オートキャンプや車中泊の時、持っていると便利なのがカーサイドタープ。その名の通り、車と連結させて設営するタープです。簡単に設営できて、アッという間にリビング空間が出現します。

車内とタープ下を合わせると、かなり広いくつろぎスぺースができます。テントを設営するのが面倒という方には、便利なカーサイドタープがおすすめ。車内をベッドルーム、タープ下をリビングにすれば、快適にキャンプができますよ。

今回は、便利なカーサイドタープのおすすめアイテムを紹介します。

おすすめのカーサイドタープ

ロゴス(LOGOS) タープ neos カーサイドオーニング 71807009

61XAO-vTvwL[1]

商品価格 ¥ 18,144

カーサイドタープに力を入れている、ロゴスの人気アイテム。ロゴスの定番テント、neosシリーズのカーサイドタープです。車のルーフに、吸盤ジョイントで簡単に連結すれば、短時間で設営可能。

車とタープをスムーズに行き来できる、広々とした空間を確保できます。3方向から出入りが出来て便利。フルクローズにもなるので、突然の風雨にも安心です。ファミリーユースにおすすめ。

ロゴス(LOGOS) 日除け ミニバンリビング

51Zsim+0aGL[1]

商品価格 ¥ 11,340

ミニバンのバックドアに取り付けるタイプの、カーサイドタープ。吸盤で簡単に取り付けられます。車種を選ばず設置できるので、おすすめです。リビングとしての使用以外にも、フルクローズにすれば、着替えルームに早変わり。

また、別売りのポールを使えば、キャノピーとしても使用可能です。収納時は、A4辞書サイズとコンパクトなので、場所を取りません。ちょっと窮屈だなぁと感じる車中泊も、これがあればゆとりが生まれますよ。断然おすすめのカーサイドタープです。

同じタイプの、軽バン用も取り揃えています。

ロゴス(LOGOS) タープ neos Link Panel・PLR

61Ct124PjZL[1]

商品価格 ¥ 5,444

ロゴスのカーサイドタープ。ロゴス自慢のパネルに、別売りのポールとロープ、ジョイント用吸盤を合わせて使用します。

このパネルはテントにも使えるので、テントとセットで購入すれば、幅広い用途に対応できます。状況に合わせて、カーサイドタープにしたり、テントにしたりできますよ。また、別売りのパネルカーテンをつければ、クローズが可能。

雨風から身を守れる、おすすめの使用方法です。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) カーサイドリビングDX

6166H2DDuJL._SL1281_

商品価格 ¥ 47,000

老舗テントメーカー、小川キャンパル(現キャンパル・ジャパン)の高機能カーサイドタープ。天井部分にリッジポールを入れることで、居住空間を広げ、さらに安定感をもたらしています。雨風の侵入を防いでくれる、泥除けを装備しているのもおすすめポイント。

サイドを巻き上げれば、開放的なタープとして使えます。クローズにすれば、個室感覚でくつろげますよ。細かいところまで丁寧に作り込まれているのは、さすがテントメーカー。お値段にも納得できる、おすすめカーサイドタープです。

ブラームス(BRAHMS) カーサイドスクリーン

61QafKOkegL[1]

商品価格 ¥ 17,280

車のシートカバーを中心に、サンシェードやフロアマットなどを製造する自動車用品メーカー、ブラームス。そのブラームスの、おすすめカーサイドタープです。1人でも簡単に設営できます。

強力な吸盤とロープで車に連結するので、ほぼ全てのミニバン、ワゴン車に設営可能。日ざしの角度によって、タープの長さを調節できます。ポールやロープなど必要なもの一式がセットになっており、購入後はすぐに使えておすすめです。

アスボーグ(ASVOGUE) オーニング テント

41poKPfKogL[1]

商品価格 ¥ 12,422

テントから釣り用品、水着まで、幅広いアウトドアアイテムを扱うアスボーグのおすすめカーサイドタープ。車のバックドアに設営するタイプで、横幅240cm×長さ340cmの広い空間を確保できます。

設営は初心者でも簡単! 天井部に風抜きが付いているので、強風が吹いても飛ばされにくい構造なのも魅力です。アウトドアでも日ざしを避けて、のんびりくつろげるカーサイドタープ。

ハーツ (Hearts) カーサイドタープ

41JXjr1eDIL._SL1111_

商品価格 ¥ 30,948

デザイン性の高いオリジナルカー用品メーカー、ハーツのカーサイドタープ。吸盤式のジョイントで車体のルーフに取り付けた後、ポールを立てて、ロープでペグダウンすれば完成!

様々なワゴン車、ミニバンに設営可能です。設営・撤収がスピーディーに行えるのも魅力。サッと設置して、後はBBQを楽しむ、なんて使い方もおすすめです。

キングキャンプ(KingCamp) カーサイドテントアウトドア KT3085

91CPPjlzpOL._SL1500_[1]

商品価格 ¥ 18,785

コスパに優れたアウトドアギアで知られる中国メーカー、キングキャンプ。こちらはタープとしてもテントとしても使える、便利なアイテムです。

自動車と本体を連結する、調整可能なスリーブが付属。ほぼすべてのSUV、ミニバンなどにフィットします。5人で使える余裕の広さも特徴的。単体でテントとしても使えますよ。

キャンプサイトの状況に合わせて、使い方を変えられる、おすすめのカーサイドタープです。

エリッゼ(ELLISSE) オーニングテント AW-2017

A1v7+B3caQL._SL1500_

商品価格 ¥ 39,960

トレーラーやキャンピングカーに取り付ける、カーサイドタープです。フルクローズにできるので、雨風のある時でも、安心して使えます。車体の下からの冷気を防ぐ、スカート付きなのも魅力。テント感覚でくつろげますよ。

3面から出入り出来て、便利なカーサイドタープ。3面の窓には、メッシュ生地が付いています。夏場でも風通しがよく、虫の侵入を防いでくれますよ。

カーサイドタープとは

81bhq8uAtbL._SL1500_[1]

By: amazon.co.jp

カーサイドタープとは、車のサイドに居住空間を広げられる、便利アイテムです。車の側面や後面に、車と連結させてタープを張ることで、設営できます。設営や撤収が簡単で、通常のタープよりずっとお手軽です。

折りたたんでコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利。ドライブしていて素敵なポイントを見つけたら、すぐにカーサイドタープを設営できます。コーヒーブレイクや食事などをしながら、のんびりとくつろげます。

カーサイドタープを使うメリット

816-wbEcg2L._SL1200_

By: amazon.co.jp

カーサイドタープの魅力は、使い勝手のいい広い空間を、手軽に作れることです。タープの下にテーブルとチェアをセットすれば、食事や語らいのスペースに早変わり。車内はベッドルームとして使うのがおすすめです。

車内とカーサイドが一連となった空間を作り出せるので、ツールーム感覚でゆったりと寛げます。

カーサイドタープを使う場合の選び方

81LvPguWXzL._SL1500_

By: amazon.co.jp

カーサイドタープには、ワゴン車用、ミニバン用、軽用などがあります。まずは、車のサイズにあったものを選ぶことが大切。サイズの応用は多少効くようですが、やはりジャストなサイズを選び、気持ちよく使うことをおすすめします。

また、タープとしての機能をどこまで求めるかによっても、タイプは異なります。日除けとして使えればいいのか、雨や風もよけられるフルクローズにできるタイプがいいのか。あなたのキャンプスタイルに合わせた、カーサイドタープを選んでください。