暑い夏に欠かせないビーチサンダルですが、今年のファッションシーンでは、春から必要なアイテムです。ビーチサンダルといえど侮ることなかれ、今回は、履くだけで人気者になれるおしゃれビーチサンダルのおすすめブランドをご紹介します。

ブランド別おすすめのビーチサンダル

ハワイアナス(havaianas)

ビーサン1

商品価格 ¥ 1,100

ビーチサンダルといえばこのブランドは外せない! ハワイアナスは、現在モデルやハリウッドセレブに熱狂的な愛用者が増えているブラジルのブランドです。人気のビーチサンダルはアカデミー賞のオスカーノミネーターに配られたことがきっかけで一躍ブームに。

ストラップに刻まれたブランドロゴがアクセントになっているオーソドックスなデザインは、日本から移民してきた人が履いていた草履がルーツ。気軽に履けるビーチサンダルは、ビーチやリゾート以外でも、ファッションアイテムとしておすすめです。

フランクリンアンドマーシャル(FRANKLIN&MARSHALL)

ビーサン2

商品価格 ¥ 3,672

イタリアで誕生したブランドでありながら、1960~70年代のアメカジファッションをモチーフにデザインしているブランド。ブランド名もアメリカの大学が由来となっており、カレッジやスポーティーなアイテムを多く展開しています。そのデザインの特徴としてあげられるのがプリント。定番のカレッジプリントはもちろん、アメリカのエッセンスとブランド独自の部分を融合したものも展開しています。

こちらのビーチサンダルにもプリントがされており、シンプルなブランドロゴが足元にいいアクセントを与えてくれるでしょう。

クロックス(CROCS)

ビーサン3

商品価格 ¥ 1,970

アメリカのコロラド州で誕生したクロックス。サンダルのイメージが強いですが、実は、靴なら何でも作るメーカーです。クロックス製の全てのシューズには、クロスライトという、メーカー独自で開発した特殊素材が使用されています。その素材によって、アウトドア・スポーツ・ウォータースポーツに順応可能。

クロックスのビーチサンダルも、クロスライトによって軽い履き心地と快適なクッション性を実現。その上、防臭性や抗菌性も備わっているため手入れも簡単です。アイコンであるワニのロゴも、いいアクセントとなっています。

ベチュラ(Betula)

ビーサン4

商品価格 ¥ 3,024

素足のような感覚で、自然な履き心地を目指すベチュラ。ドイツの大手サンダルブランド、ビルケンシュトックの伝統的な技術と経験を基に生産されており、さまざまなライフスタイルにマッチするようにデザイン・カラーのバリエーションを豊富に揃えています。

こちらのビーチサンダルも、鼻緒と一体型に仕上げられているため、歩いてる途中に外れる心配はありません。鼻緒と土踏まずのあたりにカラーマーカーでペイントされたブランドロゴがポイント。サラッとおしゃれに履けるビーチサンダルと言えるでしょう。

ヘンリー&ヘンリー(HENRY&HENRY)

ビーサン5

商品価格 ¥ 1,480

イタリアのファクトリーブランドとして名高いヘンリー&ヘンリー。ルイヴィトンなど数多くのラグジュアリーブランドのデザイン企画を請け負っていることでも有名で、高い技術力を誇っています。そんなビッグブランドでの経験を生かしたビーチサンダルは、イタリア製にこだわりつつリーズナブルに展開しているのが魅力的です。

鼻緒の部分も一般のビーチサンダルと異なり、太いレザーを採用し、上品な雰囲気を演出しています。大人なデザインに仕上がっているので、カジュアルなファッションよりもきれい目なアイテムと合わせるといいでしょう。

テバ(Teva)

ビーサン6

商品価格 ¥ 2,800

スポーツサンダルの先駆けブランドであるテバ。1984年に誕生したテバは、グランドキャニオンに住む1人の少年がはじまりです。当時のスポーツサンダルは脱げやすかったため、それに不満をもった創始者はスポーツサンダルにストラップを取り付けます。これが世界中で大ヒットし、ブランドの代表アイテムであるスポーツサンダルが完成しました。

ビーチサンダルにもそんな革新的な技術やデザインが取り込まれています。モノトーンのボディに赤のソールが採用されていることで、歩くたびに赤いソールが見えておしゃれです。

フリーウォータース(Freewaters)

ビーサン7

商品価格 ¥ 5,184

カリフォルニアで誕生したフリーウォータースは、海や自然を愛する生産者が1日履いても疲れない商品を作ろうと立ち上げたブランド。売り上げの1%を、途上国で井戸を掘りに行くための資金に充てていることも有名です。また、展開するアイテムにもクオリティを求めています。

このビーチサンダルはアウトドアブランドのパイオニア的存在であるサーマレストのテクノロジーを採用。ストラップによるスレの痛みを軽減した水に強い構造です。フリーウォータースのビーチサンダルは機能性を妥協せず、とことんこだわった一品です。

ラコステ(lacoste)

ビーサン8

商品価格 ¥ 1,995

元プロテニスプレイヤーのルネ・ラコステが立ち上げたラコステ。代表アイテムであるポロシャツを中心に、スポーティーなアイテムをデザインしています。ブランドロゴであるワニは、ルネがテニスプレイヤーだった時代にプレースタイルがワニのようだったことから、アリゲーター・クロコダイルのモチーフを採用。

ビーチサンダルにもそのアイコンはデザインされており、黒ベースのボディのアクセントとして存在感を発揮。スポーティーでありながら、モダンなデザインのビーチサンダルに仕上げられています。

バンズ(VANS)

ビーサン9

商品価格 ¥ 4,104

スニーカーブランドとして絶対的な地位を確立しているバンズは、実はビーチサンダルも展開しています。バンズが誕生したカリフォルニアは、スケーター・サーフ好きな男性たちが集まる地域。スケーターはスニーカーは好みますが、サーファーの人も履けるシューズとしてオリジナルの204シリーズが誕生しました。

スニーカーと同じくシンプル&スタイリッシュなデザインで、赤のロゴがポイント。軽量でクッション性にも優れているので、この春夏は、バンズのスニーカーだけでなくビーチサンダルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)

ビーサン10

商品価格 ¥ 4,860

ドイツ最高峰の靴メーカーであるビルケンシュトック。同ブランドのサンダルは世界中で定番となっており、読者の皆さんも1足は持っているのではないでしょうか。足の形に沿った中敷が特徴で、履いていくうちに自分の足に馴染んでいくのが魅力。持ち前のフィット性で快適な履き心地を再現しています。

ビーチサンダルも同様の形を使用し、鼻緒の部分はベルトのようなデザイン。さらにケアしやすいTEVA素材で作られており、丸洗いすることができます。デザイン性、機能性ともに高品質なビーチサンダルです。

ビラボン(billabong)

billabong-logosanbk2

商品価格 ¥ 1,670

サーフの聖地、オーストラリアのゴールドコーストで、ハンドメイドのボードショーツを作り始めたのが始まり。今ではサーフアイテム全般をデザイン・生産しています。その人気はオーストラリア国内だけにとどまらず、世界65ヶ国のトップサーファーから絶大な支持を獲得。長きに渡り、サーフブランドのトップに君臨しています。

ビーチサンダルもサーフアイテムの1つ。夏にビラボンのビーチサンダルを履くだけで、簡単にコーディネートに季節感をプラスすることができます。

エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)

ビーサン12

商品価格 ¥ 6,480

エンポリオ・アルマーニはジョルジオ・アルマーニのセカンドラインです。ファーストラインよりもお手頃に買えるのが魅力。トレンド・モダンを意識したデザインを基に、高品質かつラグジュアリーなウェア・アクセサリーを展開しています。ビーチサンダルは、そんなエンポリオ・アルマーニの春夏の定番アイテム。

夏らしいライトブルーが目を引き、ゴム製のストラップにさりげなくあしらわれたブランドロゴがポイントです。明るい色をしているので、シンプルなコーディネートに合わせて差し色効果を狙ってもいいのではないでしょうか。

アメリカンラグシー(AMERICAN RAG CIE)

ビーサン13

商品価格 ¥ 5,184

「ライフスタイルから生まれる今の気分を大切にしたセレクション」をコンセプトに、ハイブランド、新鋭ブランド関係なく選び抜くセレクトショップ。多くの人を魅了し、一度お店に入ると虜になってしまうほどです。

また、オリジナルブランドも展開しておりトレンドを踏まえながらも着心地の良さやクオリティの高さ、デザイン性の良さなど高い評価を獲得。こちらのビーチサンダルも、さざ波をイメージしたデザインと伸縮性があるレザーを使用したストラップがポイントです。

サヌーク(Sanuk)

ビーサン14

商品価格 ¥ 2,810

1997年にジェフケリーによって創業されたサヌーク。創設当初インナーチューブとカーペットというサンダルとしてはありえない素材で作り始めました。この革新的な発想を基に、サーフカルチャーやビーチスタイルなどからインスピレーションを受けて改良。現在は、アメリカ、アジア、そしてヨーロッパなど、世界中で愛用されています。

ビーチサンダルにも同じデザインが施されており、ストラップに珍しいデザインやステッチが施されているのが魅力。コーディネートがシンプルになってくるこれからの季節は、こういった個性的なものをアクセントにしてもいいでしょう。

ヴォルコム(VOLCOM)

ビーサン15

商品価格 ¥ 2,052

1991年創設者のリチャード・ウォルコットとタッカー・ホールがスノーボードで旅をしていた時に思いつき、ヴォルコムを設立。コンセプトである「既存の考えに反発する若さ」を、ストリートファッションに落とし込んだアイテムを生産。独自の世界観を持っておりプロスケーターからBMXライダーまで、幅広い人に愛されています。

ビーチサンダルにもそんな独自の世界観を反映。ストラップ部分とヒール部分にあしらわれたブランドロゴはもちろん、無駄を省いたシンプルなデザインはコーディネートに合わせやすいアイテムです。

ジョジョ(JoJo)

31NNkQ36uAL

商品価格 ¥ 30,240

京都の祇園にある老舗履物匠「ない藤」の5代目が製作したビーチサンダルが、ジョジョと名付けられました。草履に似たそのデザインは、指にぴったりフィットして力が入りやすい構造。ストラップも太くなっており、足先の角度に合わせて柔らかく変形するのが特徴です。

老舗履物匠故の長年培われた技術と知恵をビーチサンダルと上手く融合し、現代に落とし込んでいます。今年の春夏コレクションでもジャポニズムを取り入れたブランドが多く見られたため、コーディネートに取り入れることで簡単にトレンド感を演出できるのではないでしょうか。

アイランドスリッパー(ISLAND SLIPPER)

713p-jeV6PL._UL1500_

商品価格 ¥ 13,720

1946年の創業以降「メイドインハワイ」にこだわり続けているアイランドスリッパー。ハワイで作られているビーチサンダルですが、創業者はなんと日本人です。ハワイに移住した日本人本永瀧蔵氏がアイランドスリッパーの原型を製造しました。通常はビーチサンダルに使用しないスウェードやレザーなどを使用していることから、現在はそのデザイン性が注目されています。

ファッション性が高いアイランドスリッパーのビーチサンダルは、ハワイに住む人はもちろん、世界中で人気を集めており海外旅行に来た人がお土産として買って行くことも多々あるようです。

ゲバルト(Gevaert)

ビーサン18

商品価格 ¥ 1,980

ゲバルトは、創業100年以上の歴史あるベルギーのテキスタイルメーカー。豊富なカラーバリエーションと独特なデザインが特徴で、他のビーチサンダルとは一線を画しています。ビーチサンダルにも、個性的なグラフィックプリントが施されており蛍光色のストラップがアクセントとなっています。

夏に履くビーチサンダルは、ビビッドカラーが使用されているものが多いですが、ここまで派手な色合いは稀。カジュアルなコーディネートのみならず、あまり取り入れないモードテイストなアイテムと組み合わせてみてもいいのではないでしょうか。

モンベル(mont-bell)

ビーサン19

商品価格 ¥ 3,456

日本が世界に誇るアウトドアメーカーであるモンベルは、トップクライマーである辰野勇氏が1975年に設立。機能美、軽量、そして迅速をコンセプトに登山用グッズの開発を目指しています。日本全国をはじめ、アウトドアの本場であるアメリカやクライマーなら誰もが目指すスイスにも展開しており、その性能は全世界が認めています。

そんなモンベルが生み出すビーチサンダルも世界基準。歩行時にはかかとが浮き上がらないといった履き心地の良さを追求しています。また、ストラップの形状が独特で、足の甲を完全にロックさせることで極上のフィット感を実現しています。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

ビーサン20

商品価格 ¥ 13,480

世界有数のアウトドアブランドであるノースフェイスは、サンフランシスコで創業してから今まで「最小限のエネルギー・物質で最大限の機能を引き出すこと」をコンセプトにしています。近年はアウトドアブランドとしての機能に加えて、そのデザイン性の高さからファッションアイテムとしても重宝されています。

多くのファッションブランドとのコラボレーションも。もちろん、ビーチサンダルもファッションアイテムとして重要な役割を担っており、どんなファッションとも合わせやすいデザインとなっています。