プリメインアンプってご存知ですか? 実はプリメインアンプ、スピーカーで音楽を鳴らすために必要不可欠な機器なんです。幅広い価格帯で、数多くの種類や大きさのプリメインアンプが発売されています。最近はパソコンと接続してのハイレゾ再生が注目されているだけに、ハイレゾ対応機も多くなっています。

一方、伝統的なレコード再生を楽しむ人もいて、音楽再生の世界は広がるばかり。今回は、どれを買ったらいいのか迷っている方へ、プリメインアンプの基本や選び方、おすすめ機種までをご紹介します。

プリメインアンプとは

YAMAHA-A-S301

By: Amazon.co.jp

プリメインアンプとは、プリアンプとパワーアンプを一体化したアンプのことです。プリアンプとは、各種入力の切り替えと音量や音質の調整、電圧の増幅を行うアンプ。プリアンプの信号を受けて、スピーカー(パッシブタイプ)の音を鳴らせる大きさに、信号を増幅させるアンプを、パワーアンプと呼びます。

要は各種再生機器とスピーカーの間に接続し、入力切替とボリュームと音質調整機能を備え、パッシブタイプのスピーカーを実際に鳴らすために必要不可欠な機器です。

プリメインアンプの選び方

必要な入力や機能を確保しよう

DENON_PMA-390RErea

By: Amazon.co.jp

プリメインアンプは、CDプレーヤーやカセットデッキなどのアナログ音声出力に対応したアナログ入力を装備することが基本です。それに加えて、レコード再生に必要なフォノ入力を持つものが従来一般的でした。

近年は、CDに加えてブルーレイなどのデジタル音声出力機器の増加により、デジタル入力を持つものや、さらに、パソコンを使ったハイレゾオーディオにも対応するためのUSB入力、ネットワーク入力を持つものも出てきています。

自分の目的や必要性に応じた入力を備えたプリメインアンプを見極めることも大事です。

必要な出力(パワー)や大きさを確認しよう

DENON_PMA-50_2

By: Amazon.co.jp

プリメインアンプは高価になるほど出力が大きく、本体も大きく重くなる傾向があります。ですが、誰にでも高価なものをおすすめすればいいものでもありません。パソコンを使ったハイレゾ音源再生の隆盛により、デスクトップでオーディオを展開する方も増えています。

そのような環境では聴取位置とスピーカーの距離も近く、スピーカーから必要な音量を出すのに大きな出力は必要ありません。たとえば10W+10W程度で足りることもあります。

また、デスクトップには大きく重い筐体は邪魔になりますから、コンパクトで軽量なほうが有利になります。逆に大空間で大きなスピーカーを思い切り鳴らしたい人には大型の大出力モデルが向いていることになります。

動作方式による違いもあります

GS-01

By: Amazon.co.jp

プリメインアンプは、おもにパワーアンプの増幅素子や動作方式の違いによっての分類もあります。それぞれの方式で音質傾向や電気的なメリットの違いがあり、プリメインアンプの個性の原因のひとつになっています。たとえば、真空管を増幅素子に採用した場合、出力は小さく、電気的な効率も低めですが、温かみのある音が一般的に出るといった傾向です。

増幅素子としては半導体を使用したソリッドステート方式が電気的な効率から一般的です。また、A級、AB級、D級といった動作方式による分類が別にあります。

おすすめプリメインアンプ10機種

Lepy デジタルアンプ 新モデル LP-2024A+

lepy_LP-2024A+

小型で軽量、しかも安価なプリメインアンプの製作が可能なアンプ動作方式として近年幅広く採用されているD級増幅方式。デジタルアンプとも呼ばれます。かつては電気的効率はよくても高音質を実現することが困難でしたが、技術の進歩により採用が広がっています。

本機もD級を採用し、合理的な設計を施すことでデスクトップ使用に十分な20W+20Wの出力とコンパクトな本体を、なんと5千円程度の価格で実現しています。アナログ入力2系統に音質調整機能もあり、機能も十分備わっています。

できるだけ安価にプリメインアンプを試してみたい人にもおすすめです。

デノン(DENON) プリメインアンプ PMA-390RESP

DENON_PMA-PMA390RESP

日本のオーディオメーカーはプリメインアンプ分野において、コストパフォーマンスのよさと多機能性で長年世界の市場をリードしてきました。本機はそのなかでもとくにコストパフォーマンスを含めた総合性で定番の位置を占め続けている名機のシリーズ最新機。

出力50W+50W(8Ω)で、アナログ入力とフォノ入力に対応。実売3万円程度のAB級アンプとして最高レベルの出力、多機能性、音質を実現しているとの評価を確立しています。どの音楽ジャンルにもマッチするバランスの良音も人気の秘密。

大きな音をリーズナブルに出したい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) USB DAC アンプ ブラック UDA-1/B

SONY_UDA-1

オーディオメーカーとして世界的な大企業であるソニー。プリメインアンプにも多くの製品とノウハウを蓄積しています。本機はデスクトップオーディオ向けのコンパクトさと、パソコンと接続してのハイレゾ再生に対応するなど多機能を両立。ハイレゾは192/32bitまでのPCMと5.6MHzサンプリングのDSDに対応するハイスペックです。

Android搭載ウォークマンを接続してハイレゾ音源を再生することも可能なのもソニーならでは。アンプ部分は最近の小型アンプに多いD級方式を使用せず、AB級方式を採用し、最大出力23W+23W(4Ω)を実現しています。ハイレゾ再生向けの繊細で緻密な再現が得意です。

PCやウォークマンと連動させてデスクトップオーディオを組むのにおすすめ。

デノン(DENON) プリメインアンプ ハイレゾ音源対応 PMA-50

DENON_PMA-50

デノンは伝統的にAB級プリメインアンプを得意にしていましたが、最近は小型で大出力が得られるD級アンプも開発しています。本機はアンプ増幅部にCSR社のDDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)テクノロジーを採用したフルデジタルD級プリメインアンプ。デジタル音源については、入力から出力まで一貫してデジタル処理を行うことで、変換による音質劣化を抑えているのが大きな特徴です。

最大出力が50W+50W(4Ω)と小型機にしては大きいのも利点。DSD 5.6MHzとPCM 192kHz/24bitの入力に対応したハイレゾ対応USB入力のほか、各種デジタル入力、アナログ入力を装備しています。

デスクトップオーディオ向けのコンパクトプリメインアンプが内外で増えているなか、多機能と出力の大きさの両立で注目したい機種です。デスクトップで使いつつも、大きな空間での大出力も時には欲しい方にも本機をおすすめします。

トライオード(TRIODE) 真空管式ステレオ・プリメインアンプ RUBY

TRIODE_RUBY

温かみのある音と独特の雰囲気を持つビジュアルで、オーディオマニアならずとも心引かれる真空管プリメインアンプ。従来は高価な製品も多く、一般的に購入しづらい印象もありました。

トライオードは比較的低価格な真空管プリメインアンプもラインナップすることで、近年注目を浴びている日本のメーカーです。本機はリーズナブルな価格で真空管アンプが楽しめる人気機種。

出力は8W+8W(8Ω)。アナログ入力のみ装備しています。188(幅)×130(高さ)×175(奥行)mmのコンパクトサイズで、デスクトップでの使用にもおすすめです。

マランツ(marantz) USB-DAC/プリメインアンプ HD-AMP1

Marantz_HD-AMP1

マランツは大型の高級プリメインアンプから低価格のモデルまで、透明度の高い音で評価の高い伝統メーカーです。本機はデスクトップでのパソコン連動型のハイレゾオーディオに対応すべく、USBなどの各種ハイレゾ対応デジタル入力とアナログ入力を装備した多機能な小型機。

ハイレゾはDSD11.2MHz、384kHz/32bit PCMの入力に対応しています。D級動作を採用し、出力は35W+35W(8Ω)です。

さらに、近年ヘッドホンリスニングのニーズの増加も目立つ点も見据え、プリメインアンプとしては珍しい本格的なヘッドホンアンプも搭載。ヘッドホンでの使用も重視する方にとくにおすすめです。

Carot One 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ ERNESTOLO

CarotOne_ERNESTOLO

イタリアの新興メーカーながら、そのスタイリッシュでコンパクトなデザインと、音のよさで短期間にブランドイメージを確立した注目メーカーです。プリアンプに真空管、パワーアンプにD級動作を採用したハイブリッド方式による独自の音のよさと、大きさからは考えられないほどスピーカーの駆動力が高い評価の注目機。真空管とコンパクトさを生かした外観は、デザイン性を重視する方にもおすすめです。

アキュフェーズ(Accuphase) プリメインアンプ E-260

Accuphase_E-260

1972年創業のアキュフェーズは日本を代表する高級オーディオ機器専業メーカーです。近年、アンプ用のボリューム機構で一般的に避けられない、経年劣化や左右の音量差を克服したAAVAボリューム方式を開発しました。プリメインアンプに搭載して高い評価を得ています。

本機は同社エントリー機ながらAAVAボリュームほか、豊富な入力と機能に対応。115W+115W(4Ω)の大出力も圧巻です。レコードやハイレゾにも、背面の追加オプションスロットへの別売りの入力モジュール追加で対応できる合理性も魅力。

ラックスマン(LUXMAN) 純A級プリメインアンプ L-590AXII

LUXMAN_L-590AXII

ラックスマンは1925年創業の日本を代表する老舗オーディオメーカー。プリメインアンプをはじめとするアンプ類を得意にし、俗にラックストーンと呼ばれる温かみのあるなめらかな音質を持ち味にしています。本機は一般的になめらかな音質が得られやすいというA級を採用した最新の高級機です。アナログ入力とフォノ入力を備え、出力は60W+60W(4Ω)。

ハイレゾ音源に対応した広帯域を軸にしながらも、往年のラックストーンを生かした音で高い人気を得ています。国産プリメインアンプの最新最高を味わいたい方におすすめです。

マッキントッシュ(McIntosh) インテグレーテッドアンプ MA7900

McIntosh_MA7900

マッキントッシュは世界中に愛好者を持つ、アメリカの老舗人気オーディオメーカー。漆黒のガラスパネルにブルーアイズメーターと呼ばれる、青い照明つきの出力メーターによるデザインと、厚みのある艶やかな音でプリメインアンプ界の王者とも言える存在です。真空管アンプと半導体式の両方を得意にしています。とくにマッキントッシュの半導体式アンプ高級機は、独自の出力トランスの装備により、独特の唯一無二の音を作り出しているために人気です。

本機も出力トランスを装備するとともに、伝統のデザインを踏襲した魅惑の最新機です。アナログ入力とフォノ入力に加え、PCMで192kHz/32bitまでに対応したハイレゾ対応USB入力と、各種デジタル入力も装備。現代的な機能性も十分です。さらに、200W+200W(4-8Ω)の大出力を実現しています。高い存在感もある本機は、モノとしての魅力も大事にしたい方におすすめです。