その手があったか!

1年のうち、ほとんどのシーズンのあいだ楽しむことができるパーカーコーディネートは王道。お気に入りの音楽とパーカーで出かける日は、きっとルンルン! 今回は、そんなあなたにピッタリで「その手があったか!」となること間違いなしの、イヤホン内蔵ジップアップパーカー STX Hoodie をご紹介しましょう!

イヤホン内蔵パーカー

fuhxnfvf2fmotrl6xuyb

STX Hoodie はフードのひもがイヤホンになっていて、スマートフォンなどのデバイスにケーブルで接続して音楽を楽しむことができる、ジップアップパーカー。

4577B5F0-5514-47F3-A08B-5095A6CD27DF_zpsmto1bnlt

イヤホンケーブルをはじめとして、スマートフォンもパーカーに"組み込む"ことができるので、見た目はもちろんスッキリ! ケーブルのゴチャゴチャ問題ともサヨナラです。

セットアップ

mdtwvnrlaspraibg3fzd

ではセットアップ手順を見てみましょう。まず付属の延長ケーブル(オス/メス)とイヤホンをしっかり接続。

uu8zjoscslytll9dwtss
aijjrgro9zumljzo5pzn

次にフード後頭部のセンター部分のジッパーを開けて、延長ケーブルを入れ、フード内部の右側からパーカーのすその内側のデバイス専用ポケットまで通していきます。

pmaztcljlmfhyrd2v8cn

この延長ケーブルがパーカーに仕込まれる際には、内側の専用のジッパー付きポケットなどで、"ステルス化"されるので、服の中でケーブルが見えることも絡まることもありません。

zrgnv5j8ape2llq1ymx1

あとは、残ったイヤホンをフードの内側の穴から通して外に出し、最後にフード内部のジッパーを閉めると終了。よくできた設計がすばらしい!

イヤホン性能

yhu6kx8zmyikydgvinvi

別名「STX Lacephones」と呼ばれるシューレースイヤホンは、どのジャンルにも適した設計で満足できるパフォーマンスを発揮できるとのこと。つまり"おまけ"のイヤホンではないということです!

もちろん、このシューレースイヤホン「STX Lacephones」はパーカーから取り外して、単体で使用することも可能。

sgogsx319k2oaqqqc48r

320g/㎡の100%コットンのハイクオリティーな素材を使用した洗濯可能な STX Hoodie は Indiegogo で99ドル。これはパーカーコレクションに加える価値があるかも!