今やバックパックの人気ブランドとなった、グラナイトギア。1986年にアメリカ・ミネソタ州で創業し、革新的なリュックを世に送り出してきました。ロングトレイル向けの大型ザックを主流にしながら、近年ではタウンユースにも使える手ごろなものまで、多様なラインナップが勢揃い。軽い機能性と流行に流されないデザインは、多くのファンを魅了しています。そんなグラナイトギアのおすすめリュックをご紹介しましょう。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) クラウンVC60

71SVmG9mC0L._UL1500_[1] 71XfX83qwTL._UL1500_[1]

軽量化をとことん追求したモデルが、このクラウン。60Lの大容量で、重さはなんと960gと超軽量です。登山や海外旅行にも余裕で使えます。独自に開発された背面システムは、空気の流れを促進するので蒸れずに快適。太めのウェストベルトで、ザックが体にしっかりとフィット。担ぎ心地が良く、疲れにくくなっています。登山家の強い味方として愛用者の多いザックです。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) ヴァーガ2 

71FxManPSCL._SL1200_[1] 71T3VXLzypL._SL1200_[1]

グラナイトギアの定番、ウルトラライトパックの最新版がこのヴァーガ2。容量54L、重さはわずか540gと驚きの軽さを実現しています。軽くても丈夫なコーデュラナイロン製。身体にフィットし、肩に食い込む感覚がなく、担ぎ心地は抜群です。フロントとサイドにポケットがあるので便利。初心者からベテランまで、使い勝手がいい人気のザックです。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) ニンバストレイスアクセス70

71fbxFQvSNL._SL1200_[1]

2、3泊のテント泊やトレイルに最適な70Lの大容量モデルが、ニンバストレイスアクセス70。軽くても頑丈で機能的なのは、さすがグラナイトギア。ザックの下の方に入れた荷物も、フロントからジッパーで開けることができるので、出し入れが簡単にできます。メープル材を使った、独自のフレームで荷重をしっかりと受け止め分散。担いでいても、歩きやすく疲れにくいザックです。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) ヴェイパーステルス

41OzdIT8PML[1]

アウトドアだけでなく、タウンユースにも使える新定番のヴェイパーステルス。空気の流れを促進する、背面構造を取り入れているので、担ぎ心地は抜群です。ウェストベルトは、取り外し可能。普段は外しておいて、自転車などに乗る際に装着すれば、安定感が増します。容量は32Lと、トレッキングだけでなく、普段使いにも余裕をもって使えるサイズです。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) TAKU24

71KE47XlCFL._SL1001_[1] 71phUp8IW9L._SL1001_[1]

アウトドアは勿論、タウンユースにも使えるデイパック。開口部を広くあけられるので、物の出し入れが楽です。ウェストベルトは、取り外し可能。容量24Lは、日帰りトレッキングや普段使いにジャストなサイズです。独自の背面システムで担ぎ心地も良く、身体にしっかりとフィット。安定感があるので、長時間担いでいても疲れませんよ。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) ヴァーゲイト26

41GIkNwDe+L[1]

「ヴァーガ2の小型モデルが欲しい」というリクエストから生まれた、日本別注モデルがヴァーゲイト。容量26L、重さは480gと超軽量です。日帰りトレッキングやタウンユースにもぴったり。無駄のないシンプルなデザインでありながら、機能性と耐久性をあわせ持ったリュックです。ウェストベルトは、着脱可能。普段使いにはちょうどいい、おすすめのアイテムです。

グラナイトギア(GRANITEGEAR) ゴー&ストウ トラベルパック

61RdWT6fqmL._UL1500_[1] 613r-lJdsJL._UL1500_[1]

容量18Lの小型デイパック、ゴー&ストウ。内部のポケットに収納すると、ウェストベルトを利用してヒップパックにもなり、持ち運びに便利です。外側に大きく開くジッパーポケットで、物の出し入れは楽々。内部にはポケットが2つあり、物を分けて入れるのに便利です。旅先で使うサブリュックとしても、重宝しそうです。