日々の洋服選びでパンツをどれにしようと悩んでしまうこと、ありませんか? いろいろ悩んで結局いつものジーンズに落ち着く、なんていう経験をされている方も多いはず。そんなお悩みを吹き飛ばして、今っぽいメンズの着こなしが簡単にできるのがこのアンクルパンツなんです。

素材やシルエットによってはキレイめコーデからストリートファッションまで、さまざまなスタイリングで活用できるアンクルパンツ、うまく取り入れてみたいですね。

今回は、そんな注目のアンクルパンツのコーデとおすすめアイテムをご紹介します。

アンクルパンツとは

7113

By: zozo.jp

アンクルパンツのアンクルとは、UNCLE(おじさん)ではなくANKLE、足首・くるぶしのこと。つまりアンクルパンツとは、足首が見えるくらいの丈のパンツのことを指します。ドレスパンツなどはシューズに掛かって尖端が少し折れるくらいが一般的ですので、短めのパンツという感覚ですね。

一方クロップドパンツは、アンクルパンツよりももっと短い半端丈のパンツのこと。うまくコーディネイトすればすごくおしゃれなクロップドパンツですが、ちょっと上級者向け過ぎて一般にはあまり浸透しませんでしたね。

その点、このアンクルパンツはスタイリングがとても簡単。子どもっぽくなり過ぎず適度な外し効果もあって、オフのスタイリングからビジネスカジュアルまで、日々のコーディネイトに幅広く活用できます。特にクールビスのオフィススタイルでは、いつものパンツをアンクルパンツに替えるだけで清潔感のある爽やかなスタイルに。

休日だけではなく、ビジネスにも取り入れていただきたいのが、このアンクルパンツです。

アンクルパンツのメンズコーデ

足首チラ見せが基本です

7114

By: zozo.jp

いつものジーンズをネイビーのアンクルパンツに替えてみる。トップスは洗い晒しのシャツや白いTシャツでも大丈夫。これだけで印象がガラッと変わって、今っぽくアクティブなスタイルになります。よりカジュアルに着たければパンツ丈を短めに、ドレッシーに着たければ長めにするといいでしょう。

シューズはローファーやスリッポンが基本ですが、少しドレスアップしたい時にはレースアップシューズも大丈夫。バッグや帽子などのアクセサリーに合わせて選ぶといいですよ。

テーパードは必須

7.53

By: zozo.jp

アンクルパンツを選ぶ際に注意したいのは、そのシルエット。ユッタリめでもスキニーでも、必ずテーパードが効いたシルエットのものを選びましょう。テーパードとは、裾に向かって細くなるラインのこと。つまり、絞りが効いていないストレートなシルエットのものは避けた方が無難ですね。

パンツの丈が短い分、まっすぐのラインだと全体が短く見えてスタイルが悪い印象に写ってしまいます。ヒップからくるぶしにかけて自然な斜めのラインを意識して、シルエット重視で選びましょう。

インスタント・アンクルパンツでまずはトライ

7112

By: wear.jp

シンプルなボーダーTに、スリムなブラックデニムをロールアップでアンクル丈にしたコーデ。手持ちのジーンズをくるぶしまでロールアップするだけ。すぐにでもマネできそうなインスタント・アンクルパンツです。スッキリ見せるならTシャツの着丈は短めで。

このコーデなら人気のスポーツサンダルやスニーカーがいいですね。シンプルなので、バッグやアクセサリーで遊んでみるといいですよ。

少しエレガントにも

7115

By: wear.jp

ドレスパンツ仕様のアンクルパンツなら、ここ最近人気のサマーニットと合わせて少し大人のコーデも楽しめそうです。センタープリーツ入りのアンクルパンツはジャケットを羽織ればビジネスシーンでも大丈夫。トップスの着丈は短めにするとバランスよくまとまります。

足元は素足にスニーカーでドレスダウン、ドレスアップしたい時はパンツと同色系のレザーシューズがおすすめです。

シンプルでも決まるんです

7.56

By: zozo.jp

ものすごくシンプルなコーデでも、爽やかでスタイリッシュに見せることができるのがアンクルパンツ。きれいなテーパードのラインと、トップスとのバランスが要です。明るめの発色のブルーは、ダークトーンにはない若々しさが魅力。

ホワイトのトップスとなら、鮮やかなブルーのボトムスにもチャレンジできますね。シューズをローカットのスニーカーに替えるとグンとスポーティーなコーデになりますよ。

リラクシングな休日に

7.57

By: zozo.jp

もっと緩くリラックスしたコーデにしたいなら、パンツを少しロールアップしてさらに短くしてみましょう。トップスもゆとりのあるオーバーフィット気味のカットソーがおすすめです。ただ、ヒップが全部隠れるような長い着丈のものは避けた方がベターです。

それから、パンツとトップスは同色系ではなく、はっきりとコントラストを付けるとまとまりやすくなりますよ。

バランスが大事です

7.58

By: zozo.jp

ワンタックの入ったボリュームのあるアンクルパンツ。今のトレンドを意識したオーバーフィットなシルエットですが、着丈の短いジャケットと合わせることでバランスを取っています。上下ともにオーバーなフィット感でもスタイリッシュですが、それは少し上級者向け。

このようにトップをコンパクトにまとめて、縦のラインを強調する方が簡単にまとめることができます。こんなコーデなら、ちょっとおしゃれなレストランでのディナーにも着て行けそうですね。

今一番新しいのはこのボリューム

7.59

By: wear.jp

もっとトレンドを意識したいなら、さらにワイドなアンクルパンツにTシャツをインで、80’sっぽいスタイリングがおすすめです。トレンドに敏感な女子の間ではおなじみのビッグシルエット&ボトムスにインですが、最近はメンズにも少しずつ広がりつつあります。

大きなタックが入ったボリュームのあるアンクルパンツです。股上も深めですが、極端に奇をてらったデザインではなく、むしろクラシックなスラックスのようにも見えます。肩が落ちるくらいの少し大きめのTシャツを、ふんわりとパンツに入れて、ウエスト位置は高めにするのがいいですよ。

ダークトーンでプチ・モードな着こなしも

7.511

By: wear.jp

ベーシックなブラックのアンクルパンツに、ショートスリーブのスウェットを合わせた全身ダークトーンのコーデ。尖がった印象になりがちなモノトーンコーデですが、シューズにスエードのスニーカーを組み合わせることによって、モードになり過ぎず、少し抜け感のある柔らかい印象にまとまっています。これなら普段の街歩きからちょっとしたアウトドアまで、幅広いシーンで楽しめそうですね。

メンズにおすすめのアンクルパンツ

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) SUPER STRETCH COLOR DENIM / OVERDYED ANKLE CUT SLIM PANTS

7.513

商品価格 ¥ 19,980

ジーンズのような気軽さではくことができるアンクルパンツは、まず一番に抑えておきたいアイテムです。裾に向かってかなり細くなる強めのテーパードラインですが、ストレッチがよく効いた素材なので、はき心地は抜群。ジーンズのようにカジュアル一辺倒ではなく、トップスやシューズ次第で着こなしの幅が広がる便利なアイテムです。

少しオーバーフィットの白いトップスを合わせるとモードな雰囲気に、また、麻のカジュアルシャツでリラックスしたスタイリングに。とにかく、どんなコーデにも使えそうなアンクルパンツなので、ヘビロテチームに入りそうですね。

スペルバウンド(SPELLBOUND) メンズクロップドパンツ ストレッチトラウザー

7.512

商品価格 ¥ 14,580

コットンに麻とストレッチ素材をミックスした、ミリタリーグリーンのアンクルパンツ。程よくゆとりのある、リラックス感の漂うシルエットが魅力です。一見ベーシックな仕立てのようですが、ウエストのバック部分にゴムを使っているので、はき心地がとてもイージー。

しかもちゃんとベルトループが付いているので、ベルトを締めてキレイめな着こなしもOKなんです。カーゴパンツなどではメジャーなミリタリーグリーンですが、実はどんな色にも合わせやすい便利な色なんですよ。

シューズも白いスニーカーからブラウンやブラックのレザーシューズまで、合わない色がないくらい。一枚ワードローブに加えてみませんか?

サークロ(Sacro) 9分丈 アンクルパンツ

7.514

商品価格 ¥ 9,612

タックの入った明るめネイビーのアンクルパンツ。スラックスタイプのクラシックな仕立てのパンツですが、ゆとりのあるヒップ周りとテーパードが効いたシルエットで、程よい抜け感が表現されています。ストレッチを効かせた薄手のコットン素材は、見た目にも涼しげですね。

夏のネイビーと言えばやっぱりマリンルック。今シーズン注目のボーダーのトップスにサンダルやエスパドリーユで、リゾート風のスタイリングが楽しめます。また、白系のジャケットやサマーニットとの相性もいいですよ。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) BY TR ミニヘリンボーン アンクル パンツ

7.515

商品価格 ¥ 12,960

ドレスパンツをスタイリッシュに着崩したい、そんな方におすすめしたいのがこのアンクルパンツ。レーヨンとポリエステルがメインの素材を、ヘリンボーン状に織り上げたユニークなマテリアル。裾も細めのダブルで、仕様はまさにドレスパンツなのに、このカジュアルな雰囲気が魅力のアイテムです。

この手のパンツは、少し意外性のあるスタイリングでハズシを楽しみたいもの。例えば、ドレスシャツをタックインして、でもシューズはスニーカーで外してみる。あるいは、肩が落ちる程度のオーバーフィットのトップスを持ってくる。あれこれ考えるのも楽しいものですよ。

アントレアミ(ENTRE AMIS) コットンパンツ PA17-8188-488L17 100

7.516

商品価格 ¥ 28,080

今回ご紹介するアンクルパンツの中で最もベーシックなのがコレ。素材も定番のコットンストレッチ。ノータックでセンタープリーツの入ったオーソドックスなコットンパンツですが、股上が浅めできれいなバックシルエットが何よりの魅力です。イタリアブランドはやっぱり違う、と感じさせられる完璧なフィッティングです。

麻のシャツをふんわり羽織ってストローハットをかぶってみたり、Tシャツに短めのベストを合わせてみたり、夏らしいコーデがいろいろ楽しめます。また、ポロシャツにサマージャケットを羽織ればビジネスシーンでも使えるので、オンからオフまで出番が多くなりそうなアンクルパンツですね。

ダニエレアレッサンドリーニ(DANIELE ALESSANDRINI) クロップドリネンスラックス 211-25071003

7.517

商品価格 ¥ 25,704

続いてもイタリアのブランド、ダニエレ・アレッサンドリーニから、麻100%のアンクルパンツをご紹介します。麻はシワになるから、と敬遠されている方も多いのではないでしょうか。

でも、麻にシワは付き物。気にすることはありません。むしろ、そのシワがカッコいいんです! しかも、他のどんな素材よりも通気性がよく、風だけではなく、エアコンの冷気もスーッと入ってくる快適なはき心地。一度はくとやみつきになる、そんな素材が麻なのです。

裾をロールアップしてボタンで留める、ユニークな仕様のアンクルパンツ。股上が長めでリラックス感のあるシルエットも魅力です。Tシャツにサンダルを合わせてリゾートっぽくまとめてもいいですが、ジャケットやベストに合わせたドレススタイルもおすすめです。

サイラス(SILAS) WIDE TUCK PANT

7.518

商品価格 ¥ 12,096

タックが2つ入ったワイドシルエットのアンクルパンツ。光沢が美しいコットンとポリエステルの混紡で、サラリとした質感の薄手の素材です。太腿周りにゆとりを持たせた2タックの仕様ですが、ヒップはすっきりとフィットしているので、緩くなり過ぎることはありません。

合わせるトップスは、少しオーバーフィットで着丈の短いものを選ぶとバランスよくまとまります。また、同系色のTシャツをタックインすると、今一番新しい80’sっぽいのコーデが楽しめます。

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) TOPツイルライトストレッチアンクルジョガーパンツ

7.519

商品価格 ¥ 9,072

スウェットパンツ(最近はジョガーパンツとも言いますね)にもアンクル丈の波は押し寄せています。タイトなシルエットで短めの丈になったスウェットパンツは、部屋着のイメージが払拭され、オシャレな街着として楽しめます。このジョガーパンツのように、カジュアル感を抑えたキレイめのものを選ぶのがおすすめです。

スウェットパンツだからと言ってスニーカーを履かなくてはならない、なんてことはありません。もちろん、サマージャケットと合わせてレザーシューズを履いてもでも大丈夫。一着のアンクルパンツとして、自由な発想でスタイリングを楽しみたいですね。

ナノユニバース(nano・universe) Lee/ 別注VINTAGE ANKLE PT

7.520

商品価格 ¥ 16,200

定番のジーンズよりもさらにスポーティーでオシャレなのが、アンクルデニムパンツです。このアイテムは、テーパードが効いたアンクル丈のブルージーンズ。1本1本手作業で施された、リアリティーのあるクラッシュ加工やリメイク加工が魅力です。

あえてストレッチデニムを使わず、オーセンティックなデニム地を使っているところにもこだわりを感じます。ストレートのデニムより軽快な印象ですので、春から夏にかけてのスタイリングにピッタリ。ベーシックな白いオックスフォードのシャツでも、爽やかで若々しく見せることができます。ハイカットのスニーカーと合わせても、重くならずアクティブなスタイリングにできそうですね。