夏になると釣りやキャンプなどアウトドアなイベントが増えてきますね。そんなときに必要不可欠なのが、クーラーボックスです。冷たい飲み物や食材など保管しておけるクーラーボックスは、アウトドアには必需品のアイテム。

しかし、クーラーボックスは意外と種類がたくさんあり、どれがいいのかと悩む人も多いはず。そこで今回は、クーラーボックスの選び方とおすすめのアイテムをメーカー別にご紹介します。

コールマンのおすすめクーラーボックス

コールマン(Coleman) 54QTスチールベルトクーラー

61inzijUJ-L._SL1000_

商品価格 ¥ 39,778

コールマンの54QTスチールベルトクーラーは、2リットルのペットボトルが十分に入る大きさのクーラーボックスです。スタイリッシュなデザインで、厚さ3cmの発泡ウレタン入りなので保冷力も抜群です。

コールマン(Coleman) クーラーボックステイク6

06kura

商品価格 ¥ 2,218

手持ちタイプのコンパクトなクーラーボックス。容量は350ml缶6本程度ながら、発砲ウレタン素材の断熱効果でしっかりと長時間保冷してくれるので、コンパクトでも機能性に優れています。また、蓋は取り外せるタイプなのでトレイとしても使用可能になっています。

Daiwaのおすすめクーラーボックス

Daiwa プロバイザー

61hLleBik8L._SL1500_

商品価格 ¥ 40,446

Daiwaのプロバイザーは、消臭剤が入ったクーラーボックス軽量なので持ち運びに便利なうえ、投入口や魚などの臭さもつきにくいので釣りにおすすめのクーラーボックスです。

シマノのおすすめクーラーボックス

シマノ(SHIMANO) クーラーボックススペーザライト

08kura

商品価格 ¥ 22,464

シマノ独自の設計を反映した釣り用のクーラーボックス。高性能で軽量な断熱材を使用、全体を軽量に保ちながらも、保冷力は新鮮な魚の鮮度を保つのに十分な能力を有しています。釣った魚を傷つけずに収納できる点が人気の秘密です。

シマノ(SHIMANO)  クーラーボックススペーザホエールリミテッド

09kura

商品価格 ¥ 42,888

クーラーボックスとしては最大級の内寸80cmを誇り、真空パネルと発泡スチロールの組み合わせで保冷力も段違いの能力を持っています。シマノ独自の設計で軽量かつ頑丈なつくりになっており、チェア代わりにしても全く問題ない強度を持っています。予算が許すなら、釣りにはこれを選びたいですね。

イグルーのおすすめクーラーボックス

イグルー(igloo) クーラーボックス MARINE ULTRA

41n306869-L

商品価格 ¥ 7,734

イグルーのクーラーボックスMARINE ULTRAは、2リットルのペットボトルが14本収納できる大きさのクーラーボックスです。蓋には計測用メジャーが付いていて、特に釣り人に人気のクーラーボックスです。

キャプテンスタッグのおすすめクーラーボックス

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シエロクーラーボックス14
71RHcfL+rgL._SL1500_

商品価格 ¥ 1,450

キャプテンスタッグのシエロクーラーボックス14は、500ミリリットルのペットボトルが11本収納できる大きさのクーラーボックスです。丁度いい大きさで持ち運びによく安価で人気のクーラーボックスです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 発泡クーラーボックス

01kura

商品価格 ¥ 991

簡易的な発泡スチロール素材でできたクーラーボックス。見た目を気にしなければ十分な保温力を持ち合わせていますので、飲み物を冷たいまま保温することなどには問題なく使用できます。出先で急に必要になった場合やクーラーボックスが足りなくなった場合にも、気軽にホームセンターなどで手に入る点もいいですね。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレジャーソフトクーラーバック

02kura

商品価格 ¥ 1,073

折りたたみ時にはコンパクトになり、持ち運びに便利なクーラーバックです。底面には中敷きが入っているので、ポリエステル素材でも十分に形状を保ってくれます。サイズは少し小さめですが、使用人数が二人程度であればメインのクーラーボックスでも容量としては十分。それ以上の人数になる場合でも、メインの補助という使い方もできます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リガードホイールクーラー

05kura

商品価格 ¥ 5,118

キャスターと引き出し式の取って付きで、持ち運びにも便利な大きめ容量のクーラーボックス。発砲ウレタンを断熱材として使用しているのでキャンプでも保冷時間が継続してくれますし、サイズも大きめで飲み物から食材まで十分な量が入ります。パンパンに入れて、重量が重くなってもキャスター付きなので運ぶのは楽々です。

伸和のおすすめクーラーボックス

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー

41rMdZMCwXL

商品価格 ¥ 6,781

伸和のホリデーランドクーラーは、発泡材が厚く保冷力が高いクーラーアボックスです。キャスターとサイドにハンドルが付いているので持ち運びに便利です。

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー

07kura

商品価格 ¥ 3,163

断熱材幅を大幅に厚くすることによって、発泡スチロール素材でも保冷力を高めたクーラーボックスです。バックルでしっかりと密閉性を保ち、サイドハンドルとキャスターで持ち運びにも便利な構造になっています。また、小さな小窓の取り出し口で冷気が逃げない工夫がされていて機能性は抜群です。

ロゴスのおすすめクーラーボックス

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー

81PRVbkOOwL._SL1200_

商品価格 ¥ 7,900

ロゴスのハイパー氷点下クーラーは、アイスクリームの保存が最大11時間可能なクーラーボックスです。畳んで運ぶことができるので持ち運びに便利ですし、広げれば500ミリリットルのペットボトルが16本入れられる大きさです。

ラバーメイドのおすすめクーラーボックス

ラバーメイド(Rubbermaid) ヴィクトリークーラー

04kura

商品価格 ¥ 3,590

カラーバリエーションが豊富で、サイズもちょっとしたレジャーにちょうどいいので持ち歩きが楽しくなるようなクーラーボックス。密閉性はありませんが、500mlのペットボトルを縦に複数本入れられるので便利です。

イエティのおすすめクーラーボックス

イエティ(YETI) クーラーボックスローディ

10kura

商品価格 ¥ 38,880

厚いポリウレタンで覆われたボディは保冷力のみならず、アウトドアでのハードな使用にも耐えるタフな構造になっているクーラーボックスです。イエティこだわりの継ぎ目のないボディ構造で耐久性を高め、保冷力を向上させる数々の仕組みが秀逸です。アウトドア好きはぜひ1つ持っていたいアイテムですね。

素材で選ぶクーラーボックス

断熱材1:発泡スチロール

71mLDCGQZzL._SL1500_

発泡スチロールを断熱材としているクーラーボックスは、外見の見た目がおしゃれとは言えないものが多いです。ですが、一定の保温力はありホームセンターなどでも手に入るのが魅力です。予算をかけられない方や、旅先での臨時的な買い足しなどの場合には重宝しますね。

保温力は部材の厚みに比例しますが、蓋部分の密閉力に難がある場合が多いので、直接水などを入れて持ち歩く場合には注意が必要です。

断熱材2:発泡ウレタン

2kura

発泡スチロールよりも保温力は高いため、部材の暑さが薄くできる点が魅力です。市販されているクーラーボックスの大半がこの発泡ウレタンを断熱材として使用しており、発泡ウレタンむき出しのモデルはないためクーラーボックスのデザイン性や密閉性などが高いものが多いです。

一般的なファミリーキャンプやレジャーなどでは、大容量でありながら軽量なクーラーボックスが求められることが多いので、発泡ウレタンを断熱材とするモデルは最適です。価格も発泡スチロール製のものよりは高価ですが、価格帯の幅も広く用途と予算に合わせて選択できるメリットがあります。

断熱材3:真空断熱パネル

3kura

内部が真空に保たれたパネルをクーラーボックスの各面に配置したモデルは、価格帯は高価な部類になりますが性能はピカイチです。生の魚や劣化させたくない食材を持ち運ぶ場合には、効果を発揮します。

真空断熱パネルは内部が真空なので熱伝導率はゼロであり、外気温を一切伝えない点が特徴的です。少ない保冷剤で長時間にわたって保温されるので、持ち運びの際には軽量化することが可能。

鮮度を保つという意味では、これに勝るクーラーボックスはありません。予算が許すなら、真空断熱パネルを配置したクーラーボックスを選びたいですね。