手ぶらで出かけたいときに便利なボディバッグ。鍵や財布、スマホなど必要最小限の荷物を気軽に持ち運べるアイテムです。そこで今回は、ボディバッグのおすすめブランドを商品とともにご紹介します。デザインやカラーが豊富なのはもちろんのこと、素材も大きく分けて革とナイロンの2種類があるので、吟味してお気に入りを見つけてください。

革製のメンズボディバッグのおすすめブランド

マスターピース(master-piece) GLOSS 01642-CO

1994年に誕生した国産ブランド「マスターピース」のボディバッグ。生後6か月から1〜2年くらいの牛の革「キップレザー」をベースにしていて、滑らかでありながら強度があります。製造の過程でアイロンの熱を当てることにより、自然な光沢が出ているのが特長です。

ショルダーベルトの取り付け場所が3つ付いているため、利き手を問わず左右どちらにでも背負えて便利。さらに、開口部が背面にあるので背負いながらでも気軽に荷物を取り出せます。カラーは落ち着いた雰囲気のキャメルを採用。底部分のネイビーがほどよいアクセントになっていて、おしゃれです。

ポールスミス(Paul Smith) シティエンボス ボディバッグ

都会的なデザインが人気のファッションブランド「ポールスミス」のボディバッグ。同ブランドはインパクトあるマルチストライプ柄が有名ですが、このアイテムはブラックを基調としていてシンプルです。

水濡れや傷に強い「スプリットレザー」と呼ばれる素材を採用していて、本革製でありながらハードに使えます。バッグの中にはちょっとした小物を入れられるファスナーポケットを装備。ポケットの裏地にさりげなく水色のストライプ柄を用いています。きれいめコーディネートにも合わせやすいので、おすすめです。

コーチ(COACH) ボディバッグ F54770

革製品の工房からスタートしたブランド「コーチ」のボディバッグ。ネイビー系のレザーを採用していて、クールな印象がありつつも堅くなりすぎないため、さまざまなシーンで使えます。表面にシボ加工を施しているので汚れや傷が目立ちにくく、触り心地も良好です。

サイズは約34×20×6cmと少し大きめで、500mlペットボトルを入れても余裕があります。外側にはファスナーポケットが、内側にはフリーポケットがあり使い勝手のよいおすすめボディバッグです。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) カモ柄イントレチャートボディバッグ 51610155382

迷彩柄の合成皮革を編み込んだイントレチャート(手編み込み)タイプのボディバッグ。リング部分に取り付けられたトリコロールリボンが、上品な雰囲気を演出しています。7インチのタブレットがすっぽり入るサイズ感です。背面にメッシュ素材を用いているため、汗をかく季節でもベタつくことなく快適に使えます。バッグの裏地はホワイトを基調としたボーダー柄で視認性も良好です。

ダニエル&ボブ(Daniel&Bob) ピッポ ローディー 108-0036

1976年にイタリアで設立したレザー系ブランド「ダニエル&ボブ」のボディバッグです。素上げの革を手作業で絞った後、手塗と呼ばれる方法で染色。これにより独特の"シワ"と"色ムラ"がある独特の風合いに仕上がっています。ヴィンテージ感があり、古着系ファッションが好きな方には要チェックです。

本体の正面には、すぐに取り出したい小物を入れておくフロントポケットを装備。リング部分に繋がっているキーホルダー風のナスカンが、荷物の落下を防ぐフタ代わりになります。もちろん、ファスナーで開閉するメインポケットもあるので上手に使い分けましょう。

オロビアンコ(Orobianco) ボディバッグ VINCENTE

革小物をはじめ、腕時計やシューズなど幅広いファッションアイテムを取り扱う「オロビアンコ」のボディバッグ。メッシュ調のエンボス加工を施したレザーがスタイリッシュでおしゃれです。同ブランドの象徴ともいえるロゴプレートも存在感があります。バッグの内側には耐久性の高いナイロンツイル素材を採用。荷物をたくさん詰め込んでハードに使えるので、普段使いのバッグにおすすめです。

ダコタブラックレーベル(Dakota BLACK LABEL) ボディバッグ 1621002

上品な質感が楽しめる「ダコタブラックレーベル」のボディバッグ。型押し加工でイタリアンな雰囲気を演出しています。ブラックとカーキ、チョコ、ネイビー、ワインの5色を展開していて、そのどれもが大人な雰囲気漂うシックなカラーリングです。

A5サイズの書類が入るくらいの大きさで、お出かけに必要な最小限の荷物を入れておくなら十分。エイジングを楽しみながら使いましょう。

オティアス(Otias) ボディバッグ 05-00-06411

カジュアルメンズブランドとして2007年に誕生した「オティアス」のボディバッグ。傷や汚れが目立ちにくいシュリンクレザーを採用しています。オイル仕上げによる柔らかくてしっとりした風合いが特徴です。使えば使うほど味が出るので長く使いたい方におすすめ。ファスナーの持ち手やショルダーベルトには、経年変化が楽しめるヌメ革を用いています。

フロントポケットとメインポケットの2つがあるため収納性も十分。コンパクトながら「iPad mini」が収まる余裕のサイズ感もうれしいポイントです。

ショット(SCHOTT) ライダース ボディバッグ

ライダースジャケットの老舗ブランド「ショット」のボディバッグ。同ブランドが販売している「ワンスターライダース」をモチーフにしています。ブランドロゴ入りのファスナーを使うなど、細部までこだわっているのもポイント。高い耐久性と軽さを両立させたアイテムなので、ラフに使いこなせます。

クリード(Creed) メテオール 905502

"高度なファッション性、クオリティを追求し続ける"という信念の元に生まれたブランド「クリード」のボディバッグ。四角いデザインのため、角ばった荷物も楽に入れられます。素材はクロムなめしを施した牛革を採用。そこにワックスを吹き付けた後、アイロン加工をして独特の濃淡を出しています。

メインポケットのほか、鍵やスマホを入れられるサブポケットや、ハンカチなどの小物を入れられるファスナーポケットを備えていて便利です。

イルビゾンテ(IL BISONTE) ボディバッグ A2381 P 145

イタリア・フィレンツェ発のレザー系ブランド「イルビゾンテ」のボディバッグ。同ブランドらしい鮮やかなキャメルカラーが印象的です。

フロントのフラップ部分を上げると、大きなメインポケットが登場します。マチが約4.5cmと広めなので厚みのある荷物も収納可能。ショルダーベルトのデザインから金具まで隅々にこだわりを感じるおしゃれなアイテムです。

レッドムーン(REDMOON) レザーバッグ RM-BBS

バイカーズウォレットでお馴染み「レッドムーン」のボディバッグ。同ブランドを象徴する飾りボタン“コンチョ”が特徴的です。

オイルをたっぷり含んだ「グローブレザー」を採用していて、耐久性がありながら柔らかい手触りに仕上がっています。表裏ともにレザーを使用しているシンプルなデザインで、経年変化による味わいをより感じられるアイテムです。なお、この製品は注文を受けてから製作するハンドメイド。職人の技を体感しましょう。

アヴィレックス(AVIREX) ボディバッグ ラルガ AVX981

ミリタリーウェアブランド「アヴィレックス」のボディバッグ。合成皮革で作られたオーソドックスなデザインですが、裏地が迷彩柄になっていてミリタリーらしさを感じられます。内側にはメインの収納部のほか、ファスナーポケットとスマホ用ポケットがあるため収納性は十分。取り出しにくい小物を簡単に整理できて、おすすめです。

アニアリ(aniary) タートルショルダー 11-07000

シンプルなデザインのアイテムが揃うレザーバッグブランド「アニアリ」のボディバッグ。タートルショルダーという製品名の通り、亀の甲羅をイメージしたフォルムが特徴です。

バッグの前面が絶妙にカーブを描いていて立体感があります。横長の形状のため開口部が広く、荷物の取り出しやすさを重視する方におすすめ。背面にあるミニポケットも便利です。

エルゴポック(HERGOPOCH) ボディバッグ 06CGR-OS

職人の技術が光る日本のカバンブランド「エルゴポック」のボディバッグ。同ブランドを代表する「ワキシングレザー」にクロコダイルの型押しを施し、しなやかな質感を楽しめます。ボディバッグとしてはもちろん、ショルダーベルトを取り外せばクラッチバッグとしても使える点も魅力です。

カラーバリエーションはブラック、レッド、ダークブラウン、ミッドナイトブルーの4種。どのタイプも美しい仕上がりで、普段のファッションに合わせて選んでみましょう。

ナイロン製のメンズボディバッグのおすすめブランド

ポーター(PORTER) スモーキー 592-07531

吉田カバンが展開するカバンブランド「ポーター」のボディバッグ。コットン糸とナイロン糸で織り上げた素材「コーデュラダッグ」を採用しています。

フロントポケットの内側にはタオルのような質感のパイル生地を用いており、収納アイテムに傷が付きにくいためスマホやタブレットなどを入れても安心。メインポケットには500mlのペットボトルや長財布などがすっぽり収まるので、普段使いにおすすめです。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS) スウェード底ボディバッグ 62024-60

幅広い製品を扱うブランド「アウトドアプロダクツ」のボディバッグ。通称"ブタ鼻"と呼ばれる、ワッペンがアクセントになっているのが特徴です。

スエード調のコーデュラナイロンを採用していて手触りは良好。カジュアルな雰囲気を持ちながらどこか落ち着いた印象で、さまざまなコーディネートに合います。ファスナーの持ち手が少し長いので開閉しやすいのも魅力的です。

マンハッタン・ポーテージ(ManhattanPortage) ボディバッグ ag-741200

1983年に誕生したニューヨークのブランド「マンハッタン・ポーテージ」のボディバッグ。約41.5×17cmと横に長いスリムなデザインです。

500mlペットボトルや折りたたみ傘などの細長い荷物を入れるのに向いています。耐久性の高いコーデュラナイロンを採用しているので、傷や摩擦を気にせずに使える、おすすめアイテムです。

ノーマディック(NOMADIC) キューブ型ワンショルダー CU02

"街歩き"に特化したアイテムを扱う「ノーマディック」のボディバッグ。キューブ型デザインを採用することで背中にしっかりフィットし、背負いやすいのがポイントです。耐水性の高い素材「ターポリン」を採用しているため、突然の雨に見舞われても荷物を水濡れから守ってくれます。

収納性がとても高く、メインポケットのほかにウレタンポケット、ペットボトルポケット、長財布ポケット、スマホポケットなどを備えています。いろいろな荷物をコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

グレゴリー(GREGORY) スウィッチスリング GM74435

機能性を追求した製品作りを追求しているアウトドアブランド「グレゴリー」のボディバッグです。外側にひとつ、内側にふたつポケットを備えていて荷物をしっかり収納可能。パッドで補強した頑丈なショルダーベルトを装備しているため、肩の負担が少ないのもポイントです。

カラーバリエーションの豊富さも魅力的。ブラックのほかにリバティーブルー、オールホワイト、コットンウッドカモ、マイティーブルーなど個性的なラインナップが揃っています。

ブリーフィング(BRIEFING) ボディバッグ BRF071219

耐久性に定評のある日本のカバンブランド「ブリーフィング」のボディバッグ。"どら焼き"のように丸みを帯びたフォルムが特徴的です。ファスナーで大きく開くメインポケットのほか、小さなポケットもあるので便利。頑丈なブリーフィングの魅力を感じられるおすすめのアイテムです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ジョーカーナイロン 258951

DCブランドブームを牽引してきたファッションブランド「タケオキクチ」のボディバッグ。シワ加工を施した高密度ナイロンを採用し、発色のよい光沢が特徴です。

バッグの一部に牛革を用いていて、ナイロンとのコンビネーションがおしゃれ。サイズは約27×15cmで、ちょっとした小物を入れてお出かけする際におすすめです。

ディーゼル(DIESEL) ボディバッグ X04595PR886 T8013

若者を中心に支持されているイタリアのファッションブランド「ディーゼル」のボディバッグ。ナイロン素材を採用したミリタリーモデルです。

約38.5×17cmの大きめサイズながら、重さは500gと軽め。コンパクトですがメインの収納部は広々とした設計で、背面にもファスナーポケットがあるため、荷物をたくさん入れられます。色はブラックとカーキオリーブの2種。どちらも男らしい堅実なカラーリングに仕上がってます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) MANTIS NM81458 K

1968年に誕生したアメリカのアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」のボディバッグ。とにかくシンプルさを追求したスクエア型のデザインです。

約29×12cmのコンパクトなサイズなので、必要最小限の荷物を入れて近所に出かけるときにおすすめ。素材には水濡れや傷、汚れに強い「TPEファブリックラミネート」を採用しているため、突然の雨にも対応できます。

ヘリノックス(HELINOX) MEDIUM WAIST

チェアやバッグなど幅広い製品を扱うブランド「ヘリノックス」のボディバッグ。同ブランドのアウトドアチェア「HELINOXチェア」と同じ生地を採用していて、耐久性と防水性に優れています。ファスナーも止水仕様のため水から荷物をしっかり保護。場所を問わずに使えるタフなアイテムです。