防水、防風に強いハードシェルに対し、ソフトシェルは透湿性、ストレッチ性を特に重視しています。活動している時はムレを防ぎ、休憩時には風を防いでくれるソフトシェルジャケットは、1着はもっておきたいアイテムです。

「アウターとして着用する」「インナーとして使用する」など、目的に合ったジャケットを選べばより快適に登山を楽しむことができます。今回は、登山に着ていきたい、おすすめメーカーのソフトシェルジャケットを紹介します。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) スピードアセントジャケット

アスセントジャケット

裏側がグリッド状の起毛になっており、保温性を高めながらも運動時の透湿性を高めています。腰回りにはハーネスを付けることを考慮したデザインでポケットは設けてありません。フードはヘルメットを考慮して大型になっています。冬期登山の縦走やバックカントリースキーに活躍する頼りになるジャケットです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) V2 マウンテンフーディー NP21407

V2

軽量でストレッチ性に優れたジャケットです。わずかに起毛された裏地が適度な保温性をもたせます。胸ポケットはベンチレーションになるのでムレも最小限に抑えることが可能です。秋口や春先にも活躍できるジャケットになっていますね。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) パラディンフーデット OM6358-F14 438

マンハパラディン

フード、肩、腕の外側に防風素材を配置しているので、多少の雨や雪にも耐えられます。シルエットもぴったりしすぎないので、ベースレイヤーやミドルレイヤーの上に羽織っても動きを妨げません。バックパックに干渉しない再度ポケットも装備されています。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) トランスファーフーディ

ORトランスファージャケット

季節の変わり目にちょうど良い厚さのジャケットになります。裏地にはフリースがあてられて保温性を持ち、腰と胸ポケットはメッシュポケットを採用しベンチレーションとしても使用することも。少し高い冬山や、暖かい日のバックカントリースキーにおすすめです。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) トランスファージャケット

ORトランスファーふーどなし

同じ名前ですが、こちらのタイプはフードが無く、ミドラーとしてレイヤリング重視の着用ができます。保温性をもちつつ適度な通気性のある素材なので重ね着にも非常に便利です。

ホグロフス(HAGLOFS) ゲッコフーディー

ホグラフスGECKOHOOD

4wayストレッチ素材を使用しているために非常に動きやすいジャケットです。表には耐久性と耐候性に優れた素材を使用し、裏面にはフリース素材を使用しているので暖かく、肌触りがよくなっています。

アークテリクス(ARC'TERYX) ガンマLTフーディ 06369300

ガンマLTフーディー

軽い保温性と防風性を持つ汎用性の高いジャケットです。特に長時間歩くなど発汗量の多い人におすすめできます。シルエットも美しく街中で着ていても違和感のないデザインですね。高額品の多いアークテリクスの中でも比較的手に取りやすい価格も魅力です。

アークテリクス(ARC'TERYX) ガンマMXフーディ 06462400

ガンマMX

MXはミックスドフェザーの略で、変わりやすい天候下で色々な場面を想定して作られるシリーズです。中肉タイプで4Wayストレッチの素材を使用。雪山や雪場のスノーフィールドで活躍するジャケットです。

マムート(MAMMUT) アルティメットジャケット

マムトアルティメットジャケット

ゴアウインドストッパーを使用した薄手のタイプです。インナーとして、ウインドブレーカーとして1枚持っておくと非常に重宝するジャケット。袖のズリ上がりを防ぐサムホールが付いていますが、使用しない時には完全に閉鎖できるので、寒気をしっかりと防ぐことができます。

モンベル(mont-bell) コスミック® パーカ 1106526

コスミックパーカー

通常、ソフトシェルジャケットはシームを施すことはないのですが、こちらは縫い目にシームを施した完全防水タイプ。雪が付きにくく、滑り止め効果の高い生地を使用しています。本格的アルパインジャケットと同様の機能を備えながらもリーズナブルな価格は、さすがモンベルといったところですね。

モンベル(mont-bell) クラッグジャケット 1106555

クラッグジャケット

表面は高い防風性と撥水性、裏面は保温性を持たせるために、それぞれ異なる特徴の素材を組み合わせています。ひじにも立体裁断を取り入れることにより運動性も高性能。すっきりとしたシルエットなので重ね着もしやすいデザインがうれしいですね。

フォックスファイヤー(Foxfire) エアリスタ ミニマリストソフトシェル 5913402

minimalistジャケット

腕に立体裁断を取り入れて細身ながらも非常に動きやすいジャケットです。裏面はグリッドフリースで、保温性を持ちつつも通気性を確保してムレをおさえます。厚さの割に軽く(平均重量321g)出来ているのもポイントの1つ。春夏はアウターとして、秋冬はインナーとして活躍しそうですね。

フォックスファイヤー(Foxfire) ナノエボアルティメットジャケット 5113547

ナノエボアルティメットジャケット

「ナノエボ」は通気性がほぼ0の一般的な透湿防水素材にくらべて、0.5cc以上の通気度を持つことが特徴です。これによって非常にムレに強いジャケットになっています。耐水圧も1000mmとなっているので短時間であれば、少々の小雨でも防ぐことができます。

パタゴニア(Patagonia) ナイフリッジジャケット

ナイフリッジ

ソフトシェルの柔らかく、透湿性がよいという特徴をそのままに、防風、防水性をハードシェルにちかづけた、次世代ソフトシェル「ポーラテック・パワー・プロ」を使用しています。本降りやみぞれには厳しいですが、小雨程度であれば対応できます。

ミレー(Millet) ヘクラウールジャケット MIV6657

ヘクラーフレ

裏地にウールを30%混紡させることにより自然な調湿性と保温性を持たせています。脇とサイドにはストレッチ性の高い素材を使用して運動性を高めているのも特徴の1つ。シルエットもすっきりとしていて重ね着しやすいジャケットですね。