構造の形状に。サイズは鮮度が落ちないうちに使いきれる容量にしてあります。

iwaki 密閉醤油差し

4

iwakiの密閉タイプの醤油差し。密閉式のフタがついており、醤油の風味を逃さないのが特徴です。空気穴を抑えることで、出る量を調整することが出来ます。ノズルはシリコーン製できれが良く、耐熱ガラス製の本体は熱湯消毒が出来るので、清潔に保つことが出来ます。

ルジェ 醤油

5

東洋佐々木ガラスのカットが美しい醤油差し。手造りならではの絶妙なバランスと美しい曲線を実現しており、芸術性の高さが伺えます。セミレッドクリスタルを使用しており、ソーダライムガラスの丈夫さ、軽さと輝き、透明感を兼ね備えたガラスの醤油差しです。

ポーレックス タレない! セラミックしょう油さし

6

その名の通りタレない!醤油差しです。注ぎ口がシリコーンでできているので、液だれを防ぎ心地よく使える上、欠けてしまうという心配もありません。キャップ部分にもシリコーンが使われているため、押さえなくてもフタが落ちないのもうれしいところです。

しょうゆ ちょいかけスプレー

7

液だれしない究極はスプレータイプ。醤油が細かい霧状に出るので、少量でも味が均一に馴染んでくれます。ワンプッシュ約0.1cc出るので、塩分摂取のコントロールがしやすくヘルシーな上、経済的なのがうれしいですね。調理中にも片手でひと吹きなので使いやすそうです。