近年頻繁に話題に上るジューサー。スムージーブームによりジューサー界も非常に賑わっているけれど、その中でも特に注目されているのがスロージューサーです。低音ですり潰すように回転することで、栄養を壊さずざらざらとした繊維が入りません。そのため非常にサラリとした、美味しいジュースができるのが特徴。2015年現在どの製品が人気なのかを順ご紹介します!

第1位 ヒューロム(HUROM) ヒューロムスロージューサー HUROM H2H-RBA11

71BB9Y4FweL._SL1500_

ヒューロム製のスロージューサーです。非常に美味なジュースが出来上がるだけでなく、使い勝手の良いところがその特徴。金属刃ではなく、樹脂製の特殊なスクリューを使い、洗浄の際にも安全なのが嬉しいです。手入れも非常にし易いと評判で、美味しさと手軽さの両面から評価されています。

第2位 ティファール(T-fal) スロージューサー 「インフィニープレスレボリューション」 ZC500HJP

61EQ4CQUDML._SL1000_

ティファール製のスロージューサーになります。美味しいジュースができるのがスロージューサーですが、使うと搾りかすが残ります。この製品にはそれを活用するための、付属のレシピブックがあるのが特徴。食洗機でお手入れも簡単で、使い勝手や付属品の関係で評価が高い商品。

第3位 シロカ(siroca) スロージューサー SSJ-110

61E8LGlxqmL._SL1200_

シロカ製のスロージューサーです。他社製品と比べると非常に安価で、手が出しやすい値ごろ感があります。機能面でも投入した野菜や果物などを押し込む必要がなく、ジューサーがどんどん搾り取ってくれます。大きく、ややパーツが多いですが、値段と機能面が非常いいので多くの人から支持されています。

第4位 パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L500

41oXCpbF4nL

パナソニック製のスロージューサーのビタミンサーバーです。比較的軽い上に小さく、それでいて美味なジュースができます。スロージューサーに標準搭載されつつある機能フローズンアタッチメントで、フローズンスイーツも作ることが可能。堅実な作りとパナソニック製ということもあり、安定した人気です。

第5位 ヒューロム(HUROM) スロージューサー【ブレンドストリーム】 HH-WBA06

519O1DNJYAL._SL1000_

ヒューロム製のスロージューサーのブレンドストリームになります。実は第1位で紹介した同じヒューロム製のスロージューサーの前機種にあたります。それでいて価格も落ちておらず、高い人気なのでヒューロム製品の人気の高さが分かります。片落ち品なので最新機種より安ければ、購入してもよいでしょう。

第6位 シャープ(SHARP) スロージューサー ヘルシオ EJCF10AD

41g+KQJmOSL

シャープ製のスロージューサーです。ヘルシオのブランドを冠しており、健康を意識したスロージューサーの特徴を全面に押し出しています。フローズンアタッチメントや金属刃を使わないため、食洗機で洗うことができるなど、標準的な機能は全てカバー。最新機種なのでこれからさらに人気が上昇する可能性大。

第7位 東芝(TOSHIBA) スロージューサー BIOTY クッキングスクイーザー JM-S10

51eGPVvc5YL._SL1280_

東芝製のスロージューサーです。実はこの機種は今まで紹介してきたものと違い横型です。横型の特徴は葉物野菜などの繊維質の多いものに強い一方、多くの食材を一度に投入することはできません。手間はかかりますが、しっかりと搾り取れるので、機能か手間かどちらを優先するかで評価が分かれるでしょう。