メンズが一枚で着たいTシャツ、女性からの評判もよい形がVネックタイプ。もちろんサイズ感や、Vネックが開き過ぎなどはいけませんが、程よいサイズ感のVネックTシャツのお気に入りは1枚は欲しいところ。今回は、ヘインズやセレクトショップのオリジナルブランドをあえて外してご紹介します。

フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM)

アメリカの老舗アンダーウェアメーカー、フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM)。古着としてTシャツに価値があり、数多くおいてありますし、着やすいデザインが多く人気があります。そのフルーツオブルームにフリークスストアの別注品です。

サイコバニー(Psycho Bunny)

カジュアルポロシャツのイメージ強い方も多いですが、Tシャツ類も人気です。バニースカルロゴは、VネックTシャツでも健在。こちらは、セレクトショップのビームスが別注したオリジナルモデル。

ナンバーナインデニム(NUMBER (N)INE DENIM)

宮下貴裕氏がデザイナーを辞任してから、コレクションブランドとしてではなく、定番アイテムとしてカジュアルなタウンユースアイテムを展開するブランドになっていますね。以前よりも、価格が安めで即戦力で買いやすいのがポイントです。

ポールスミスジーンズ(Paul Smith JEANS)

REDEARコレクションからのVネックTシャツ。ポールスミスは多くのラインがありますが、どれも成人男性にとってビジネスシーン、カジュアルシーン、テイストなど定番人気ブランドですね。迷った時は、定番ブランドから選ぶのもいいです。

ダブルジェーケー(wjk)

ダブルジェーケー(WJK)は、細めのタイトシルエットのアイテムが多いブランド。男性の無骨なセクシーさを感じさせるのも特徴ですね。自分のワードローブで、テイストが近いブランドコーデをするのもいいでしょう。

マジェスティックオム(MAJESTIC HOMME)

エレガントさ、ラグジュアリーな雰囲気を感じるブランド、マジェスティックオム(MAJESTIC HOMME)。1992年にパリに創業されたブランドは、やはりセクシー、色気を感じさせるデザインに仕上がっていますね。

ガラアーベンド(GalaabenD)

WJKとは、また違う男性のセクシー、エレガントさが特徴のブランド、ガラアーベンド(GalaabenD)。タイトシルエットが多いですが、ジャストで着るよりも、ちょっとゆるいくらいがインナーとして使うには丁度よいかなと思います。