ベージュのチノパンは、カジュアルに着こなすことも、堅すぎないキレイめスタイルに着こなすこともできる、1本あったら重宝する優秀なアイテム。 今回は、シルエット・色・素材の観点からオススメのチノパンを紹介します!

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) ウェポンストレッチピーチ チノパン

ウェポンストレッチピーチ
ZOZOTOWNで大人気、ジャーナルスタンダードのストレッチチノ。パンツで大切なことは、サイズ感とシルエットです。よい生地を使ったとしても、シルエットが汚かったり、サイズが合わなかったりすると、どうしても野暮ったくなってしまいます。このパンツは、写真を見てもわかると思いますが、360度とても綺麗なシルエット。色も、ベージュ・グレー・ネイビー・キャメルとありますので、ファッションスタイルに合わせて選んでみると良いでしょう。

ステュディオス(STUDIOUS) テーパードスキニーチノ

STUDIOUS
こちらもシルエットが綺麗なアイテムですが、この商品のポイントはカーキ色の色味が綺麗なところです。くすみすぎでもなく、色が強すぎもしないので、割とカラフルなトップスにも合わせやすいのではないでしょうか。もちろん、モノトーンのアイテムと合わせてもカーキがポイントとなってGOOD!

シスレー(SISLEY) カラーマルコチノパンツUM

SISLEY
少し色あせた素材感が素敵な、SISLEYのチノパンです。レッド、ネイビーと選べます。イタリア企画なので、他では中々見ることのない絶妙な色味が味わえそう。バックスタイルの、タックや、ベルトループ、右後ろの“SISLEY”のロゴ等、細かいところに散りばめられたこだわりが感じられます。これを履けば、一気にこなれた感じを出せそう。

ザ・ダファー・オブ・セントジョージ(The DUFFER of ST.GEORGE) "FEATHER"PATTERNED CHINOS PANTS 総柄チノパン

The DUFFER of ST.GEORGE
The DUFFER of ST.GEORGE、お得意の総柄刺繍がポイントのアイテム! アイコンマークであるDをフェザー柄に落とし込んでいます。総柄のパンツですが、刺繍部分に共色の糸を使っているため主張しすぎず、さりげないポイントとなっています。腰回りにゆとりをもたせて、膝下にかけてすっきりさせたシルエット。このパンツは、遊びごごろたっぷりな方に最適なアイテム。

ランバンオンブルー(LANVIN en Bleu) Skinny Tapered Twill Stretch Pants【WEB Limited】

LANVIN en Bleu MEN
LANVIN en Bleu MENのテーパードツイルストレッチパンツ。すっきりした脚に見えるシルエットや、独特のハリ感、光沢感が特徴。ノープリーツタイプになっているこちらのアイテムは、ビジネスシーンにも、カジュアルにも履きこなせる1本です! 伸縮性のあるポリウレタンが3%入っているので、程よいストレッチ感で履きごこちもとてもよいです。

バリーブリッケン(BARRY BRICKEN) Damon chino pant / チノパン#

BARRY BRICKEN
チノパンの代名詞といえば“BARRY BRICKEN”! 日本人向けにサイズ変更をした、こちらのアイテムは元々作っていたものよりも股上が浅め、全体的にすっきり細めのシルエットに仕上がっています。プリーツのかかり方だったり、フラップポケットの形状だったりと、ドレス仕立てのディテールが素敵。細かい箇所もとても綺麗に縫製されているため、遠目に見てもかっこよさが伝わりそうです。

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) ヴィンテージチノトラウザース

JOURNAL STANDARD
ヴィンテージ感のある風合いが絶妙な、JOURNAL STANDARDのヴィンテージチノ。裾の折り返し幅や、プリーツの入り方など、細部へのこだわりが感じられるアイテムです。3色展開で、それぞれの色がよいヴィンテージ感を出していて、パーカーに合わせても、ジャケットに合わせてもほどよい主張をしてくれそう。