車のトラブルで多いのが、エンジンがかからなくなるバッテリー上がり。対処法としてはロードサービスを呼ぶか、他の車から電力を供給してもらう方法がりますが、お金と手間がかかり大変です。観光などで訪れた遠方地ならなおさらですね。そんな時に役立つのがジャンプスターター。簡単な作業で電力を供給しエンジンをかけることができる救世主です。そこで今回は、おすすめのジャンプスターターを徹底比較しちゃいます!

Beatit ジャンプスターター B10

充電を一回してしまえば、約20回のジャンプスタートができるジャンプスターター。車やバイク、モーターボードにも使用できるので、これ一つで十分。USB Type-C入出力にも対応するので、お持ちのデバイスの緊急事態にも使えます。

サイズはコンパクトで、デザインはスタイリッシュ。バッグに入れておけば、困ることはありません。

INTERNAL V12マルチチャージャー

ポケットにも入る超小型のジャンプスターター。モバイルバッテリーとしても違和感のないデザインが人気です。普段はスマホ用として、緊急時には付属のブースターケーブルを用いてジャンプスターターとして使い分け可能。8色の豊富なカラーも魅力です。

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PPS-18000

日本を代表する家電メーカー、日立製のジャンプスターターです。ポータブル型としてはトップクラスの18000mAhの大容量で安心です。付属のアクセサリも充実しており、価格は高めですが国内大手メーカーらしい信頼度の高い製品です。

SUNPOW 12V/24V車用 多機能緊急充電バッテリーレスキュー

24V車にも対応する本格派。ノートPCの充電約2回分にも及ぶ大容量バッテリーで、普通車からトラック、さらにはヨットエンジンにも使用できます。他にも大口径のライトも搭載し、防災グッズとしても重宝することでしょう。

AFENDO 超小型軽量大容量ジャンプスターターsmart powerbank

手のひらサイズとスタイリッシュなデザインが魅力的。見やすいデジタルメーター搭載で、バッテリー残量も分り易い親切設計です。スマホの急速充電にも対応できますので、メインはモバイルバッテリーとして使用したい人はこれ!

ベステック(BESTEK) バッテリーレスキュー MRCS001

ジャンプスターターのロングセラー商品です。専用の収納バックには各種ケーブル・コネクタも同梱されており便利。本体はUSBポートも搭載され、モバイルバッテリーとして機能します。お手頃な価格も人気の理由の一つです。