梅雨の季節や寒い冬、雨の日などは屋内干しが増えますよね。そんな時期の部屋干しはどうしても部屋の臭いが気になってしまうものです。そうでなかったとしても、ワンルームのお部屋に住んでいる方であれば、キッチンの料理臭が部屋まで侵食してしまうということもあるでしょう。

タバコやペットの臭いが気になる! という方も多いかもしれませんね。今回は、空気清浄機と脱臭機の違いを比較しながら、臭いの悩みを解決するおすすめ脱臭機をご紹介します。

脱臭機と空気清浄機の違い

脱臭機

31edZ96abcL

脱臭機は分子をターゲットとしているため、空気清浄機と違って、空気を綺麗にするというより、臭いの元から撲滅し、無臭に近づけるという特徴があります。

空気清浄機

81MklciqNpL._SL1500_

By: amazon.co.jp

空気清浄機はチリやホコリをターゲットとしています。目の細かいフィルターで空気中にあるチリやホコリをキャッチすることをメインタスクとしたものが空気清浄機です。

今では、空気清浄機にも分子レベルで臭いのもととなる分子に対応する機器がでてきました。SHARPのプラズマクラスターやPanasonicのナノイーといったものがそれにあたります。しかし、これらは対象を分子レベルの細かいものまで絞っているため、チリやホコリに対応することはできません。

どっちがいいの?

9172a121100b066ed8dd68692798b2ec_s

現在、脱臭機と空気清浄機の違いは「その製品がどちらの効果により重点を置いているか」になってきています。ある程度の価格帯の空気清浄機や脱臭機であれば、それら両方の機能を併せ持っているのが一般的です。

ただし、空気清浄機として販売されているものは脱臭機としての効果もついているが、脱臭機として販売されているものよりも脱臭効果が低い場合が多く、脱臭機として販売されているものは空気清浄機としての効果もついているが、空気清浄機として販売されているものよりも空気清浄効果が低い場合が多いという現状のようです。

今、脱臭機か空気清浄機かで購入を迷っている方であれば、自分がそのどちらを重視するのかどうかで決めていただくことをおすすめします。

脱臭機のメーカーと価格

21dlQLrW4mL

By: amazon.co.jp

脱臭機を一般向けに販売しているメーカーは、現在、東芝と富士通が主流。中でも富士通製の脱臭機は特に効果があると定評があるようです。もちろん、他にも脱臭機というものは存在しているのですが、安価なものを購入して効果がなかったといった例は多数見受けられます。

脱臭機は先に述べたとおり、複雑なメカニズムによって動作していますし、ターゲットは分子ですから、それなりの機構が必要になります。特に効果を求めようとするならば、化学的反応に頼らざるを得ません。

しかし高機能に伴い、その価格はどうしても高価になってしまいますし、基本的には空気清浄機よりも高価であると考えていただくことが望ましいです。逆にあまりにも安価な商品に関して、機能性に多少なりとも不備があることを念頭に置いていただくことが必要かもしれませんね。

おすすめの脱臭機

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) 脱臭機 DAS-15D-B

41jPNGzt0qL

商品価格 ¥ 16,400

10畳まで対応する脱臭機。ワンルームタイプのお部屋に利用するとちょうどいいサイズですね。脱臭性能に関してユーザーの評価が高く、特にペットを飼っていらっしゃる方から絶大な支持を得ています。

ペットを飼っているとどうしてもこもってしまう独特なにおいが気になってしまうという方、ぜひ試してみていただきたいおすすめの脱臭機となっています。小型なボディで設置場所を選ばないのもGOOD! サーキュレーターを併用して部屋の空気を効率よく循環させてあげると、より脱臭効果を発揮してくれますよ。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズマイオン加湿脱臭機 DAS-303E-T

41E09OrN0oL

商品価格 ¥ 27,200

20畳まで対応する脱臭機。先ほどご紹介したDAS-15D-Bの大型モデルとなっています。しかし、対応可能フロアサイズが2倍になっただけではなく、こちらは加湿機能やUV脱臭機能も追加装備されています。脱臭機の購入を検討されている方の中には「ペットの臭い対策が目的!」 という方も多いかと思います。大切なペットのためにも、お部屋の湿度管理が可能。

また、紫外線の照射を併用して脱臭を行います。1台で紫外線脱臭、プラズィオン脱臭、加湿といった3役をこなしてくれるという優れものです!

東芝(TOSHIBA) エアリオン・ワイド 消臭器 DAC-2400(W)

41oXu0zHfYL

商品価格 ¥ 5,940

脱臭機をとりあえず使ってみたいという方におすすめなのがこちら。専用のジェルに含まれている消臭成分によって、高い消臭性を実現しています。詰め替えジェルは必要になりますが、それもまた効いていることを実感することができていいですね!

また、16畳の広い部屋まで対応しているのもおすすめのポイント。先に述べたような化学反応を利用した方法ではないのですが、その分コストを抑えることができますよ。

東芝(TOSHIBA) エアリオン・スリム デオドライザー 小型消臭器 DC-230(W)

41DSSNojQIL

商品価格 ¥ 1,973

6000円を下回るこの商品は導入コストがかからないということが最大のポイント。それでいて対応フロアサイズは16畳。臭いセンサーによる自動運転機能も搭載されていてコストパフォーマンスは抜群です!

メンテナンスも消臭ジェルの詰め替えと簡単な洗浄のみですので、特別なことは必要なく手間もかかりません。また、壊れにくい上に、消耗品である消臭ジェルが安価に手に入ります。また、消臭ジェルの詰め替えで効果が復活することから、低コスト重視で「とりあえず脱臭機を試してみたい」という方におすすめ。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) 高性能脱臭機 DAS-301R

21GDZ8A7YWL

商品価格 ¥ 9,980

トイレや洗面所にこの小型消臭器を設置することで、小さな空間でこもってしまいがちなにおい対策ができます。重量は225gと軽量で壁掛け設置にも対応。

乾電池で動作しますので、設置場所を選ぶことがありません。こちらの商品も、メンテナンスは専用の消臭ジェルの詰め替えのみとなっていますので、手軽に導入できる点がおすすめ。

ベステック(BESTEK) オゾン発生消臭器 超小型低濃度除菌脱臭機 BTAS807WH

51KuBj1B7sL._SL1000_

商品価格 ¥ 1,980

約1畳程度の小さなお部屋には、このコンパクトな消臭機がおすすめ。少し知識がある方であれば、車の天井にこれを設置するだけで車のニオイ対策はばっちりですね。USBで充電して使用するタイプですので、携帯性も非常によいです。

驚くべき事に、1.5時間の充電で1週間の連続使用ができてしまいます!(※この商品はオゾンを発生する方式です)。吹き出し口から10cm以内に人体やペット、その他物を近づけないようにしてください。一定濃度以上のオゾンは人体に有害です。

日立マクセル(maxell) 低濃度オゾン除菌消臭器 MXAP-AR200RE

41vf7urCRtL

商品価格 ¥ 7,016

低濃度オゾンによってニオイの元・雑菌を除去する消臭器。デザインがスタイリッシュで、据置型としては1万円を切るという導入しやすい価格になっています。専用のACアダプターで24時間連続運転を行う事ができますが、1ヶ月間連続使用したとしてもかかる電気代は約35円と省エネなのがポイント。

オゾンによる脱臭・消臭器をお探しの方にぜひおすすめしたい商品です。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) 脱臭機 プラズィオン 犬猫小動物用 HDS-302C

31RTZRj10hL

商品価格 ¥ 17,749

犬猫小動物用のペットのにおい対策に特化した脱臭機。価格は1万円後半と他の商品よりも高めの価格設定となっていますが、Amazonでは160件を超えるレビューをあつめ、評価も非常に高くなっています。

空気清浄機ではあまり効果がみられたなかったが、これを設置したところにおいが気にならなくなった! という声もきかれます。実際に使用してみた方からの評価は、商品の選定に非常に役立ちますね。

これだけ多くのレビュー数と評価を得ているということは、実際に効果が高かったという証です。ペット臭にお悩みの方で、少々価格が高くても確実なものを選びたいという方におすすめ。