ドローンよりもイイかも!

空撮したいというところに限って飛行禁止になっているドローン。ほかにもバッテリー問題、操縦が難しい、危険、など運用が面倒と感じることも。ではそれらが全部解決されそうな GoPro を投げて空撮する AER はいかが? さっそく見てみましょう!

AER とは?

aer-render-dark
aer-in-chicago

AER とはバトミントンの巨大なシャトルコックのような形状をした空撮デバイス。 GoPro を中に入れて、思いっきり投げるだけでビックリするような撮影ができてしまうというのです!

セットアップの仕方

aer-exploded-view

ではセットアップの仕方を見てみましょう。まずヘッドの部分に対応する GoPro HERO3+、4、5のいずれかをポンとはめ込み、2枚を組み合わせ完成した"羽根"にそのヘッドを閉めこんだら完成!

使い方は超簡単

beach
DCIM100GOPROG0212849.
DCIM100GOPROG0112616.

ドローンのような練習はほとんど要りません。撮りたいと思う方向に勢いよく投げるだけ。開発チームによると、動画は1080/120fpsで撮るのが最適とのこと。バーストモードならイメージ通りの写真も撮れるかもしれません!

あなたの GoPro 守ります

aer-render-light

心配なのは大切な GoPro を入れて投げても、本当に大丈夫なのか? ということ。ヘッド部分は頑丈で大きな衝撃を吸収するポリプロピレン製。安心して思いっきり投げられるとされています。

sundown-throw
wine

必要なのは投げるテクニックと体力だけかもしれない AER は Kickstarter で49ユーロ! 空撮ドローンが面倒になっているならコレがいいかも!