リーズナブルなヘッドホンは普段使いにも役立ちます。通勤・通学から近所の散歩、トレーニングなど、いろいろな場面で気軽に使えて便利ですね。今は、予算が2000円以下のヘッドホンでも種類は豊富なので、ユーザーも楽しく選ぶことができます。今回は、2000円以下で購入できるおすすめヘッドホンを紹介していきます。

第1位 パイオニア(Pioneer) SE-M521

71DnYkJY1AL._SL1500_
シンプルながら本格的なリスニングが楽しめる「SE-M521」です。筐体に設けられたPOWERFUL BASSダクトが低域の再現力を高め、臨場感に溢れた迫力ある重低音が再生できます。長さの調節がいらないフリーアジャスト方式のヘッドバンドなので、スムーズに適切なポジションでの装着が可能。レザータイプのイヤーパッドは装着感を快適にしています。

第2位 パナソニック(Panasonic) RP-HZ47

41RVQN0ESZL
安定感のある耳掛け式の「RP-HZ47」です。高弾性ポリアミド樹脂製のクリップハンガーは開いた状態で簡単に装着できて、装着感も良くしてくれます。30mmの高磁力ネオジウムマグネットを内蔵した高音質設計。ドライブユニットには金属フレームを採用していて、厚さは約9.9mmの薄型になっているので、耳元をすっきりさせられます。

第3位 JVCケンウッド HA-S200

71g9bSOMsqL._SL1500_
持ち運びやすいポータブルヘッドホン「HA-S200」です。アウトドアでも迫力のサウンドが楽しめる30mm高磁力ドライバーユニットによる高音質再生が可能です。ヘッドホンを装着したまま、片耳のみを上げて周囲の音が聞き取れるフリップアップスタイル機構を採用。コンパクトに折りたたむことで、かばんにも綺麗に収まります。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-P100M

31aBVHzehHL
オープン型ならではの開放的な音が楽しめる「ATH-P100M」です。迫力のデジタルサウンドを鳴らすオープンバックタイプになっており、開放感のある音が楽しめます。軽量設計になったコンパクトボディと柔らかいイヤパッドが、長時間のリスニングを快適にします。コードの長さは1.5mと長めになっていて、デスクトップでの視聴に最適です。

第5位 エレコム(ELECOM) EHP-500

71hekWa2maL._SL1500_
長時間装着しても疲れにくい「EHP-500」です。本体は35gとごく軽量になっていて、装着していても頭部に負担を与えません。シャープでクリアな高音質を再現するネオジウムユニットを採用。後頭部に合わせて装着するリアバンド方式なので、髪型を崩すことなく安定したつけ心地で過ごせます。

第6位 ソニー(SONY) MDR-ZX110

51ISHEAgDvL._SL1200_
独自の折りたたみ機構でコンパクトにできる「MDR-ZX110」です。高音質で楽曲を再生する30mmドライバーユニットを搭載。クイック折りたたみ機構が採用されていて、ハウジングが簡単に折りたためます。細かい溝を設けたセレーションコードは絡まりにくく、本体に合わせたコーディネートがされているカラーコードです。

第7位 Amazonベーシック(AmazonBasics) HP01_v2

81Y9yeSNuSL._SL1500_
Amazonから販売されているオンイヤーヘッドホンの「HP01_v2」です。36mmのドーム型ドライバーユニットによる音は、明瞭かつ高音質で曲の微妙なニュアンスを耳に伝えます。外部のノイズを最小限に抑えるクッションイヤーパッドが、耳を優しく包み込みます。シンプルな折り畳み式のデザインは持ち運びにも役立ち、携帯用の専用ケースが付属します。